お局と呼ばれる人も最初からお局だった訳ではありません。彼女が何故お局になってしまうのかといえば、

上司から与えられた仕事が少なくて時間がある、上司よりも勤続年数が長く、元は上司に仕事を教えていたような立場だったため、彼女が独断でなにかやっても注意しづらい、会社での役職は無くても、影響力が強く裏で仕切ってい等々の理由が考えられます。

そのため、多くの人は、なかなかお局に対して面と向かって意見したり対立することはできません。

あなたがもし明日仕事を辞めるとしたら、お局の嫌がらせを全てぶちまけて、堂々と言いたいことを言ってすっきりすることもできますが、現時点ではまだ会社に居なければいけないので、辛いところですよね。

そこで今回は、お局の心理と属性を考え、お局からいじめられいじめられていて辞めたいときの対処法をご案内します。

お局の懐に入る

これは、あなたの置かれている状況により、難しいかもしれませんが、お局というのは、自信満々に見えても、実は劣等感の塊の場合が多いです。

なぜあなたをいじめるかといえば、あなたの方が自分より良い立場であると思うところがあるからです。

例えば、あなたが若くて素直で上司や同僚から好かれている、仕事ができる、若しくは、仕事も出来ない新人なのに上司から優遇されているなどと思い込んでいるからではないでしょうか?

つまり、事実はどうあれ、お局はあなたに嫉妬しているわけです。

そのためお局は、あなたの欠点や、ちょっとした失敗を大きく吹聴したり、必要な資料を回さなかったり、無視したりコソコソと陰口を言ったりして心理的ダメージを負わせて、会社の評価を落とそうとしているのです。

なので、お局の優越感を刺激し「かわいい奴」と思わせれば、お局は安心するのです。

それには、

  • 「◯◯さんに教えてもらったから助かりました。」
  • 「わからないところがあるのですが、◯◯さんが一番詳しいと聞いたから、お聞きしたいのですが。」
  • 「◯◯さんのアドバイスで仕事がスムーズにできました。」

というように、お局を立てることが大切です。これは、何もお局だけでなく、全ての組織で働く人の基本姿勢です。

「実るほど、こうべを垂れる稲穂かな」という諺があります。

立派な人ほど、他の人に対して謙虚であるという意味ですが、あなたがもし新人で、まだ実績もないとしたら、余計に率先して、そんな謙虚な姿勢に徹してみましょう。

今更そんなことをやっても無駄だし、お局はそんな簡単じゃないと思うかもしれませんが、これには2つの意味があります。

一つは、お局の警戒心や劣等感を和らげるということ、もう一つは、周りの人が、そんなあなたの姿を評価するかもしれないということです。

謙虚で腰を低くするというのは、本当はそんな薄っぺらい計算を盛り込んで行うことではなく、純粋にあらゆることから学ぼうとする姿勢です。けれど、それはあなたを守ることにもなるのです。

ですが、自分を卑下することとは違います。自分は駄目な奴だから、すみません、申し訳ありません、という気持ちが強すぎると、お局のような弱い立場にいる者を追いこむのが好きな人は、調子に乗って余計に攻撃してきます。

仕事に対しては前向きに取り組み、先輩であるお局を立てますが、あなたの人格を傷つけることに対しては、同調すべきではありません。

反撃する必要はないですが、また言ってるくらいに流すことができれば良いですね。

お局の気持ちの奥底を見抜き、自分の仕事を頑張る

先ほどお話した通り、お局の本心には劣等感があります。満たされている人は、いじめは行わないはずです。それを、自分より弱い立場の者をいじめて困らせ、憂さを晴らすというのは、幸せではないからです。

そんなお局の劣等感に翻弄されるのは、ある意味時間の無駄ではないでしょうか?

あなたはお局のはけ口になるのをやめると決心し、自分の仕事に励みましょう。会社は仕事をするところであり、個人的なストレス発散の場ではありません。もし、お局が嫌がらせをしても、無視しましょう。

お局はあなたを困らせてストレス発散しているのですから、あなたが困らない様子であれば、つまらなくなります。

そう簡単にいじめをやめないとは思いますが、一定期間、あなたが動じない態度をとれば、お局もやる気をなくすことは十分考えられます。

周りを味方につける

あなたが、お局のいじめが、彼女の劣等感と幸せでないことを現れであると理解し、意に介さないようにして仕事に励むのを続けると、あなたに冷静さが戻ってくるのではないかと思います。

そして、今までのような反応がなく、つまらないからいじめが止めば悩みは解決しますが、もしもイライラしたお局が、最後のあがきのように、いよいよ酷いいじめを開始してしまったら、あなたは周りに味方を作ることを始めましょう。

とはいえ、お局は既に、その部署なり会社で、基盤を築いています。

彼女には、役職を超えた手下のような人たちがいるかもしれません。そんな人たちは彼女を擁護しているので、なかなかあなたが入る隙がないのが現状だと思います。

しかし、口には出さなくてもお局を煙たく思っている人たちはいるはずです。

案外、上司の立場からすると、煙たいけれど、自分には害がないし、注意するとうるさいので放置しているという場合もあります。

そういう人たちの同意を自然と取り付けるには、感情的になるのが一番まずいです。つまり、あなたがいじめられていて辛いというのは、残念ながら、よほどはっきりした証拠がなければ、流されてしまうことが多いでしょう。

中には「みんな◯◯さんの洗礼にあっているからね」と通過儀礼のように言われてしまうことすらあるかもしれません。

本当に通過儀礼で、その後、あなたが認められ、成長したり立派な仕事ができればまだいいかもしれませんが、その気配もなく、ずっといじめ続けられているとしたら大問題です。

しかし、彼らは「業績が下がる」ということに関しては当然敏感です。

お局があなたを無視したり、いじめるのに対しては、もしできたらいったん忍耐しましょう。

しかし、今までみたいに、ただ忍耐するのではないです。その期間、お局が業績を下げるようなことを自分に対してしている証拠を集めるのです。

例えば、重要な資料を回さなくて自分が困っただけでなく、顧客にも迷惑がかかった場合、その日にちや内容をメモしておきます。

なんの資料だったか、顧客名なども具体的にして、契約がふいになりそうになった、とか大事な顧客の気分を害したなど、数字に直結しなくても、業績を悪くしかねない、会社の信頼が失われかねないことに関して、記載します。

自分は万全を期したのに、お局の横やりで仕事が失敗した場合はチャンスと考えましょう。

そして、それがいくつも溜まったら、上司に相談という形で話してみるのです。その時に、お局が悪いというスタンスで話さないでください。

あなたは、自分になにか至らないところがあるから、資料が回ってこない、顧客との約束の時間を教えられなかった、取引先の資料のありかを教えてもらえなかったなどと、話します。

そして、このままでは、業績が下がってしまう、仕事が円滑にできなくて迷惑がかかるので、どうしたらいいかを相談するのです。

こうすれば、あなたは、個人的な人間関係の悩みを相談しているのではなく、業務の困りごとに関して相談していることになります。

そして最初は、お局のことに気づいていながら、なかなか対応を渋っていたとしても、業績や会社の信頼に関して危機を感じれば、動いてくれる可能性があります。

しかしその上司が、すっかりお局派で、お局がなにをしても許されると考えている人だと難しいところがあるので、相手を良く観察して、この人と思う上司に相談するのがいいでしょう。

関係を修復することはやめて無視する

あなたが、前述したの方法で、上司が介入しても、お局の攻撃が収まらなかった場合は、ひたすら無視する方法を続けましょう。

もう、関係を修復したいとか、認めてもらおうと考えない方が良いです。最初は辛いと思うかもしれませんが、お局がつまらないと思うのを待つのです。

このとき注意するのは、お局派の同僚などに、お局の悪口をうっかり伝えないことです。あなたが仲の良い同期と思っていても、お局に取り込まれている場合もあります。

ランチや休憩中などに、ついお局にこんなことされた、酷いと思わないかなどと、同意を求めてしまったり、同期がわざとお局の悪口を言うように誘導しているのに引っかかってつい悪口を言ったりしないように注意しましょう。

そんなことは稀だとは思いますが、お局は手下を上手に使うことにたけています。

基本的に人の悪口は言わないことです。そして相手が返さなくても、挨拶だけは欠かさないようにしましょう。

なんだか、人を信じていないようで寂しいですが、困難な中でもあなたが揺るぎない態度を取って、会社の目的である仕事に精を出していれば、見ている人が必ずします。

それに、ひと昔前と違い、企業のコンプライアンスも厳しくなっていますし、年功序列や腹芸みたいな曖昧な社風もなくなっている傾向がありますので、お局のような実績もないのに(あるかもしれませんが)特例扱いされる存在には居づらい環境になりつつあります。

そのため、本来の仕事に貢献するために工夫したり、努力することが、結局はあなたの実績に繋がります。

あなたが、今の会社に失望したり、自分の仕事すら嫌になってしまったりするのならまだしも、お局のような存在に振り回されて辞めてしまうのは、もったいないことと言えます。

ただ、あまりにもお局のいじめの度合いが酷く、抑圧的な言動、例えば、人格を否定されるような悪口を言い続けられたり、あなたが無能で役立たずだとなじられたりするようなことがあり、上司にも人事にもまた、コンプライアンスを見張るような部署に相談しても改善されるようなことがなければ、転職を考えて動いた方がいいでしょう。

長時間、抑圧される言動にさらされると、あなたは心身の健康を害してしまうかもしれないからです。そんなことになっても、誰も責任を取ってはくれません。自分の身は自分で守ることが基本です。

どうしても辞めたいなら転職活動をする

色々やってみたけれど、改善せず、どうしても辞めたいと思ったときには、転職活動をしましょう。

先ほどお話したように、心身の病気になってしまっては元も子もありません。よく考えて色々な対処をしてみて、それでもなお、辛い状態が変わらないとしたら、それは逃げの転職ではありません。

やり尽くしたのですから、次のステップに進むときです。

そして、あなたがお局からいじめられながらも仕事に励んできたことは、必ずどこかで役に立ちます。

目標を決めて、例えば半年後には転職すると思い活動していると、お局のいじめもあまり気にならなくなるかもしれません。

これからずっとこの状態が続くと思えば辛いばかりですが、転職活動してそのうち転職すると思えば、終わりが見えています。

その人の考え方にもよりますが、転職活動は在職中から始めるのが安全です。初めは転職サイトに登録することから始めるとハードルが低くてやりやすいかもしれません。

ただし、そのことは会社に言うべきではないです。転職活動をしていると知られると、会社の人たちからの評判も落ちる可能性もありますし、万が一、どうせ辞めるのだからと、不当な扱いを受けてしまっては損です。

なので、なるべく有給を利用して面接を受けるようにして、会社では転職が分かるようなメールやサイトは見ないように気を付けて下さい。

また、面接において、転職理由に「人間関係が辛かった」というような内容を匂わすのは避けた方がいいです。

あなたは、人間関係の辛さに負けたという訳ではありません。あなたなりの対処をして、その状態を脱しようと努力したことは間違いがないです。その結果、このままでは、自分が活かせないと感じて転職するのです。ステップアップを希望しての転職といってもいいでしょう。

その為にも、お局からいじめられている時にも、めげないで、仕事に対しては誠実に向き合うことが大切なのです。

もし、まだ転職する自信がないというなら、転職活動の代わりに、有利な資格を取るとか勉強をすると自信が生まれます。そして会社でも仕事は手を抜かないでやることにより、実績もつけば、より転職への自信も生まれます。

まとめ

業務に関係のない、いじめをするようなお局を放置している会社にも問題があります。

しかし、どんな会社でも、満足のいく待遇ばかりとは限りません。理不尽だと思うことも多いはずです。

けれど後になってみると、その経験があったから、今、打たれ強くなった、とか物怖じしなくなった、とかよかったと思うこともあると思います。

あまりに酷いパワハラのようないじめは、支援をうけて解決したり環境を変えるべきですが、もしあなたが前向きになれるのならば、お局攻略とでも名前をつけて、自分の中でゲームでもしている気分で対処してできたら良いですね。

どうか、いじめの被害者になりきってしまい、悲しみの中につかり過ぎてしまわないようにしてください。そして客観的な視点を持つことと、流され続けず自分で決めることを大切にしてください。