先輩から仕事をなめてると言われてしまったことで、なぜ自分がそのように言われたのか理由がわからずショックを受けてしまうこともありますよね。やる気がない状態で仕事をしていた時に言われれば仕方ないとは思いますが、普通に仕事をしていたのであればショックも大きいです。

あなたが普通に仕事をしていたとしても、先輩からするとやる気が見られないからこそ仕事をなめてると言ったはずなので、なぜ言われてしまったのかを考えることが大切です。

そこで先輩から仕事をなめてると言われてしまった時の対処法について紹介したいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

25%の人が先輩から「仕事を舐めてる」と言われた経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、25%の方が先輩から「仕事を舐めてる」と言われた経験があると回答しています。内容としては、「仕事でミスをした」や「営業成績が伸びなかった」など様々でした。

男23歳 販売職

自身が任されていた店舗の売上が振るわなかった時、状況などを確認せずに努力が足りない等厳しい注意を受けた。自分自身では努力をしていたつもりだったがどうやっても結果がでなかった為、上司に相談、アドバイスを聞いたところそのくらい自分で考えてやれ!お前は仕事をなめてる。と更なる注意を受けた

女22歳 保険会社営業職

仕事や人間関係で嫌なことがあると「仕事を辞めたい、転職したい」と口癖になっていたときに先輩に言われました。

男24歳 建設業

私が上司から期限付きで任された仕事を出来なかったことがあります。上司は完了しなかった理由を確認してきました。私は忙しくて完了させることが出来ませんでしたと言いました。上司から期限を定められている以上は守ることと間に合わない際は連絡するようにと言われました。仕事をなめないようにと言われました。

女23歳 営業事務

私の確認ミスから仕事のミスが続いしまい、先輩である上司からキツく説教をされた時に言われたことがあります。

9%の人が耐えきれず実際に仕事を辞めている

先輩から「仕事を舐めてる」と言われ悩んだ経験があると回答された方の中で、実際に9%の人が辞めたと回答しています。

辞めたと回答した人の声

男26歳 プログラマ

感情論ベースで仕事をするタイプの人が集まっている職場で、生産性も低く継続する意味を見出せなかったためです。

女21歳 サービス業

私なりに一生懸命しているつもりだったが、周りからは身が入ってないといわれ続け、若気の至りでやめてしまった。

男25歳 飲食店店員

確かに、朝何度も遅刻したのは悪いと思っていたが、残業などまともにつかずつけようとすると新人なのに書くのかと脅されたので辞めました。

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)22歳 保育士

先輩と二人で話す機会を設けてもらい、お互いの気持ちを話すことができて、結果自分自身が成長できたから。

男(ad)23歳 サービス業

「仕事をなめてる」と叱られた原因が自分自身にある事が明確だったので、改善したいという思いがあり仕事を続けました。

女(ad)24歳 事務職

先輩に注意されて落ち込む部分は確かにありますが、働くことは自分の人生にとって必要不可欠なことです。辞める理由になりませんでした。

男(ad)24歳 メーカー営業

自分には伸び代があると思ったからです。先輩が言ってくれたことに対して、一番の恩返しは、立派な一人前の社会人になることだと考えました。

「仕事をなめてる」と言われたときの対処法

男(ad)22歳 ディーラー営業

自分の行動に言われる原因があったと理解したからです。今はその先輩は辞めてしまったのですが、若いうちによき先輩に指導してもらってよかったと感じました。

仕事をなめてると言われた理由を考える

女(ad)24歳 娯楽業営業職

客観的に自分を見つめ直した結果、たしかに自分自身できることも増えた分、仕事に対して慢心があったかもしれないと思い、ひとつひとつの仕事により丁寧に取り組むよう努めました。

先輩から仕事をなめてると言われたことに対してショックを受けるのは当然ですが、自分ではしっかりと仕事をやっているつもりですよね。なぜ先輩から仕事をなめてると言われるのかあなたは理解できないからこそ、ショックを受けてもどうすることもできません。

ショックを受けたからには先輩を見返してやりたいと思う気持ちがあるはずですが、何をどうすればいいかわからないはず。そこでまずは先輩に仕事をなめてると言われた理由についてあなたなりに考えてみましょう。

自分ではしっかりやっているつもりでも、先輩からすると仕事に対してのやる気が見られないからこそ、なめてると言われたはずです。仕事自体はしっかりとやっていても、取り組み姿勢やモチベーションによって、やる気がないと思われてしまったのかもしれませんね。

例えば先輩よりも遅くに出勤してきたり、仕事に対して自分なりに勉強する姿勢が見られないと、仕事をなめていると思われて当然です。あなたは普通に仕事をしていても、先輩からすると仕事を覚える気がないと思われてしまうでしょう。

遅刻はしていないからしっかり仕事をしていると思っているかもしれませんが、仕事ができないうちは先輩よりも早く出勤するのが暗黙のルールでもあります。先輩よりも早く出勤するからこそ、多く仕事をする機会が増えるので、仕事も早く覚えることができます。

また目上の人よりも遅く出勤するのは、社会人の常識がないと思われてしまうでしょう。これは誰も教えてくれないことですが、知っていて当たり前の常識となります。

毎日言われた仕事だけをしているだけでは、仕事を覚えることは難しいです。自分から率先して仕事をしたり、先輩に聞きに行くことによって、仕事を早く覚えることができます。

先輩からすると何も教わりに来ないで言われたことしかやらないので、仕事をなめてると思ってしまったのかもしれませんね。あなたが普通に仕事をしていていも、仕事をなめていると思われてしまうのは、取り組み姿勢に問題があるからかもしれません。

仕事をなめていると言われてショックを受けた時は、自分ではなぜそんなことを言われたのか理由がわからないからショックを受けたはずです。仕事をサボっている心当たりがないからこそ、先輩の言葉にショックを受けてしまったので、まずはなぜ先輩に言われてしまったかを考えてみましょう。

自分で思い当たることがあれば改善できますし、考えることによって今の自分を少しでも良くしようと努力することができます。その仕事への姿勢はきっと先輩の目にも届くはずです。

自分と先輩の常識の違いを理解する

先輩から仕事をなめてると言われたことはショックですが、なぜ仕事をなめると言われたかを考えることは大事ですよね。そこで大切なことは、あなたと先輩の常識の違いを理解することです。

あなたが常識だと思っていることが、先輩にとっては非常識なことはよくありますよね。そのため先輩の常識について知っておかなければ、いつまで経っても仕事をなめてると思われてしまうでしょう。

年代によって常識やモラルは違いますが、自分の世代の常識で仕事をしていてはいけません。なぜなら社会人として仕事をするなら、他の世代の人との関りが多いからです。

20代から60代以上の人までいくつもの世代の人と一緒に仕事をしなければいけないので、自分の世代の常識だけで物事を判断すれば、必ず非常識だと思われてしまうので注意しましょう。せっかくあなたが仕事を真面目にやっていても、仕事をなめてると言われるのはショックですし、モチベーションも下がってしまいますよね。

そのため先輩の世代の常識やモラルについて、まずはしっかりと勉強することから始めてみるといいかもしれませんね。少なくとも勉強する姿勢を見せることによって、先輩からの見る目が変わるはずです。

仕事をする時の常識の違いとしては、仕事に対する考え方の違いで大きく変わることが多いです。例えばプライベートでも仕事の勉強のために、時間を惜しんで勉強することが当たり前の世代と、プライベートと仕事をきっちり分ける世代とでは考え方が違います。

先輩が仕事を優先するようなタイプの人であれば、仕事をプライベートを完全に分けている人のことは理解できないでしょう。そのため仕事を覚えるスピードも遅く、モチベーションも低いと感じてしまうので、仕事をなめてると思ってしまうのかもしれませんね。

世代間の常識の違いはある意味仕方ないことですし、時代の流れと共に変わって当然です。そのため先輩の世代の常識が今の時代には合わないということは多々あるでしょう。

それでも先輩の世代の常識を知っておくことによって、どうすれば先輩から認められることができるかを知ることができます。先輩が望むようなレベルと人材になるためには、どうするべきかを考えるために、世代間の常識の違いを理解することも必要です。

少しずつ会社や先輩の常識に合わせる

男(ad)23歳 旅行代理店

自分だけでなく、先輩や会社から見ても意欲的に行動していると評価されるような仕事の取り組みを意識しました。

先輩の世代の常識を理解することができれば、後は少しずつ会社や先輩の常識に合わせるようにしていきましょう。たとえ自分の常識とは違ったとしても、会社で働く以上はハウスルールに従うのは当然のことです。

会社で働く時には世間一般の常識が通用しないことも多々あります。理由としては一般常識の通りに仕事をしていては、給料を上げることもできずに生活できない可能性があるからです。

毎朝9時出社をして17時退社の会社に勤めたとしても、多くの人は8時過ぎに出勤をして、夜遅くまで残業することもありますよね。これはその会社にとって当たり前のことになっているので、会社で働く以上は従わなければいけないからです。

9時出社をすればいい会社で、あなただけが5分前に出勤をすればどうでしょう。あなたの中では遅刻をしていないからいいという考えかもしれませんが、その会社の常識は30分前には出社するのがルールになっている可能性もありますよね。

しかも先輩が先に出勤しているのに、後から後輩が出勤すれば、仕事をなめてると思われて当然です。退社する時も先輩よりも先に退社すれば、仕事をなめてると思われてしまうでしょう。

あなたや世間の常識では遅刻をしなければいいという考えかもしれませんが、会社にとっては遅刻しないのは当然で、それ以前に出勤をするのが常識となっている可能性があります。これはどんな会社でもあることなので、会社によってルールが違います。

あなたが先輩から仕事をなめてると言われた理由には、この会社のルールを理解していない可能性があります。そのためどんなに頑張って仕事をしても、ルールを守らない人は評価は上がりませんよね。

そのため自分が思っている常識ではなく、少しずつ会社のルールや常識を学んで実践していくようにしましょう。そうすれば先輩からも認められる存在になれるはずです。

仕事に対して真摯に取り組む

女(ad)25歳 サービス業

「舐めてる」と思われないように、自分の仕事の幅を広げようと早めに出勤したり店長の仕事(行動)などをすべてメモした。

あなたが仕事に対してどのような姿勢で望んでいるか、先輩はしっかりとチェックしているものです。そのため仕事に対して真摯に取り組んでいるかをもう一度自分なりに考えてみましょう。

仕事に真摯に取り組むのは、ただ毎日言われたことを真面目にこなすだけではいけません。仕事に対して興味をもち、スキルアップをするために努力をすることが真摯に取り組んでいることになります

どのような気持ちで仕事に取り組んでいるかは、自分ではなく周りが判断して評価をするものです。そこでしっかりと認められるように仕事をしなければ、仕事をなめていると評価をされてしまうこともあります。

あなたは自分なりに仕事をしっかりやっていたと思っていても、実際はどこかで気が緩んでいたり、適当に仕事をしていることがあったのかもしれません。少なくとも先輩からはそのように見られてしまっているので、真摯に仕事に取り組むことが大切になります。

仕事を真摯に取り組むことは今すぐにでもできることですが、継続させることが大変です。そのため仕事を好きにならなければ行けませんし、興味を持って仕事に取り組まないと仕事を続けることは難しいでしょう。

本気になって仕事に興味を持ってやっている人と、生活のためにとりあえず仕事をしている人では、仕事に対するモチベーションも違ってきますよね。先輩はそんな違いをしっかりとチェックしているからこそ、あなたがに仕事をなめてると言ったのかもしれませんね。

本来ならば仕事をなめてると本人に言わなくてもいいことを、あえてあなたに伝えているのは、やる気を出して欲しいと思っているのかもしれませんね。わざわざ言うことではないことを口にするのは、それだけあなたに期待している証拠です。

先輩の期待に応えるためにも、仕事に対して真摯に向き合うことで、先輩を見返してやりましょう。

転職を考えてみるのもいいもしれない

男(ad)22歳 サービス業

先輩に指摘されたお客様に対する言葉遣いは直しましたが、自分のスタイルに合わなかったので、1年間働きましたが辞めて転職しました。

先輩から仕事をなめてると言われたことが相当ショックで、自分なりに立ち直ろうと努力したとしても、先輩の評価が変わることがない可能性もありますよね。人は偏見を持ったりするので、一度やる気がないと思った人に対して、再評価をすることはあまりありません。

どうせ一時だけだと思うだけで、結局は仕事をなめてるとしか思わないので、職場での人間関係もどんどんと悪化していくでしょう。そこでショックから立ち直ることができなければ、転職することをすすめします。

転職すれば新たな転職先で自分の仕事を再評価してくれます。今の会社ではどんなに頑張っても再評価してくれなければ、いくら頑張ってもモチベーションも上がりませんよね。

ならば新しい環境で自分をしっかりと評価してくれる会社で働いた方が、あなたにとってもモチベーションが上がりますよね。新しい環境になれば新たな気持ちで仕事に取り組めるので、気持ちの切り替えもしやすいはずです。

仕事をなめてると言われてショックを受けたまま仕事を続けるよりも、転職して新たな人間関係の下で仕事をした方があなたにとってもいいことかもしれません。もちろん仕事に対して真摯に向き合って、やる気を出して仕事をすることが大前提となります。

仕事にやる気がなくて仕事をなめてるのかと先輩に言われたのであれば、ショックを受けること自体がおかしいですよね。先輩に言われて当然ですが、ショックを受けているので仕事に対してはしっかりやっていた意識があるはずです。

転職するのであればせっかくよい転機となるので、仕事に対する考え方も変えてみるのもおすすめです。あなたの常識ではなく、会社や先輩の常識を早くに勉強して、自分が取り入れることで早く打ち解けることができるでしょう。

仕事を覚えることも大切なことですが、職場の人とのコミュニケーショは大切なことです。そのため仕事をしながら積極的にコミュニケーショをとって繋がりも持ちましょう。

世代間の違う人と付き合うことによって、自然とその人たちの常識を理解することができるはずです。そうすれば自分が二度と仕事をなめてると言われることもなく、自分の仕事にまい進することができるようになるでしょう。

まとめ

先輩から仕事をなめてると言われることは、よほどのことがない限り言われることはありませんよね。だからこそ先輩から言われたことにショックを受けるのは当然ですし、見返したい気持ちもあるはずです。

しかしいくら見返したいと思っていても、あなたに対する評価が低いままではいくら頑張っても再評価してくれないでしょう。そのためいくら仕事を頑張ってやっても、先輩に褒められることはないかもしれません。

そのような状態で仕事をしてもモチベーションは上がりませんし、仕事もやっていてつまらないですよね。最終的には転職することで、自分をしっかりと評価してくれる会社に就職することをおすすめします。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)