毎日のお仕事お疲れ様です。仕事をしていると嫌なことや不満なことがどんどん積み重なっていきますね。

どうしてこんな嫌な思いをしてまで仕事しなければならないのかもわからなくなってしまい、うんざりすることも多いと思います。

そんなことが毎日続いていくと段々辞めたくなってしまうのは自然な流れだと思います。

でも、本当に辞めてしまう前にそれが正しい選択か一度深呼吸をして考えてみてください。 もしかしたら何か解決をする方法や考え方を変えるだけで気持ちが楽になるかもしれません。

ここではあなたがその悩みから抜け出せる方法を考えていきたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

仕事でうんざりする原因

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、89%の方が仕事でうんざりした経験があると回答しています。仕事でうんざりした原因として多かったのが以下の3つです。

  • 人間関係
  • 過酷な労働環境
  • 仕事がつまらない
女29歳 保育士

一日中保育の仕事をしていることが、ほとんどである。持ち帰りの仕事も多く、プライベートの時間がない。収入が低いためやる気にも繋がらない。

男34歳 広告営業

上司に無視されたり、理不尽な扱いを受けていて。正直仕事するのが、辛いしうんざりしてます。これが現状です

女26歳 医療職

悪口ばかり言う先輩の愚痴を聞き続けてこちらも嫌な気分になった。それも仕事のうちだが、業務以上にめんどくさくてうんざりした。

男29歳 製造業

自動車部品を製造する工場で働いていたのですが、単純作業でどれだけがんばっても終わりが無いのでうんざりしていました。

29%の人は耐えきれず辞めている

仕事にうんざりした経験がある方に、実際に辞めたか?のアンケート結果が上記です。なんと29%の方が辞めたと回答しています。

辞めた理由

女29歳 事務職

無駄な仕事でイライラしながら残業するくらいなら、自分のやりたい仕事をして自分のペースで出来る仕事に転職しました。

男28歳 保険営業

生産性向上のためにどうすればいいのか、現状を良くするための努力を上司含め同僚も何もしなかった。残業代の未払いも発生したから。

女28歳 製造業

毎日の目標生産数に対して明らかに人員が足りず、毎日4時間以上残業していた。また効率も悪く、上司に言っても聞いてもらえかった。

男27歳 出版営業

その仕事は5年ほどやっていたのですが、精神的に苦痛だったのと、これ以上続けていても将来性がないと思ったので見切りました。

辞めなかった理由

女31歳 電機卸会社

辞めたいとは思っているが収入がなくなると生活が苦しくなる為、辞めれずにいる。旦那の転職又は妊娠の際にはキッパリ辞めようと思っています

男26歳 専門作業職

家族が、いる為、簡単には、やめられないし、転職しようとしたが、最終面接に落選したからです。とりあえず転職が決まるまでは、やめないつもりです。

女24歳 営業職

とにかく耐えました。人間関係のために仕事を辞めるのも馬鹿らしかったし、転勤する可能性もあったのでやめなかった。

男(ad)31歳 製造業

単純でルーティンワーク的な仕事の比率が高くなったのは経験と能力不足のせいであり、単純でルーティンワーク的な仕事の比率に費やす時間が経験と能力が向上するにつれて短くなったら、クリエイティブな仕事を行なう時間的な余裕が出てきた。

仕事にうんざりして辞めたいときの処法

男(ad)29歳 バイヤー

自らの力で解決が出来ることなのか、他者との比較や仕事の成果が自分でコントロール出来ない場合、無理をせずに辞めることも選択肢としてありだと思う。一番は自分のメンタルや家族との関係であり、それを壊してまで縛られる必要はないのではないだろうか。

自分が何にうんざりしているかをはっきりさせる

女(ad)29歳 幼稚園教諭

まず、うんざりの原因をじっくり考えること。それでどうすれば解決出来るか、出来ないのか。解決できそうなら続けてみて、壁にぶつかったときまた考えればいいと思う。解決出来そうにないのなら、思い切って辞めるのも人生の選択。

仕事にうんざりと一言で言ってもそれは具体的にはどの部分でしょうか。全てをまとめて嫌になってしまったということかもしれませんが、その中でも我慢できるものと許せないことにわけることは可能だと思います。

また、最大の問題が何か1つ存在していて、そのことに引っ張られて全てが嫌になってしまうということもあるはずです。

まずはあなたが何に対してうんざりしているのかを明確にしてみましょう。

そんなことを急に言われてもわからないと思いますので、自分の気持ちを何かに書きだすことから始めます。誰かに読ませるわけではないので文章にする必要はありません。

あくまでも自分の頭を整理させることが目的なので、問題の大小を問わずにとにかく思ったことをメモでも何でもいいので書き出してみましょう。

多ければ多いほどいいですね。書いている途中で増えることもあるでしょうがそれも歓迎です。言葉にしてみることで自分の気持ちが表に現れてきます。

書き終わったらそのうんざりが、仕事内容そのものか、人間関係なのか、それとも給与面等の他の部分なのかなどに分類してみましょう。そうすると自分が何を考えているのかが段々と見えてくると思います。

さらにそこから順位をつけてみると自分の本心が分かってきませんか。あなたをうんざりさせているものが見えてくれば、それは辞めないと解決できないことなのか、それともなにかきっかけがあれば変えられるものなのかが分かってくると思います。

仕事内容であれば、例えば部署異動があれば解消出来ることであったりしないでしょうか。そうであれば人事に相談するということもできます。

人間関係も近いですね。上司と合わないなどであれば異動するか、相手が異動することで解決するかもしれません。

余談ですが私の職場に以前かなり個性の強い上司がいて部署内全員を振りまわしていました。みんな不満を持って仕事をしていて毎日の雰囲気もとても悪かったですが、その上司が異動したとたんに一変しました。

そのことを美談にはしたくありませんが、当時の私もかなり悩んでいましたので結果的に時間がきっかけ一つで状況が変わって良かったと思っています。

あなたが今の会社を辞めなくても少し待てば状況が変わるというケースはあるはずです。何か行動を起こせば変えられる場合もあります。辞めることを本気で検討するのはそれからでも遅くはないと思いますよ。

愚痴は言っておく

愚痴を言うのはあまり意味がないと思って不満を自分のなかにため込んだりしていませんか。確かに愚痴を言って問題が解決するのであれば誰もこんなには悩むことはないと思います。

しかしだからといって自分の中で不満の種を燻らせてそれがどんどん大きくなるのは果たして良いことでしょうか。

仮にあなたが社内で不満を言わないタイプだと思われているとしたら、急にその不満が爆発して辞めるなどと言いだされたら周りの人は驚くでしょう。

愚痴をお勧めする理由は2つあります。

まず1つは言葉にすることで少し気持ちが軽くなります先ほどの書きだすことと同じですが、少し言葉にして吐き出しておくことで頭も整理されますし、自分が本当にそのことにうんざりしているのかどうかもわかってきます。

もう1つのポイントは周囲に自分の不満をわかってもらうということです。

「あいつは文句ばかり言っている」という評価は確かによくはありませんが、多少は自分の胸の内を明かすくらいであれば他の人はあなたのことを悪く思ったりしません。

しっかりと相談するのが一番良い方法ではありますが、ちょっとした雑談程度の会話でそういった不満を話しておくのも意外と大切なことです。

出来る上司であればその話を聞いて少し気を回してくれるという場合もあります。部下の不満を察知してそれに対して対応をするというのも管理職として重要な仕事です。

同僚ともそういったことは腹を割って話せると良いですね。良し悪しは別としてそう言った会話で同僚とコミュニケーションをとるというのも人間関係を良好にしておくのには必要です。共通の敵がいるのが一番団結力を強めるではありませんか。

私の尊敬する上司は「社員同士で愚痴っても無駄だ」と言っていましたが、その部分だけは共感できません。愚痴るだけで少なくとも心は多少なりとは軽くなります。

それだけでも毎日を乗り切る力にはなると思います。しかし程度にだけは気を付けてくださいね。あまり愚痴が多すぎる人は周りからうっとおしがられる可能性はあります。

仕事はそういうものだと割り切る

男(ad)27歳 医療職

仕事だからしょうがないと割り切れるなら、続けた方がいいと思います。悩んで身体に支障が出るようなら、辞めたほうがいいと思います。

問題点もはっきりとしました。自分の不満も小出しにするようにしました。しかしうんざりしまうことは相変わらず多くてあなたを悩ませる。そんな状態に終わりが見えない場合もあるでしょう。

そうなったらもうこれは仕事だと割り切ってしまった方が楽です。

そもそもあなたは仕事に何を求めていますか。自分の好きな仕事、やりがいのある仕事をして毎日を充実させたいのでしょうか。そのことによって充実した毎日を過ごしたいとお考えでしょうか。

たしかにそれが一番良いですね。毎日楽しく仕事をしてお給料をもらう。時々辛いこともあるけれど、頑張って乗り越えて成長していく。

はっきり申し上げてそんなことは就活サイトの広告の幻想の世界です。現実世界でそれが出来るのは限られた一部の人か非常にポジティブな考え方をできる人くらいです。

あなたにはそういった一部の人間になってもらいたいところですが、毎日のしごとにうんざりしてしまっているあなたに対しての方が私は好感を持てます。
大多数の人たちはあなたと同じようにうんざりしながら毎日を生きています。

もちろん程度の差はあるので一概には言えませんが、朝起きた時や仕事で失敗をした時にはみなさんもう辞めてしまいたいと考えているのではないでしょうか。

あなたがうんざりして辞めてしまいたいと考えるのは良くも悪くも特別なことではありません。ではなぜ、他の人は仕事を続けられるのでしょうか?

それはただ一つ、仕事なんてそんなものだからです。お給料をもらうために働いているのです。嫌な思いをすることも含めてが仕事なのです。自分の理想を追い求めてお給料をもらうというのは現実世界ではそうそう上手くいきません。

逆に言えばあなたがうんざりしていることは所詮、仕事にしか過ぎません。仕事は重要な問題であるとは言え、人生の全てではありません。

仕事は仕事、プライベートとは関係ないと思っていた方がいいと思います。仕事なんてこんなものだろうと考えて期待をし過ぎないで臨んでおいた方が結果的に気が楽になって良い仕事ができます。

私の職場は新卒の離職率が割と高いですが、辞めていった人たちは入社した時から理想に燃えていました。

この業界に入りたくて入ったという人も多くいて会社としては歓迎すべきことでしたが、理想と現実のギャップに悩まされて早々に去って行きました。そのほとんどが別の業種に再就職したようです。

これは本人にとって不幸なことだと思います。期待値が高かっただけにショックが大きくなってしまったのでしょう。

逆に今も残っているのは思っていた仕事と違っても割り切って働けているある意味タフな人たちです。理想と現実の区別も付いている人たちなので仕事ぶりも堅実です。

こういった人材が残ったのは会社としては悪くはないと思っています。あなたにもそういったギャップに負けないタフさを身につけてもらいたいと思います。

仕事と距離を置く

ここまでは何とか会社に残るために働きながら考えてもらう方法を紹介しましたが、苦しくなったら辞める前に一度休みを取ることも考えてもらいたいです。

理想を言えば有給を長めに取らせてもらってしばらく仕事から離れてみることです。

休み期間中は何をしたって構いません。旅行に行けという人もいますが、旅行をしたところで気持ちがスッキリしないタイプであれば何もしないでぼんやりした時間にすればいいと思います。

仕事から一時的に距離を置くことができれば心が落ち着くので少し冷静になれるかもしれません。仕事の毎日にうんざりすることがあっても、時間をおくことでモヤモヤが晴れることもあるでしょう。

まじめなあなたであれば、しばらく働かないことで仕事がしたいなと思うようになるかもしれません。そういう風に考えることが出来るようになればそれが復帰時となります。

長期休暇が難しければ一日だけでも用事はないけど休んでみるという日があればいいでしょう。一日だけでも働きづめの毎日に比べればリフレッシュの効果は大きいと思います。

これはやや反則ですが、有給を取って正式に休めなのであれば仕事の手を抜くことで休みましょう。もちろん良いことではありませんが、真面目に働き過ぎてうんざりしている今を考えれば必要なことです。

多少手を抜いたくらいであれば十分に挽回をするチャンスはあります。

私は営業職で外回りが多いので、仕事が嫌になった時には一日中何もしないということもよくありました。電話対応だけできるようにしておいて図書館にこもってずっと本を読んでいたり、ひたすらどこかを歩き回って頭をすっきりさせてました。

こうすると、数日後にはそろそろ仕事をしようかなという気持ちになれるので割とすぐにその数日分の遅れは取り戻せましたし、集中力も増していたので効率よく仕事ができました。

サボりなので推奨すべきことではありませんが、仕事を辞めてしまうという大きな決断と比べれば多少サボりなど必要なくらいと考えています。

大切なのはあなたがうんざりする毎日から少しでも離れて頭を冷やすことです。そうしてまた仕事に復帰してしっかりと活躍をすれば問題ないことだと私は考えています。

何をしてもダメなら辞めましょう

女(ad)31歳 事務職

仕事を辞めて逃げるのも人生において選択肢のうちのひとつだと思うので、卑怯じゃない。逃げ道があるうちに辞めたほうがいい。

考え方も変えてみて、少し仕事を冷静に見つめ直しても解決しないものは解決しない。そこまできてしまったらもう辞めてしまっていいと思います。

私が今まで紹介したのはあくまで続けられる可能性があるなら早まらないでもらいたいとの思いからのアドバイスでしたので、それでも駄目なのであればそれはあなたに向いていない仕事だったと言っていいと思います。

うんざりするような仕事であればあなたとの相性はあまり良くなかったのでしょう。あくまで相性の問題であって、それがあなたの能力を否定するものではありません。

いくら仕事であってもあなたに合わないことをいつまでも無理に続けていては心身ともに支障をきたしてしまいます。大切なのは仕事を頑張ることではなく、あなた自身の人生を豊かにすることです。

誰にもその権利を侵害することはできません。仕事で人生を棒に振るなんてことは絶対にあってはいけないことです。

むしろあなたはここまでうんざりする仕事によく耐えてきたと思います。

これまでの努力は決して無駄にはなりませんので次に生きていきます。そして周りの人たちもその努力は認めているでしょう。辞めると言っても誰も責めないと思います。

今まで頑張ってきたことと、その忍耐力という実績をもったあなたであれば、次の就職先でも十分に活躍することはできるでしょう。

転職で心機一転することができればきっと理想的な環境で充実した毎日を過ごすことが出来ると思っています。

まとめ

毎日うんざりしながら仕事をするのは本当に辛いことだと思います。

そのうんざりが何かを一度冷静に見つめてみましょう。不満はいくつか見つかると思います。重要なのは貯めこまないで小出しにしていくことです。

不満が見つかったらあとは考え方次第です。それは割り切ることが出来るのか、自分で絶対に譲れないことなのか。割り切れるなら仕事に振り回されずに上手く付き合ってみましょう。

疲れたら少し距離を置いてみればいいのです。そうすることで活力も湧いてくる場合があります。

いろいろ試して駄目ならそれはあなたに向いていない仕事だったというだけです。あなたがいけないのではなく相性が悪かったのです。やりきったのであれば、見切りをつけて次の仕事を探すのは決して悪いことではありません。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)