仕事をしていると毎日辞めたいと悩んでしまう時ってありますよね。私も以前働いていた会社では、入社以来毎日辞めたいと思いながら働いていたので、あなたの気持はよく分かります。

実際に、100名にアンケートを実施した結果、毎日仕事を辞めたいと悩んでいた時期があると回答した人は実に86%にまで及んでいます。

なので、悩んでいるのはあなた一人だけではありませんよ。私は結局は辞めて転職して解決しましたが、辞める前にもいろいろとできることがあったとも思います。

実際に、毎日辞めたいと悩んでいたけど辞めずに解決したと回答した割合は34%もありましたからね。毎日辞めたいと悩んでいたからといって全員が辞めたというわけではないということです。

そこで私の経験やアンケート結果を踏まえて、仕事を毎日辞めたいと悩んでいるあなたへアドバイスを送りたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

毎日辞めたいと悩む原因は何なのか?

仕事を辞めたいと悩んだときは、まず、なぜ仕事を辞めたいのか理由を明確にすることが大切です。仕事では嫌なこともたくさんありますし、理不尽なことをしなければいけないこともあるでしょう。

多くの人は仕事を楽しんでやっているというよりも、生活のためにつらくても頑張っているというのが本音でしょう。

なので、もし自分でも理由が分からないというのであれば、これからアンケートの声をご紹介しますので、それをヒントに仕事を辞めたいと思う理由について、一度じっくり考えてみましょう。

残業が多く休みもなかった

男30歳 建築業

とにかく仕事量が多く現場も多いので、休日出勤が背ざる負えない状況が当たり前の職場でした。休日出勤をしても代休が取れる雰囲気でもなく、結果休みなく働いていました。それを問題視しない上司や会社に嫌気がさしていました。

女27歳 高等学校講師

帰宅後自分の時間が全く取れないことと、土日の部活指導が苦痛でした。部活も指導方法を家で勉強する必要があり、睡眠時間が短かったことで体調も優れなかったのが苦痛でした。

男24歳 工場勤務

一ヶ月の残業時間が130時間を超えることが三ヶ月以上続き体力的にも精神的にも限界だった。現場リーダーだったので上司と部下からの板挟みで毎日辞めたい、逃げ出したいと悩んでいました。

女26歳 メーカー営業

やってもやっても仕事が終わらず、さらに週末出勤したり、長期休み中にも出勤があったりと、仕事から離れられない人生になっていた。課が変わっても同じ状況が続き毎日憂鬱であった。

このまま続けていたら過労で倒れてしまう・・・。そんな状況であれば辞めたいと思うのも無理はありません。もし、上司も同じ状況で休みを取れる環境ではないのであれば、あなたはずっと同じ環境で働かなければいけません。

もし、その未来しか想像できないのであれば、辞めるという決断をするのが1番の選択肢なのかも知れません。

関連残業が多くて辞めたいです。毎日残業は当たり前で3時間以上は残業しています・・・

職場の人間関係

女23歳 金融事務

金融業界の営業店は女性社員が多くいます。なので、人間関係も複雑です。陰口や嫌味は当たり前、さらに派閥までありとても気を使います。そんな周りの顔色ばかり伺いながら仕事をする毎日に嫌気がさしました。

女23歳 製造業

教えてもらっていたパートさんから毎日のように嫌味なことをされていました。目の前で人を通して悪口を言われたり、物を隠されたり、自分のミスをこちらのせいにされたり。上司もそれを知っていて一切改善をしようともしていなかったです。

女28歳 フィットネスインストラクター

人間関係で一番やめたかったです。同級生の子と一緒に働いていましたが馬が合わずに、上司の私に対して後輩や同僚を巻き込んで嫌がらせや姉妹には、オーナーまで巻き込みミーティングを開かれて、1人ずつにボロクソいわれました。

男27歳 営業職

自分の売上について、本社に呼び出され上司にせめられたからです。どうして売れないのか、やる気がないのかなど、上司と一対一で向かい合って話されました。とても苦痛でした。

労働環境の次に多かったのが人間関係です。やはりこの2つがどの職業でも辞めたい理由の上位となるんでしょうね。

もし、仕事自体は嫌いじゃない。その場合は、仕事に支障のない範囲で、なるべくその人と接しないようにすることはできないでしょうか?

その相手が上司なら難しいかもしれませんが、誰よりも仕事ができるようになることで、誰もあなたに何も文句を言えなくなる可能性もゼロではありません。まだ、頑張れそうですか・・・?どうでしょうか?

関連職場の人間関係に疲れたときの対処法!辞めたいとお悩みのあなたは必見です!

仕事のやりがいがない

男23歳 政府系金融機関

就職活動では、学生に政府系金融機関ならではのリスクの高い仕事等ができると謳っていた。にも関わらず、実態は国から与えられた予算のために仕事をしており、会社への不信感が募った。

女28歳 歯科衛生士

今までやってきたスキルを生かして、仕事をしたかったがその職場は、とくにスキルを必要とはしない誰にでもできる業務内容だった。そのため、経験やスキルを殺すことになり仕事のやりがいが全くなかった。

女25歳 ゼネコン 営業事務

それなりに偏差値の高い大学を出たのに、毎日毎日誰でもできるようなルーチンワークばかりでした。このままここにいてもレベルアップできそうにないし、今後のキャリアを考えると現状は良くないのでは?と毎日悩んでいました。

仕事にやりがいを感じれれない、仕事がつまらないというのも辞めたくなる原因です。このままでは、仕事のモチベーションが上がらず、仕事のミスも増えて悪循環に陥る可能性もゼロではありません。

詳しい対処法については以下の記事をご覧ください。

関連仕事がつまらないときの対処法!辞めたいとお悩みのあなたは必見です!

その他の理由

ノルマがきつい

男26歳 保険営業

私の勤務地は高齢者のお客さまの割合が高く、ノルマがあるためとても大変だった。どちらかというと訪問営業よりも窓口営業でそのうえ事務もこなしながら営業しなければならなく、非常に大変であった。

男28歳 広告企画営業

零細企業でOJTなどもキチンと制度化されていなかったので、利益を重視して経費をかけない企画をブレストで詰めたうえで、仕事の仕方も教わらないまま契約を取れる企画書を作るようにと発破をかけられていました。

関連営業ノルマがきついから辞めたい?ノルマ達成のためにやれるだけのことはやってみましたか?

クレーム

女27歳 サービス業

携帯に関する仕事だったのですが、そもそもの携帯の仕組みを説明しても難しく理解してもらえない。わからないことを説明されてお客様がイライラしてくる。きちんと説明しているにもかかわらず怒鳴られるという繰り返しだった。

関連仕事のクレームが辛くて辞めたいときの対処法!全てのクレームに対応する必要はありません!

人事異動

男26歳 介護職

人事異動のため勤務地が変わり、慣れない仕事内容と環境の中で休みなく働いていました。毎日辞めたい気持ちでいっぱいになりながら、歯を食いしばる思いで職場に向かっていました。

給料が低い

女25歳 サービス業

高校を卒業してからずっとやっていますが仕事の内容はあまり変わらず毎日同じないようです。それはいいのですが朝から夜遅くまで働いているのに給料は全く増えず基本給も低いので辞めたいと考えている。

関連給料が低いから辞めたい?転職を考える前にやるべきことがありますよ。

仕事を毎日辞めたいときの対処法!

辞めたい理由が明確になれば、次はその問題を解決できるかを考えてみましょう。

女(ad)26歳 サービス業

どんな仕事でも、嫌な面はあると思います。しかしそれに打ち勝ついい側面があるなら、辞めずに頑張ってみてもいいかもしれません。

上記の方が言っているように、どんな仕事も嫌な面はあるので辞めずに解決できるに越したことはありません。1番は相談することですが、それでも解決できそうにないという場合は、是非ご参考にしてください。

自分で改善できないか挑戦してみる

職場ではたくさんの人が集まって働いていますし、年齢差や役職も違う人が一緒になって仕事をしています。

そんな中で自分の思い通りにすることは難しいものです。もしも自分が辞めたいと思う理由を考えても、自分ではどうすることもできないことが職場ではあるものです。

実際に、会社を辞めることはとても簡単なことで、上司に辞めますと伝えればすぐにでも辞めることは可能です。

ですが、自分の生活や今後のことを考えると、なかなか退職できない現実が待っています。そのため会社を毎日辞めたいと悩んでいるのは、辞める決心ができないということです。

ならば会社で働き続けられるように、自分で解決できるかもしれないのでいろいろと試してみましょう。仕事を辞めたい理由として労働環境や人間関係、仕事のことで悩むことが多いですよね。

労働環境や人間関係であれば自分で解決するのは難しいかも知れませんが、もし仕事のことで悩んでいるなら、本気になって取り組んでいるか考えてみましょう。

仕事では多くの人が自分の給料に見合った仕事をしていないものです。特に入社してまだ浅い人は、会社への貢献度も低いものです。それでも給料をしっかりもらえることに感謝をするべきです。

しかし仕事が大変だからという理由で辞めたいのなら、辞める前に本気になって仕事に取り組んでから辞めても遅くはありません。

自分が給料に見合った仕事をした時に、大変だと思えば辞めるのもひとつの選択肢です。

ですが、単に大変だから仕事を辞めたいというのは、今後どんな仕事をしても同じように思うようになるでしょう。結局は簡単な仕事しかできないので、自分のスキルアップもできずに後で後悔することになります。

会社を辞めたいと悩むほどの問題が起きるのは、これから先、何度も経験するかもしれません。その時に毎回会社を辞める訳にはいきませんよね。

どこの会社に就職しても会社を辞めたいと思うような大変なことはあるものです。それをいかに乗り越えて頑張るかが大切なのです。会社を辞めることは簡単ですが、辞める前に自分で問題を解決できないか考えてみましょう。

自分でやるべきことをやってどうすることもできなければ、辞めたとして後悔することはないでしょう。

辞めた後のことを考えてみる

男(ad)29歳 製造業

辞めてどうするのかが明確になるまで辞めずに今の会社で実現できないか考えてみてください。

女27歳 販売職

本当に辞めた後に後悔しないか、一時的な気持ちではないかをしっかりと考えてから決断すればよいと思います。

男(ad)32歳 ゼネコン

辞めたらどうなるのか、転職するとどのようなメリットとデメリットがあるのか冷静に分析して、そこから慎重なベストな選択をできると良いと思います。

辞めた後のことを考えることも大切です。仕事を辞めることはあなたが思っているよりも簡単なことですが、いろいろと手続きややるべきことも多いものです。

辞める時にはまず初めに最低1カ月前には上司に報告をします。自分の仕事量が多かったり人材不足ならば、もっと早い段階で報告しなければなりません。上司の報告する時には明確な理由も必要になります。

例えば仕事が大変だからという理由ならば、上司が仕事量を減らしてくれれば辞めずに済むかもしれません。

上司に報告する時には自分が辞める決意を固めているはずなので、上司の引き留めをきっぱり断る勇気と説得力が必要です。そして退職する日までは、何とか仕事をしなければなりません。

辞める人に対してかまっていることはできないので、辞めるまでは孤独な仕事が多くなるでしょう。もちろん自分の仕事の引継ぎ作業をしなければなりませんが、後は退職日まで雑務をすることが多くなります。

退職する前に転職先を決めておかなければいけないので、ゆっくりしている暇はありません。仕事が嫌で辞めたいと思っているのに、次の職場で仕事が楽しくできるとは限りませんよね。

それでも生活のためには仕事をしなければならないので、今の仕事よりも良さそうな会社を選ぶことになります。

でも、あなたが良さそうな会社を選んだとしても、結局は今の会社と同様に働いてみないと分からないです。

しかも問題は転職活動です。会社を辞めることは簡単でも、入社するまではとても大変な道のりが待っています。

どの業界でも未経験の人に対しては厳しい採用状況になるでしょう。また年齢や経験によって優劣がつくので、転職したくてもできないかもしれません。

あなたが思っているよりも転職活動は厳しい状況かもしれないことを頭に入れておきましょう。

もしも転職先が見つからない時のことを考えておくことも必要ですし、転職活動する前に必要なスキルを勉強しておくことも大切です。少しでも転職を有利にするには、未経験でもスキルや能力があることを武器にしなければなりません。

男(ad)34歳 情報サービス

辞めずにキャリアアップを目指しました。スキルを磨くことに精を出した結果、資格を取得したことで次への目標をキャリアアップとしました。

この方のように、できれば必要な資格を取得できればいいのですが、なかなか時間的に資格を取得するのは難しいものです。

ですが、若さもスキルもなければ、どこにも転職できない・・・なんてこ状況に陥ることも考えられるので、実際に退職する前に自分なりにリサーチすることが大切になりますよ。

転職するなら同じ失敗を繰り返さないこと

もう辞めて転職することが1番だと判断したなら、後は今と同じような状況にならない転職先を見つけるだけです。

男(ad)28歳 メーカー営業

仕事を辞めたいと思う根本の原因が自分で改善できることなら甘えだと思うので頑張って続けた方がいいと思います。反対に辞めたい理由が他者にある場合(気分屋の上司がいる、何年働いても給料が増えないなど)ならすぐにでも辞めて、自分が納得できる仕事を探すべきだと思います。

上記の声のように、辞めたい理由が他者にある場合は、すぐに解決できないケースの方が多いですからね。

でも、転職するなら必ず、次は長く働き続けられるようしっかりリサーチした上で転職をしてください。例えば、今の仕事がつまらないという場合は、自分がやりたいとことをしっかり見つけてから、転職するようにしましょう。

そうすれば転職先の人間関係が多少つらくても、乗り越えることができるはずです。そして可能であれば、転職先を見つけてから辞めるようにしてください。

女(ad)27歳、歯科助手

仕事をしながら再就職先を物色する事が大事です。ある程度次の仕事に目星をつけてから退職するようにした方が精神的にも金銭的にも楽だと思います。

やはり転職できるか未知数な状況で辞めるのはリスクが高いです。なので、内定は決まっていなくてもいいので、ある程度「自分ならこんな会社に転職できそうだ」という確信を得た上で辞めるようにしてください。

もし、転職先も全くイメージできないという状況であれば、それが明確になるまでは、できるだけ辞めないことをオススメします。

まとめ

毎日辞めたいと悩んでいた方の66%は最終的に辞めるという決断をしています。でも、辞めようと思っても簡単に辞められる人ばかりではないでしょう。私も続ける気力があるのであればなるべく辞めずに頑張ったほうがいいとは思います。

ですが、パワハラや過労死などいろいろな労働問題がある中、自分の体を優先してほしいです。

女(ad)26歳 生保営業

年齢や家族状況、ローンなど、様々な理由で辞めたいけど辞められない方も多いと思いますが、辞めるというのは決してマイナスなことだけではないです。

最悪失業保険もありますし、体を壊してからではすべて手遅れになってしまうので、もう限界・・・というのであれば、転職できるか?はひとまず置いといて、辞めてからゆっくり考えていってください。

逃げることも勇気ですよ。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)