毎日、夜遅くまで仕事をしなければならないとなかなか大変ですよね。体調が良くない、家族との時間が取れない、などという理由で仕事を辞めたいと思っている人もいるかもしれません。

しかし、自分の生活を見直すことでたとえ毎日夜遅くまで仕事をしなければいけないとしても多少なりとも生活を改善することができるかもしれません。そして、いっそ転職することによって問題解決が図れる場合もあるかもしれません。

ここでは毎日遅くまで働かなければならず、仕事を辞めたいと思っている人に向けてアドバイスを紹介します。このような悩みを持っている人がいたら参考にしてもらえればと思います

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

自分の仕事内容を見直してみる

毎日夜遅くまで仕事をしなければいけない場合、一体何の仕事をしなければいけないのか、一体なぜ夜遅くまで仕事をしなければいけない状態になっているのか、考えてみましょう。

ただ単に仕事量が多すぎて終わらないのか、自分の効率が悪くて終わらないのか、それともシフトなどで夜間の仕事なのか、などということによっても解決策が違ってきます。

そもそも仕事量が多すぎて自分では終わらせられないようならば、誰かの助けを借りる必要があります。誰もが多くの仕事を抱えていて、社員全員で終電まで頑張らなければいけないような会社であれば、それは仕事の内容に問題があります。

もしも自分ばかりが仕事を押し付けられているならば、誰かの力を借りなければいけません。もしも効率が悪くて仕事を終わらせることができないのであれば、自分の仕事の仕方を考える必要があります。

優先順をつけたり、少しばかり早めに会社に行ってみたりして、効率よく仕事を終わらせることを考えましょう。

出来る限りのことをしているけれどどうしても仕事が終わらないというのであれば、効率よく仕事ができている人の話を聞いてみても良いかもしれません。

また、どうしても他の人から仕事を頼まれてしまうと「今は無理です」と言えない人もいますよね。どうしても周りから頼りにされてしまい、断れないこともあるかもしれません。

しかし、自分の仕事量をしっかりと把握した上で量が多すぎるという場合は断る勇気も大切です。同時に、他の人にお願いするということも大切なのです。特に責任感が強い人は注意が必要です。

夜間勤務で毎日家に帰る時間が遅くなってしまうのであれば、シフトの時間を変えるなど、勤務時間を変えるということも重要です。そもそも夜の仕事は疲れますよね。だから夜勤等はお給料が良い、ということが起こるのです。

ですが、やはり夜間勤務は体の負担になりますから、もしも夜間勤務ばかりが続いているのであれば、勤務時間の変更を考えてみても良いかもしれません。

自分の食生活を考える

毎日夜遅くまで仕事をしなければいけないという事は体はだいぶ疲れているかもしれません。そんな時、健康でいるということがとても大切です。

つまり体が健康でなければ必要以上に疲れてしまいますし、そもそも疲れが取れない状態になってしまっているかもしれません。健康な体を手に入れることで、少しばかり無理をしてもしっかりと眠ることができ、朝には疲れが取れている、ということがあります。

健康な体を維持するためには食生活が大切です。

例えば夜遅くまで仕事をしなければいけない時、昼食をとってから後は何も口にせず、夜家に帰ってから遅い時間に夜食を取る、などということをしていたらやはり健康的とは言えません。

しかも、もしその夜食に油っぽいものが含まれていたり、お酒を飲んだりしているのであれば、それは寝ている間に消化しきることができません。

つまり、寝ている間も胃が動いているということになりますから、疲れが取れないのです。

それならば、例えば会社にいる間におにぎりなど簡単なものを口にしておき、家に帰ってからスープなど体に良いものを食べる、とするだけでも体に対する負担が変わります。

消化の良いもの、カロリーの低いもの、温かいものは胃腸にも優しいですから、多少夜おそくに食べたとしても負担がかからなくなるのです。

それによって夜もしっかり眠ることができ、食べたものもしっかりと消化することができ、朝には気持ちよく目覚めることができる、ということもあります。

夜遅くまでの仕事をしていて体がつらいというのであれば、自分の食生活を見直してみましょう。また、食生活以外にもタバコを吸っていたり、お酒を飲んだりしている場合、その量を見直すことも重要です。

いきなり禁煙や禁酒を目指すとそれがストレスになってしまうということも考えられますので、もしも量が多すぎるという場合は少しずつ減らしていくという努力も大切です。

軽視しがちですが、やる気を維持するためには健康維持が不可欠なのです。

さらに、健康的な食生活をするという事はしっかりと栄養を摂取するということになります。自分の食事内容を見直し、何か足りないものがあればサプリなどで補ってみても良いかもしれません。

また、例えばしじみなど疲れをとってくれる食材を積極的に取り込むことも重要です。

また、夕食だけではなく昼食や朝食も大切です。昼食は同僚と外に出て油っぽい定食を食べる、などという人は特に健康的な食事を意識しましょう。

必要に応じて奥さんなどに相談し、手作りのお弁当を持参するということも必要です。

上司に相談する

どうしても仕事が減らない、どれだけ工夫をしても仕事を終わらせることができない、毎日夜遅くまで仕事をせねばならず、もう辞めたいと思うまでに追い込まれている、ということであれば上司に相談するということも大切です。

健康が蝕まれていて病院に行かなければならない、などという状態になっているのであれば、自分の体のために、そして家族のために状況を改善する必要があるからです。

上司としても、部下がどのように仕事をしているのか把握することが大切です。もしも自分の直属の上司が、あなたが毎日終電近くまで働いているということを知らないのであれば、ぜひ相談してみましょう。

ただ単に夜遅くまで仕事をしなければいけなくて辛い、ということではなく、どうやったら早く仕事終わらせることができるのか、などと相談する形で切り出してみると良いかもしれません。

単に仕事が終わらない、毎日夜遅くまで働かなければいけない、という相談の仕方をしてしまうと「効率が悪いだけなのではないか」「そもそも仕事ができないのではないか」などと不快な想像をされてしまうこともあります。

ですから「自分には何か改善できることがあるのかどうか」と相談する形で切り出してみるとより良いアドバイスをもらえるかもしれません。

もしも上司には相談しにくい、仕事ができない奴みたいに思われたくない、などと思うのであれば、ぜひ同僚に相談してみましょう。

もしも効率よく仕事をする人がいたら、その人に相談をしてみることで仕事を早く終わらせる方法を教えてもらえるかもしれません。また、要領よく仕事をするコツを教えてくれるかもしれません。

あるいは仕事を手伝ってくれるかもしれませんし、その同僚自身が手伝わないまでも手伝ってくれそうな人を見つけてくれるかもしれません。

孤軍奮闘で毎日夜遅くまで仕事をしなければいけないという状態を誰かがわかってくれることで、気持ちが楽になるということもあるかもしれません。

あるいは、もしも上司と近しい関係を築いている同僚がいるならばその同僚に相談することで、その同僚自身が上司に話を聞いてみてくれるかもしれません。

確かに本来ならば自分で上司にするのが1番ですが、「それができれば毎日夜遅くまで仕事をしたりはしない」と思う人もいるかもしれませんね。

自分で相談することができない、相談しにくい、などと思うのであれば、同僚の力を借りて背中を押してもらうということも重要なのです。

休憩時間の使い方を見直す

夜遅くまで仕事をしなければいけない時、もちろん仕事の仕方自体を改善させる必要もあるかもしれませんが、休憩時間の使い方を見直すことも大切です。

例えば、夜遅くまで仕事をしなければいけないけれど朝はギリギリで職場に行っている、休憩時間も「仕事が終わらないから」などということでダラダラと仕事をしている、などという事ではむしろ効率が悪くなってしまうのも無理はありません。

休憩時間というのは非常に重要であり、頭をリフレッシュさせて「また頑張ろう」と思うためにも必要なものなのです。

つまり、休憩時間をしっかりとつけ、オンオフを分けることによってむしろ効率的な仕事ができることもあります。

適度な休憩時間は仕事には重要ですから、もしも「休みも惜しんで仕事をしている状態である」ということであれば、ぜひ休みを惜しまないで仕事をしてみましょう。

タバコ吸うというのは健康的ではありませんが、例えば外の空気を吸ってみたり、コーヒーを飲んでみたり、チョコレートなど甘いものを食べてみても良いかもしれません。特にオフィスワークであればチョコレートやガムなどは不可欠ですよね。

体に糖分を取り込むことによって頭の回転が速くなります。ですからもしもそのようなものを一切控えているのであれば、多少は自分に甘くなっても良いかもしれません。

もちろん、だからといって休み時間をギリギリまで「仕事しないで済む時間」とする必要はありません。

休み時間はしっかりと休み、休み時間の5分だけでも仕事を進めることによって仕事を早く終わらせることができるのかもしれません。

例えば昼食の時間等は早めに昼食をとり、リフレッシュして職場に戻り、仕事を始める、というスタイルでも良いかもしれませんね。とにかくリフレッシュをすることによって頭の疲れをとり、頑張ろうと思える状態にすることができます。

もしもオンとオフを分けていない、そもそも休みを惜しんで仕事をしている、などという場合はその状態を変えてみましょう。

仕事がなかなか終わらないのに休憩時間の仕事を辞めたらますます仕事が終わらないのではないか、と不安に思う人もいるかもしれません。しかし休む時間をしっかりと設け、頭を休めることによってより効率的な仕事が可能になるのです。

無理して一切休憩しないで仕事をするということではなく、きちんと休憩を取ることによって仕事を早く終わらせることが可能になるかもしれません。

限界なら転職を考える

どうしても今の仕事で仕事量を変えることができない、これ以上効率よく仕事をすることができない、これ以上毎日遅くまで仕事をするのは無理、ということであれば、いっそ転職をするということも選択肢の1つです。

そもそも今の仕事をしていて毎晩遅くなってしまい、家族と一緒に時間を過ごすことができない、健康にも問題がある、などということであれば転職することによって問題解決するということが可能になるのです。

確かに家族であっても全然一緒に時間を過ごすことができなければすれ違いが起こってしまい、夫婦関係や親子関係に影響が出てもおかしくは無いですよね。

だからこそ、そのような場合は転職ということも視野に入れてみましょう。

転職をする場合は、先に仕事を辞めてから仕事を探すのではなく、今の仕事をキープした状態で転職先を見つけるということが重要です。

確かに今の仕事が嫌になってしまうと、早く辞めたいと思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、今の時代は仕事を辞めてもすぐに新しい仕事が見つかるとは限りませんよね。

ですから転職をするのであれば、今の仕事をしている状態で新しい転職先を探してみましょう。

新しく仕事を探すにしても、今と同じように残業ばかりが続いてしまうような仕事では意味がありません。

どのように仕事をすることができるか、そして自分の生活にはどのような影響があるか、などということをしっかりと見極めた上で新しい仕事を探しましょう

まとめ

毎日夜遅くまで仕事をしなければいけないと、心身ともに疲れてしまいますよね。それだけでも仕事を辞めたい、今の仕事を続けるのは嫌だ、などと弱気になってしまうこともあるかもしれません。

しかし、体が辛い時や気持ちが弱っているときは重要な決断をしてはいけません。もし今の状態で辛いと思うのであれば、まず健康的な体を手に入れられるように食生活や生活習慣に気を配ってみましょう。

そして健康だと思える時に仕事を続けるかどうか、いっそ新たな仕事を探してみるかどうかなどということを考えてみても良いかもしれません。

とにかく、孤軍奮闘するのではなく、誰かと話をしてみることが重要になります。自分1人で努力しすぎるのではなく人の助けを借りるということを意識しましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)