あなたは今の仕事をとても頑張っています。仕事を始めたときは希望に満ちていたと思います。けれど、今あなたはその仕事で追い詰められてしまっています。

毎日疲れて家に帰り、仕事のことが頭から離れないくらい、つらい気持ちになっていませんか?毎日仕事に行くくらいなら、消えてしまいたいとさえ思ってしまっていませんか?夜も眠れなくなるくらい、仕事のことで悩んでいませんか?

そのような状態が続くと、精神的にも肉体的にも疲れてしまい心が壊れてしまいます。生きていくことさえもつらくなってしまいます。

そんなあなたの心を軽くするような対処法を挙げてみたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

精神的に追い詰められる原因を整理する

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、85%の方が仕事で追い詰められた経験があると回答しています。仕事で精神的に追い詰められる要因としては以下の3つです。

  • 人間関係
  • 仕事がキツイ(労働時間が長い)
  • 給与や待遇が上がらない

特に多いのが人間関係ですが、あなたの原因は上記のどれに当てはまるでしょうか?もちろん一つだけでなく、複数の要因が重なっている場合もあると思います。

女25歳 営業事務

そりが合わず、いろいろな面で上司をイライラさせていたみたいで、朝、会社で顔を会わせても無視され、あいさつも仕事上の会話もほとんどできず、辞めたほうがいいのではないかといつも考えていたから。

男28歳 製造業

人手不足と無理な納期が重なって、1人で抱えられる仕事量を超えてしまった。次から次へと仕事が増え、連日深夜までサービス残業をしていた。

女27歳 保険会社営業職

明らかに実現できないノルマを課されて、「このペースじゃ目標を達成できないぞ」と毎日上司から叱責され追い込まれていった。

上記の原因の場合、人間関係だけは自分次第で変えられないことはない要因だと思います。仕事がきつくても、人間関係が良くなってくると、個々の仕事に対しても上司の当たりが優しくなったり、仕事を回してくれる営業が気を使ってくれるようになる場合があります。

でも、人間関係だけが苦痛の要因でないなら、さらに平社員の場合は自分で環境を変えることはほぼ不可能でしょう。

他のものについては、会社の業績不振により体質が悪化し、将来性を感じられないことから、若手を中心に会社を離れるのは必然になります。もちろんそうですよね。

このままこの会社にいても、未来がないのであれば時間の無駄とは言いませんが、多くの可能性を犠牲にしてしまうことになります。

あなたのケースが人間関係以外のどれかに当てはまるのでしたら、あなたが状況を変えることは難しいと思いますので、退職や転職を具体的に考えられたらいいと思います。

他方で、その会社を選んだ理由として専門性の高い、経験や実績を積むためという場合は少し意味合いは変わってきます。理由は、ある時期が来たらキャリアアップのために転職も可能だからです。

でもそれは一部の特殊なスキルを磨くことができる環境の場合です。

私の場合は、決して高い給与を得られる職種ではないデザイナー職でしたが、特殊なスキルを要しますのでキャリアアップにつながるような転職をすることは可能な職種でした。

転職には、「スキル」が重要視されますので、修行のつもりで他の会社でも通用するスキルを身につけるために我慢するという選択肢も存在します。あなたの場合はどうでしょうか?

直接つながらないような職種であっても、現職での経験が活かせる場合もあると思いますので、あなたの職業経験を一度整理してみてもいいかもしれません。

42%の人は耐えきれず辞めています

仕事で追い詰められた経験がある方に、実際に辞めたか?のアンケート結果が上記です。なんと42%の方が辞めたと回答しています。

辞めた理由

辞めたと回答された方に共通していたのが、「このままだとうつ病になってしまう」という声でした。

女28歳 販売職

どうにか続けようと頑張っていましたが、体調を崩しうつ病と診断されたので、半ば逃げるように辞めてしまいました。

男32歳 建築現場施工管理

心身ともに限界に達して体調を崩してしまい、職場復帰することが出来なかったことと、将来の会社の展望が見えなかったため。

女24歳 クリエーター

時間が足りないので、始発で帰り、身支度が終わればすぐに出社して仕事をしていた。その為、身体と心の調子が悪くなり、本格的に鬱になるんでは!?と恐怖を覚えた為。

男32歳 商社営業

パワハラ上司のやり方に全く納得できず、このままいても精神的にやられると思ったので。今は転職して楽しく仕事している、辞めてよかった。

辞めなかった理由

女26歳 CAD

一定期間が過ぎれば仕事量が減るだろうという見込みがあったから。どうしてもこなせないものは周りに相談してギリギリまで納期を延ばしてもらった。

男32歳 製造業

地元を離れ結婚して家庭があり、子供が産まれて家族を養わなくてはならない状況でした。当時はまだ不景気で仕事があまり選べない時代でした。

女25歳 介護職

同僚で分かってくれる人達がいたので、頑張れたと思います。陰口は気にするなといってくれる同僚もいましたし。

男31歳 製造業

さすがに環境を変えたいので、同じ会社でも作業担当の場所を変えてくれと上司に頼んだところ、聞き届けてもらったからです。今では精神的に追い詰められていません。

精神的に追い詰められたときの対処法

無理に引き受けなくてもいい。出来なかったら頼っていい

追い詰められてしまうあなたは、おそらく頼まれたことを引き受けてしまう心優しい性格なのだと思います。

自分の仕事の他、頼まれたことはやらなくてはとなっていませんか?それが原因で仕事量が増えてしまい、追い詰められてしまってはつらいと思います。

今の状態の自分にはできそうにない。そう思ったら、無理に引き受けてはいけません。引き受けなくていいんです。

とは言っても、断るのは悪い気がしてしまう。嫌われるんじゃないか。相手が喜ぶならやってあげたい。という気持ちがあるのはわかります。

ですが、時には今はどうしてもできないんだ、という時があると思います。そのことを真剣に伝えればわかってくれるのではないでしょうか。今まで頑張ってきたあなたです。周りの人もきっとわかってくれます。

勇気を出して断ってみましょう。それも、自分自身を守るために必要なことなのです。

逆に、あなたが誰かに頼ってみるといいでしょう。出来そうな誰かに、この仕事お願いできますかと。今の自分にはどうしても手が回らないから助けてほしいとお願いしてみましょう。

今まで頑張ってきたあなたの為ならきっと助けてくれるはずです。そしていつか、自分に余裕が出て来る時が来るかもしれません。

今なら大丈夫、手伝ってあげられるという時が来るかもしれません。そんな時、今度はあなたが誰かを助けてあげてください。

決して無理はしてはいけません。自分が今ならできるなと思う時でいいんです。無理に引き受けたり、自分を追いつめることになる仕事は無理しないでください。

適度に息抜きをする

仕事中もそうですが、ずっと仕事だと気が滅入ります。息抜きは仕事中もできます。好きなお菓子をつまんだり、息抜きが出来るグッズを用意したりして適度に息抜きをすることも大事です。

そんなことでと思わず、自分が息抜きできることを探してみてください。それだけでも、前向きな気持ちになれると思います。

ストレッチなど身体を少しでも動かすことも大切です。疲れた身体も少しは楽になります。

どうしても息抜きしづらいという方は、トイレに行きましょう。トイレに行くことも息抜きになります。トイレなら個室があるので、周りの目もありません。少し休憩してから戻れば大丈夫です。それだけでも、気分転換になります。

スマホのアプリでゲームをすることもおすすめです。ゲームに集中すると、仕事のことを一瞬でも忘れられます。少しでも、そういう息抜きをすると、仕事の集中力も上がるかと思います。

仕事中に息抜きなんてとんでもないと思わずに、是非息抜きしてみましょう。人間はロボットではありません。休まずに働き続ければ、過労で死んでしまいます。

仕事が休みの日には、自分の好きなことだけをする日を作ってみましょう。やりたくないことは投げ出しても構いません。家族がいるならば、協力してもらいましょう。話せばきっとわかってくれるはずです。

そして、何か新しいことを始めるのも効果的です。無料でできるおすすめの息抜きは、散歩です。何もなくてもできます。散歩するだけでも新しい発見がたくさんあります。

新しい道を見つけたり、新しく見つけたお店に入ってみたり、見たこともない植物を見つけたり、虫や動物を見つけたり。そこで出会ったお店がお気に入りになるかもしれません。

新しく見つけたカフェで美味しいものが見つかるかもしれません。素敵な出会いがあるかもしれません。

散歩中、本屋さんがあったら是非入ってみてください。様々な本があるので、新しい趣味も見つけやすいでしょう。少しでも興味があれば、挑戦してみることをおすすめします。

なぜならば、人生は一度きりだからです。やりたいことを何もせずに終わったらもったいないと思いませんか?好きなことが出来なければ、悔いばかりが残る気がしませんか?

自分ができる小さいことからでかまいません。そうして始めた新しいものが、自分にとってかけがえのない大切なものになり、生きていく希望になるかもしれません。

仕事もそれをやるために頑張れるようになるかもしれません。それがあるなら、もっとやれると思えるかもしれません。

散歩をしただけで、たくさんの発見がそこら中にあることでしょう。わくわくして散歩してみたくなりませんか。散歩は、身体にもいいです。有酸素運動で、健康にもなれます。新しい発見もできて、健康にもいい。一石二鳥だと思いませんか。

好きな音楽を聴きながら散歩することもおすすめです。音楽は心を豊かにします。癒されます。気分転換に最適です。

散歩は道具もお金も必要ありません。すぐに始められるので、是非散歩をしてみてください。

一人で抱え込まない

女(ad)30歳 開発職

職場で相談できる、信頼できる人を見つける事が大事です。悩みの内容にもよると思いますが、環境の問題などは、当人の我慢が周りの人には見えないことが多いのではないでしょうか。自分の悩みを吐き出し、改善出来ないか模索してみてください。

追い詰められてしまうあなたは、一人で抱え込んでしまうのではないでしょうか。誰にも言えず、苦しい思いをしていないでしょうか。時には誰かに話を聞いてもらうことも大切です。

この時相談するのは、正論を言うような真面目すぎる人よりも、否定しないで共感してくれる人に話すとよいでしょう。

否定されると余計追い詰められてしまう可能性があります。信頼している友人や身内に話を聞いてもらいましょう。

相談できるような人がいないという場合には、愚痴を電話で聞いてくれるサービスがあるようです。それを利用してみるのもいいでしょう。人に話を聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になります。

そして、話しているうちに自分がどうすべきか答えが見つかる場合もあります。

また、信頼している上司がいるのなら、上司に相談してみましょう。追い詰められているということを、話せばきっと何かアドバイスをくれるはずです。

一人で抱え込むことは本当につらいことです。自分一人で解決しようとしないでください。是非、誰かに頼ってみてください。そうすれば、現状よりもいい方向へ向かうと思います。

休みたかったら休んでもいい

仕事を休めないという人は本当に多いと思います。責任感が強いのです。休んだら、あの仕事はどうしようと不安になったり、同僚に迷惑をかけてしまうなど、気になってしまうのですよね。

責任感が強いがゆえに、体調が悪くても休めず精神的にも肉体的にも自分を追いつめてしまいます。

無理をして仕事をすれば、余計体調を崩してしまうことになりかねません。そうなる前に、体調が悪かったら休みを取りましょう。休むことは必要です。

自分の身体を痛めつけてまで仕事をする必要は全くありません。それに、体調が悪くなったということは、ゆっくり身体を休めてというあなたの身体からの合図かもしれません。この機会にあなたの仕事は同僚にお任せして、是非休んでしまいましょう。

そして、精神的にも肉体的にも疲れたから休みたいという時もあるでしょう。そんな時も、休みを取って休んでしまいましょう。有給休暇を使っていいんです。

あなたの生きる目的はなんですか?仕事だけではないはずです。仕事をして、お給料をもらい、生活していく。それは、生きていく基本です。

そのお給料で基本の生活をするだけではもったいないと思います。やりたいことがあるならやりましょう。行きたい場所があるなら行きましょう。身体を休めたい場合は休みましょう。

そういう理由でも休んでいいんです。その場合、休みは前もって取りましょう。そして、お土産を同僚に買っていきましょう。

それでいいんです。そうしたら、お互いまた気持ちよく仕事ができるかと思います。休む時も、相手の気持ちを思いやれば、また気持ちよく休みが取れるはずです。

転職先が見つかるかシュミレーションをする

男(ad)30歳 メーカー営業

どうしても辞めたい欲求は必ず誰でも起きると思います。気が済むなら転職会社に登録して自分の市場価値を調べてみてください。

あなたが現状を改善するためには、転職する必要があると思いますが、まず転職先が見つかるかシュミレーションしてください。まず、あなたの学歴、年齢、業務経験、特殊なスキルがあるかどうかで、転職市場での価値が決まってきます。

あるいは、あなたがまだ20代であれば現在は売り手市場ということもあり、業種によっては転職しやすい場合があります。30代以上であれば、これまでの経験がベースになってくると思います。

ただ、私の経験からですが、絶対に過去の職種に関係していなければならないということはありません。あなたの意志や覚悟があれば新しい道は開けてくると思います。

インターネットのサービスで、リクナビNEXTやマイナビ転職という大手の転職サービスサイト等がありますので一度情報を集めてみてはどうでしょうか?

あなたが働いている現在の職種で転職先を探すのか、それとも別の職種に挑戦するのか、さらにその志望する職種の求人件数などをチェックしてみるのもいいでしょう。

そうやって転職市場を少しでも覗いてみると、あなたに転職先が見つかりそうかなんとなくシュミレーションができると思います。そうやって転職の情報を取るだけでも、あなたの不安が少しは和らぐと思います。

きっとどのような職業であれ、無茶な要望を持たなければ転職先はあると思います。この段階で大切なことは、あなたがもし現在の会社を退職したとしても、きちんと探せば転職先は見つかるということを知ることです。

退職してすぐに見つかるかどうかは、転職する業種や業界の状況も関係してきますので分かりませんが、とにかく選択の道が残されているということは大事なことです。

辞める選択肢を考えてもいい

男(ad)25歳 SE

仕事が辛すぎて体が動かなかったり、死にそうな思いをしているなら辞めるべきです。身体や精神を壊しても会社は助けてくれません・・・。

毎日仕事がつらくて仕方ない。夜も眠れずに、仕事のことばかり考えてしまいつらい。仕事に行くくらいなら、もう消えてしまいたい。もし、あなたがそこまで追い詰められているのなら、辞めるという選択もあります。

仕事は他にもあります。今の仕事場がすべてのような気がしてしまうでしょうが、そうではありません。

いくら頑張っても毎日つらい。いくら頑張っても仕事を好きになれない。頑張るのがつらい。この仕事は向いていない。

そんな風に毎日を過ごしていてはもったいないです。せっかくこの世に生まれ、人として生きている。仕事ができる身体がある。

それなのに、毎日つらい思いばかりで追い詰められているなんて悲しすぎます。続けることは大切です。だからと言って、毎日つらい苦しいと思うのならば辞めてもいいんです。

気晴らしに、求人情報を見てみましょう。他にやってみたいなと思う仕事はないでしょうか?稼ぐためだけではなく、自分が大切にしているものはなんですか?家族のためだけではなく、自分が本当にしたいことはなんですか?

そうやって、自分を見つめなおすことも必要だと思います。小さい頃の夢はなんでしたか?

純粋に自分が好きなことだったと思います。自分のために生きていいんです。決してそれは自分勝手に生きていいという意味ではありません。自分の本当の気持ちを大切にしましょうという意味です。

どんなに、頑張っても好きになれないこともあります。どんなに、好きになろうと努力してもなれないものもあります。自分の身を削ってまでそんな仕事をやる必要はありません。

一度きりの人生です。あなたの人生なんです。お金があっても追い詰められた状態の悲しい人生ではく、お金は少なくても好きなことを少しでもやって笑っている人生の方がいいと思いませんか。

辞めることは悪いことのような風潮がありますが、そんなことはありません。勇気を持って、辞めることを選んでもいいんです。

自分を見つめ直して、本当の気持ちを確かめてみてください。そこでやりたいものを見つけ、他の職場に転職してもいいのです。少し休んだっていいんです。

死んだほうがましだと思うくらいなら、今の職場を辞めて笑っている方がましではありませんか?生きて、好きなことをしたほうがいいと思いませんか?

今の悪い状態が永遠に続くわけではありません。あなたの選択で、この先いくらでも変わっていきます。あなたがつらいだけの仕事は辞めてしまいましょう。もっと、自分に合った楽しい仕事があるはずです。

そうではなく、今の仕事は好きだ。ただ、つらくて追い詰められているという場合もあるかもしれません。

その場合、原因をまず整理してみましょう。何がつらいのか。何に追い詰められているのか。仕事の内容なのか。職場の人間関係なのか。

まず、仕事の内容が原因ならば、上司に相談しましょう。何かしら解決策を教えてくれるはずです。そこで、解決しなければ、辞めてしまいましょう。

他にその仕事ができる職場はあるはずです。辞めてもいいという選択肢を忘れないでください。

そして、職場の人間関係の場合。誰かに相談して解決するのならそれでいいのですが、人はなかなか変わりません。相手を変えようとしても苦しいだけです。相手を変えるより、自分を変える方がはるかに簡単なのです。

まず、自分の言動を変えてみましょう。そうしたら、相手も変わるかもしれません。それでも変わらないという場合、同じ職場なら逃げ場がありません。

追い詰められるくらいの人とずっと一緒にいるくらいならば、辞めてしまいましょう。あなたの心が壊れてしまう前に、辞めていいんです。

ゆっくり休んでください。

退職までの流れと退職後の動きを整理する

辞めることを決めたあなたが次にすることは、退職までの流れと退職後の動きを整理することです。

事前に直属の上司に辞表を出すか、退職の意を口頭で伝えるかです。所属する企業によって辞表の提出を求めるところもありますが、中小企業であれば口頭で退職する旨を伝えて退職願いという一枚の用紙を渡されます。

最近では、それにプラスして業務で知り得た情報を退職後は利用・使用しないというような書類に一筆書かされると思います。いずれにしても、あなたがすることは最低でも一ヶ月前に上司に退職を伝え、あなたが担当している業務の引き継ぎをしなくてはいけません。

ここまでで、ある程度進行中の業務の目処がつき、引き継ぎができてくれば、退職日までの流れが把握でき、そのあとの退職後の動きを考えなければなりません。

退職後にあなたがまずすることは、あなたの居住地管轄のハローワークに離職票を持っていき求職者としての手続きを行います。所属する会社が雇用保険に入っている場合は、雇用保険から休職手当が受けられますので、その手続きは必ずした方がいいと思います。

雇用保険の休職手当については、別のサイトで詳しく書いてある記事を参考にして頂ければと思いますが、ともかくハローワークに離職票を提出し、求職カードを発行してもらい、求職者として転職先を探すことになります。

気をつける点としては、よほどの場合がなければ、求職手当は手続きをしてから3ヶ月以上経ってからの支給となりますので、休職中に預金があれば大丈夫ですが、かつかつの場合はできるだけ節約しつつ、転職先を早く見つけるか、もしくは3ヶ月我慢する必要があります。

私も2度ほど休職手当をもらっていた経験がありますが、20代であれば支給される前に次の転職先を決めてしまうことをお勧めします。

その理由は、仕事に就いていないお休みの期間は、企業側からしてみるとブランクと見られますので、よっぽどの特殊な資格や勉強をする期間でないと職業能力の劣化を招きますので、得なことはありません。

あなたには現職の仕事で苦痛に耐えてきたと思いますので、しばらくは休養が必要かもしれません。

ですので、上記のような現実を知った上で、休職期間を有意義に過ごしましょう。1日1日休んでいる間に、あなたが本来持っている前向きな気持ちややりたいことへのモチベーションが戻ってくることと思います。

そして時間ができたことで友人と会って話したり、ゆっくり将来について考えることもできると思います。

関連会社の辞め方の手順!仕事を辞めるときの悩みを解決します!

まとめ

今の仕事で追い詰められて苦しい毎日を過ごしているのなら、上述した対処法を是非試してみてください。

仕事を頼まれて断れずに追い詰められているのなら無理に引き受けなくてもいいんです。出来ないと伝える勇気を持って、誰かを頼ってみましょう。

そして何より、悩みは一人で抱え込まず、誰かに相談するようにしてください。人に話すことで、気持ちが楽になるはずです。

決してうつになるぐらい我慢しないでください。無理をせず、自分を守ってあげてください。

絶対に、辞めてはいか無いと考えないでください。もうだめだと思ったら逃げていいんです。逃げるのも勇気です。それを忘れないでください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)