仕事が忙し過ぎて、心も体も疲れ果ててしまう。自分の時間が取れない。そのような状況で仕事を辞めたくなる人は珍しくありません。反対に、仕事が暇で仕事を辞めたいと考えている人も意外と多いものです。

仕事が暇な状態が続くのは、とても辛い事です。人によっては、苦痛すぎてうつ病になる人すらいます。

しかし、仕事が忙しくて苦しんでいる人には羨ましい話であり、なかなか相談できないものです。そこで、仕事が暇で辞めたいと考えているあなたに対処法をご紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

39%の人が仕事が暇で辛いと悩んだ経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、39%の方が仕事が暇で辞めたいと悩んだ経験があると回答しています。

男24歳 製造業エンジニア

製造業は取引先からの注文が出ない限り機械を止めているしかないので、仕事がないとやることがなく会社のほうから休むように言われ、当然給料もカットされる。

女37歳 CADオペレーター

仕事の量の割に人数を多く採用してしまっているから、とにかく仕事の量が少なくて午前中に終わってしまう。

男25歳 プログラマー

出社してもその日にやる仕事がなく、上司に仕事をもらいにいっても「今はやることがないから勉強でもしてて」と言われ、放置されてしまうことがあり辛かったです。

女29歳 クリエーター

不定期ですが、仕事の依頼が一週間程なく、暇な時がありました。周りは忙しいのに自分だけ時間を持て余す状況が辛かったです。

21%の人が仕事が暇で実際に辞めている

仕事が暇で辞めたいと悩んだ経験があると回答された方の中で、実際に21%の人が辞めたと回答しています。辞めた方に共通しているのは以下の2つでした。

  • やりがいを感じなかった
  • 給料の心配があった

辞めたと回答した人の声

女31歳 販売職

忙しすぎるのも大変だけれど、暇で時間をもてあますと言うのも精神的に辛いです。忙しければ、体力的には疲れると思いますが、眠ればまた頑張ろうと言う気持ちがもてます。暇なのは、精神的な疲れが大きくて、時間がたつのがとてつもなく遅いです。自分の時間を無駄にしているように感じて、辞める事にしました。

男27歳 製造業

さすがに自分の都合ではなく会社の仕事の受け方に問題があり暇なのに給料をカットされるのが、意味が分からず退職した。

女25歳 サービス業

会社に仕事が無く、潰れるのではないかと噂が流れ給料も安定しなかったので、生活費の為に転職を決意しました。

男28歳 不動産事務

仕事にやりがいを感じませんでした。面白みがなくなり、この仕事をずっと続けていく自信がなくなってしまいました。

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)24歳 卸売業事務職

仕事は暇であっても正社員である限り給与が入るので辞めませんでした。人事ローテーションがあることがわかっていたのでそれまでの辛抱として我慢しました。

男(ad)31歳 営業職

できるだけ仕事をみつけて客数を伸ばすことに努めた。案外やれることもあり、仕事に対する情熱にもつながっていった。

女(ad)31歳 通信業事務職

営業チームに自分ができることを共有するように頼み、暇な時間が減って会社にも貢献できるようになったから。

男38歳 製造業

辞めない理由は家族の生活維持と家のローン返済の為。会社の経営方針に1社員が提案できるわけでもなく、ひたすら我慢しています。

仕事が暇なときの時間のつぶし方

周りは忙しいなら、仕事を振ってもらえないか聞いてみる

女(ad)26歳 公務員

暇というのはうらやましがられますが当の本人とってはとても辛いと思います。まずは手伝える事がないか周りに確認して、なければ自分で見つけましょう。

仕事にはそれぞれ役割があります。チームや組織で仕事をする場合は、それぞれの役割を果たすことで一つの仕事を成し遂げていきます。仕事が暇だと感じる時には、まず周囲を見渡してみましょう。

自分だけが暇な状態であれば、周囲から仕事を引き受ける事でチーム全体の仕事はより早く進める事ができます。もちろん、仕事には専門性もあり、簡単に手伝えない事もあるでしょう。

手伝う事で逆に効率を悪くしたり、足を引っ張る事が不安になる事もあります。また、職場の人間関係や雰囲気などで、声を掛け難い場合もあります。

しかし、自分だけが暇で、周囲が忙しい状況が続くと、周囲からの視線も厳しくなり、居心地が悪くなります。そして、自分自身も悩み、職場で孤立してしまうなど悪循環に陥る可能性もあります。

その為、自分が暇で、周囲の仕事を手伝いたい時は、上司やチームのリーダーに相談し、仕事を調整してもらいましょう。仕事を渡す側も、上司からの指示であれば前向きに対応してくれるでしょう。

仕事を手伝うという事は、単純に暇な時間を埋める事ではありません。新しい仕事を覚えるチャンスであり、自分自身のスキルを磨く機会になります。

また、仕事を手伝うという積極的な姿勢は職場全体の士気を高め、周囲からの評価も得られやすくなるでしょう。つまり周りの仕事を手伝う事は職場にも自分自身にも大きなメリットがあります。

暇だと感じたら、積極的に周りの仕事を手伝ってみましょう。

資格勉強などのスキルアップやネットサーフィンで暇つぶし

女(ad)32歳 営業事務

暇な時間を開き直って資格の勉強をするなど自分のために活用しましょう。

業界や業種によっては、仕事量が一定の仕事と、繁忙期と閑散期の差が大きい仕事があります。忙しい時期は残業や休日出勤もありますが、暇な時期は定時で帰る。そんな仕事は珍しくありません。

また、仕事は一定の期間内に求められる成果を上げる事が大切です。やるべき事ができている、求められている仕事をしっかりとこなしているのであれば、暇な時があっても焦る事はありません。

もちろん、周囲が忙しい時は積極的に手伝う事も必要ですが、そうでなければ、暇な時間を自分の為に使う方法もあります。

例えば、資格取得に向けた勉強をするなど、自身のスキルアップに費やすのも良いでしょう。現在の仕事に関わる資格であれば、その時間は将来的には仕事にも役立ちます。

それ以外にも、単純にネットサーフィンなどの暇つぶしをするのも、時には良いでしょう。暇つぶしがリフレッシュに繋がる場合もあります。

また、仕事中に暇つぶしをすると、少なからず罪悪感を感じるものです。それをバネにして次の仕事に集中する事もできます。いずれにしても、周囲にバレないように細心の注意が必要です。

これらは、あくまでもやるべき事ができているという前提ですが、大切なのは、暇な状況に焦らない事です。深刻に考え過ぎないで、少し楽な気持ちで仕事に向かってみましょう。

副業する時間にあてるのは多いにあり

暇な時間を自分の為に使うもう一つの方法として、副業があります。これも、本業でやるべき事ができているという前提です。求められている仕事をしっかりとこなし、周囲の仕事も落ち着いている。

あとは自分の為に時間が使える。そのような状況であれば、スキルアップや暇つぶしと同じ感覚で副業を行うという選択もあります。

仕事中の副業としては、株式やFXなどの投資、アフェリエイトサイトの運営、最近ではクラウドソーシングも一般化しています。クラウドソーシングでは、アンケートの入力や商品のネーミング、記事のライティングや翻訳、イラストやロゴのデザインなど、多岐に渡る仕事が存在します。

これらは、本業の経験やスキルを活かす事はもちろん、そのスキルを磨く効果もあります。また、単純に暇をつぶすだけでは無く、その時間が収入に繋がる事も魅力です。

これらは仕事中にバレにず行う事ができますが、会社が就業中の副業を認める可能性は限りなく低く、バレた時のリスクが大きい事を十分に自覚した上で行う必要があります。

大切なのは、忙しく過ごすことで、仕事が暇な時に感じる焦りや不安な気持ちを拭うことです。仕事量に振り回されず、落ち着いた気持ちで仕事に向かうことができれば良いでしょう。

改善の余地がなくストレスが溜まり辛いだけなら辞めてもいい

女(ad)26歳 建設業事務

暇な事がどうしても辛く、忙しい方が自分には合っていると感じるなら辞めましょう!手持ち無沙汰な時間が長く続くとやる気もなくなってきて精神的にも病んでしまうので、そうなる前に決断しましょう。

男(ad)28歳 不動産業

暇でやめたいのなら、暇な時間に転職活動について情報を集め、具体的に動き出しましょう。そのやる気が出ないのなら、まだその会社にい続けてもいいのかも。

仕事のやりがいは人それぞれです。仕事が忙しすぎて過重労働になり、精神や肉体に支障をきたす状況になる事はよくありません。しかし、適度な忙しさは、仕事へのやりがいを感じるものです。

仕事が忙しいのは、会社や顧客に求められている証であり、仕事が認めら得ているからです。これが仕事のやりがいやモチベーションに繋がります。

反対に仕事が暇な状態というのは、自分の能力に見合った仕事量が無い状態であり、自身が会社や顧客に求められていない、必要とされないと感じ、意欲を下げてしまいます。

また、仕事を通して経験値を上げたり、スキルを身につける事ができますが、仕事が無い状態では、自身の経験やスキルを得られない焦りや将来に不安を感じるものです。

暇な時間を自分の為に使い、精神的にも上手くバランスを取ることができれば良いですが、それができなければ、ストレスが溜まり、辛い思いをする事になります。

自分自身、与えられた仕事をしっかりと行い、積極的な姿勢で仕事に取り組んでいるが、暇な状態が続いてしまう。そのような状況が変わらない、改善の余地が無い場合は、転職するという選択肢もあります。

辞めるときの注意点

退職理由はしっかりと準備しておく

仕事が暇だと感じて、何とかしたいと上司に訴える時は、仕事が暇な事やもっと仕事がしたいという気持ちを素直に伝える事は大切です。しかし、それが改善されず、退職を決断した時には、しっかりと退職理由を準備しましょう。

仕事が暇だからモチベーションが上がらない。仕事が暇なのは会社の責任だ。そう考えやすいですが、仕事が暇だと感じる時、その原因は自分自身にもある事を忘れてはいけません。

仕事には必ずと言っていいほど、改善の余地があります。仕事は改善を繰り返して効率を上げ、仕事の質を上げていきます。上司や経営者はその改善を常に求めているものです。

仕事が暇だから辞めますというのは、辞める側としては正しいように思えても、上司や経営者は「もっとやれる事はあるはずだ」と感じるものであり、素直に受け止められない可能性があります。

その為、仕事が暇という事がきっかけで、「仕事へのやりがいを見い出せない」「将来が不安」「自身の経験者やスキルを活かしたい」など、退職したくなった理由を具体的に伝えましょう。

上司や経営者に退職を伝える時、大切なのは「退職を認めてもらう」事です。退職の申し出は退職のスタートであり、それが上手くいかなければ、退職はスムーズに進みません。

まずは、相手がどのような反応をするのか、しっかりと考えて退職理由を準備しましょう。

暇だと感じている自分と向き合う事

女(ad)38歳 不動産事務職

何故、「辞めたいのか」という理由を箇条書きにしてみよう。その理由をみて自分で改善できるもの、出来ないものを見極めてみて欲しい。自分の努力でどうにもならない事ばかりの会社なら、退職を考えても良いと思う。

仕事を辞めるという決断はとても大きなものです。就職するまでの努力やこれまでの経験や苦労、自分自身の将来、キャリア形成など、いろいろと悩み、考えた上で決断したでしょう。

次は今よりも良い仕事、自分に合った仕事に就きたい、誰でもそう考えるものであり、同じ過ちを繰り返さない事が大切です。その為には、仕事が暇だと感じ、その結果、退職を決意した自分自身について、真剣に向き合いましょう。

なぜ、仕事が暇だと感じたのか。何故、改善できなかったのか。自分自身に反省点はないのか。次の仕事を選ぶ上で気をつけなければならない事は何か。など、しっかりと答えを出すのです。

大切なのは、会社や周囲に原因を求めない事です。何故なら、自分では変える事ができないからです。自分自身の反省点は、自分の力で変える事ができますし、次に活かすことができます。

仕事を辞める事は、今の環境から逃げ出す事ではありません。より良い環境を目指す、前向きな事であると考え、しっかりと自分自身と向き合いましょう。

退職の手続きをしっかりと守る

仕事が暇で辞める場合でも、それ以外の理由で辞める場合でも、退職の段取りは同じです。退職を決断し、会社に受け入れられたら、その後は退職の手続きを進めます。

退職届の提出、退職を申し出る時期、退職日の決定、業務の引き継ぎ、会社に返却するもの、会社に提出するものなど、退職の手続きは会社によって異なります。

通常は就業規則に記載されていますので、まずは、自社の退職のルールを確認しましょう。就業規則が無い場合や不明な点があれば、総務部門や上司に確認します。

退職の手続きに関しては、社内の様々な人が関わります。提出すべき書類や返却すべきものが遅れたり、不備があると関係者に迷惑をかけてしまいます。

また、退職後も総務部門や人事部門とのやりとりがある場合もあります。退職するから迷惑をかけても構わない、あとは知らない、という姿勢では、自分自身が困る事になります。

スムーズに退職する為にも、退職の手続きやルールをしっかりと守りましょう。

転職するときの注意点

転職サイトで転職先を探す場合

転職先を探す方法は様々ですが、まず押さえておきたいのは転職サイトの活用です。最近では様々なサイトがあり、職種や業種、エリアなどで強みが異なる場合もあります。

複数のサイトに求人を掲載している企業もありますが、求人の掲載は無料ではありませんから、特定のサイトに絞って掲載する企業は多いものです。その為、求人サイトを活用する場合は、できるだけ複数のサイトをチェックしましょう。

また、求人サイトは求人情報を閲覧するだけでなく、登録する事で条件に合った求人が掲載された時にメールで情報が配信されたり、経歴やスキルを登録する事で企業側からスカウトメールが送られる事もあります。

登録は無料ですので、積極的に活用しましょう。また、複数のサイトに登録する事でより多くの情報が得られますし、条件に合った企業に出会うチャンスが広がるでしょう。

転職をする時に気をつけたいのは、同じ事を繰り返さない事です。つまり、仕事が暇で転職をする場合は、同じような状況にならないような仕事を探す必要があります。

自社の仕事が暇だという企業はありませんし、求人情報だけでは実際の状況はわからないものです。そこで、目安にしたいのは、企業や業界の歴史や動向です。

比較的新しい企業や、ベンチャー企業などの新しい分野の仕事は、企業そのものが成長過程にある為、現場は活気があり忙しい傾向がありますし、そのような職場ではやりがいも見出しやすいでしょう。

また、平均年齢が若い企業や、経営者や幹部が若い企業は業績評価を重視する傾向があり、仕事への取り組みが評価につながりやすい、自分自身で忙しい状況を作りやすいと言えます。

いずれにしても、求人情報は詳細までしっかりとチェックする事と、情報は幅広く集める事を心がけましょう。

転職エージェントを活用する場合

転職先を自分で探すのと同時に、転職のプロである転職エージェントを活用する方法もオススメです。転職エージェントは企業と求職者をマッチングさせ、採用が決まった時点で企業から報酬を貰います。

そのため、企業の紹介や各種サービは基本的に無料で受けられます。また、企業の人事部門との連携も強く、具体的な情報も確認できる事から、より自分自身の条件に合った仕事が見つかる可能性が高いでしょう。

転職エージェントでは事前に登録した後、キャリアコンサルタントと面談を行ないます。そこで大切なのは、自分自身を理解してもらう事です。

これは、単純に仕事の条件や職種、業種だけでは無く、性格や仕事に対する考え方、将来の希望や就職に対する不安や疑問など、正直に伝える事です。

なぜなら、担当のキャリアコンサルタントに自分自身を理解してもらう事で、より自分に合った仕事を紹介してもらえる可能性が高くなるからです。もちろん、前職では仕事が暇で辞めたくなった事、退職を決断した経緯についても、しっかりと伝えましょう。

尚、キャリアコンサルタントは転職のプロです。面談から様々なアドバイスや気づきが得られる事も、転職エージェントを活用する大きなメリットです。

転職サイトと同様に、転職エージェントによって契約している企業が異なりますし、得意な業界や扱い件数も異なります。無料ですし、是非、複数の転職エージェントを活用しましょう。

退職・転職理由の伝え方

転職の面接で必ず聞かれるのは退職理由と転職理由です。退職理由はどのような内容であっても、基本的にはネガティブな内容になります。

面接官もある程度は理解していますので、神経質になり過ぎなくても良いですが、退職を決断した経緯については、できるだけ相手に理解してもらえるように心がけましょう。

面接官は同じ事を繰り返さない、つまり、すぐに辞めてしまわない人を求めています。何故、退職したのか理解できない、よく判らない理由で退職した人に対してはリスクを感じるものです。

仕事が暇で辞めた場合も、様々な背景があり、本人にとっては正当な理由であっても「前職は仕事が暇だから辞めました。」と単純に答えるのは避けるべきです。

仕事が暇だと感じた背景、職場の環境、やりがいを失った状況をできるだけ、丁寧に伝えましょう。尚、「仕事が暇」という言葉は人によってはとてもネガティブに受け取る場合があります。

  • キャリアアップができなかった
  • 厳しい環境で自分を成長させたかった
  • やりたい事が変わった

などに置き換えて退職理由を考えていくのも良いでしょう。

退職理由の次は転職理由です。転職理由は言い換えると、次のステップに進む理由です。ポジティブな内容でしっかりとアピールする必要があります。また、退職理由は簡潔に伝え、転職理由の説明に重点を置いたほうが、面接官に対してよりポジティブな印象を与えるでしょう。

退職理由、転職理由で大切なのは、嘘をつかない事です。面接官は採用のプロであり、嘘は見抜かれると思っていた方が良いでしょう。運良く採用されても、入社後が大変です。

まずは、仕事が暇で辞めたいと感じた前職から、どのような仕事に変わりたいのか、どのような働き方をしたいのか、自分自身の考えをしっかりと整理しましょう。

まとめ

仕事が暇で辞めたいと感じるのは、忙しすぎて苦しんでいる人から見たら、贅沢な悩みです。それだけ余裕があるのに、同様の給料が貰えるのは幸せな事かもしれません。

もちろん、仕事が暇な事によりストレスを感じ、精神的にも肉体的にも大きな負担でうつ病になりそうな場合は、環境を変える必要があります。

しかし、一時的な気分や不満を解消する為に転職しても、後で後悔する可能性が高いでしょう。まずは、今の環境で何ができるのか、しっかりと考えてみましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)