職場の人間関係に疲れたときの対処法!辞めたいとお悩みのあなたは必見です!

仕事上の人間関係。非常に難しいですよね?以下の辞めたい理由ランキングのように、人間関係が理由で仕事を辞めたいと思っている人は非常に多いです。

≪「仕事を辞めたい!」と思った理由ランキング≫

1位:給与や福利厚生が良くない
2位:職場の人間関係が良くない
3位:休日や残業時間などの待遇が良くない
4位:仕事内容にやりがいを感じない
5位:会社に安定性、将来性がない
6位:仕事を正当に評価してもらえない
7位:経営理念や社風が合わない
8位:職場環境が悪い
9位:希望の勤務地でない

調査方法/全国の20~35歳の会社員(正社員)を対象にインターネット調査
実施期間/2015年7月31日~8月2日、回答数370名

私もかつて職場の人間関係で仕事を辞めたいと悩んだうちの一人。仕事内容には満足していたものの、その人間関係が原因で疲れ果てて、仕事を辞めたいと思うくらい悩んだものでした。

仕事内容や会社の将来性云々ではなく、人間関係が理由で職場を去るというのは非常に悲しいですよね?できればそのような理由では会社は去りたくないものです。そこで今回は、仕事の人間関係に疲れ辞めたいと悩んでいる人必見。

上手な対処法についてお話していきます。

人間関係で辞めたくなるよくある状況

人間関係に疲れて仕事を辞めたいと感じる際、一体どのような状況下にいることが多いと思いますか?よくあるパターンを挙げてみましたので先ずはそれらを考察していきましょう。

  • 上司のパワハラ
  • 無視される
  • コミュ障で輪に入れない
  • 新人なのに放置される
  • 理不尽に怒られる
  • 陰湿ないじめに遭っている
  • 男性や女性ということで差別をされている
  • 職種の違いからコミュニケーションが上手に取れない
  • 自分と意見の合う人がいない
  • 同年代の人がいない

上司のパワハラなんていうのは最近ではかなり注目されるようになりました。寧ろ上司の方がパワハラと言われないように注意しているくらいですが、まだまだある問題ですよね?(関連パワハラ上司の特徴と対策方法をご紹介!パワハラ被害で辞めたいと悩んでいるあなたは必見です!

パワーのある人からの威圧というのは、下にいる存在にとって苦痛でしかありません。

新人なのに放置されるなんていうのも、ある種のパワハラ。新人だからこそなかなか質問しづらいものなのに、そこを汲み取ってもらえないのはある種のパワハラです。

関連新人なのに仕事で放置!?辞めたい気持ちめちゃくちゃ分かりますよ!

無視や陰湿ないじめ、性別による差別というのも辛いですよね?いくら仕事を頑張ろうとしても周囲から認めてもらえなければ苦しいばかり。仕事のモチベーションにも繋がる問題であり、仕事を続けるにあたっての根幹にも関わります。

コミュニケーションに関する問題も人間関係に直結するものですよね?コミュ障で輪に入れない、職掌の違いからコミュニケーションが上手に取れない、自分と意見の合う人がいないというのは典型です。

「職種の違いがコミュニケーションを難しくするの?」と疑問に思った人もいるかもしれませんが、実は職掌の違いはかなり大きいもの。女性総合職、一般職を考えてみてください。若い人が年上の人に、しかも同性で指示を出す側とされる側が生まれますので、難しい関係になるのです。

まさしく私はそれで悩み仕事を辞めたいと思っていました。

また同年代の人がいないというのも悩ましい問題です。規模の小さな職場や新卒をなかなか取らないなんて会社の場合は、どうしても若年層が少なくベテラン層が多いです。

その結果、若い人にとっては同年代が少ない環境で仕事をすることになるため、ちょっとした相談もしづらくなります。またギャップが生まれやすいため、意見もなかなか合いません。これもまた仕事を辞めたくなる状況の一つなのです。

【相手別】◯◯が原因で辞めたいときの対処法

先ほどは様々な状況を見ていきましたが、対処法を探るには悩みの種となっている相手別で考えていくのが一番。これより相手別で対処法を紹介していきます。

ワンマン社長

規模の小さな職場や同族経営で続く会社に多いのがワンマン社長。世の中がめまぐるしく変わっていく中、誰の意見も聞かずにパーフェクトに経営手腕を発揮できる人なんて実際存在しないでしょう。

ワンマン社長は自分が一番と考えるプライドの高い人ですので、非常に厄介ですよね?

しかしそうは言いながらも、その社長の下で仕事を続けていくためには上手にその人と付き合っていく必要があります。対処法ですが、ずばり「ワンマン社長を表面上では立てておいて、裏で上手にコントロールする」です。

例えば、これは絶対に失敗するだろうなと思えるような案をワンマン社長が立案した場合。正面立って「これは危険です。リスクが高すぎます。」なんて反抗してはいけません。

あくまであなたは社員、ワンマン社長であろうがその人は社長ですから、決定権は社長にあります。ワンマン社長は特にその点を大切にしているので絶対にそこは破ってはいけません。

とは言いながらも、リスクが高いのを承知で動くわけにはいきませんよね?社員として社長に意見を述べることはそれもまた大切なこと。ではどうすべきか?

先ほど申し上げたように、「ワンマン社長を表面上では立てておいて、裏で上手にコントロールする」のです。

要は、「それは非常に良い案ですね。ちなみに◯◯となった場合はどのように対処されるご予定か、是非ご意見お聞かせください。」とあくまでワンマン社長の意見を否定せず、他に関しても意見を求めるようにします。

きっと本当に危ない案であれば、ワンマン社長も言葉に詰まって自分からその案を取り下げることでしょう。

社員から否定されて取り下げるよりも、自分の意思で取り下げる方が相手も納得いくでしょうし、プライドも傷つくことはありません。まさしくこれが「裏でコントロール」です。

関連ワンマン社長の特徴と辞めたいときの対処法!私はワンマン社長に嫌気が差し退職しました。

上司

ワンマン社長とまではいかなくとも、ややこしい上司というのは存在しますよね?それこそ態度が偉そう、パワハラがひどい、意見が全く合わない等々の問題のある上司は日々の自身の仕事にも大きな支障をきたします。

その上司がどのような立場なのかにもよりますが、例えばその上司が中間管理職の場合、「それより先の上司に相談する」のが一番です。

課長のパワハラに困っているのであれば、部長に相談してみる等、上司の上司に相談するのが一番早いです。

上司には部下を監督する責任があり、また部下がきちんと仕事に従事できるよう組織をまとめる義務があります。つまり自身の直属の上司がパワハラ等で自身に危害を与えているのであれば、その上の上司はその状況を改善させる義務があるのです。

そのことからも、上司の上司に相談するのが一番なのです。

とは言いながらも、何でもかんでも思いつきで相談するのはNG。きちんと状況を整理し、客観的な視点で判断の上相談するようにしましょう。

自身の上司を否定するということは、上司の上司にとっては自身の部下を否定されることに繫ります。訴えるということは100%の自信と確証が大切なのです。

上司の上司に相談が難しいのであれば、「上司が嫌いなときの対処法!辞めたいとお悩みのあなたは必見です!」でその他の対処法をご紹介しております。

先輩

上司と呼ぶまでにはいかないけれども、自分の上の立場にいるのが先輩。年が近いこともあるため、親しくなりやすい反面、ついついその先輩に簡単に反感を抱きやすいのも事実です。

「ちょっとしか離れていないのに偉そうだ。」「あの先輩よりも自分の方が仕事できるのに・・・」なんて反感を抱いたことはありませんか?上司とまではいかない関係だからこそ、小さな反感が大きなストレスになりかねないのです。

先輩の場合、ワンマン社長同様、上下関係をとりわけ重んじる傾向にあります。年齢は近くても、その上下関係を実は大切にしている人が多いため、後輩の無礼な行動は許せないのです。

先ほどの対処法にも似ていますが、「先輩を立てる」ことを徹底しましょう。仮に先輩の方法や言っていることが誤っているとしても、そこは否定せず、後輩らしく頷いてあげましょう。

良かれと思って意見を述べたり、少しの年齢差だからと反抗したりするような素振りはかえって事態を悪化させます。静かに言うことを聞く後輩は、先輩にとっては可愛い後輩。演じてあげましょう。

関連職場の先輩が怖くて辞めたいときの対処法5つ

同期

一番親しくなりやすく、そして一番敵になりやすいのが同期ですよね?まさしくライバル関係にありますので、良い関係が築ければ最高ですが、そうでない場合はストレスの塊になります。同期ですので言いたいことも言えてしまう関係というのがまたネックですよね?

対処法としては「上から目線の行動を絶対にしない」これが一番です。要は対等の関係なのに、対等の関係以上の行動や態度は真っ先に関係悪化の引き金になるのです。

経験上、同期同士のいざこざの多くは、この対等の関係以上の行動や態度に起因します。要はそれが引き金となって、嫉妬や妬み、そしていじめへと繋がっていくのです。

あくまで同期。対等な関係であり、仲間ということを意識し、苦手な同期がいればそっとしておくくらいにしておきましょう。

関連同期が嫌いで辞めたいです。辞めるべきではないでしょうか・・・?

部下

何年も仕事をしていくと、必ず部下がつくもの。もしその部下が優秀な部下であれば、仕事もスムーズに進み非常に助かりますよね?

しかしそうではない部下が多いのもまた事実。先ほど申し上げたように、部下を持つ者はその部下を管理することも仕事ですので、おざなりにはできないものです。

反抗的な部下、きちんと仕事ができない部下等々、困った部下には様々なケースがありますが、そのような部下には「目的意識を持たせ、その気にさせる」のが一番です。

要は、自分の思い通りに動いてくれない部下の場合、目的意識がなかったりやる気がなかったりする人が多いのです。

なので、「なぜ◯◯をしないといけないのか」、「◯◯をすることで△△になる」というように、それをすることで何が起こるのかをきちんと説明してあげることが大切です。

加えてもし可能なら、その部下がその仕事をすることでどんなメリットがその部下に生まれるのかを説明してあげると良いでしょう。人間自分にメリットがあれば途端にやる気になるもの。是非試してみましょう。

関連部下からのパワハラに悩んでいるときの対処法5つ

お局

どんな業界・職場にも存在するのがお局ですよね?私も彼女たちには随分苦労しました。ワンマン社長と同じくらい権力があると言っても過言ではないですよね?

そんなお局ですが、特徴としてはやはりワンマン社長同様、自分が一番・プライドが高いが挙げられます。しかし一方で非常に女子的な要素が高いです。流行りのもの、かわいらしいものに敏感で、気持ちの面でもまだまだ若い人が多いです。

ではそんなお局対策ですが、ワンマン社長同様、「表面上では立てておいて、裏で上手にコントロールする」のが一番です。また加えて「手柄は全てお局にあげ、時に差し入れをする」ということも大切です。

プライドが高い人の意見を正面から曲げることはできませんし、ましてや指示を出すことも難しいですが、仕事上自分が指示を出す側ならば、指示出しは必須ですよね?なので指示されたと思われないように指示を出すことが大切なのです。

「ここまでは私が進めたのですが、◯◯は対応いただけませんか?もし不明点あれば私確認しますので。」と指示ではなくお願いするようにするのです。

そしてやって貰った後は必ず御礼を。「おかげで◯◯できました!」ですとか、「もう終わったんですか?さすが早いですね、助かります!」等、その仕事の成功は全てお局のおかげのように持っていきましょう。誰かに感謝されたり褒められたりするのは誰だって嬉しいですよね?

そして時には差し入れを忘れずに。先ほども申し上げましたが、女子的な要素が強い人が多いです。人気のお菓子をそっと渡し、日頃の感謝を述べればきっと良好な関係を築けますよ?

経験上、気遣い、気配りのできる人に対してはお局は非常に優しくしてくれます。あくまでプライドの高い人であって仕事面では大ベテランです。味方につけるためには自分が一歩下がって気遣うことが大切なのです。

関連お局からいじめられていて辞めたいときの対処法5つ

辞めずに人間関係を改善する方法

仕事内容云々が原因ではないのに仕事を辞めるのは悲しいですよね?できれば人間関係を理由には職場を去りたくないものです。究極の究極は辞めるというのも手ですが、先ずは辞めることなく改善する方法を教えてみましょう。

積極的に話しかける

人間関係を築くためには何と言っても会話が大切ですよね?互いに話し合わなければ、関係構築なんて絶対に無理です。なので、会話が不十分で信頼関係が構築できていないのであれば、「積極的に話しかける」ことを心掛けましょう。

相手からの対話を待っていてはダメですよ?

自分自身でコミュ障だと自覚している人は特に。自分から話しかけられないなんて場合は特に、挨拶からでもよいので積極的に話しかけるようにしましょう。

挨拶から会話が始まることはありますし、挨拶の仕方一つで相手に好印象を与えることだって可能です。

嫌でも耐えて相手に合わせる

自分と意見の合う人ばかりが職場にいるわけではありません。自分と合わない人がいたとしても、仕事をしていくためには付き合っていくしかありません。

「嫌でも耐えて相手に合わせる」というのは、非常に大切な対処法です。「相手にばかり合わせて辛いじゃないか。」と思うかもしれませんが、先ずは相手に合わせて自分の信頼を勝ち取ることからスタートしましょう。

先ずは自分から相手に合わせ、相手に信頼して貰ってから徐々に自分に合わせてもらえれば良いのです。

相手に信頼されれば、自然と自分の希望を相手はすんなり聞いてくれる間柄になれます。仕事をしていくうえで良好な関係になれますので、先ずは相手に合わせましょう。

相手が喜ぶことを積極的に行う

人間誰しも、相手に自分が喜ぶ何かをして貰ったら嬉しいですよね?なので「相手が喜ぶことを積極的に行う」ということは、人間関係を改善する上で非常に有効な対処法です。

先ほども部下やお局のところで話しましたが、相手にメリットを与えることは、結果的に自分が楽になるものです。

相手に気遣いや気配りをしているだけのように見えるかもしれませんが、先ず相手のことを第一に考えた行動をしてあげれば、結果的に関係が良好になります。最終的には自分自身がストレスから解放されることになるのです。

いくら嫌いな相手であっても先ずは相手を優先しましょう。急がば回れです。

仕事がとにかくできる人間になる

周囲からの信頼の厚い人というのは、やはり何と言っても仕事ができる人ですよね?仕事ができる人というのは、周囲にとって頼もしい存在ですし、何よりも周りの人が「この人の言うことなら」ということで協力的になります。味方が多いのです。

そのため、「仕事がとにかくできる人間になる」という方法は、人間関係を改善させる上でも効果的な対処法。自分が仕事ができないことが原因になっている場合は特に有効です。

仕事ができる人間というのは、「早い」、「ミスがない」ですよね?そうなるためには何と言っても「その仕事のゴールに着目し、目的意識を持つ」ことが大切です。仕事に取り掛かる際、仕事のできる人は必ず考えてから行動しています。

きちんとその仕事を進める意味、目的を考えてから進めるため、効率的に仕事を進められます。また考えてから行動するため、リスクも回避でき、余計なミスがありません。

仕事ができないという自覚があるのなら、先ずはこの方法で仕事を進めましょう。そして最終的には仕事がとにかくできる人間になってやりましょう。

関連職場に居場所がないときの対処法5つ
関連職場の人間関係で孤立していて辞めたいです。対処法を教えてください。

辞める決断をしてもいい状況

なるべくなら人間関係を理由に仕事は辞めたくないですが、それでも無理しずぎることはありません。仕事を辞めてもよい状況というのはきちんと存在します。

度が過ぎるパワハラやモラハラ、セクハラ被害に遭っている

客観的な視点から判断してこれは度がすぎるなんて問題に直面しているのであれば、それはもはや改善できません。訴訟問題にもなる大きな問題になりますので、そこまで我慢する必要はありません。

会社の上層部等に掛け合っても解決されない問題であるなら、きっぱりとそのような会社とは決別してしまいましょう。

うつ病になりそうなぐらい追い込まれている

昨今では社員に対するノルマや残業に関しては、かなり行政も厳しく監視しています。大手企業をはじめとして、社員に対する不当な労働環境に対しては是正を進めていますよね?

なので、そのような動きに反するほどの劣悪な環境下にいるならば、それについても辞めるという選択肢は間違いではありません。時代の流れに逆らって、今後も改善しようという動きのない状況なら、将来性はありません。

すぐに辞めてしまってOKです。

何をどう頑張っても改善が見込めない

人間関係の改善のために、先ほど挙げたような対処法を色々試したけれどもだめだったというのであれば、辞めてしまってOK。

何も努力することなく辞めるという選択肢を選んだのであれば、また同じことの繰り返しになる可能性がありますが、そうではないですよね?

自分なりに解決方法を模索してもうまくいかなかったならば、もはや自身でどうにかなる問題ではありません。辞めて他の会社で一から頑張りましょう。

まとめ

職場での人間関係に悩んでいる人は多いはず。私だってかつては人間関係が理由で辞めたいと悩んだうちの一人でした。私の周りでも、何歳になっても人間関係に悩んでいる人はおりますし、寧ろ悩んでいない人の方が少ないほどです。

なので人間関係に悩むことはおかしなことではありません。

しかしそれが理由で退職に追い込まれるのだけは極力避けたいですよね?やむを得ない理由がない限りは、できるだけ自分の力で解決させ、引き続き仕事に打ち込みたいものです。

もし今辞めたいほど職場での人間関係に悩んでいるのであれば、先ずは状況別に整理してみましょう。そして今回挙げた対処法を参考に、是非個々の問題に対処していってくださいね。

ワンマン社長の特徴と辞めたいときの対処法!私はワンマン社長に嫌気が差し退職しました。

ワンマン社長

「社長」とは会社のトップであり、顔となる存在です。つまり会社のカラーは社長によって変わると言っても過言ではありません。しかし自分の権力や立場を利用し、身勝手なワンマン経営に走るワンマン社長が中小企業を中心に多く存在します・・・

職場に居場所がないときの対処法5つ

人間関係

新入社員でもベテラン社員の異動でも、新しい環境に馴染めず仕事で居場所がないのは、身の置き所がなく、自分が必要とされていないと感じて、とても辛いことです。 悪意がなくても、周りが楽しそうに和気あいあいと仕事をしていれば、取・・・

殺したいくらい上司が憎いときの対処法5つ

上司

ひどすぎる上司に困り果ててしまうこと、ありますよね。些細な事案でも大声で怒鳴りつけてきたり、何かにつけてレッテル張りをしてきたり、そのくせ自分のことはひょうひょうと棚にあげたり。 日常的にそんなひどい上司と接していれば、・・・

職場の先輩が怖くて辞めたいときの対処法5つ

先輩

言い方がきつかったり、感情的に怒ったりされると、萎縮してしまいますよね。 先輩は仕事に対して真剣なのかもしれないし、反対に先輩自身が仕事に余裕がないのかもしれません。 それとも、今まで根性とか精神論、上下関係を重んじる環・・・

パワハラ上司の特徴と対策方法をご紹介!パワハラ被害で辞めたいと悩んでいるあなたは必見です!

上司

パワハラは昨今よく耳にする言葉ですよね?そんな状況に遭遇したことのある人も多いのでは? 実際、一昔前の所謂「なんでもアリ」、「コンプライアンスなんて言葉は聞いたこともない」なんて時代を生きた上司の場合、パワハラ上司と化す・・・

部下からのパワハラに悩んでいるときの対処法5つ

部下

せっかくチームで仕事に取り組もうとしているときに、何かと文句を言ってきたり反抗的な態度の部下がいると、辛いですよね。 上司の立場からすれば、君がそんなに反抗的だから、仕事の効率が悪くなるのだが、と思いますが、きっとあなた・・・

上司からパワハラを受けていますが、誰にも相談できず悩んでいます。どうしたらいいでしょうか?

上司

社内でのパワハラほどツライものはないですよね。しかもそれが上司からであればもうどうしていいか分かりませんよね。原因も分からないまま受けるものがほとんどだと思います。 そんな時考えるのが「どうして自分がこんな目に合うんだろ・・・

先輩から「仕事をなめてる」と言われてショックを受けています。どうしたらいいでしょうか?

先輩

先輩から仕事をなめてると言われてしまったことで、なぜ自分がそのように言われたのか理由がわからずショックを受けてしまうこともありますよね。やる気がない状態で仕事をしていた時に言われれば仕方ないとは思いますが、普通に仕事をし・・・

ページの先頭へ