日本は残業がとても多い国だといわれていて、会社によってはかなりの時間になることも珍しくありませんよね。

勤務時間内をオーバーするのは当たり前、毎日3時間以上も残業しているあなたのような人は、仕事ばかりの毎日に体も心も疲弊してしまっているのではないでしょうか?

残業が多ければその分残業代が稼げますが、それにも限度はあります。いくら稼いでも使うタイミングが与えられていないなら、稼いでいないも一緒です。

そして、残業を苦に会社を辞めるのは正しい選択なのかどうか、思い悩むこともあるでしょう。そこで、残業を理由に辞めるのはどうなのか、それについてじっくり考えてみます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

残業時間が長い原因は仕事の取り組み方かもしれない

残業時間が長くなっているのは、もしかしたらあなたの仕事の取り組み方が理由かもしれません。

こう言われたら「そんなわけない」とその可能性を即座に否定したくなるかもしれませんが、これは大事なことなので1度しっかり仕事の取り組み方についてよく検討をしてみましょう。

残業時間は、1日のトータルの仕事量で決まりますよね。普通は、朝から夜までの仕事量に左右されます。もう勤務時間内を過ぎているのにそこから仕事を振られている、それは明らかに会社のせいでしょう。

しかし、そうではなく午前中の仕事が午後までかかっている、それにともない午後の仕事が夜までかかって結果残業になっているというなら、それは仕事の取り組み方が上手くいっていないからそうなっている可能性も否定できません。

同じ会社で同じように仕事をしていれば、それが当たり前、ノーマルだと思い込みやすいです。

しかも、他に客観的な意見やアドバイスを出す人がいない、上司が残業削減に乗り気でなければ、あなたのそんな辛い状況は見過ごされてしまいます。会社や上司は「残業してでも仕事のノルマをこなしてくれ」と考えているかもしれません。

ここで大切なのは、会社や上司がポイントにしているのは残業時間を長くすることではなく、仕事のノルマをこなすことだということです。

それなら、仕事の時間を少しずつ減らしていき勤務時間内に仕事を終わらせられれば、残業しなくて済みますよね。また、あなたは勤務時間内に仕事を終え、帰宅できます。

それを実現したかったら、仕事の効率化を図るより他ありません。始業から終業まで、どこかにロスはないでしょうか?また、1つの仕事だけではなく2つ仕事ができるなど、並行進行できる仕事はないでしょうか?

残業の山に苦しみたくなければ、勤務時間内で仕事を終えられるよう一所懸命に効率化を目指すより他ありません。大事なのは、自分が行っている仕事の1つ1つをあえて疑ってみることです。

仕事ごとの優先順位を変えてみる、スケジュールを組み直す、ITをできるだけ活用するなどすれば、仕事の時間を5分10分単位かもしれませんが削れるかもしれません。

その小さい努力が、残業時間の縮小につながる可能性は十分ありますよ。ですので、まずは1週間の仕事をどう取り組んでいるのか、それについてよく見直してみましょう。

残業のストレスをできる限り軽減できるよう努力する

明らかに会社のせいで残業をせざるをえないなら、そのストレスを上手く逃がしてあげることが必要ですよね。その時にポイントとなるのは、空腹をいかに満たすかです。

残業続きで夕食の時間がどんどん後ろへとズレ込んでいけば、その分空腹は感じやすくなります。あなたは、空腹のストレスがそのまま残業のストレスになっていないでしょうか?

目一杯働いて頭の回転は悪くなり、気をつけようと思ってもミスを繰り返してしまう、それは空腹が原因かもしれませんよね。

そんな空腹状態で残業を続けても、あなたの望むパフォーマンスには到底届きません。そこで、空腹を紛らわすための一工夫をしていきましょう。おすすめなのは、疲れている時に良いとされているチョコレートを残業の合間に食べることです。

疲れた頭は糖分不足だとよくいわれますが、その不足した糖分をチョコレートで補っていきましょう。甘いものを食べると疲れが吹き飛ぶとよくいれますが、チョコレートならその効果に十分期待を持てます。

チョコレートなら、5分もあれば食べられます。それでいて糖分とカロリーをしっかり補給できますので、空腹によるストレスは少なくとも紛らわせられます。

それが残業のストレスの軽減につながるなら、どうしようもなくイラつく状態は脱せられるかもしれません。チョコレートのような甘い食べ物全般が好きではないというなら、栄養補助食品でももちろん構いません。

大事なのは口に何かを含んで空腹のストレスをやわらげることです。ですので、これを食べたら空腹感がなくなるという食べ物を準備して残業に臨みましょう。

また、残業が終わったら、即座に食事にするのがおすすめです。その場合どうしても自炊ではなく外食になりますが、そこは四の五の言ってられません。とにかく空腹状態を早く解消しなければ、ストレスは募りに募ってしまいます。

仮に空腹状態で満員電車に乗れば、ムカムカしてしかたありません。それよりも腹ごしらえを先にしてしまい、満腹状態にすれば満員電車もそれほど苦にはなりません。

残業は仕事そのものがどうこうというのはもちろんのこと、あなたがどんな状態で働いているのかも重要になってきます。

避けたいのは空腹状態ですので、空腹状態になるべくならないように気をつけていくことが、残業のストレスを軽減させるための1つの打開策です。

残業がどれぐらいの期間続くのかを客観的に見通す

残業は経費ですから、会社としても減らしていきたい方向で考えている場合があります。残業削減の手段として最も手っ取り早いのは、従業員を新たに採用することですよね。

人員が増えればその分スピードアップ、作業量アップに期待できますので、それで仕事が上手くまわれば全体的な残業削減になるでしょう。もしも会社からそんな話が出ているようなら、残業削減に期待を持ってみても良いのではないでしょうか?

つまり、その残業は長く続かず、終わる可能性が少なからずあるということです。

特に作業そのものがどちからといえば単純作業の場合、人を雇うことによって残業削減につながるケースがありますよね。

難しい仕事だとその仕事を新人ができるようになるまで時間をかけなければいけませんが、そうでなければすぐに作業をしてもらえるので残業削減になったとしてもおかしくありません。

実際の現場ではそんなトントン拍子に事が進むことはなかなかないですし、たとえ新人が入ってきても続かないことはままあります。それでは、残業削減に期待できないでしょう。

しかし、それでも会社が何かをやろうとしているのなら、効果が出るまで辛抱するのも選択肢の1つです。

ただ、問題なのは、会社が残業削減にあまり積極的ではないパターンです。既存の従業員だけで何とかしようと思っているというなら、残業が終わらないでそのままずっと続いていく可能性が高くなってしまいますよね。

そんな時は、設備投資などシステム面で会社に動きがないか探ってみましょう。今は何でも人に代わって機械がオートメーションで作業する時代になっています。

会社に残業削減の意図はなくても、設備投資によって結果的に残業が削減されることはあるかもしれません。

残業で精神的に追い詰められている時は、会社の動向にあまり気を配れなかったりします。ただ、新しい人材を採用しようとしていたり、新しい設備投資をしようとしてたりすることは、労働環境に変化があってもおかしくありません。

もしもそれらの動向を察知できて「残業時間が削減されるかもしれない」と思えれば、まだもう少し頑張って耐えていこうと思えるのではないでしょうか?

つまり、残業がどれぐらいの期間続くのか、1度客観的に見通すことが希望の光となるかもしれないのです。

残業代をとにかくあなたの満足のために惜しみなく使う

汗水たらし残業して稼いだお金を律儀に貯蓄にまわしていたら、満足感がえられなくなってしまいます。あなたは残業で十分我慢しているのですから、それ以上我慢するのは精神衛生上よくありません。

そして、どうやっても残業時間を減らせないというのなら、稼いだお金を自分のために使い切るより他ありませんよね。

あなたにこれだけは譲れないという趣味はないでしょうか?何でも良いのですが、そのために惜しみなく稼いだ残業代を使っていきましょう。

その趣味のために残業をたくさんしてお金を稼ぐ、お金を稼いだたら趣味のために使うというサイクルを習慣化させれば、辛い残業も場合によっては何とか乗り切れるようになります。

お金を貯めるのは大事なことですが、残業で我慢してしてさらにお金を使うのも我慢していたら、生きがいがなくなってしまいますよね。そうならないようにしたければ、お金を使うのに躊躇してはいけません。

残業どころか仕事もしていないような状態で金遣いが荒くなるのはよくありませんが、しっかり仕事をしているならその分お金は使わないとあなたが報われません。

いろいろな事情があるでしょうからそう気軽にお金を使えないこともあっておかしくないですが、我慢することよりも使うことによってお金を活かしていきましょう。日々の残業を我慢してやることの成果は、残業代という形で反映されますよね。

それならその成果をあなたの満足のために還元させ、残業をするためのパワーにしていくとだいぶ違います。

それができるようになれば「残業をさせられている」のではなく「残業を率先してしている」という考え方に切り替わってくるでしょう。だからといって体力的に楽になるわけではないですし「休みたい」という気持ちも当然あります。

ただ、その状況をあなた自身の力で変えることができないのなら、あなたが考え方やお金の使い方を変えないといけません。

それはあなたにとって理不尽な選択に思えるかもしれませんが、社会人として生きるならそんなフレキシブルな思考法も備えておかないといけないです。

残業代で貴重な休日は遊びまくる、そのぐらい自由奔放にお金を使ったとしてもそれは無駄遣いではありません。残業で抱えたストレスを相殺できるぐらいプライベートを充実させられれば、少しは溜飲が下がるはずです。

残業が悪影響にしかならない場合は辞める選択もあり

残業で身も心もズタボロ、うつ病一歩手前ではないかと疑いたくなるような時は、それ以上の残業が悪影響にしかなりませんよね。いろいろと手を尽くしてもどうにもならないなら、その会社に残る意味が果たしてあるのでしょうか?

仕事を失えば一瞬は無職になりますし、あまり間を置くことなく転職活動をしないといけないです。ただ、それもまた残業苦から解放されるための方法です。辞めたり転職をすることは、決して悪いことではありません。

あなたもそのことに、薄々感付いているのではないでしょうか?残業ゼロを目指すのはさすがに虫がいいとしても、1日に3時間も4時間も残業を続けていたら苦しくてしかたがないですよね。

残業があるのは会社が顧客から必要とされている証拠ですので、嬉しい悲鳴といえるかもしれません。ですが、現場で働いている側からすれば、単なる悲鳴をあげたくなることもあるでしょう。

それならもうそれ以上無理はせず、辞めたり転職してみてはどうでしょうか?

また、辞めることを上司をはじめとした管理職の人に申し出れば、それが最後のSOSのサインになりますよね。上司は「そこまで追い詰められているのか」とそこで気付き、配置換えなどを検討してくれるかもしれません。

そうすれば、まだその会社にギリギリ残って働き続けることができるでしょう。つまり、辞めることや転職をほのめかすというのも、状況を変化させるのに一役買ってくれる場合があります。

ただ、それでも会社から特に引きとめられないなら、本当に辞めて転職することを考えていきましょう。それ以上その会社で馬車馬のように働いてたら、あなたが潰れてしまうかもしれません。

そうなる前に策を打たないといけないのは明白ですので、割り切ってスパッと決断していくことも大事です。

長く勤めた会社であるにもかかわらず残業を理由に辞めようとするのは、良心の呵責に苛まれたりします。しかし、会社はあくまで仕事をする場に過ぎませんので、時には感情論を抜きにして考えなければいけないこともあります。

残業があなたにとって悪影響にしかなっていないようなら、それはもう辞める時なのだと判断して構わないはずです。

まとめ

残業があっても関係なく働ける人なら残業は大した問題になりませんが、多くの人はそうではありませんよね。1日30分か1時間ぐらいの残業ならまだしも、3時間以上働いていたら満身創痍になってしまいかねません。

それはワーカーとして1つの理想の形である一方、度が過ぎれば体を壊すリスクがあります。上手いバランスを取るのは思いのほか難しいですが、最終的には転職によって理想の仕事に近付くことはできるでしょう。

残業続きになれば何もかもがイヤになっておかしくないですが、そうなる前にきちんと手を打ち、残業の苦しさから早く解放されるようしっかり対策しないといけないです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)