仕事の責任が重たいので辞めたいと思うことは誰にでもありますし、日々プレッシャーを受けながら仕事をしている人も多いです。

あなたも責任の重い仕事を任されていることによって、仕事を辞めたいと思うほど悩んでいるのであれば、あなたの気持ちもよくわかります。

仕事をしていれば誰でも責任ある仕事をすることもありますが、できれば回避したいものですよね。責任が重いほどストレスも多くなるので、仕事をすること自体が嫌になってしまいます。

そこで仕事の責任が重くて辞めたいと思っている時の対処法について紹介したいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

54%の人が責任が重くて仕事を辞めたいと悩んだ経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、半分以上の方が仕事の責任の重さに悩んだ経験があると回答しています。今この瞬間も、2人に1人はあなたと同じように悩んでいるということですね。

  • リーダー職のポジションを任されている
  • 売上のプレッシャー
  • 一人で多くの業務を任されている

特に、上記の状況の方が悩んでいる傾向にあるようです。

男26歳 オーディオ設計・開発

会社での役職が下であったにも関わらず、プロダクトリーダーという製品を開発するところから生産まで全ての仕事を行わないといけなくなりました。

女36歳 飲食業マネジメント

一番悩むことは、売上が上がらないこととスタッフが定着しなかったことです。立場が上になってくるほど相談相手が少なく、ため込んでしまい胃を痛めました。

男30歳 銀行営業職

自分のノルマだけが私のノルマではなく、支店全体のノルマが私のノルマとなったことです。中堅社員ともなれば、全体の数字を把握する必要があるからです。

女27歳 事務職

部署の人数が少なく、一人一人に任せられる仕事量が多い上に責任も大きく、私の判断で選択して発売する事に常にプレッシャーを感じていました。

23%の人が責任が重くて実際に仕事を辞めている

100%責任の重さが原因というわけではありませんが、仕事の責任の重さに悩んだことがあると回答された方の中で、実際に23%の人が辞めたと回答しています。辞めた方に共通しているのは以下の3つです。

  • 割に合わない
  • 体調を崩した
  • 続けても明るい未来が見えない

もし、あなたも上記のような状況で続けても改善できる見込みがなければ、辞める決断をするのがベストなのかもしれません。

女33歳 事務職

責任を背負って悩みながら仕事をするより、本当に自分が楽しくて仕事や生活をしていく事の方が大事だと思ったからです。

女27歳 介護職

給与に対して、責任や拘束時間がとても割に合わないと思いましたし。心が常に重く少し福祉業界からも離れたいという願望も芽生えたためです。

男25歳 工場勤務

責任が重い。かつ、あまりにも激務過ぎて、夜も眠れなくなり、食欲もなくり体力および精神的に病んでしまいました。残業代もつかないのでやめました。

女27歳 金融機関営業職

先輩や上司もみなそれぞれ重すぎる責任に悩み、身体や精神を病んでいる人も多かったので、仕事を変えるのが得策だと思った。

ですが、仕事を辞めていない方が多いのも事実なので、安易に辞めることのはおすすめしません。

女(ad)26歳 建設業経理事務

辞めたい辞めたいと何度も考えましたが、これを乗りきれば一回り成長できると自分自身に言って聞かせたこと。また他に転職しても同じようなことが必ずあるから辛抱しようと気持ちを切り替えました。

責任の種類にもよりますが、辞めて転職しても同様の状況になる可能性がゼロではありませんからね。ですから、辞める辞めないはこれからお伝えする内容を参考にして、決断してください。

責任が重くて辞めたいときの対処法5つ

女(ad)28歳 金融事務

辞めるのはいつでもできるので、辞めないでもがき苦しんでやれる事は全部やってみることです。それでもダメならやれるだけのことはやったという後悔もないでしょうし、辞めてもいいと思います。

仕事と責任の重さについて考えてみる

仕事の責任が重いと感じた時は、まずはあなたの仕事について考えてみましょう。どんな仕事があなたにとってプレッシャーを与えているのかを考えることは大切なことです。

仕事の責任を考える時には、あなたのポジションと仕事の責任が関係していることが多いですよね。あなたの仕事でのポジションが責任ある立場であったり、数人の部下を束ねるリーダーであれば、責任が重いのは当然です。

会社は縦社会となっているので、ポジションが上がればそれだけ責任も重くなっていく仕組みになっていますよね。あなたが会社で働くのであれば、このシステムは絶対です。

しかし誰もが責任あるポジションに就きたいと思っている訳ではないですし、望まないのにポジションが上がってしまうこともあるでしょう。長く働き続けるほどポジションが上がりやすいのは当然のことです。

あなたのポジションと仕事の責任の重さについてしっかりと考えてみることで、会社の中での自分の役割を再認識することができます。あなたが会社にとって重要なポジションにいるのであれば、責任ある仕事をするのは当然ですよね。

責任ある仕事をするのは自分が望まなくてもするものです。

あなたが望まなくても会社で働いている以上は、与えられたポジションで責任ある仕事を任されて仕事をするのは仕方ないと割り切りましょう。

仕事に対してモチベーションが高くない人にとって、そこそこの仕事をして収入を得たいと思っている人もいます。もしかしたがあなたも仕事に対してそこまでモチベーションが高くないのかもしれませんね。

あなたが会社に努めて働いている以上は仕事を拒否することはできないので、とにかく目の前の仕事をしなければなりません。だからこそ自分の仕事についてしっかりと把握しておくことが大切なのです。

誰でも責任の重い仕事をしたくないと思っていても、それが仕事だからプレッシャーとストレスを受けながらも頑張って仕事をしています。あなたの仕事へのモチベーションに対して、仕事の責任の重さが大きすぎることが悩みなのかもしれませんね。

しかし誰でも仕事をしていれば責任ある仕事を任されることもありますし、やり抜くことで自分のスキルアップにもなります。仕事の責任の重さを考えるよりも、与えられた仕事をやり抜くことだけを考えてみるといいかもしれませんね。

どの仕事も責任は重いと認識して取り組む

会社で仕事をしていれば、いろいろな仕事や作業がありますよね。あなたの仕事もその中のひとつですが、誰かが必ずやらなければいけないことです。

責任の重い仕事というのは、失敗すると会社に大きな損失を与えてしまう仕事のことでしょう。社運を賭けたプロジェクトでは、失敗すれば会社に大きな損失を与えるので、自分だけでなく周りの社員にも迷惑を賭けてしまいます。

ですが、責任の重い仕事をするのはその会社で信頼できる社員だからこそ任されるので、あなたが会社にとって信頼に足る社員だということですよね。これはあなたが望まなくても、周りの社員からは期待されて当然のことです。

あなたの普段の仕事ぶりが評価をされているということなので、あなたも自信を持って仕事をするべきです。あなたは自分でそれほど凄くないと謙遜するかもしれませんが、評価は自分ではなく周りがするものです。

男(ad)26歳 オーディオ設計・開発

会社での役職を上げると言われ、上司から期待されていることを言われ、やる気へと変わりました。上司に認めてもらえたという満足感もありました。

会社で評価をされたからこそ責任ある仕事を任されることになりますし、成功させてくれるという期待ができるからこそ託しているのです。そのためあなたの責任も重くプレッシャーも大きくなりますが、あなたがいつも通りに仕事をすれば必ずやり抜くことができるはずです。

責任ある仕事をする時にプレッシャーを受けてしまう理由として、失敗した時のことを考えてしまうからでしょう。もしも失敗したら会社に大ダメージを与えてしまう責任を負うのが嫌だから、責任ある仕事をしたくないと思っているはずです。

もちろん仕事ではプレッシャーを受けることはたくさんありますが、どんな仕事でも誰かが責任を持ってやらなければいけない仕事ばかりですよ。社運を賭けた一大プロジェクトでも、コピーをしたりトイレ掃除をする仕事も、必ず誰かがやらなければいけない仕事です。

失敗した時のリスクが高いとプレッシャーも受けやすいですが、初めから失敗した時のことを考えて仕事をすれば、上手くいくはずはないですよね。

どんなに大変な仕事でも、絶対に成功させてやるという気持ちを持って臨むことが、仕事を成功に導くモチベーションに繋がります。

あなたが仕事の責任が重くて辞めたいと思っているのは、失敗した時のことを考えてばかりいるのかもしれません。誰でもミスや失敗をすることもありますが、自分ができることを精一杯頑張れば自ずと結果は後からついてくるはずです。

どんな仕事も誰かがやらなければいけない仕事ですし、責任を持ってやり抜かなければいけないと思っていれば、どんな仕事でもしっかり向き合ってやり抜くことができるはずです。

仕事の効率化を図る

仕事を効率化して、重要なことをしっかりとやると意識することも大切です。仕事の効率化はどんな仕事でも必要なことですし、効率化することで大切なことが見えてくるはずです。

あなたが責任ある仕事のプレッシャーを受ける理由のひとつに、結果を出さなければいけないという使命があるからだと思います。結果が出なければどんなにプロセスが良くても、意味がありませんからね。

仕事で結果を求められることは往々にしてあることですし、そのため誰もがプレッシャーとストレスを抱えながら仕事に取り組んでいるといっても過言ではありません。

結果を出すためにはその仕事の重要なポイントをいかに把握するかが大切になります。

仕事で結果を求められるほど責任ある仕事はありませんが、どうすれば結果が出るかを徹底的に分析することが大切です。またその分析をするにはどうすればいいのか、仕事の効率化を図ることが重要になってくるのです。

あなたの仕事が責任が重くて辞めたいと思うのは、自分で上手く仕事を効率化できないことによって、上手く仕事が進められないというプレッシャーもあるのかもしれませんね。

ですが、仕事がスムーズに進めばプレッシャーを楽しむこともできるはずです。

男(ad)34歳 ITコンサルタント

仕事を辞めずにできることはやろうと思い、まずは自身の業務から改善を行いました。「部下とのコミュニケーション」、「クライアント先との改善していく方向性とそれに伴う工数や、人的コストの見直し」を徹底的に行い、次第にうまく回り出してきたことが実感できて、それがやりがいとなって仕事が楽しくなったからです。

会社では自分が思っているように仕事を進められないことは多いのに、責任だけは背負わされてしまうことはよくあります。失敗すれば誰かが責任を負わなければいけないので、会社の体制に従うしかないからです。

仕事を効率化することができれば、重要なポイントだけはしっかりと重視して作業ができるようになります。重要なポイントさえしっかりやっていれば、後は仕事のクオリティを上げるだけになりますよね。

どんな仕事でも誰かがやらなければいけないですし、責任を持ってやり抜くことが大切です。あなたが責任ある仕事をするのであれば、自分がやり切ったと思えるくらい、集中して仕事をやってみましょう。

辞めたいと思いながら仕事を続けていれば、いずれは失敗して責任を負わされてしまうだけです。

自分の仕事は責任を持ってやり抜くのはどんな仕事でも同じなので、仕事を効率化して仕事に取り組むモチベーションを維持しましょう。

上司に相談と改善を求める

上司に相談と改善は一度求めてみましたか?上司に相談をすることによって、自分では解決できない問題についても切り込むことができるはずです。

会社のポジションによっては責任ある仕事をやらなければいけませんが、あなたが望んでいる仕事とは違うはずです。

自分が苦手な仕事であったり、望むような結果を出す自信がないのにやらされているからこそ、大きなプレッシャーを感じているのでしょう。

あなたも自分なりに責任の重い仕事をどうすればやり抜くか感がえて実行したはずですが、それでも上手くいかないことは多いですよね。会社の中では自分が変えたいと思っても、一人ではどうすることもできないことはたくさんあります。

そのひとつに責任重大な仕事を任されることもありますが、自分には責任が重すぎる仕事だと感じてた時は、まずは上司に相談をしましょう。

上司があなたに仕事を与えたので、じっくりと話し合ってみることも大切だからです。

女(ad)34歳 旅行代理店

とにかく上司に相談する事だと思います、自分の責任が重くて悩んでいるなら自分以外の人にも負担を背負ってもらって一人の負担が軽くなるようにするのが良いと思います。それが出来ない会社は自分を追い込むだけなので辞めた方が良いと思います。

上司とすればあなたができると思って仕事を与えたはずです。あなたがそれだけのスキルや経験があるからこそ、責任の重い仕事をやらせても大丈夫だと思ったのでしょう。

あなたは上司からの仕事に対して、まだスキルやメンタル不足を理由に回避したいと考えているかもしれません。自分にはまだ早いと思ったり、無理な仕事だと思っているからです。

確かに仕事をする時には力量不足でも仕事を与えられることも多いですが、やり抜くことができれば大きなスキルアップに繋がります。あなたにとって責任の重い仕事をやり抜くことができれば、自信とスキルの両方を手に入れることができるでしょう。

上司もそのことを期待してあなたに仕事を与えたのかもしれませんが、本人がやる気にならなければどうすることもできませんよね。

あなたがどうしても仕事に対してモチベーションが上がらず、できないというのであれば、上司に相談と改善を求めるしかありません。

男(ad)29歳 メーカー設計

上司に相談して、あまりにも理不尽な扱いをされるなら、辞めた方がいいと思います。しかし、信頼されているからこそ責任の重い仕事を任されることもあるので、そのあたりは会社の意向をよく考えた上で、決断すべきです。

何をやっても改善できないなら転職を考えてもいい

仕事の責任の重さに耐えかねて鬱になってしまうこともありますが、仕事のストレスで病気になるくらいなら早く辞めた方がいい場合もあります。鬱になるほど自分のプレッシャーをかけてまで仕事をする意味はないので、自分に合った仕事をするべきです。

女(ad)40歳 看護師長

精神的なり身体症状が出たら辞めるべきだと思います。私はストレスから顔面麻痺になって辞めましたので、そこまで頑張ってやる必要はないと思います。

仕事は誰もがプレッシャーを受けながらも、必死でやり抜くことで給料を貰っています。自分の生活のために仕事をしているのであって、病気になるまで頑張り続けることはありません。

もしもあなたがやれるだけのことはやって、それでも耐えられないと思ったら、すぐにでも転職を考えることをおすすめします。転職すれば給料が下がったりするリスクもありますが、今の仕事からのプレッシャーからは解放されます。

もちろん次の仕事でも仕事ではプレッシャーを受けることもありますが、上手くストレスを解消しながら仕事を続ける方法をゼロから見つけ出すこともできます。

今のまま悩み続けて仕事をしていても、あなたにプラスになることは少ないといえます。

どうせ仕事をするなら楽しくやりがいを持って仕事をしたいですよね。あなたが今の仕事でやりがいや楽しさを感じているのか、自問自答してみましょう。

長年働き続けていれば給料も上がっているはずなので、いい生活ができているのかもしれません。しかし仕事でストレスを受け続けて辞めたいと思っているのであれば、転職して新たな職場で仕事をする方がいい場合もあります。

一度責任の重い仕事をした経験を活かして、次の職場では上手く対処できるようにスキルアップしたり、仕事のやり方を考えることで対処することができるはずです。転職することは今の職場から逃げることではなく、前向きに自分の人生を充実させつことに繋がると考えましょう。

そうすればあなたの人生も明るく、仕事にも前向きに続けることができるようになるはずです。

まとめ

仕事を続けているとどうしても責任の重い仕事を任されることもありますが、自分にとってかなりのストレスとなってしまうこともあります。

誰もが責任ある仕事をしているといっても、人によって仕事のモチベーションや考え方が違うので、プレッシャーの受け方も変わります。

仕事の責任が重いほどやり抜いた時にはあなたのスキルアップになりますが、プレッシャーに押しつぶされてしまっては意味がありません。自分の心と仕事へのモチベーションのバランスをわかっているのはあなた自身しかいないからです。

どうしても責任が重い仕事ができないのであれば、仕事を辞めることもひとつの方法です。転職することも視野に入れておけば、ストレスで押しつぶされることもなくなるので、常に最後の手段として転職も頭に入れおきましょう。

もっとも、年齢的に次がないという人もいるでしょうから、その場合は話の分かる上司が他の部署にでもいるのなら頼んで異動させてもらうか、給料が落ちるのを覚悟で降格させてもらい責任から逃れるかのどちらかを選ぶべきです。

どちらも勇気のいる選択ですが、身体を壊してしまったら意味がありません。決断時を間違えないようにしてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

おすすめ診断テストをチェック!
問:あなたが解決したいお悩みは?
上記選択での該当件数:

この記事の監修者

株式会社eia 大嶋

 

この記事の企画・監修者は株式会社eiaの大嶋です。クラウドソーシングサービスより実際の体験談の執筆依頼・インタビュー調査した内容をまとめた記事になります。

>>運営者情報について