「仕事を辞めたい。」仕事を続けていると、このように感じてしまうことはありますよね?ただただ簡単な気持ちで辞めたいと思う時もあれば、本気で今の仕事を辞めたいと思う時があるのは別におかしくありません。

そしてその結果、本当に仕事を辞めてしまうなんてこともおかしなことではありません。

しかし闇雲に辞めてしまうのは絶対に危険。仕事にはきちんと辞めどきがあり、適切なタイミングで辞めなければ後々後悔、失敗する結果となってしまうのです。

そこで今回は、仕事の辞めどきが分からないと悩んでいるので女性必見。仕事の適切な辞めどきについてお話します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)

こんなケースは辞めてはいけない

冒頭、仕事を辞めるのはおかしなことではないということをお話ししましたが、それはあくまでケースバイケースです。要は、辞めてはいけない局面というのが存在します。ではどのケースがそれにあたるのか、先ずは理解を深めていきましょう。

新卒で入社して3年以内

世間一般的な日本人の考えとして、「一つの仕事を最低3年は続けるべし」というものがあります。多くの企業や大人は、最低3年は同じ職場で働き続けるのが普通と考えているのです。要は、持続性、忍耐力という意味で、この考え方が昔から根強く存在しているのです。

なので、新卒入社して3年以内に仕事を辞めるという行為は、世間の一般常識から逸脱するものとなるため、非常にネガティブな印象を与えかねないのです。「この人は持続性がない、忍耐力がない」というレッテルを大きく貼られてしまうので、退職先でも次の就職先でも悪印象を与えてしまうのです。

特に、新卒入社の場合、ついこの前まで学生であった人という事実も重なります。そのため、「そんな未熟者に社会や会社の何がわかるのか」等と更に悪印象を与えてしまいます。

新卒入社して3年以内の辞職は自分の評価を大きく下げてしまうもの。絶対にこのタイミングでは辞めてはいけないのです。

結婚前、直後

女性にとって、結婚というのは人生にとって非常に大きなイベント。特に働いている女性にとっては、ライフワークバランスを考える上でもかなり節目となるものです。

しかしながら、結婚を一つの節目と考えてそのタイミングで仕事を辞めるのは賢い選択ではありません。と言いますのも、夫の転勤やその後の妊娠・出産により働き方を変えたいという希望を通しやすいのは新しい会社ではなく、今働いている会社だからです。

なぜだか分かりますよね?今働いている会社であれば、周囲への信頼もありますので、結婚や出産・育児による働きかたの変化に対しては理解を得やすい状況だからです。

しかし新しい会社であれば、信頼関係もそこそこ、きちんと周囲から理解を得られるかは怪しいところ。寧ろ、「転職してきてもう出産に伴う休暇取得かよ」とネガティブな印象を受けられる可能性の方が高く、後々仕事復帰した際にやり辛い状況になりかねません。

結婚前、直後というのは今後の続くライフイベントがまだまだ分からない状態。なので、今後発生するであろう様々な希望を通しやすくするためにも、このタイミングでは辞めてはいけないのです。

異動直後

女性総合職だけでなく、一般職であっても部署異動というものはつきもの。今まで働いていた部署から新しい部署に異動するということは、時に不安やストレスを伴うものです。

そのため、異動直後というのは精神的にもナイーブになりがちですので、仕事を辞めたいなんて思う気持ちが特に強まることでしょう。

しかし異動直後に辞めるというのも、辞めどきとしては適切ではありません。辞めグセがついてしまって、次の転職先でも同じようなことを繰り返す可能性が高いからです。

異動直後は何かと精神的にも不安定ではありますが、その不安定な状態で今の仕事を続けるか辞めるかを判断するのは危険です。仕事を辞めるか否かの判断は、正常の状態で行わなければ正しい判断ができません。

感情やその時の気分に任せて判断するとなると、後々後悔する可能性があります。

異動直後は仕事にも不慣れですし、なかなかすぐにその異動先で楽しみを見つけられないでしょうが、ここはぐっと我慢。異動直後に辞めるのはやめましょう。

病気・怪我

人間、生きていれば思わぬところで病気や怪我に遭うことが多々あります。

軽い怪我や病気であれば、数日休めば即復帰ですから仕事にも支障は出ないでしょうが、大きなものであれば別ですよね?特に手術や通院を伴うものともなれば、仕事への大きな影響は避けられません。

そのような時、真面目な方であれば特に、職場への迷惑等々を考えて仕事を辞めようと考える人がいるかもしれませんが、それはやめましょう。先ほど挙げた結婚前、直後のケース同様、新たな職場で希望を通すよりも現職場で行った方がスムーズだからです。

実際、私の友人は数ヶ月前にある病気が発覚し、数ヶ月前以上に渡る通院・手術を余儀なくされましたが、現職場で働きながら闘病生活を続けています。

彼女の場合、手術以外は1ヶ月に数回の定期検査を受けるのみでOKでしたので、上司に相談の上、仕事を続けながら闘病することにしました。

薬の副作用等で時に通勤できない日もありますが、それでも日頃の彼女の働きぶりや姿勢が評価されているため、職場の人からはきちんと理解を得ています。なので病気を理由に彼女が職場で働きづらくなったり虐げられたりされるようなことは起きていません。

結婚同様、ライフワークバランスに対する希望は日の浅い新しい職場よりも、現職場で通す方が簡単。病気や怪我を機に辞めるのは正しい選択ではないのです。

介護等の家庭の事情

先ほどより挙げている、結婚や病気・怪我同様、自身の希望を通すうえでは、そのタイミングで辞めることは賢い選択ではありません。

特に介護や家族の問題の場合、結婚や怪我・病気以上に周囲への理解を得るのは難しくなっています。結婚や怪我や・病気に関しては、働いている自身の問題ですので、職場の人間にも目に見える形となっていますが、介護や家族の問題であれば違いますよね?

介護や家族の問題は、周囲には見えない部分で発生するものですので、問題の深刻さや状況の確認がどうしても第三者には難しくなってしまいます。そのため、まだまだ信頼関係の薄い新しい会社では、なかなか理解を得ることはできないでしょう。

就職活動中であれば、介護や家庭の問題を理由に挙げることで、採用を見送られる可能性だってあります。なかなか理解の難しい問題であるからこそ、既に信頼関係のある現職場で仕事を続けるのが一番。辞めどきではないのです。

仕事を辞めるべきタイミング

これまで辞めるべきではないタイミングを挙げてきましたが、ここからはいよいよ辞めるべきタイミングについてお話しします。これらのタイミングで辞めれば、前職に変なシコリを残したり、後悔したりすることなく働くことができます。

入社4年以上経過

先ほど、新卒入社して3年以内はNGというお話をしました。「3年も同じ職場で働くことができないのか」と悪いレッテルを貼られてしまうから避けるべしという内容でしたね?

とは言いつつも、不満があるのにずっと同じ職場で働き続けるのは嫌だと思う人はいるでしょう。その場合は、3年をクリアすればOK。入社4年以上経過したタイミングというのは辞めどきという意味では最適なのです。

例えば新卒採用で入社し、入社5年目を迎えるタイミングでの転職の場合。恐らく年齢で言えば26歳~28歳くらいでしょう。まだまだ若手であるというブランド力があります。

またそれでいて、前職で4年経験済みという社会人経験や業界における知識もあります。会社にとっては、フレッシュさもありつつ経験や知識のある人材として非常に魅力的に映るのです。

「なぜこのタイミングで転職するのか」、「次の職場で自身の経験をどのように活かすのか」を明確にすれば転職もうまくいきやすいです。そのため入社4年以上経過しての退職は、辞めるタイミングとしては最適なタイミングなのです。

ライフイベントが落ち着いた頃

結婚・出産・育児等々、予測不能なライフイベントが終わり、自身のライフプランが明確になってきた頃は辞めどきとして最適なのです。

それは新しい職場も安心して雇い続けることができるため、転職活動がスムーズにいくからです。

採用担当者の立場に立って考えてみましょう。あなたはある会社の採用担当者です。そこにAさん、Bさん二人の女性が採用面接にやってきました。Aさんは現在2歳の子供を育児中、Bさんは中学生の子供を育児中だったとします。

どちらか一方しか採用できない場合、あなたはどちらを採用したいでしょうか?恐らくBさんを採用したいのではないでしょうか?

子育てをする女性に対する差別だと思うかもしれませんが、これが現実です。託児所完備の会社であればまだしも、そうでない会社であれば、Bさんの方が会社にとっては雇いやすい存在であるのは確かです。

あくまで会社は働いてもらうために採用活動をしています。ボランティアでやっているわけではありません。

女性の場合は特に、ライフイベントによって仕事が左右されるため、ライフイベントが一通り落ち着いた女性というのは会社にとっても非常に安心できる存在なのです。辞めどきとしては最適なのです。

自身のやりたいことが明確になり、また十分な経験が備わった時

先ほど、異動直後等の精神的にも不安定なタイミングでは辞めるのは適切ではないとお話しました。その場限りの感情や思いに任せて、正常な判断ができにくくなっている可能性があるからというのが理由でしたね?

しかし、「自身のやりたいことが明確になり、また十分な経験が備わった時」というのは、それの全く逆。客観的に自分を考察できているタイミングですし、新たな世界で挑戦するにはベストなタイミングなのです。

  • これまで働いてきて何が不満だったのか?
  • 何を行いたいのか?
  • 自分の経験や長所を活かせる仕事は何なのか?

そのようなことが明確になっているのであれば、転職活動は非常にスムーズに進むでしょう。

会社にとっても、経験豊富で目標がしっかりしている人というのは戦力として非常に重宝します。まさに喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

そのため、今自身がこのようなタイミングにいるのであれば、ベストな辞めどきにいるわけですので、自信を持って次に出発してOKなのです。

ブラック企業で働いていると悟った時

周囲と比べて明らかに労働環境が悪いと感じた場合は、辞めどきと判断してOKです。

例えば、私の友人の場合。入社前に聞いていた条件とは明らかに違う条件で働かされ、給与も期日通りに振り込まれないなんてことが度々続いていました。それだけでなく、会社には支払い遅延を訴えてくる顧客が押しかけることもあり、その会社の存続や将来性にも不安が募るようになってきたのです。

彼女は自身の給与や待遇年での不満だけでなく、会社としての体質への不安を理由に仕事を辞めましたが、彼女自身に何か問題があったわけではないので、すぐに次の仕事を見つけることができました。

結果、今では人並みの給与や待遇を貰える会社で働き続けています。

昨今では、労働条件や環境に対しては国が厳しい目を向けていますし、制度も変わってきています。しかしそれでも未だに悪条件で雇い続ける会社は存在しますし、いつ巻き込まれるかはわかりません。

ブラック企業は社員一人ひとりのことなどを考えてくれません。給与や待遇に関して一切の無視なわけですから、当然社員一人ひとりの健康状態に関しても関心はありません。

会社だけのために働くのではなく、あくまで自身の生活のために働くわけですので、ブラック企業であると判明したら辞めて次へ進みましょう。

職場の人間関係が何をやっても改善しない時

働くうえで、職場の人間関係は非常に重要なもの。自身が困った時には助けて貰えるような環境でないと、女性の場合は特にワークライフバランスを整えることができません。仕事環境が悪ければ、思うように仕事を進めていくこともできません。

また先ほども挙げたように、自身のライフイベントだけでなく、介護等の家族の問題によって自身の働き方に影響が出ても、助けても貰えません。信頼関係を築くことはそう簡単なことではありませんが、色々やっても自分には合わないと感じた場合は辞めどきと判断しましょう。

勿論、先ずは信頼関係構築に精を出してくださいね。すぐに「だめだ!」と投げ出してしまっては、次の職場でも同じようなことを繰り返す可能性があります。

  • 相手の立場に立って考える
  • 仕事や何かお願いをする際には、相手の負担が最小限になるように心掛ける
  • 何かして貰ったら感謝の気持ちを忘れない

これらを先ずは徹底して信頼関係を築くよう努めてください。これらをやってもやっぱりダメとなれば、自身のワークライフバランスを整えていくためにも辞めどきと判断してその職場を去りましょう。

まとめ

働いていると、今やっている仕事や職場環境に不満を感じ、「仕事を辞めたい」と思うことは多々あります。私自身もそのように感じたことは多々ありました。

不満やストレスをずっと抱えたまま仕事をし続けることは、決して良いことではありません。なので、今の仕事を辞めて他の仕事を始めるという選択肢は間違いではないのです。

しかし辞めるタイミングは重要です。ベストなタイミングで辞めることができれば、新しいスタートを気持ちよく切れますし、失敗や後悔することもありません。

今の仕事に対して辞めたいと思ってはいるものの辞めどきがわからないなんて人は是非、今回挙げたポイントを参考に行動してみてくださいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)