仕事の場面では特に自分に余裕がない時ほど、無茶ぶりをされてしまうことがあります。そのような時は余計にそれが大きな負担になってしまうものです。

同じ状況でも上手く立ち回れる人もいれば、それができない人もいます。それは性格などの個人差もあるかもしれません。

できれば日頃から無茶ぶりをされないような自分になるようにしたいものです。しかし、それが難しい場合も現実には良くあることです。

そのような時、転職を考えてしまうかもしれません。ですが、その前にまずはできることをやってみるのも一つの方法です。そこで、無茶ぶりをされた時の対処法をいくつか挙げてみたいと思います。
 

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

まずは感情的にならずに、冷静に対応することが大事

無茶ぶりの相手は職場の上司の時もありますが、取引先やお客様など外部の人の場合もあります。

無茶ぶりはそもそも自分が実現するのがかなり難しいことを、相手が容赦なくぶつけてくることがほとんどです。

この時に、相手の言い方や無茶ぶりされた内容に感情的になってしまうことはできるだけ避けるようにしたいものです。あくまでもビジネスの場ですので、スマートな大人の対応が必要です。

もし、自分が相手の言葉にカッとなってしまうような場合は、そこで深呼吸など一呼吸置くようにしましょう。

同じ怒りの感情でも少し時間を置くことを意識するだけで、突発的な感情にならずに済みます。

できるだけ自分が冷静な状態を作ることが肝心です。感情的になってしまうと相手の思う通りになってしまい、さらに立場が悪くなってしまいます。

そうならないためにもまずは一呼吸置いて、感情を抑え、冷静に物事を判断するようにしたいものです。

もし、それでも感情が抑えられないようであれば、席を外し、他の場所で自分が落ち着くまで、セルフマインドコントロールをするようにしましょう。

自分が冷静になることで、無駄な争いを防ぐこともできますし、問題をさらに悪化させることもなくなります。自分が感情的になるということは、相手と同じ土俵に上ってしまうことにもなります。

出来る人ほど、自分で自分の感情を上手くコントロールすることができます。もし、今はそれが難しくても訓練することで、次第にできるようになっていきます。

ビジネスの世界だけではなく、全ての場合において、自分の感情を上手くコントロールできる人こそが人生の勝者になり、成功して、より良い人生を歩んでいきやすくなるでしょう。

職場の上司の中には多くの人の尊敬されている人もいます。そのような人の良いところを見習ったり、可能であれば自分の悩みを相談することで、さらに問題を解決しやすくなります。

いざという時に感情的にならないためにも、日頃から呼吸法やマインドフルネス、または瞑想などを取り入れて行うのも良い方法です。

具体的な解決案を提示してみる

ビジネスの場合、それぞれの人がすでに自分が抱えている仕事があり、期限を守ってそれをこなしていかなくてはなりません。

その為、突然、急を要する無茶ぶりをされても、その通りに動けない場合もあります。そもそも相手が無茶ぶりをしてくる目的にもよりますが、信頼のおける相手とならば、何とか頑張ってやってみようと思えるはずです。

しかし、明らかに相手を困らせる為にやっているような場合には、それに素直に従う必要もありません。とは言え、すぐに「できません」と言うことができない場合も多いものです。

そのような場合は逆に、こちらの提案を相手に投げかけてみると良いでしょう。

内容が具体的であればあるほど、無茶ぶりの問題解決の糸口が見えやすくなります。また、相手を納得させられるような返しを伝えることも有効です。

相手が本当に困っていて自分にお願いしてきている時も、具体的な提示をすることで、先の見通しが見えやすくなってきます。相手の言い方によっては丸投げに聞こえてしまうかもしれません。

しかし、そのような場合は無茶ぶりを言ってきた相手の中でも、問題を上手くまとめられないでいることもあります。一人よりも二人で問題解決を探っていったほうが、解決の近道になりやすいものです。

単に相手を困らせるようなやり方はそれ自体が問題です。相手が上司であれば、その上司の上司に相談すると良いでしょう。

この時に自分だけが我慢すれば良いという自己犠牲の気持ちで対応しないようにしたいものです。最近では学校でのいじめが問題になっていますが、これは職場やビジネスの世界でも同じことが言えます。

無茶ぶりを言われた側の対応によっても、状況は大きく違ってきます。一人で全てを抱え込まないようにすることが何よりも大切です。

ビジネスの場面では立場がそれぞれあるので、それを考えてしまうと身動きが取れなくなってしまうこともあります。しかし、お互いが必要としている関係であれば、ウィンウィンの状態に持っていくのがベストです。

相手のことを蹴落とそうとしている場合はそれ自体に問題がありますし、そのような不自然な関係は今後も上手くいかないでしょう。目先の利益だけに捉われることなく、もっと広い視点で物事を考えるようにしたいものです。

そうすることで独りよがりな判断を避け、メリットの多い解決方法を見つけやすくなります。

全て相手の言う通りに従わないようにする

相手から無茶ぶりするようなことを自分一人だけに押し付けてきたとしても、全て相手の言う通りに従う必要はありません。どのような人間関係でも対等に話し合うのが基本です。

全て相手の言いなりになってしまうと、相手はさらに調子に乗って、どんどん無茶なことを言ってきます。

そうならないためにも、自分ができるところはやってあげても、できないことまで無理にやる必要はありません。

もし、仮に安易に全てを引き受けてしまって、どれかができないようであれば、さらに相手はそこをダメ出ししてきます。

無茶ぶりは意識してやっている人もいれば、無意識でやってしまっている人もいます。場合によっては、無茶ぶりを言っても何でもできる人だと思われている可能性もあります。

それは優秀な人だと見込まれて言われている場合もあります。しかし中には単なる嫌がらせで相手は反論できない気弱な人だという、見下した様や感じで言ってくる場合もあります。

自分の思ったことをきちんと相手に伝える勇気も時には必要です。お互いが自分の意見をきちんと言い合い、その中で譲歩できるところはしていくようにすることで、より良い人間関係を築いていくことができます。

相手に無茶ぶりをさせないようにしていくのも一つの方法です。無茶ぶりを言いやすい相手だと思われないようにしたいものです。

そのためにもどう考えても理不尽な要求をされても、無理に受けないようにすることが必要です。自分の周りの人で上手く対応している人がいれば、それを見習うのも良い方法です。

もし、そのような人がいない場合は専門の相談できる人に相談し、解決策を探るのも一つの方法です。特にブラック企業などの場合は、会社自体が歪んでしまっている場合もあります。

そのため、外部の人に相談してみることで、的確な問題可決やアドバイスを受けられやすくなります。

自分だけではどうにもならない時は他の解決方法を提案してみる

どんな相手でも無茶ぶりをされた時、場合によっては自分ではどうしてもそれができないこともあります。そのような場合は無茶ぶりを言ってきた相手に、他の解決方法を提案してみるようにしましょう。

無茶ぶりを言ってくる相手も、その問題が解決すれば良いわけですから、こちらが良い提案をしてあげることはメリットにもなります。

逆に他の人に手伝ってもらうことを拒否されたら、それはそれで問題発言です。

世の中には常識では理解できないような発言をしてくる人も中には存在します。そのような場合はしかるべき人に相談し、早めに対処するようにしたいものです。

無茶ぶりを言われた時、自分以外の人でもそれができる内容であれば、他の人にも協力してもらうと良いでしょう。無茶ぶりはもともと自分だけでは実現不可能なことも多いものです。

しかし、数人でその問題に当たることで、一人あたりの負担を減らすことができます。また、自分だけでは思考も限界がありますが、他の人の知恵を借りることで、問題解決をしやすくなります。

無茶ぶりをしてきた人にも他の解決方法を伝えることで、相手にとってもプラスになるかもしれません。問題の解決方法はいろいろな人の意見があったほうが、解決の近道を探りやすくなります。

また、一人で全て行うよりも、時間や労力の無駄も省くことができます。それぞれ自分の仕事ややるべきことを抱えているものです。

その為、できるだけ一人の負担を減らしていく方法を見つけていきたいものです。この時にある人は楽をして、逆にある人ばかりが負担が多くなってしまうようなことは避けたいものです。

無茶ぶりをしてきた人が全て丸投げで、何もしないようであればそれは問題のある行為です。時には相手の良くない態度に、きちんとやるべきマナーや行いを言えるような人でありたいものです。

この時、言い方一つで相手との関係が気まずくなってしまう可能性もあります。

自分だけで解決が難しい場合は、上司や他の人に相談して、言うべきことを伝えるようにすることで、波風を立てずに物事が上手くいきやすくなります。

問題解決が難しい場合は転職を考えてみるのも一つ

 

社内の人や取引先の人、またはお客様など、ビジネス上で無茶を言ってくる人はだいたい決まっているものです。

できればなるべく関わりたくないものですが、仕事上の付き合いでは場合によってはそういうわけにもいかないことがあります。

そのような場合に対処していくためにも、あらかじめ自分のスケジュールに空きを作っておくというのも一つの方法です。

キチキチに詰め込んだスケジュールの中にさらに無茶ぶりの要求が入ってくると、それだけでパニック状態になり、大きなストレスになってしまいます。

ムダなストレスを溜め、精神的に追い込まれないためにも、日頃のスケジュール管理は重要です。

無茶ぶりの要求に対応するだけではなく、場合によっては予想外の対応に追われてしまうこともあります。

どのような場合にもできるだけ速やかに対処できるように、日頃からリスクを想定してスケジュール管理を行うようにしたいものです。

今まで5つの解決案を挙げてきましたが、これ以外にも対処できる方法があるかもしれません。しかし、いろいろな対策をやってみても、時には上手くいかないこともあります。

自分の限界を超えてしまった時、それ以上は無理をしないことが大切です。

これ以上、問題解決が難しい場合は転職を考えてみるのも一つの方法です。転職を考えるきっかけは人それぞれです。

今の仕事が何をやっても上手く回らないようになった時、転職をする時期が来ているのかもしれません。仕事もずっと同じ状態が続くわけではなく、自分や周りの状況は常に変わっていきます。

そのため、今までのように行ってもう上手くいかなくなってくることがあっても、それは消して不思議なことではありません。

問題が起こり、そのつど解決できていたとしても、それもずっとそれができるとは限りません。

転職を決断することは難しいことですし、勇気がいります。しかし、最終的には自分で最終決断をしていかなければなりません。

転職をしようかどうか迷っているうちは、モヤモヤとした気持ちが続いてしまうかもしれません。しかし、それをあいまいにせずに、納得のいくまで考え抜くことで、後悔のない決断をすることができます。

仕事も人生と同じように、自分の思うようにいかないことも多いものです。

しかし、転職は職業人生の転機ですし、ピンチだと思うことがチャンスに変えることもできるのです。

まとめ

誰かからの無茶ぶりに上手く対応していくためには、自分だけでは解決できないこともあります。

そのような場合は他の人に相談したり、何らかの方法で適切な解決方法を探ることで、徐々に上手く交わせるようになります。世の中にはいろいろな人がいます。そのため、以前やった方法が今後も通用するとは限りません。

ですが、ある程度の対策法を知っていることで、何も知らないよりも上手くいく可能性は高くなります。

しかし、場合によっては何をやっても上手くいかないこともあり、自分のできる範囲を超えてしまうこともあります。

そのような場合は転職など、場所や人を変える方法を選ぶことも時には必要です。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)