この会社で仕事を始めた理由はまず中途採用を今までほとんどしてきておらず募集していたこと自体が珍しかったからです。あとはIT業界ということもあり皆さんが知っている通り今ではなんでもIT社会ですよね。

働き方改革の流れもあり、お勧めできる製品は他社製品を含めて数多くあり他社と協力をし合い売り込みをすることも可能だったことから、自分自身でも顧客に対して何か役立つことができるのではないかと思い入社いたしました。

その中でも今の会社を選んだ理由はネームバリュー、働く環境、給与、どのように貢献できるかなど総合的に考えて他社からの内定もありましたが今の会社に営業としてお世話になっています。

この記事ではそのような会社に入ったが転職を考えた理由やおすすめの転職先の執筆をしましたのであなたにご覧いただけたらと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

富士ゼロックスの営業職を辞めたくなった理由

他社との競合は仕方ないが値引き率が他社より劣る

どの業界も当たり前のことですが基本的には競合は避けられません。基本的に大塚商会やキャノン、リコーが競合相手になりますが他社に比べると値引きはそこまでできません。理由としては、複合機の部品等はすべて国産を使用しておりコストもかかっています。

他社の製品はコストはなるべく下げて安く提供することが可能です。会社としては付加価値をつけて顧客に拡販を行っていますがまず第一に目がいくのは値段、ランニングコストです。

そこを突かれてしまうとなかなか首を縦に振ってくれません。中には複合機のメーカーが変わり使い勝手が変わってしまうのはめんどくさいと言われ、少々高くても採用いただける顧客もいますが、そのような顧客はほとんどいません。

第一はお金の部分です。皆さんも何か購入するときはもちろん値段も安いほうがいいですよね?

なので毎月の目標値は一人一人に設定されますが、それを達成するのには厳しい状況で年々目標値が上がってきているということもあります。

絶対的な武器がない

絶対的な武器がないのは前述の記載通りではっきり言ってないです。売れる商品は同業他社とほとんど変わりません。値段がどこよりも安くなるとか他との違った新しい提案ができるというのは特にないです。

これといった武器がないのが辛いところです。営業の人柄や仕事の迅速さなどでも当たり前ですが他社を上回らなければなりません。

他社にないサービスがあるなど武器があればいいのですが会社としても色々考えているようですが、飽和状態ということもありなかなか打開できていないというのが現状です。

身もブランド力や保守サービス、付加価値を訴えて顧客に売り込みをしていますが、なかなか販売まで至らずに四苦八苦することが多いため、目標値まで至らないことが多いです。

担当企業、エリア、部署によって営業のしやすさが変わる

私が担当している部署はほとんどが支社の顧客が多いです。新規営業ではなく既存顧客担当ではありますが支社がほとんど担当ということもあり現地では決裁が取れず本社担当の営業にお願いすることしかできません。

決裁権のある企業も担当していますが、規模が小さい会社が多く販売にこぎつけるまでのスピード感がありません。侍業の顧客も数多く持っていますが、基本的に人数が少ない個人事務所が多いためなかなか進みません。

エリアによっても売れやすいエリア売れにくいエリア等があり、オフィスの多いエリアを担当すると可能性も大きく広がりますが、少ないエリアになってしまうと厳しく、基本的に年齢や役職が同じであれば、目標値も変わりません。

なかなか売れないためモチベーションの維持も難しくなっているのもあります。

どんだけ売り上げても給料はほとんど上がらない

目標値を達成し月々の給料が上がるというわけではありません。歩合制ではないためそのような評価はボーナスで反映されます。自身目標値を毎月達成した期間と目標値の70パーセントしか達成できなかった事がありますが、ボーナスの値段は10万円ほどの差しかありませんでした。

さらに成績優秀な方のボーナスの金額も聞かせてもらった話でもそれほど多くは変わらないということでした。

現金で支給すると税金がかかってしまうということもあり、食事会や旅行などで成績優秀者は参加できますが中途で入った身としては現金で支給してほしいなと思っています。

これは人それぞれの思いもあると思いますが私と同じ考えで会社の人とあまり勤務外で関わりたくない人は多いはずなのではないでしょうか?あと管理職になると残業が手当だけになってしまうので、私の上司だった方々は月の残業時間はかなりしていたようです。

土日もしばしばパソコンを開き部下のために仕事をしているところを確認しています。

上司のあたり外れの差が激しい

私の上司だった方は部下のためを思ってやってくださったばかりではありましたが、それでも能力の差はかなり出ていたように思います。

優秀な方は本当に優秀です。的確なアドバイスをくれ部下のためにヒントや成功するように色々と手間をかけて行動してくれる方も本当にいます。部下のために頭を下げてくれる方もいます。

しかし、その逆も少なからずいます。課長クラスになると社内テストに受からないとなれないのですが、今と基準が大きく違っており一昔前から課長クラスになっている方の能力は低い方が多いです。

ITに関する知識も部下より劣っている方もいます。今の私の上司がそうです。今辞めたいと思っている皆さんも上司と合わないなどの人間関係の理由を抱えていらっしゃるかもしれませんね。私もその一人です。

辞めたくなった理由を書きましたがいかがですか?あなたも共通した部分はあったのではないですか?長く勤めるにはやっぱりモチベーションも大事ですよね?人間関係も大事ですよね?

富士ゼロックスを辞めずに踏みとどまっている理由

  • 大手企業、ネームバリューは最高
  • 人間関係は良好
  • 働く環境は抜群

ここでは前述の辞めたくなった理由も書きましたが、それでもなぜ辞めていないで踏みとどまっているか理由を書きます。

3つの上記の理由がそうです。やはり大手企業ということもありネームバリューは抜群です。友達や家族に有名企業に勤めていればいい顔もできますよね。自慢するまではいきませんが会社のことは話したくない・・・みたいなことには絶対なりませんもんね。

人間関係も良好で先輩社員や同僚、上司みんなで職場の環境を良くして楽しく働けるように努力しています。そのような仲間がいると嫌なことがあっても、相談には乗ってくれますしまた仲間と共にがんばろう!という気持ちも芽生えますよね。

働く環境はばっちりです。フレックス制なので今月残業が多いなと思ったら、定時前に退勤することも可能ですし、有給も消化できますし土日祝日は確実に休めます。

今まで休日出勤はしていません。やはり長く働くためには環境も大事です!

富士ゼロックスを辞めるべき人・辞めないほうがいい人

辞める前に考えてほしいことは複合機の製造、販売会社ですがIT企業でもあります。今後の事も考えるとまだまだ伸びしろは多くさらなる飛躍を遂げる可能性は大いにある企業だと思います。

辞めるべきではない人

  • まだ20代の人
  • 辞める理由がない人
  • IT企業で生きていきたい人
  • ブランド力がない製品を売る自信がない人

上記の理由があれば辞めてしまうというのはまだ先にしたほうがいいかもしれません。20代の人であればまだ出世の道もまだまだありますし、何せ30代の方の人数が20代の人数よりも少なくなっているのでそこのポジションを狙っていくことも可能ではないでしょうか。

出世できれば給料も上がります。管理職になるのは大体40代からですのでお金の部分を考えたら辞めるメリットというのはないのではないでしょうか。

あとこのような良い職場環境ですので辞める理由がないのであればお勧めしません。転職の際に辞めた理由というのは必ず聞かれますので、その時になって回答に困ると思いませんか?

特に明確な理由もないのに辞めてしまうのはリスクが伴います。転職した際に環境が悪くなる可能性も十分にあり得ますよね。

IT企業で生きていきたい人、ITが好きだという方も辞めるべきではないと思います。扱える製品がすごく多く把握しきれないくらいあります。そして次から次に新製品が出てきます。好きな方からしたらこの上ない環境ですよね。

好きなのに辞めるというのは例えばアスリートでケガを理由にやむなく・・・といったことならば問題ありませんが、好きだけど辞めるというのはやめておいたほうがいいと思います。

ブランド力がないものを売る自信がない方もお勧めできません。名前だけで売れてしまうことも正直あります。他社で扱える商品も有名なものも多くあります。

あなたが何か購入する際に比較して値段が同じ場合あと何で決めるかというのはブランド力ですよね。

それだけ信用もあります。簡単に売れちゃったラッキー!というのもあるので、すごくいい製品だけどブランド力がないものを顧客にそれでも売る自信があるという方以外は辞めるのは控えたほうがいいのではないでしょうか。

辞めてもいい人

  • 独立を考えている人
  • 前向きな早期退職を考えている人ト
  • 楽しくないと感じている人

独立を考えている方はノウハウもあるし、人脈もあると思います。実際私も独立を理由に退職された方を何人か見ていますし、そのあと成功していると話もよく聞きます。

色々な方々と接する機会がとても多いので引き出しのたくさん持って次の道に進むことができるのでそのような状況であれば良いのでしょうか?。

前向きな早期退職を考えている方も良いのではないでしょうか。どうしても早期退職と聞くと後ろ向きな感じがしますが・・・私の会社はそうではありません。何年かに1回早期退職を募る事があり退職金も当たり前ですが多くもらえます。

その金額も相当だということは聞きました。早期退職を考えている方はタイミングさえ合えば検討してみてもいいのではないかと思います。もちろん早期退職には資格がありますので若い方は早期退職は出来ません。

あとは仕事を楽しく感じていない方は辞めたほうがいいかもしれません。やはり楽しくないとやりがいも感じませんよね。長続きもしませんよね。働くからには楽しく働けたほうがモチベーションも高く、パフォーマンスも上がってきますよね。

楽しくないと感じているのであるのならば思い切って辞めてしまうというのもアリではないでしょうか?

3つ理由を上げましたが、あなたはいかがでしょうか?今働いている会社でもそのような理由で特に楽しく働けていないというあなた!一度検討してみたらいかがでしょうか?

富士ゼロックスの営業職からのおすすめ転職先

まずおすすめ、又は定番の転職先ですが、同業他社(ex 大塚商会など)には一定期間就職できない契約がありますのでご了承ください。

IT企業。特にソフトを開発し販売している会社(営業)

大きな括りとしては同業になりますがメインで販売しているものではないため書かせていただきました。ソフトを販売している会社は明確な武器もあります。

しかも扱ったことのある製品も多くあるため転職した際にも専門的な知識はないにしても取っ掛かりとすれば、特に何もわからず未経験ということにはならないと思いますので良いのではないでしょうか?

同じIT企業に転職される方も多いです。まだまだ伸びしろもあります。私の会社とは違い絶対的な武器もあります。

医療業界(営業)

医療系の営業もおすすめできます。少子高齢化の流れもありIT業界と並んで伸びていく業界です。給料も良いです。しかも医療現場でもITの導入は着々と進んでいます。

今の会社で病院の担当を持っている方だったらチャンスではないでしょうか。遡求ポイントもしっかりつかめていると思いますしおすすめしやすい製品もあるのではないですか?

顧客との関係も作り直すことも必要なくなるのでおすすめできます。

ITエンジニア、プログラマー

営業からエンジニアやプログラマーに転職した方もいます。こちらも今求人も数多くありニーズが高まっている職業です。将来的にフリーでやられる方は給料は今より何倍にもなると思います。

たくさん知識を生かして稼ぎたいと思っているあなたには選択肢の一つとして、視野に入れるのもアリです。営業でもコマンドなど使用する場面が多くあるので生かすことのできる知識は多くあります。

富士ゼロックスの退職を検討しているあなたに最後に伝えたいこと

あなたの事を一番に考えてほしい

すべて道を決めるのはあなたです。会社としては手放したくない人材でもあなたが決めた道を邪魔することはできませんよね。しかし決断する時期は見計らったほうがいいです。

時期を間違えないようにすればより良い会社が見つかるかもしれません。

後悔をしないでほしい

あなたに後悔だけはしてほしくありません。退職をして失敗したなとは思ってほしくないのです。退職を検討している方は社内にも社外にも友人にもいます。

後悔しないためにも同じ考えを持っている方に一言相談してみてはどうでしょうか。あなたにとってさらに良い道が開けてくるでしょう。

今の会社が100点ではないということ

今の会社より良い会社はたくさんあると思います。顧客先にここの会社良い会社だなと思うこともあると思います。私は仲の良い顧客先ではそのような話もしたことがあります。

あなただけではなく他の方も同じような悩みを持っています。それは実際に聞いてみて思いました。どこの会社も欠点はあります。しかしあなたが良いと思った会社はそれは良い会社だということです。

まとめ

一番伝えたかったことは大手の企業に勤めている私でさえあなたが思っているような悩みを抱えて仕事をしているということです。そこであなたにしてほしいことはやはり自分のことは一番に考えなくてはいけないということです。

周りにとやかく言われることもありますよね。しかし最終的にはあなたが行動するのです。私も色々考えていることや退職を考えたこともありますが自分を一番に考えて、行動しているので今の会社にお世話になっています。

転職することは何も悪いことではありません。むしろチャンスだと思います。私もそう思って今の会社に入社し働いています。より良い会社があるのであるならばそちらに行くのは当たり前のことなのです。

前向きに働くことが出来ていますが、もし前向きに働けていないあなたがいるのであれば私は転職をおすすめします。

まずは、今の仕事の適性を調べてみませんか?

仕事を辞めたいなら、現状から把握してみましょう。今の仕事は合っているのか、どういう仕事が自分に合っているかを知ることで、辞めるべきかを判断する手助けになると思います。

ミイダスを使えば上記4つが分かるテストを受けることができ、下記のような質問に回答後、詳しい解説付きで今の仕事の相性を把握できます。

今の辛い状況を改善できるヒントが必ず見つかるはずですよ。

(ミイダスに無料登録後、診断可)