電話恐怖症、それは電話対応に苦手意識を抱くことを指します。そのような電話恐怖症は、仕事をする上で大きな悩みとなり、仕事が嫌になってしまう理由の一つになっています。

しかしながら、多くの仕事において電話対応というのが求められてしまうものです。相手の顔が見えないからこそ言葉遣いが重要となり、電話ならではのマナーも存在することも、電話恐怖症となる原因と言えるでしょう。

また、携帯電話などでの文字のコミュニケーションが普及したため、結果的に電話をする機会が失われ、苦手意識を持つ人が増えているというのが現状です。しかしそれは、時代の流れとも言え、仕方のないことかもしれません。

そこで、そのような電話恐怖症で仕事を辞めたい時の対処法をご紹介したいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

話すことをメモしておく

まず、電話恐怖症の人の特徴として、緊張しやすい性格や、それによりパニックになってしまうことが挙げられます。結果的に、言葉を噛んでしまったり、言葉に詰まってしまうことになるでしょう。

練習であればスラスラと言えるような内容でも、本番になると緊張から上手にできない、という経験は誰もがあると思われます。そのようにして、緊張から本来の力が出せずに失敗してしまい、より苦手意識が高まっていくとも言えるでしょう。

そこで、電話恐怖症の対処法の一つ目として、あなたが話すことを事前にメモしておくことが大切です。

例えば、「お電話ありがとうございます。○○会社でございます。」や、締めの言葉として「お電話ありがとうございました。○○が対応致しました。」「失礼いたします。」など、必ず発するであろう言葉や頻繁に使う言葉を、メモして見える位置に置いておくのです。

そのような簡単と思える言葉でも、最初の内は何でも積極的に書いておくと良いでしょう。

メモしてあるのと無いのとでは、緊張の度合いがかなり変わり、メモしてある方が遥かに落ち着いて話すことができるものです。

また、あなたが何かの要件を伝えるために電話をする場合でも、事前に話す内容をまとめておき、メモしておきましょう。慣れない内は、最初から最後までの文章を全て考えて台本を書いておくと良いかもしれません。

電話では、その文章を落ち着いて読むことを意識しましょう。さらにパニックにならないように、相手の反応まで予測しておくなどの、思いつく限りの事前の準備をするようにしましょう。

少しずつ慣れてきたら、相手に伝えたい重要な言葉をいくつかメモしておくだけでも良いでしょう。

そのメモを見ながら文章を繋げて話すことができるようになれば、大きな成長と言えます。

また、あなたが電話に出る場合も、メモは重要となります。電話恐怖症の人にとって、相手が誰か分からない、どのような内容の電話か分からない、それが最も恐怖と感じるため、電話に出ることを一番苦手としている人も多いでしょう。

その場合は、相手の話によって臨機応変に対応することが重要となるため、事前に全てをメモして準備をおくというのは、かなり難しいかもしれません。

そこで、まずは電話が掛かってくるであろう内容をおおむね予測し、パターン別に対応方法をメモしておきましょう。

そして、電話の相手がどのような要件かを判断し、メモ通りに話を誘導できるように意識してみましょう。

また、「少々お待ちください」や「担当に変わります」など、自分では対応しきれない場合に備えて、誰かに代わってもらう際の言葉を書き留めておくのも良いでしょう。

他にも、電話対応で使われるクッション言葉、例えば「お手数ですが」「あいにくですが」など、電話対応で必要となる言葉をメモしておき、使っていくことで、そのうち自然に使えるようになっていくはずです。

このようにして、最初は簡単なことでもメモしておくことで、自分自身の緊張をほぐして落ち着く効果が得られます。それに伴い失敗を減らしていくことが、電話恐怖症の克服へと繋がります。

周りにどう思われるかを気にしないこと

次に、電話恐怖症というのは、電話相手やその内容だけでなく、電話しているところを周りに聞かれていることに対する恐怖心も含まれています。

例えば、話し方や対応力を周りからどう思われるかなど、評価されることへの不安を抱いてしまうのです。そして周りの人を意識してしまうことで、電話相手に集中することができずに失敗してしまうことにもなり、電話に対する苦手意識がより強まってしまうと言えるでしょう。

そして、電話恐怖症を改善したいという気持ちから、話し方を改善したり、発声練習をすることもありますが、根本的な解決にはならないことがほとんどです。

というのも、恐怖心というのはメンタル面が大きく影響し、周りの目を気にしてしまう気持ちが一番の原因と言えるためです。その気持ちを克服することが、電話恐怖症の対処法と言えるでしょう。

そのため、周りにどう思われるかなどの、周りの目を気にしないことが一番です。しかしながら、それが一番難しいと言えるかもしれませんので、少しずつ意識を変えていきましょう。

まずは、あなたが思っているほど周りは聞いていない、見ていないと思うようにしましょう。実際に、あなた自身が敏感になっているだけで、周りはそこまで意識していないことのほうが多いですす。

ただ単に、自意識過剰になってしまっていることもあるので気を付けましょう。

また、特に新社会人や新入社員など、経験が少ない人にとっては、電話対応が上手にできないことは当然と言えるでしょう。そのため、できなくて仕方がない、という気持ちを持ち、注意されたとしても、落ち込むことなく、次から頑張ろうと思うようにしましょう。

これから上達していけば良いのです。周りの目や評価を必要以上に気にしない、自意識過剰にならない、周りはそこまで見ていない・聞いていない、このようなことをできるだけ意識しましょう。

それが出来れば、電話に対する不安やストレスから少しずつ解放され、恐怖心や苦手意識を克服できることに繋がるでしょう。

周りの人を上手につかうこと

電話恐怖症の人の多くは真面目であり、自分でどうにかしなくてはいけない、と考えてしまうあまりに、周りに頼ることを苦手としている人がほとんどです。

そのような誰かに聞くことができない人の場合、自分では分からないことを言われるのではという不安を抱き、周りに聞けないまま自己完結して失敗してしまうことが起こることがあります。

結果的に、より電話恐怖症に陥りやすいと言えるでしょう。

そのため、電話恐怖症の対処法として、周りの人を上手につかうことを意識しましょう。例えば、電話対応していて分からないことがあれば、周りに積極的に聞くようにしましょう。

自分では対応できないかもしれない、分からないかもしれない、という思いが苦手意識を増長させてしまうため、分からないことがあっても良いのだ、聞けばいいのだ、どうしても難しければ誰かに電話を代わってもらおう、などということを意識するだけで気持ちが楽になります。

他にも、「電話対応が苦手」ということを、周りに言ってしまうことも時には良いでしょう。そうすることで、周りも助けてくれる機会が増えるはずです。

そのようにして、自分だけで背負わずに、上手に周囲の人に頼ることが大切です。

次に、周りにいる人の電話対応をよく聞くことを意識しましょう。特に、上司や先輩、電話対応が上手と言われている人の話し方を観察することが大切です。そして、聞いて感心するだけでなく、そこから多くの事を発見して、自分自身に吸収することを意識しましょう。

例えば、どのような話し方や言い回しをしているか、言葉のバリエーションや、敬語の使い方など、人によって特徴があるはずです。また、どのような電話の内容なのかを意識し、それに対する具体的な対応例を聞くことも重要でしょう。

周りの人の話を聞くことで、あなたが対応する分以上の経験を得ることにもなるのです。そのようにして、周りから盗める技術は、どんどん積極的に盗んでいきましょう。

このように、周りと上手に付き合うことが、電話に対する苦手意識を克服していくことにも繋がるはずです。

多くの経験を積み、慣れること

電話に対する苦手意識というのは、自分が出来ない事に対するものや、失敗してしまうことに対する恐れと言えるでしょう。

例えば、電話相手から分からないことを言われ対処できなかったり、それを周りに聞かれて何か思われてしまうことに対する不安が原因と思われます。つまり、自分自身に自信が無いことから生まれる苦手意識や恐怖心と言えるでしょう。

そこで、電話恐怖症の対処法として、自分自身に自信を持つことが大切です。では自信を持つためには、どのようにしたら良いのでしょう。

それは、「電話対応が上手にできた」という、成功体験の積み重ねが重要と言えます。そのためには、多くの経験をすること、それにより慣れることが大切です。

そもそも電話の内容というのは、同じような要件も数多くあります。通常であれば、そう毎回レアな対応を求められることは無いでしょう。そして、同じような要件の対応であれば、数をこなしていくことで、必ず上手に対応できるようになるはずです。

多くの電話対応をしていく内に、必ずそれまでの経験が生かされることになるでしょう。それを繰り返していくことで、あなたには知識が増え、対応できることも自ずと増えていくことでしょう。

そのようにして「自分はできるんだ」という自信に繋がれば、恐怖心が自然と失われるキッカケとなるはずです。

しかし、慣れるまでは失敗も多いでしょうから、たくさんの電話に出るという気持ちだけでは、メンタル面にダメージを負い続けてしまうことにもなりかねませんので、気を付けましょう。

その場合は、考え方が大切です。例えば、「たった一つの電話の失敗で人生が終わる訳ではない」そして「少しぐらいの失敗であれば誰も覚えていないことがほとんどだ」と思うようにしましょう。

電話に対して重く考えて構えすぎてしまうことは良くありませんので、自分自身の心を軽くするような心構えで経験を積んでいくことが大切です。

そのようにして、経験を積んでいき慣れていくことで自信に繋げ、電話恐怖症を克服していきましょう。

「転職をしてもいい」という心構えを持つ

どうしても電話に対して苦手意識を持ってしまい、それがストレスとなることもあるでしょう。また、このようなことで仕事を辞めることはできない、そう考えてしまう人も多いと思われます。

しかし、そのような気持ちがよりストレスとなってしまうことで、電話恐怖症を悪化させてしまうかもしれません。

そのため、「転職をして自分自身に合う職場を探してもいいんだ」という気持ちを持つことも大切でしょう。最終的な逃げ場を作るだけでも、実際に転職しなくても気持ちが楽になることもあります。

そして、変に緊張したりストレスを感じる場面を減らすことで、電話に対する苦手意識が減るのです。

また、周りの人の目が気になることが原因での電話恐怖症の場合、職場の人間関係があまり良くなかったり、上手に人付き合いが出来ていないこともあるでしょう。

そのようなことであれば、職場が変わることで周りの人も変わるため、電話に出ることに対してストレスを感じない職場に出会えるかもしれません。

また、電話対応がほとんどない職場もありますし、「必ず電話に出なくてはいけない」というような職場のストレスから解放されれば、多少の電話に対しては、苦手意識を持たずに対応できることもあるでしょう。

このように、仕事内容や環境によって電話恐怖症を克服できるケースもあります。

そのため、「転職をしてもいい」という心構えを持つことで気持ちを楽にして恐怖心を減らすこと、もしそれでも難しければ最終的には転職をすることで、電話恐怖症を克服できる可能性もあるでしょう。

まとめ

電話恐怖症というのは、今の世代の人にとっては仕方のないことかもしれません。しかしながら、仕事において電話対応が求められる場面は数多く存在し、その時代の狭間で悩む人が多いでしょう。

しかし、そもそも人というのは、経験がないことに対しては苦手意識を持つことは当然と言えます。ですので、経験を積むことが成功に繋がり自信へとなるのです。

そうなるまでに辛い時もあるはずですが、必要以上に周りの目を気にせず、失敗したとしても次に活かすことを意識するなど、あまり気負い過ぎないことが重要と言えるでしょう。

電話恐怖症というのは、あくまであなたの気持ちが生み出したものです。それを克服するのも気持ち次第かもしれません。どうしても対処できない時には、転職を考えてみても良いでしょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)