仕事をしていると、会社からのプレッシャーがきついと感じることもありますよね。上司や先輩の言うことが厳しいこともあったり、ノルマがあったり仕事量が多かったり、いろんなプレッシャーがあるものです。

そんなプレッシャーの中にいると、だんだんとそれが辛くなって辞めたいと感じることもありますよね。

しかしまだそれは思いとどまってほしいのです。辞める前に考えてほしいことがあります。まずはやるだけのことをやってから辞めるかどうかを決めましょう。簡単に仕事を辞めるべきではありません。

では、仕事のプレッシャーがきつくて辞めたいと思っている方にお伝えしたいことを述べます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

67%の人が仕事のプレッシャーがきつくて悩んだ経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、67%の方が仕事のプレッシャーがきつくて辞めたいと悩んだ経験があると回答しています。内容としては、「営業ノルマ」「部下の管理」「クレーム対応」など様々でした。

男44歳 生命保険会社の営業所長

部下30数名の営業所に栄転して、初めての大募集月に営業実績が伸びずに管内10営業所中最下位になりそうで精神的にきつかった。

女24歳 銀行営業

当時入社3年目で2,000万円の融資案件を任されました。未熟な上に金額も大きくかなりのプレッシャーでした。

男36歳 SE

お客様からのスケジュール厳守や品質が要求が厳しく勤務時間が長く体調管理が難しかった。また、会社のサポートもあまりなく、とにかくきつかった。

女25歳 宝飾品販売職

売上目標という名のノルマが毎日店舗と個人それぞれにあり、高額商品ゆえ売れなければ本当に売上0円の日も出てくるので、毎日憂鬱でした。

26%の人がプレッシャーが理由で実際に仕事を辞めている

仕事のプレッシャーがきつくて辞めたいと悩んだ経験があると回答された方の中で、実際に26%の人が辞めたと回答しています。

辞めたと回答した人の声

女25歳 会計事務所

強いプレッシャーからか、頭痛持ちではない私が神経痛頭痛と過呼吸を発症するようになり仕事を続けていくのは困難になったため。

男31歳 不動産営業

昇進しても数字はずっとついてくる仕事なので、10年後も同じ仕事をしていたいか?できるか?と考えた時に無理だと思ったので辞めました。

女22歳 営業事務

神経をすり減らす毎日でストレスから体にも支障が出ていた。このまま続けていくとうつ病になりかねない状況だったため辞めました。

男30歳 SE

お客様は社内でも一番の売上比率であり、要求は飲まざる得ない。会社のサポート体制も今後も改善されないと思い辞めました。

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)28歳 営業事務

その上司のせいでやめて自分の経歴に傷をつけたくなかったのと、ここで辞めたら上司に負けた気がするのが嫌でした。さらに上の上司に相談して、注意してもらいました。

男(ad)28歳 製造業ライン作業

転職支援会社に登録しましたが、希望の国内優良会社に転職できずに、諦めました。外資系には採用内諾は得ましたが、不安があり断りました。職場の先輩にプライベートでも相談にのって貰い、ひたすら時間が解決するまで我慢しました。

女(ad)26歳 商社営業

現場が変わればその人と仕事もなくなるので、終わりが見えていたため、我慢ができた。負けたくないという気持ちもあって辞めなかった。

男(ad)27歳 土木技術職

定期的な人事異動がある企業なので、あと数か月我慢すれば、その上司は学歴的には高レベルな社員だったので転勤してしまう見込みがあった

仕事で心が折れて辞めたいときの対処法

男(ad)30歳 商社営業

お金を稼ぐ上で我慢することも必要だし、あまり思い悩まず右から左へ受け流すことも必要だと思い、気に止めないようにと自分に言い聞かせみてはいかがでしょうか。

辞めるということは逃げることである

女(ad)25歳 教育サービス業

それでも難関テストにパスし、得た仕事だったため辞めることは考えられなかった。適度なプレッシャーは人を高めてもくれる。

仕事のプレッシャーがきついと感じて辞めたいと思うことは珍しい話ではありません。というのも、仕事にはプレッシャーは付きものなのです。逆に言えばプレッシャーの無い仕事なんてものは無いと言っても良いでしょう。

どの会社に行ってもプレッシャーはあります。ですので今が辛いから会社を辞めてしまって新しい会社に入ろうと考えていても、次の会社でもまたプレッシャーを感じることになります。

つまり会社のプレッシャーがきつくて辞めるということは、社会人の世界から逃げているというようなものです。

どこに行ってもプレッシャーがあるのですから、それが社会人に課せられた一つの課題であり、それを超えることができなければ社会では生きられないということなのです。すぐに逃げる負け犬です。

そんな風に周りから思われても良いですか?良くないですよね。

今のあなたは「何でこんな会社に入ってしまったのだろう」「就職先を間違えてしまった」「自分は運が悪いんだ」と自己嫌悪に陥ってると思います。マイナスのことばかりが頭の中を回って、何もプラスのことが考えられない状態ですよね。

しかしそれは自分が勝手に思っていることであり、誰かがあなただけを狙っていじめているわけではありません。自分だけが辛い思いをしているということは思いすごしなのです。それを理解しなければなりません。

今がとても辛い気持ちは分かります。もう辞めたいとしか思えないでしょう。しかしそこから逃げる前にもっとできることがあるはずです。

逃げるということは次の会社でもまた逃げる結果になります。ここで踏ん張らなければいけないのです。ですので、少しでも今の気持ちが変わるように、これから考えてほしいこと、実感してもらいたいことをもっとあげていきます。

先輩たちは乗り超えてきた

女(ad)26歳 生保営業

半年ほど辛い思いをして頑張りました。それは順番なので私の順番が終われば次は後輩になるので終わりが見えていて辞めていないです。

そして次に伝えたいことは、辛い思いをしているのはあなただけではないということです。あなたの周りにいる先輩や上司も同じように辛い思いをしてきました。今のあなたからはそのように見えないかもしれません。

平然と仕事をしているし、そんなにプレッシャーを感じていないのではないかとも思ってしまうかもしれません。辛い仕事は皆部下に任せて、自分たちは楽なことをしているのだろうとも感じてしまうのではないでしょうか。

しかしそんなことがあるはずがありません。部下がプレッシャーを受けているのであれば、上司や先輩はそれ以上のプレッシャーを受けているのです。楽な仕事をしているわけではありません。

先輩たちがそのように仕事を平然とこなしているのは、プレッシャーを乗り超えてきたからです。あなたと同じように若いころから強いプレッシャーを受けてきたことでしょう。悩んだり苦しんだり、そしてこれもまたあなたと同じで辞めたいと思った方もいたかもしれません。

しかし今いる先輩や上司はそれを何とかして乗り超えて、そして社会人として人として成長していったのです。苦しいことから逃げずにいた結果が今の先輩たちと言えるでしょう。

乗り超えたからこそ人の上に立って仕事をしているのです。少なくとも、今のあなた以上の努力はしてきたでしょう。ということは、先輩や上司はあなたの気持ちが解るはずです。おそらく「今はあいつは辛いだろうな」と感じていることでしょう。

それが理解できれば今の辛い気持ちを少しでも和らげる方法が見つかりますよね。そうです、先輩たちに相談すればよいのです。あなたと同じ道を歩んできたわけですから、色々な話が聞けるかもしれません。

「俺もつらかったぞ」と同情してくれる人もいれば、「もっとこうしてみたらどうだ?」「この部分を重点的に考えてみれば良い」など、アドバイスをしてくれる人もいるでしょう。時には「お前のここが弱いところだな」と厳しい言葉をかけてくる人もいます。

こうして先輩たちに話をしていくと沢山の話が聞けて、これから自分がどうしていけば良いかヒントがもらえるのではないでしょうか。皆が自分なりの持論を持っていますので、それを自分にも当てはめてみれば闇の中に光が差し込んでくるでしょう。

自分一人で考えていても解決しません。せっかく身近に頼れる先輩がいるのですから、こんな時こそ助けを求めましょう。それが後に自分の力になるのですから。

組織というものは、皆が同じ方向を見て協力し合うグループのことなのです。

社会での成長がなければ人間の成長も無い

男(ad)29歳 メーカー設計

時間ばかりが過ぎているのではなく、少なからず、日々前進していると思うように意識を持って行った事。逃げてばかりでは人間としても成長できないので頑張った。

最初に仕事が辛くてやめることは逃げることだと言いましたが、そこで逃げてばかりいる人は、結果的に仕事だけでなく人としても成長していかないということになります。

人間の成長は仕事が大きく関わってきます。最初は下っ端で先輩たちがいなければ何もできなかった時から少しずつ仕事を覚えて、だんだんと責任感も出てくるようになり、後輩ができて次は仕事を教える立場になります。

後輩や部下が仕事ができなければ、それは上司に責任があり、上司もさらに上の上司から注意されるのです。そうならないように、人の上に立つ者は部下たちがどうすれば成長できるのかを考えるようになるでしょう。

このように一つ一つのことをクリアすることにより仕事の意識が芽生えてきて、精神的にも鍛えられてきます。それが給料のアップにもつながりますし、人間としての器も大きくなるのです。

仕事で鍛えられた人間は、仕事以外のところでもそのステータスの大きさから周りから尊敬される人となります。頼れる存在と言えるでしょう。

しかし仕事が辛くて辞めてしまったら、その後がありません。部下や後輩ができませんので人の上に立つことも無く、いつまでも下っ端扱いされるだけです。なんの結果も出さないままでいれば、仕事をこなした達成感も味わうことはありませんし、そこに喜びは生まれません。

しかしそれでも周りの同期や同世代は少しずつ成長して、気づけば皆は役職についているのに、あなたは相変わらず平社員のままです。そうなったら虚しいですよね。

成長できないことにより、虚しさを感じてしまいますし、周りからも哀れみの目で見られてしまうことでしょう。

成長の無い人間は人が寄っては来ません。それだけ魅力がないのです。仕事から逃げるという事が普段の生活にもここまで影響してしまうということを認識しなければいけません。

苦難を乗り越えるという事が成長であり、その方法を考えることも成長に繋がります。辛いことを乗り超えてきた人たちが優しさもあって、良い意味で厳しさもあるというのはそこにあるのでしょう。

仕事を簡単に辞めてしまえば、そのような存在にはまずなれません。

プレッシャーを感じることは良いことである

男(ad)29歳 SE

最初は毎日プレッシャーを感じて辛かったですが、仕事に慣れていく内に徐々に余裕を持って業務を終わらせられるようになり、プレッシャーを楽しめるようになっていった。

ここまで話してきて、やはりそれでもプレッシャーは無い方が良いと考えてしまうのではないでしょうか。

結局は乗り超えなければいけないものですし、そこまで苦労しなくても、そこそこの壁があれば人は成長できると思えますよね。それは確かに間違いではないです。

プレッシャーは仕事をさせにくくしますし、最悪の場合はプレッシャーに潰されてしまって体を壊すことにも繋がってしまいます。そうなるといいところが全く見つかりませんよね。

しかしあえて言いますが、プレッシャーを感じるということはとても良いことでもあるのです。プレッシャーはなぜ感じるかを考えると分かってくるでしょう。

もしあなたに何の力もなく何もできないと分かっていたら、会社はあなたには何も仕事を頼まないでしょう。なぜなら頼んだところで結局なにも進まないからです。最初から何も期待してませんので、それなら頼まないほうがいいと判断するでしょう。

仕事がなければプレッシャーを感じることはありませんよね。しかしそれは頼られてないということなので、何も嬉しいことでは無いのは解っていただいたと思います。

しかしあなたはプレッシャーを受けているわけです。それは仕事を任せられているということでもありますよね。あなたを頼りにしているということではないでしょうか?

仕事を与えて、今は難しいかもしれないけど、しっかりやってくれるだろうと上司は思っているのです。

それはとても喜ばしいことではありませんか。人に頼られるということはあなたを必要としているということです。会社があなたを成長させようとしているのです。とても光栄なことですよね。

必要とされなければ当然解雇通告が出されますし、そうなれば職場もなくお金も稼げず、まさに落ちこぼれとなってしまうでしょう。周りからもニートと呼ばれ白い目で見られることになります。まさに苦しい仕事から逃げた状態と一緒ですよね。

そう考えれば会社でプレッシャーを感じているということは良いことだと思えるでしょう。成長の機会を与えられているのですから、辛いけどありがたいものと感じるべきではないでしょうか。

そしてプレッシャーを感じているということは、あなた自身も自分に期待をしていることと言えるのです。それはやらなければという責任感や使命感があるからこそですよね。仕事にはとても大事な感性です。それだけ一社会人としての誇りを持っていると言えるでしょう。

プレッシャーの無い世界は実は何の得もないのです。プレッシャーがあるからこそ自分が大きくなれるのです。

本当に耐えられないなら辞めてもいい

男(ad)30歳 損保営業

いきなり辞めなくても良いですが、精神的な病になる前に転職サイトへの登録や副業の開始、または息抜きのための旅行をするなど、今の職場にこだわりすぎないほうが良いです。

さて、ここまではプレッシャーから逃げてはいけない、簡単に会社を辞めてはいけないということを書いていきましたが、最後にお伝えするのは全く逆のことです。

できる限りこうならないようにしてほしいのですが、それはどうしても耐えられないのであれば会社を辞めるという選択もあるということです。

結局辞めてしまえば成長は無い、給料も増えないし周りから哀れみの目で見られるのでしょ!と言い返したいですよね。そうはなりたくないから乗り超えてという事を言ってきたのですが。

それは間違いないですし撤回するつもりもありません。しかし、本当にどう頑張っても上記のことを理解しても、やはり辛い気持ちは変わらずにだんだんおかしくなっていきそう、そう感じてきたのであれば辞めても良いです。

何といっても社会人は体が資本であり、体調を崩したら元も子もありません。仕事ができない体になってしまえば再就職もできませんし、事態は最悪なことになってしまいます。

ですので、あなたが自分自身でやれることはやったし、でもこれ以上はもう無理だと判断してのであれば辞めるという選択肢を選ぶことに否定はしません。ギリギリまで考えたということもこれからの糧になるはずです。

人間にはどうしても限界がありますし、限界を超えてしまえば異常な状態になってしまいますので、そうならないうちに判断することはとても大切なことです。

そしてそれで辞めたのであれば、あなただけの責任ではなく会社側にも問題があったとも言えるのではないでしょうか。甘い環境は良くないですが働きにくい環境はもっとよくありません。

ですので自分自身をあまり攻めすぎないように、その時ばかりは自分の判断が正しかったと自信を持ちましょう。体が問題ない状態であるのならまた新しい職場を探して、これからの役に立てていけばよいのです。

まとめ

仕事でプレッシャーを受けるのは決して楽なものではありません。しかしそれで簡単に辞めてしまうことは思いとどまるべきなのです。仕事は皆プレッシャーがあり、皆がそれを乗り超えて成長しているのです。

そこから逃げてしまえば成長は無いし、その後も納得のいく人生を送ることが難しくなるでしょう。仕事から逃げる人は普段でもすぐに逃げるのです。

本当に辛くておかしくなりそうなときはやむを得ませんが、まずは誰しもが味わう道だと思い、乗り超える道もあるということを理解していただければ幸いだと思っております。気づいたころには公私ともに頼られる人になりましょう

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)