仕事なんてどうでもいい、適当でいい。このような心理状態では、仕事にやる気が持てない、仕事に対して高いモチベーションを維持できなくなりますよね。

ただ、仕事なんてどうでもいいという考えは、一度は誰もが持つものです。定年退職まで無事に勤め上げた方々も、長い年月の会社員生活で一度は考えたという方は大勢います。

実際に、働く社会人100名にアンケートを実施した結果、実に61%の方があなたと同様に悩んでいた時期があると回答しています。

そのため、仕事なんて適当でいいと思う時期があってもいいのです。ですが、そうだからといって、安易に仕事を辞める必要なんてありません。

もちろん、行き詰って神経がダメになり病気になりそうだと考えるのなら、仕事は辞めてもいいですが、そうでないならやれることをやってみてから辞めることを検討しましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

仕事なんて適当でいいと考えるようになる原因5つ

実施したアンケート結果を元にお伝えしますが、特に多かったのが給与面・評価面で「頑張っても報われない」という回答でした。もしかしたら、あなたも同様の状況なのかもしれませんね。

仕事にやりがいが持てない

男27歳 不動産事務職

仕事が毎日同じルーティンの繰り返しで、面白みを感じませんでした。給料も上がらなかったですし、やりがいを感じませんでした。

男22歳 スーパー店員

商品を並べてそれをお客様が購入するといったシンプルな流れで、商品の並べ方で売り上げが変わると教わりましたが購入者は初めから買うものが決まっているからそんなのは関係ないという考えからただ単純に何も考えず商品並べをするようになりました。

男27歳 事務職

入社してからずっと、やりたい仕事はさっぱりやらせてもらえず、代わりに雑用ばかり押し付けられていたからです。スキルを身につけられない不安感もあり、どうでもいいと考えるようになりました。

どんなに頑張っても報われない

女25歳 看護師

しっかり働く人と、さぼっていている人が同じ給料で働いていました。上司に相談しても解決しなかったので、最低限の事だけをしようという考えになりました。

男27歳 医療業

上司が非常に嫌な性格で、仕事はきちんと教えてくれないし、すぐに私のミスのせいにして怒鳴り散らすし、その上司の下で仕事をすることに耐えることが出来ないと感じたから辞めました。

女25歳 生命保険外交員

何度も遠方まで足繁く通ったのに最後の最後でお客様に断られ、その努力が報われずに時間と労力が無駄だったと感じた時です。

信頼できない上司

男33歳 エンジニア

何をやっても、おこられ、パワハラじゃないかと感じ始めた時、どうせ怒られるのなら、適当でいいと感じるようになりました。

女23歳 アパレル販売

徹夜しても怒られ、がんばってもがんばってるだけじゃだめだと怒鳴られ、心が折れた。

男27歳 サービス業

信頼できない上司の下で働いていた事が原因。その上司は自分のミスは他人に押し付ける人でお調子者でした。その当時は信頼できる上司から離れてその上司に当たってしまいギャップの差が激しくてモチベーションが下がっていました。なので今まではプラスαの提案などを出来るように頑張っていたのが言われた事だけやっていればいいと考えるようになりました。。

仕事がとにかく暇

女28歳 事務職

やることが少なくて、暇でした。ネットサーフィンばかりしていましたが、仕事に対するやりがいを感じられなくて、楽しくなかったからです。

女30歳 金融事務職

契約社員で金融事務職として働き始めましたが、もともとデータ処理をするために増員されたはずなのに、そのデータ処理のやり方が構築されておらず、その仕事がなかったため仕事自体が暇すぎたため、適当にやっていても十分こなせたからです。

職場全体が仕事に対する意欲がない

女23歳 金属加工品技術職

当時新入社員として、入社しましたが周りの先輩達の仕事に対する意欲がなく、責任をもたなければならない仕事に就かせてもらう事が出来ませんでした。その為、自分がその仕事をしている意味が見いだせなく、仕事なんてどうでもいいと思うようになりました。

実際に仕事を辞めた割合は49%

アンケートで「仕事なんてどうでもいい」と回答した方の中で、実際に仕事を辞めたという割合は49%でした。2人に1人辞めていることからも、辞めることは間違った選択でないと言えるでしょう。

では、「辞めた」「辞めなかった」と回答した方のそれぞれの声をご紹介します。

実際に辞めたと回答した人の声

男27歳 不動産事務職

一度きりしかない人生で、この会社に居続けて、ここまま定年まで同じ仕事を続けることが耐えられないと思いました。

女41歳 製薬メーカー営業事務

異動がない職場でこの生活がこれから15年くらい続く為、40代過ぎての就職活動も大変だが、心身ともに崩壊する前に、生活を変えたいと思った。

女23歳 アパレル販売

適当に仕事をしていても給料は入るが自分のためにはなんにもならないと気がつき、さらにこのまま仕事をしていても時間を無駄にしているように思ってしまい辞めました。

男29歳 商社営業

正当に努力や成果を認めてもらえないのと、新しく配属されてきた支店長のパワハラ発言にもついていけなかった。

女26歳 介護職

残業代を出す検討や人員補充を願い出るも、却下されたからです。また、改善も見られなかったからです。続けられないと思い、辞めました。

辞めてないと回答した人の声

男(ad)25歳 商社営業

辞めるつもりはもとからなかった。どれほど役に立たない仕事でもいつかどこかで実を結ぶだろうと考えていたから。

女(ad)26歳 サービス業

ある程度の役職に就き、色々任されることで意識が変わった。責任感も生まれ、頑張ろうと思えるようになった。

男(ad)24歳 経理

異動願いを出し、自分の専門分野(デザイン)の業務ができるようになったため、ストレスが減ったため。

女(ad)28歳 製造業事務職

辞めようか悩んでいるときに上司が異動になり、後任できた上司がとにかく人としても仕事人としても出来た上司であったから。

男(ad)37歳 メーカー設計

もうこんなご時世だし給料やボーナスを貰えるだけでましだ!と半ば諦めの気持ちを持つようになり、仕事を辞めずに続けていました。

仕事なんてどうでもいいと悩んだときの対処法5つ

男(ad)35歳 IT営業職

嫌だからすぐに辞めるのは誰にもできます。仕事の待遇面がそれほど悪いわけではないならもう少し踏ん張って辞めて欲しいです。他人を変えるのは大変ですが自分と未来はあなたの心のあり方で変わりますから。でも無理しすぎて体調にも影響があるくらいであれば辞めることもおすすめです。

もう辞めていいや。例えそう思っても、転職して同じ状況になる可能性はゼロではありません。ですから、辞める辞めないを判断する上で、これからお伝えする内容も参考にして頂ければ幸いです。

やる気が起きない原因を探る

せっかく就職した職場です。辛い時期も楽しい時期も過ごしてきた場所でしょう。やりがいを感じて頑張ったこともある場所ではないでしょうか。

しかし、適当でいいと思い始め、仕事を辞めることまで考えるというのは、少し深刻です。多くの人は、適当でいいとは思ってみても、仕事を辞めようかと考えるところまでは到達しません。

悩みが深刻なら、何か重大な原因があるはずです。その原因を、突き詰めてみましょう。その原因は、業務内容ですか?

身体を動かすことが好きなのに、毎日パソコンの前で長時間座り、黙って黙々と画面と格闘しているといったことが辛いのでしょうか?

このようなケースでは、何か身体を動かす趣味を見つけ、仕事帰りや休日に、その趣味に没頭する時間を持つと良いでしょう。

できることなら一人で黙々とメニューをこなすような運動、例えば、トレーニングジムで筋トレをするといった運動ではなく、チームで行うスポーツが良いでしょう。一人で黙々と仕事をしているのが辛いのですから、気分転換をするなら、皆でわいわいとできるものがお勧めです。

他の原因として、営業マンによく見られる傾向ですが、売上が伸びずに上司から叱咤を受けていて、それで仕事なんてどうでもいいと投げやりになるということもありますね。

この場合、このストレスは売り上げを挙げない限り解消できないでしょう。仕事のストレスは仕事で解消する以外、なかなか解消法というのはありません。

上司に叱られることをストレスに感じて投げやりになっているのなら、仕事を立派にやり遂げて上司に褒められないと解消できないのです。カラオケへ行ったり、友人と飲みに行ったりしても、解消できません。

カラオケに行っても、飲みに行っても、営業成績が上がるわけではないからです。

ただ、売り上げが上がらないことを怒りだす上司というのは、なかなか人を褒めないと考えてください。また、営業マンの場合、営業成績は景気に左右されるものでもあるため、景気が良くならないと褒められないということも考えられます。

景気なんて、会社員一人が頑張ったところで改善されるわけではありません。たくさんいる営業マンの中には景気に左右されることなく売り上げている方もいるかもしれませんが、そんな人は一握りです。

よって、このようなケースでは、とにかく売り上げるしかないと考えていいでしょう。それが無理だからこそ、仕事を辞めたほうが良いのかと考えるのかもしれませんね。自分は営業マンに向いていないと考えるのかもしれません。

ただ、決してあなたが営業マンに向いていないわけではないのです。先ほども述べた通り景気に左右される仕事でもありますし、また、売るものが違えば営業成績がグンと伸びるということも考えられます。

不景気なときに高額商品は買ってもらえないかもしれませんが、安値のものなら買ってもらえるかもしれません。よって、売るものが違えば、環境が今と違えば、売り上げられる可能性があるのです。

仕事にたいしてどうでも良いと思わずに、とりあえずやれることをやってみて、それでも無理なら新たなものを売れる環境を整えてみるというのも良いのではないでしょうか。

投げやりな気持ちの原因が分かったら解決方法を考える

仕事なんて適当でいいやと投げやりになっている原因が分かったら、その解決方法を考えてみましょう。

毎日上司に叱咤されていて、それが仕事へのモチベーションを下げているのなら、上司に叱咤されないようにすれば原因は解消できます。それなら、どうすれば上司に叱咤されずにすむのか?

営業マンなら営業成績を上げれば良いということになるでしょうし、事務職なら仕事を効率よくこなして1時間あたりにこなす仕事量を増やすということになるでしょう。

ただ、どうやっても営業成績は上がらないし、1時間あたりの仕事量を頑張って増やしてもなかなか仕事は終わらないという状況もあるのではないでしょうか。どうあがいても、無理なものは無理。

だからこそ、仕事なんてどうだっていいと考えてしまうし、辞めようかなと考えるのです。ただ、そこで諦めたからといって、状況が良くなることはありません。

それならどうすれば良いのか?

どうやっても良い解決方法が見つからなかったら、とにかく寝て、明日職場に行ってみる。これを毎日、繰り返す。時間が解決するということも、世の中にはあります。

自分の知らないところで、自分の都合の良いように物事が運ばれているということもあります。これを人は運と呼ぶこともありますが、そう、時間の経過とともに、自分の良い方向に状況が変わるということもあるのです。

上司が違う部署へ行く、あるいは上司の上のさらなる上司から、いつも叱咤している上司が逆に叱咤される。あまりにも残業が多いため、会社から改善命令が出されることもあるかもしれません。

他力本願は良くないと人は言うかもしれませんが、たまには他力本願でも良いのです。原因が分かれば、解決方法は見つかる。確かに、その通りですし、その解決方法が時間の経過を待つということでも良いのです。

そうやってやり過ごしていけば、自分の良い状況に物事が運ぶかもしれません。

また、上司ではなく、業務内容に誇りが持てず、嫌気がさしてきた場合は、その業務で人が喜ぶのかを考えてみましょう。人は、人のためになっていると考えられれば、頑張れるものです。

自分がいないと困る人がいるという考えは、仕事のモチベーションに繋がります。

職場以外で評価を受けるように努力する

今の仕事にやりがいを感じられないのなら、Wワークをやってみるというのもおススメです。昼間の職場では評価されなかったとしても、違う職場では高い評価を受けられるかもしれないからです。

ただ、月曜から金曜まで、フルに働いているのにWワークなんてやれないと考える方もいるでしょう。

せっかくの休日もWワークの仕事をこなすなんて、遊べないと考える方もいるのではないでしょうか。しかし、現在、趣味が実益に繋がるケースがたくさんあります。

インターネットがこれだけ普及しているので、趣味で撮った写真をネットで販売してみる、書くことが好きなので休日にブログライターの仕事をしてみる、物を作るのが好きなので、自分が作ったものをネット上で販売してみるなど、ネットを活用すると趣味を実益に結び付けることができます。

これにより、職場ではあまり評価されなくても、自分が作ったものがネット上で売れたら、とてもやりがいを感じることができるでしょう。自分が正当な評価を受けていると感じられるかもしれません。

ただ、あくまでも副業は副業であり、本業は本業です。本業のほうを疎かにしてはいけません。

また、勤務している企業によっては、社内規定で副業を禁止しているところもあります。この場合、Wワークはできないので、他のところで自分が評価されるようなことをやってみるということを考えてみましょう。

趣味に本腰を入れて、その分野で高い評価を受けるように頑張ってみる。すると、仕事もうまくいくようになるかもしれません。

何かしら、少しのことでも良いので、今の生活に変化を付けると良いでしょう。そうすれば、仕事が上手くいかなくても、他のところが上手くいっていれば、毎日を前向きに過ごすことができるのではないでしょうか。

仕事なんて適当で良いと考えていては、毎日が楽しくないでしょう。一日は二十四時間しかありません。睡眠を取り、三食の食事を摂り、そして通勤時間を考えたら、あとはほとんど職場で過ごす時間です。

その一日のほとんどを過ごす職場が辛い環境なのですから、毎日がどんよりと暗くなるのは当然です。よって、少しでも明るくなるように、副業したり、趣味に没頭してみたり、様々な方法を試してください。

仕事だと割り切る

昔、「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」というフレーズが人気を集めました。

朝、定刻に出勤し、出勤したら会社から与えられた仕事をこなすだけこなし、定刻に退社する。これだけで給料が得られるのだから、気楽な稼業と言いたいのでしょう。

しかし、現在、サラリーマンは気楽な稼業とはいえません。

倒産しないだろうという大企業であっても倒産するときは倒産しますし、リストラだってあります。それこそ、リストラされた方々は、信じられない状況に置かれたのではないでしょうか。

自分は今まで真面目に勤め上げてきたのに、会社に利益をもたらしてきたのに。真摯に仕事に向き合った人ほど、リストラは天災のようなものだったでしょう。

しかし、どんなに頑張っていたって、会社は倒産しますし、リストラをされるときはされます。それは、本人の能力とは全く関係がありません。よって、あくまで仕事は収入を得るためのものであり、それ以上でもそれ以下でもないという割り切りもときには必要です。

また、人間関係に嫌気がさして、やる気が出ないときも、仕事と割り切りましょう。職場はお友達を作る場所ではありません。

あくまで、仕事をする場所です。皆仲良く楽しく仕事ができれば良いのですが、ミスをすれば注意をされるし、営業成績が上がらなければ叱咤されることもあります。友達を作るために職場にいるわけではないのですから、当然のことです。

現在、コミュニケーション能力が問われていますが、友達同士でコミュニケーションを取るのと、職場でコミュニケーションを取るのは違います。

コミュニケーション能力はあった方が良いですが、職場のコミュニケーション能力は、人に対して上手に仕事の指示が出せる能力と考えてください。

指示を受けた人が、内容が分からず、動き方をシミュレーションできずに戸惑うようでは、どんなに友人が多くても、職場においてはコミュニケーション能力が無いと考えることができます。

職場の人間関係が「仕事なんて適当でいいや」と考える原因なら、職場はお友達を作る場所ではなく、仕事をする場所であるという認識を持ってみてください。

思い切って転職をする

男(ad)25歳 メーカー営業

上司や同僚に相談しました。上司は話は聞いてくれるけれど、最終的には「頑張れ。」で終わるので、これ以上改善は見込めないなと考えてその職場を辞めました。

女(ad)28歳 保険会社総合職

未来に展望があるようならしがみついてでも頑張ったほうがいいと思います。でも自分の思うような展望が見られないと思ったら見限って次の職場に行くといいと思います。

女(ad)35歳 商社事務

成果に対し、正当に評価できない上司や会社の下で働く必要はない。私は辞めて新たに資格を取得し転職しました。今の職場の方が給料アップしました。

ひとつの企業で定年まで勤め上げることは、大変立派なことです。本当に立派です。なぜなら、何十年間も運がよかった人といえるからです。人は生きていれば、山もあれば谷もあります。そして、山頂から一気に麓付近まで落ちてしまう人もいます。

ひとつの企業で定年まで勤め上げられた人は、大変運の良い人です。そして、そんな良い運を持っている人はそれほどいないので、立派なのです。

定年まで勤め上げられたのは、決して有能だったからではありませんし、無能だったわけでもありません。企業において、丁度良い人だったのです。その丁度良い人に、あなたはなれますか?

仕事なんて適当で良いと思っている時点で、あなたは丁度良い人ではないと言えます。なぜなら、仕事なんて適当で良いやと考える人は、仕事にやりがいを求めているからです。

仕事にやりがいを求めていて、それが叶わないから、適当で良いやと考えるのです。

そして、仕事を辞めようかなと考えるまでに至る原因を探り、解決方法も考え、それに取り組み、それでもどうにもならなかったら、思い切って転職してみましょう。営業成績が不振だった人が転職して売るものを変えたら、トップセールスマンになったという話は珍しくもなんともありません。

無能呼ばわりされた人が転職したら、その職場ではいないと困る人になったという話もたくさんあります。よって、仕事を辞めるべきか悩んでいる方は、考え方を変えて様々な解決方法に取り組み、それでも運が向かないのなら、転職という方法も考えてみるべきです。

また、あまりにも仕事に対して前向きになれず、鬱になるぐらいなら転職しましょう。仕事は精神や肉体を壊してまで、やらなければならないものでしょうか?

生きるため、生活費を稼ぐためには、仕事をしなければなりません。これは国民の義務でもあります。しかし、今の仕事で身体や精神を壊すぐらいなら、未来の仕事に就いて身体と精神の健康を保つほうが良いのではないでしょうか。

今日も、明日も、明後日も、仕事はしなければなりません。しかし、こなさなければならない仕事は転職によって変えることができます。国民には勤労の義務がありますが、職業選択の自由も与えられています。

このままの状態ではいけないと感じるのなら、思い切って転職するのも良いのではないでしょうか。

まとめ

仕事なんて適当でいい、仕事を辞めようかなと考える人は大勢います。あなた一人だけではありません。

そして、誰もが定年まで一つの企業で勤め上げることを良いことだと考えています。しかし、本当に定年まで一つの企業で勤め上げることが良いことなのでしょうか?何回も転職することは、悪いことなのでしょうか?

一つのところに長く勤められないなんて辛抱が足りないという話を聞くこともありますが、そんな話を何度聞いても、仕事にやりがいが感じられないのなら感じられないし、職場の人間関係が良好になるわけではありませんし、営業成績が上がるわけではありません。

原因を見極め、たくさんの解決策を試しても無理だと感じるのなら、今よりも良い仕事を求めて転職するという方法も考えてみてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)