長い人生を振り返ってみると、家庭で過ごす時間よりも圧倒的に多いのが、会社で過ごす時間です。

会社で過ごす時間が充実しているもの・華やかなものであればまだしも、そうではない場合は、自分の存在意義さえ見えないことがあります。

会社で思うように評価されなかったり、自分の実力が認めてもらえなかったりすると、気持ちのやり場に困ることがあります。実力通りに評価されないと、生きている価値さえ見失ってしまうこともあります。

今回ご紹介するのは「仕事の成果が認められないときの対処法」についてです。

今の仕事でもんもんとした不安を抱えている場合、ぜひ目を通してみてください。明日への勇気になる、大きなパワーが湧いてくるはずです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

自分の実力を、客観的に眺めてみる

一生懸命仕事をおこなっているのに、その実力を上司から認めてもらえない場合は、自分の実力を冷静に考察してみることも大切です。

冷静に自分の立ち位置や職務内容・キャリアをチェックしてみることで、自分のレベルがどのくらいのものなのか考察することができます。

冷静に今の立場を見直してみることによって、自分のことを過大評価していなかったか再確認することもできます。

人は誰でも自分のことを人一倍分かっているつもりで、実は分かっていないこともあります。「できる」と思っていた事柄でも客観的にリサーチしてみると、意外にそのレベルにまで達していないということもあります。

自分の感情ぬきに、1人の人間として自分のことをリサーチしてみると、等身大の実力や姿が見えてくることがあります。

またこのとき、気を付けておきたいのが社内の人事評価をもう一度再確認してみるということ。勤めている企業の人事評価システムを確認してみると、意外にも自分の希望と現実がかけ離れている事態に驚くことがあります。

人事評価システムは企業によって変わってくるため、自分ではアピールポイントと思っている事柄であっても、勤め先の企業の人事評価リストに載っていないがために、正当にジャッジされないこともあります。

社内の人事評価システムを知ったら、それに向けてアピール方法を替えてみることもおすすめです。評価されにくい現時点の仕組みを、評価されやすい仕組みへと自らの努力で作り変えていくのです。

人事評価のルールを正しく知ることができるようになると、何をおこなえば上の人間に認めてもらえるのか・昇格できるのかコツが分かるようになります。

この「何をおこなうのか」は、自分という人間の長所・短所を詳しく知っておかないとできないこと。そのためにも、客観的なリサーチを重ねて、自分自身のスキルを正しく知ることが大切です。

自分で自分を褒めてあげる

退社時間を大幅にオーバーしても上司から言われた雑用を完璧にこなしたり、休日出勤をいとわずに汗水たらして働いたりしても、思うように会社から自分の能力を認めてもらえないことがあります。

こんなときプラスの方向に気持ちが傾けば良いのですが、マイナスの方向に感情が向いてしまうと、思わぬ事態に。うつなどのメンタル系の不調に陥ることがあります。

「会社から必要とされていない人材だ・・・」と気持ちが暗くなったら、まずは感情を明るい方向へ立て直してあげることが重要です。気持ちのコントロールがうまくおこなえるようになると、明るく物事を考えられるようになります。

マジメで働くことが得意な日本人は、自分をけなすことはできても、正しく認めてあげることが苦手です。自己肯定感が低いため、実りのある仕事をおこなっていても、気持ちが内向きになりやすくなります。

感情がジェットコースターのように急下降しているときこそ、自分で自分のことを褒めてあげる習慣をつけてみましょう。

褒めてあげるポイントは、どこでも良し。「不備のない書類を作成できた」「遅刻無欠勤で、今月は出社できた」など小さなできたポイントを見つけることによって、自分自身を肯定してあげることができます。

自分で自分のことを評価してあげられるようになると、現在の立場やキャリアで思うようにいかないことがあっても、立ちどころに気分を害することがありません。

いつでも穏やかで豊かな気持ちで過ごせるようになるため、会社から正当に評価してもらわなくても、いつでもマイペースに仕事をおこなうことができます。

自分の良いところが見つからない、褒めるべき長所が見当たらないという方は、今週おこなった仕事を具体的に紙にかき出してみることがおすすめです。

具体的に紙にかき出していくと、自分がどんなビジネスをおこなっていて具体的にどんな成果を上げたのか、ひと目で理解することができます。

その仕事が大きかったか小さかったかにスポットをあてるのではなく、とりあえず「行動を起こしたことを自分で評価してあげる」こと。

自分の行動を自分で正当化してあげることによって、物事の考え方が大きく変わってくるはずです。こうした未来志向の思考力が養われるようになると、自分らしいビジネスマン人生が送れるようになります。

仕事そのものが適職か、考える

努力を重ねていても、企業から正当に評価されない…。報われない時間が長時間続いていくと、心のモチベーションも折れやすくなるものです。

どんなにプラス思考であるように努めていても、マイナスの状態が永遠に続くようであれば「そもそも、その仕事が自分に合っているのか」考え直すときにきています。

入社したときは自分に向いていると思っていた仕事も、長い時間が経っていくにつれて、実際の仕事と能力が相反していくこともあります。

また趣味の延長や得意分野だと思って手を付けた仕事も、実際の仕事現場に行ってみると、理想と現実が合い離れていることもあります。

会社から自分の実力を認めてもらっていないと感じたときは、今の仕事内容と自分の適性がきちんと合っているのか判断してみましょう。適性はそのときの年代や雇用環境によっても、少しずつ変化していくものです。

5年前には適職だと思っていた仕事も、5年経った今では取り巻く環境や業務内容が少しずつ変化していることもあります。

適職ではない仕事を無理におこなっていると、やはり現実の職場と実際のスキルの間に大きなミゾが生まれるようになります。スムーズに仕事をおこなえないタイミングが増えていくため、会社とのミスマッチが生まれるようになります。

会社の求めている業績が出せないと、不当な評価を受けてしまうことにも繋がりかねません。

自分自身はがんばっているつもりなのに、それに見合う給与やボーナスがもらえないという悪循環に陥ってしまうため、雇う企業にとっても雇われる本人にとっても苦しい状況が続いていきます。

こんな状況を断ち切るためにおこなっておきたいのが、今の仕事内容と自分の能力がきちんと合致しているか確認するということ。方向性が違うようであったり、違う土俵で戦っているようであれば、今一度自分の立ち位置を見直してみる必要があります。

「入社した会社だから一生ここで働く」という強い意思を持つことはもちろん大切ですが、不当な扱いを受けていると感じるのであれば、転職を含めた方向転換を考えてみることも重要です。

企業の数や仕事内容は、あなたが思っているほど少ないわけではありません。努力を重ねることによって自分に適した仕事内容を与えてくれる企業も、少なからず出てくるはずです。

ありのままの自分を認めて、そんな自分を受け入れてくれる企業を探すこともスマートなビジネスライフの秘訣です。

転職を考えてみる

この会社にいても、仕事の成果が認められない。そう感じたときには、転職を考えてみることがおすすめです。

転職をおこなうときには、下準備をしておくことが大切。数社の転職サイトやエージェントに登録して、自分の価値を正しく判断してもらうことがポイントになります。

転職をおこなうときには、改めて適性検査をおこなっておき、自分の今の実力と適した職務内容について考えておきます。数年前と比べて個人の適性は刻々と変化していくこともあるため、この作業は丁寧におこなうことが大切です。

また適性検査と同時に、自分がどんな会社で働きたいのか具体的なイメージを持っておくことも大切です。

営業の仕事をおこないたいのか、事務の仕事をおこないたいのか。ライフワークバランスの取れた福利厚生の優れた企業で働きたいのか。多少残業があっても、給料の多い会社で働きたいのか。ざっくりとでも良いので、自分の方向性を固めておきましょう。

方向性が分からないときは、学生時代の友人とコンタクトを取り、色々な業種で働いている先輩たちの声に耳を傾けてみることもおすすめです。

あえて異業種の仕事内容に触れることによって、自分の新たな価値観に気付くこともあります。

また転職活動をおこなうときには、自分の優先順位をたてておくことも重要です。仕事内容・ポジション・給与・アクセスの良さ・会社の知名度・福利厚生の豊かさ、すべてが揃った企業に転職できることは、まずあり得ません。

何を優先して何を妥協できるのか、客観的に知っておくことで無理のない転職活動をおこなえるようになります。こうした条件を知っておくことによって、成功する転職ライフが描けるようになります。

転職エージェントに相談する

自分の適性がよく分からない、そもそも自分に合った仕事がどのようなものか分からない。こんな時には転職エージェントに登録することがおすすめです。

転職エージェントには、あなた専任のスタッフがいます。多くが転職や仕事について濃厚な知識をたくわえている、キャリアアドバイザーです。

キャリアアドバイザーの方に相談してみると、適性検査の方法や今後の進路について、ことこまかに教えてくれます。自分1人だけではわからなかった、仕事に関するツボを快く教えてくれるため、迷うことなく自分の可能性を知ることができます。

社会人として仕事をおこなっていると、誰かに相談したくても小さなプライドが邪魔をして、気持ちよく質問をおこなえないときがあります。

上司や後輩・同僚とはひと味ちがった目線で仕事に対するアドバイスをくれるのが、キャリアアドバイザーです。

「今の会社で実力が認めてもらえないけれども、どう行動を起こせば良いのか」といった初歩的な質問であっても、真摯にそして丁寧に答えてくれます。自分にあった適性を教えてくれるだけではなく、新たな方向性についても教えてくれます。

キャリアカウンセラーに相談するとお金を取られるのではないか、無理やり次の転職先を紹介されるのではないか・・・と危惧される方もいます。

企業によっては無料でおこなっているところもあり、金銭的な負担は少なくなっています。また転職先のあっせんなどの行為も、本人の同意を得たうえでおこなわれることが多いため、必要以上に心配する必要はありません。

大企業のリストラや不祥事などの事例を目にすると、先の見えない日本経済に大きな不安を抱くことがあります。頑張っているのに評価されない、現在の人事システムに疑問を抱くこともあります。

こうした仕事にまつわる、ざっくりした不安を解消してくれるのがキャリアカウンセラーの仕事です。「こんな事を質問してしまって、大丈夫かな?」「こんな悩み事を、打ち明けても良いのかな?」と不安になる必要はありません。

心の壁を取り払ってみると、気持ちがすっきりしてくることがあります。会社以外の場で仕事について相談できる場が増えると、現実の世界ときちんと対峙できるメリットもあります。

まずは一歩踏み出してみて、外の企業とつながってみること。頭の中で考えているだけでは、大きな成果は見込めません。

勇気を出してまずは一歩踏みしめてみることで、今まで見えなかった明るい現実が見えるようになります。

まとめ

どんなに努力を重ねていても、正当に上司や企業から仕事内容を認めてもらえない期間が続くと、落ち込んだりくじけそうになることもあります。

気もちの針が下向きになったときは、自分自身を客観的に評価してあげることも大切です。自分の長所を洗い出してあげて、少しでも進歩しているところがあれば、積極的に褒めてあげる習慣をつけてみましょう。

またキャリアアドバイザーと連絡を取り、今後の進路についてアドバイスを受けることも大切です。今の企業にとどまるべきか、新たな企業に踏み出すべきか、方向性を踏まえて相談にのってくれます。

現在の企業では精神的にもたないと感じた場合は、転職という手もあります。みずから動き出すことによって、評価してくれる職場に変えることもできるからです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)