毎日の仕事に何のストレスもなく働き続ける、そんな仕事ができたならとても幸せですよね。仕事が生きがい、楽しくてしかたがないというなら、たとえ長時間労働も気にならないでしょう。

しかし、たいていの場合仕事は我慢の連続です。仕事そのものに我慢することがあるのは日常的ですし、それだけではなく人間関係において我慢を強いられることもあります。それは、とても辛い日々です。

そして、そんな仕事をいつまで続ければ良いのか、先の見えない現実に失望してしまうことがありますよね。

そこで、仕事における我慢とはいったいどれぐらい続けるべきなのか、そこに向き合って解決方法を模索していきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

83%の人が我慢できず仕事を辞めたいと悩んだ経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、83%の方が我慢できず仕事を辞めたいと悩んだ経験があると回答しています。特に、以下の2つが原因で我慢できなくなったと回答された方が非常に多かったです。

  • 上司のパワハラやモラハラ
  • 給料の問題
男35歳 SE

社内で合意した内容(上司にも報告済み)の内容をお客様に説明していると急に全然違うことを言い出して私が変なことを言っているように仕立て上げられる。

女28歳 クリエーター

週に一度会議室に呼び出されて、人格を否定。またセクシャルな要求をされた。毎週毎週呼び出されるのが苦痛で不眠症になった。

男30歳 メーカー営業

転職して良い環境の職場を探して頑張って働いていたのですが、三年経っても全く基本給も上がらなかったことです。

女22歳 不動産営業

上司や先輩からの明らかに辞めさせようという悪意のあるイジメ。家から1時間以上かかる店舗に飛ばされもした。

64%の人は実際に仕事を辞めている

我慢できず仕事を辞めたいと悩んだ経験があると回答された方の中で、実際に64%の人が辞めたと回答しています。辞めた方に共通しているのは以下の3つでした。

  • 上司の理不尽さに耐えられなかった
  • 給料が上がらず会社に不信感を抱くようになった
  • 心身に支障をきたすようになった

もし、あなたも上記のような状況なら、辞めどきなのかもしれません。

辞めたと回答した人の声

女23歳 化粧品販売

上司があまりにも理不尽で耐えきれなくなりました。人に厳しく自分に甘い典型的なダメ上司で、人に注意したことを上司自身は出来ていないこともざらに有りました。そのうち毎朝出勤前に涙が出るようになり、精神的に病んでしまう前に辞めることにしました。

男28歳 サービス業

三年経っても給与が上がらなかったので働く姿勢をちゃんと評価してくれているのか?と不信感を抱くようになったからです。

女25歳 経理業務

一度きりの人生なのに、レベルの低い人たちと働いていることにたいして無駄を感じたから。周りも同じような人たちばっかりだったから。

男26歳 サービス業

今後の生活や自分のしたいことを考えた時に今の給料だと何もできない状態でストレスがたまって体調を崩したら大変だと思ったので早めに辞めました。

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)28歳 営業事務

その上司のせいでやめて自分の経歴に傷をつけたくなかったのと、ここで辞めたら上司に負けた気がするのが嫌でした。さらに上の上司に相談して、注意してもらいました。

男(ad)28歳 製造業ライン作業

転職支援会社に登録しましたが、希望の国内優良会社に転職できずに、諦めました。外資系には採用内諾は得ましたが、不安があり断りました。職場の先輩にプライベートでも相談にのって貰い、ひたすら時間が解決するまで我慢しました。

女(ad)26歳 商社営業

現場が変わればその人と仕事もなくなるので、終わりが見えていたため、我慢ができた。負けたくないという気持ちもあって辞めなかった。

男(ad)27歳 土木技術職

定期的な人事異動がある企業なので、あと数か月我慢すれば、その上司は学歴的には高レベルな社員だったので転勤してしまう見込みがあった

仕事が我慢できず辞めたいときの対処法

男(ad)31歳 保険営業

辞めたいという気持ちは今までも節目節目でありました。でも、もう自分の限界だと思う節目なら新しい道を選択するのもありだと思います。ただ、5年先の自分が輝いて見える将来を選べれば良いと思います。

石の上にも三年でひとまず三年は我慢してみる

男(ad)30歳 現場監督

自分が辞めたい環境を抜け出せたので言えるが、楽しくなくて、やりがいを感じなくても、その後にあの時の経験は辛かったけど良かったと思えます。なので我慢するのも選択肢の一つだと思います。

昔のことわざの中に「石の上にも三年」という言葉があります。我慢や辛抱を三年続ければそれだけの成果がついてくる、いずれは報われるというような意味です。

本当に我慢をし続ける状態が長く続いているなら「三年なんて待てない」と、このことわざに思わず反論したくなるかもしれませんね。あなたがもう我慢の限界に達しているのなら、三年は途方もなく長い期間に感じられるはずです。

ただ「石の上にも三年」ということわざに一理あるという見方も当然あるわけで、我慢を続けていくことも決して無駄にはなりません。

もしもあなたが今の仕事を始めてまだ一年も経っていないようなら、単に我慢が足りていない可能性もあります。あなたは精一杯頑張って仕事をしているつもりでも、それに結果が追い付いていないのです。

そして、それはもしかしたら、その仕事に向き合った人が誰でも経験するような通過儀礼なのかもしれないですよね。特に新人として仕事に向き合っているうちは、ただでさえ仕事に慣れていないので悪戦苦闘は必至です。

それは心身ともに大きな負担となるはずで、とても辛く感じることでしょう。ですが、それでも投げ出すことなく我慢を続けていれば、今度は「待てば海路の日和あり」でチャンスがめぐってくるかもしれません。

もしもその前に我慢の限界をむかえて仕事を投げ出してしまったら、もったないのではないでしょうか?

ジッと耐えて我慢している最中は、本当に苦しいものです。一週間がとても長い、休日が来るまで耐えられないと思ってしまうことも一度や二度ではないでしょう。

そして、休日のうちから仕事に行く日が気になり、疲れが取れにくくなってしまいますよね。ですが、そんな我慢の日々がいつまでも永遠と続くわけではありません。いつかは必ず終わりをむかえるはずです。

それがいつになるかはわからないですが、ひとまず「石の上にも三年」で三年間は頑張ってみる、それを座右の銘として我慢することを考えてみるのも仕事の乗り切り方の一つです。

我慢の日々は苦しいものですが、先に明るい未来があると信じて働き続ける選択もあります。

仕事の何が一番苦しいのかをはっきりさせて対処

男(ad)31歳 SE

まずは、今の状況を客観的に分析することです。それから自分で改善できるかを考えてください。もし窮地に立ったら上司、同僚など仲間や友達に相談して出来るだけ自分自身を追い込まないようにしてください。

我慢とは、苦しいことを耐え忍ぶ状態を指します。仕事であなたが我慢を強いられている原因はいったい何でしょうか?

一言に我慢といっても、何に我慢するのかは人それぞれで千差万別です。もしも体力を使うような仕事だったら、体力的に苦しい状態を我慢することになります。

また、デスクワークでも締め切りがあってそれを守れないと上司から叱責を受けるような仕事だったら、精神的なプレッシャーを我慢することになります。

これら二つ以外にも、同僚から嫌味を言われるような人間関係に我慢、残業続きなことに我慢など、我慢のパターンは多種多様です。そこで、あなたにとって何が一番が苦しくて我慢の原因になっているのか?

そこをはっきりとさせて的確に対処していきましょう。

体力がなくて苦しければ、体質改善を目指すのがおすすめです。今は社会人のジム通いがだいぶ一般的になっていますし、パーソナルトレーナーのいるジムなら健康に配慮したうえでの体力向上が目指せます。

仕事でクタクタになっているところにジム通いは逆効果になると考えてしまいがちですが、積極的な休息を取るアクティブレストの考え方もあります。

休日はぐったりと寝るだけにするのではなく、体力向上を目指すことで仕事の我慢を軽減できるかもしれません。

また、プレッシャーをいなすための気分転換の方法や、人間関係を円滑に進めるための根回し術、コミュニケーション術を習得すれば、過度な精神的な負担を受けなくて済むようになれます。

今までどうにもならないと思っていたようなことでも、その原因をはっきりさせて対処すれば、我慢の限界に到達するようなことが少なくなる可能性が十分あります。

我慢をし続けている時は思考に余裕がなくなってしまうため、とにかく我慢し続けることでやり過ごそうとしがちです。それもまた対処法の一つには違いありませんが、根本的な解決からは少しズレてしまっています。

もしもそれで何も変化がないようなら、正しい対処を探り出して実行していかないといつまでも同じような状態のまま変わらないですよね。

それではあっという間に我慢の限界に達してしまいかねませんので、そうならないような対処をしていかないといけないです。

いくら我慢をある程度長く続けないといけないとはいっても、無策でただ耐えるだけでは本当に苦しくなってしまいます。

それで心身に何かダメージがあるようでは良くないですし、本当の我慢の限界に達する前に仕事の何が一番苦しいのかをはっきりさせ、対処していくようにしましょう。

気持ちのリセットで我慢している状態をクリアに

会社の同僚たちと同じような仕事をしているにもかかわらずあなただけ我慢の状態が長く続いている、それはあなたが我慢する気持ちを上手くリセットできていないだけかもしれません。

特に几帳面で真面目なタイプの人は、このパターンに陥りやすいです。仕事は我慢の上にこそ成り立つという責任感や強迫観念が強過ぎるがゆえ、気持ちを上手くリセットできないのです。

これでは我慢している感情が心の中でどんどん蓄積されてしまい、仕事に対してまったく前向きになれませんよね。そんなときは、気持ちのリセットを積極的に行っていきましょう。

最も効果的とされるのは、仕事以外で夢中になれるものに打ち込むことです。無趣味な人が最近は多いといわれていますが、そんな人でも大丈夫です。むしろ無趣味な人の方がいろいろなことにチャレンジできますので、気持ちのリセットはしやすいはずです。

気持ちのリセット方法はさまざまですが、最近では料理に打ち込むことによって気持ちをリセットさせる人が増えてきています。

料理の良いところは、目の前のことだけに集中できる点です。その集中して他へ意識を散らさないというのが、気持ちのリセットに役立ちます。

自宅で休んでいる時でも仕事のことに頭をめぐらせ片時も休めないのでは、気持ちのリセットにはほど遠いですよね。それでは疲労がまったく抜けないです。そんなときはネットで簡単な料理のレシピを調べ、食材を買うとこから料理に挑戦してみましょう。

ここで「なんでわざわざそんなことをしないといけないのか」と、疑問に思って動かないのはよくありません。とにかく動いて仕事以外のことを考える、これが気持ちのリセットにつながります。

効果的な気持ちのリセットができれば、仕事で我慢している緊張状態がフッとほぐされていきます。それで仕事の我慢が雲散霧消するわけではありませんが、それでも溜め込んでいた感情が少しは落ち着いてきます。

その方法は料理だけに限らず、何でも構いません。あなたが集中できて仕事をきれいさっぱり忘れられるようなことなら、気持ちのリセットになります。

この気持ちのリセットが上手にできるようになれば、辛くてしかたがないと思っていた仕事も何とか耐えられるようになります。

公私を上手に切り分けることによって良い相互作用を期待できますので、何か一つでも構わないので気持ちのリセット方法を身につけましょう。

仕事で我慢することが何のためになるのかを考える

女(ad)29歳 商社事務

理由は様々でしょうが、1年後に我慢することでどうなるかを考えてみてください。もしメリットが全くないなら違う道もいいと思います。

仕事での我慢状態が長く続けば続くほど「これがいったい何のためになるのだろう」と、根源的な問題にいきつきますよね。そこで「よくわからない」と解答を保留にするのではなく、何かしら明確な答えを出すようにすると我慢することを耐えやすくなります。

まずわかりやすいのは、物欲のために仕事を我慢するケースです。

仕事を続けていけば、給料が支給され続けます。ボーナス有りの会社なら、ボーナスももちろんもらえます。それはとても大事なことで、あなたの物欲を満たしてくれます。

最近の若者は何々離れが顕著になっていて、物欲がないという話もあります。ただ、あなたはどうでしょうか?

住宅、自動車、バイクなどの物欲はないでしょうか?これらは若者から縁遠くなっている代表的な物ですが、中には「欲しい」と思っている人もいることでしょう。

ですので、それらの物欲を満たすために仕事の我慢が必要だと納得できれば、耐えられやすくなります。

また、それだけではなく、付き合っている恋人とのデートに仕事の我慢がつながるというこもあるでしょう。デートをするためにはお金がかかりますから、仕事をしないわけにはいきません。

さらに、仕事を頑張った先に恋人とのデートが待っていると思えれば、やる気もわいてくるのではないでしょうか?

また、将来起業したい人にとっては、我慢して仕事を続けてしっかり貯金しておくことが役立ってくるかもしれませんね。今は銀行が貸し渋りするのは珍しくなく、ある程度の資金は用意しておかなければなりません。

クラウドファンディングなどもあるので銀行だけが資金繰りのアテではありませんが、起業という夢を実現させるならお金はたくさん持っているに越したことはありません。

そんな夢や野心を抱いているなら、目先にある仕事の我慢は些細に思えてくるはずです。

ただひたすら我慢を続けるだけでは、目的がないのですぐ苦しくなってしまいます。しかし、そこで我慢の先に何が待っているのかを考えていれば、仕事で我慢することに意味を見い出せますよね。

そうすることで仕事が非常に大事なものだととらえられるようになりますし、それなら我慢が無駄にならないのだという確かな希望を持てます。

ただ無為に働くのでは大変ですが、何のためになるのかはっきりさせれば幾分楽になれます。

仕事の我慢にどうしても耐え切れないなら転職

男(ad)28歳 医療機器営業

我慢の限界なら在籍しつつ転職活動をして、決まればスパっと辞めるべき。長くいても搾取され、また、転職したいという気力も奪われてしまう。悩むなら動くべき。

ここまでいくつか仕事の我慢を乗り切るための考え方を紹介してきましたが、それらの方法ではどうにもなりそうにないと追い詰められているなら、他にどんな手立てがあるでしょうか?

仕事の我慢ににっちもさっちもいかなくなってしまったなら、仕事そのものをかえる、つまり転職が我慢状態からの脱却に効果的です。

気持ちをリセットさせるのではなく、仕事そのものをリセットさせるのが転職ですよね。転職は希望企業から採用されなければできませんので、厳密にはそれほど自由があるわけではありません。

しかし、逆を言えば採用さえされればどんな分野にでも転職は可能なのですから、今の仕事で反省したことを活かして違う仕事を頑張ることができます。

仕事の我慢が続いているような状態は、仕事そのものが合っていない可能性もあります。天職に一発でめぐり合えれば最高ですが、そんな幸運な人の方が少ないでしょう。

それなら転職によってさまざまな仕事を経験し、天職を見つけていこうとすることも決して間違いではありません。ここで転職を後押しする要因となるのは、あなたがもう限界だというぐらいに我慢をしている点です。

つまり、ちょっと嫌なことがあったからといって投げ出しているわけではなく、気持ちにしっかりとけじめをつけたうえで決断しているという事実が大きいです。

これは転職活動するにももちろん好材料で、真っ当な転職理由として認められやすいです。そして、そこまで頑張れる人ならと見込まれ、採用につながるかもしれません。

仕事で我慢を強いられることはどんな仕事でも多少なりともありますから、我慢をまったくしなくて良い状況を望むのはさすがに高望みし過ぎです。

ただ、平穏無事でとりあえず長く続けられそうな仕事を見つけられるなら、それはあなたのためになります。いくら我慢してお金を稼ぎ続けても、それであなたが体や心を害するようでは何のための仕事なのかわからなくなってしまいます。

そうなってしまったら家族をはじめとした周りの人も悲しみますし、あなたにとって悔いが残らないと確信できるようなら、転職についてじっくり考えてみることも重要です。

まとめ

仕事で我慢の限界に達しているようなときは、体も心も疲れ切っていることがとても多いですよね。そんな我慢状態をもうひと踏ん張り続けてみてそれで脱するなら、何とか無事に仕事を続けられます。

そのためにはさまざまな考え方があり、今回いくつか紹介しました。

ただ、それでも仕事を我慢する状態がまったく終わらない、これがいつまで続くのかわからなくて不安に押し潰されそうだというのなら、仕事のリセット方法として転職があります。

仕事で我慢していることが苦しくなってきたらこれらの考え方をひとまず試してみて、それでも変わらないようなら転職も見すえていくのが正攻法なやり方です。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)