仕事で心が折れるということは、誰しも経験があることだと思います。あなたは、きっと責任感が強いタイプの人なのでしょう。

たとえば、クライアントさんの怒りを買ってしまった・上司に叱責された・同僚に気の合わない人がいて憂鬱だ・責任の有る仕事を任せてもらえない・仕事で大きなミスをしてしまったなどなど挙げていけば、数多くその原因はあると思います。

ではそんなときどうするのかというのが一番のもんだいですよね。なにもかも投げ出してしまいたくなるでしょうが、現実、そうはいきません。人はいろんな環境にその身をおいて生活しています。

生活の基盤である仕事ですから、どうにか気持ちを立て直したいですよね。もう一度折れた心を元気にする方法を一緒に考えて見ましょう。対処法を挙げてみます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

73%の人が仕事で心が折れた経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、73%の方が仕事で心が折れ悩んだ経験があると回答しています。内容としては、「仕事でミスをした」や「営業成績が伸びなかった」など様々でした。

男26歳 サービス業

売上げの報告を一時間毎にメールで報告する事になっていて忙しくて報告できないと「なんで報告が無い」と文句を言われ、それが嫌で早めに報告すると「なんでそんなに暇なんだ」と言われどうしようもなかった。

女29歳 図書館司書

チームリーダーという立場だったので、利用者から毎日寄せられる大小さまざまな苦情に対応しなければいけませんでした。常に「申し訳ございません」と謝るところから始まり、心が折れました。

男32歳 金融業営業職

取引先から提出された書類を整理していたところ、別に急ぐ仕事が入ってきたためそちらの仕事を優先して終わらせました。その後、元の仕事を再開したところ関係書類を間違ってシュレッダーしてしまった。

女28歳 コールセンター

コールセンターなので、いわば『窓口』なのでお客様からのクレーム対応が本当に大変でした。電話口なので怒鳴りつける方も多く脅しの言葉を言われたりもして辛かったです。

29%の人が心が折れた後に実際に仕事を辞めている

仕事で心が折れて悩んだ経験があると回答された方の中で、実際に29%の人が辞めたと回答しています。

辞めたと回答した人の声

女22歳 幼稚園教諭

毎日のように暴言を聞いていてうつ病にかかりました。少し休んだほうが良いという医者のすすめで自宅療養をすることになりました。

男25歳 飲食店店員

ワンオペ営業中にこんな事をして電話で長い説教が始まりお客さんが呆れて帰る事が発生しました。頭にきて内容をSVに報告して辞職。

女28歳 コールセンター

だんだん仕事に行けなくなってしまい、仕事場に着いても車から降りられなくなってしまい、その後精神的な病気と診断され退職しました。

男30歳 小売業

このままそこで働いていても、多くのストレスでイライラしたりするだけで意味がなく、時間が無駄になると思って辞めました

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)28歳 営業事務

その上司のせいでやめて自分の経歴に傷をつけたくなかったのと、ここで辞めたら上司に負けた気がするのが嫌でした。さらに上の上司に相談して、注意してもらいました。

男(ad)28歳 製造業ライン作業

転職支援会社に登録しましたが、希望の国内優良会社に転職できずに、諦めました。外資系には採用内諾は得ましたが、不安があり断りました。職場の先輩にプライベートでも相談にのって貰い、ひたすら時間が解決するまで我慢しました。

女(ad)26歳 商社営業

現場が変わればその人と仕事もなくなるので、終わりが見えていたため、我慢ができた。負けたくないという気持ちもあって辞めなかった。

男(ad)27歳 土木技術職

定期的な人事異動がある企業なので、あと数か月我慢すれば、その上司は学歴的には高レベルな社員だったので転勤してしまう見込みがあった

仕事で心が折れて辞めたいときの対処法

男(ad)30歳 商社営業

お金を稼ぐ上で我慢することも必要だし、あまり思い悩まず右から左へ受け流すことも必要だと思い、気に止めないようにと自分に言い聞かせみてはいかがでしょうか。

人を厳選して相談する

男(ad)31歳 製造業

家族やその他の環境から簡単に職を手放すのは大きなリスクを背負うことになるため、職場内の親友などと少し馬鹿な話などを言い合いながら気分を軽くしていた。

人を厳選して相談?ってどういう意味?と思われたと思います。人は落ち込んだときにまず、誰かに話したいと考えます。話すことは、とても良い手段です。しかし、相談相手の選択を間違うと大変なことになります。

だから、あえて、「人を厳選して」と書きました。

確かに、落ち込んでいるときに、人は、その内容を話すことで、自然と頭の整理が出来ていきます。話していると、自分でも「私、こんな風に考えていたんだ」なんて、ハッと気がついたりすることも度々です。

また、相談相手のひとに、認めてもらうことで、自分が頑張っていることを再認識することができて、ホッとできます。

しかし、ここで注意したいのが、「誰にでも」相談しないということです。相談する相手を間違えないことです。人の中には、必ずしも相手のことをいい方向に向かわせようと考えない人が残念ながらいます。

人を妬んだり、蔑んだりする人もいます。なかには、口が軽く、あなたの相談内容を面白おかしく、職場のひとに広めてしまう人もいるでしょう。人は選ぶべきです。

特に避けるべきは、人の話を全く聞かず、自分の意見を押し付けてくる人、同じ会社の人、マイナス思考の人や、仕事を辞める方向にもって行きそうな人です。

また、自分と同じ考え方の人や、境遇の似た人に相談すると、なんとなく引きずられてしまって、余計に落ち込むことがあるのであまりお薦めしません。

同じ会社の人と書いたのは、普段良い顔をしていても、実際のところ会社だけの付き合いだけなので、分からないことも多いし、何かあったときに顔を合わせずらくなるからです。私なら絶対に避けます。

必ず、人を厳選してください。お薦めなのは、あなたの会社の人ではく、できるだけプラス思考で、いろんなものの見方をしてくれる人や、現在、自分に自信があって充実していて、人の話に耳を傾ける余裕のある人、あなたのことを普段から大切に思っている人です。

性別は、どちらでもいいのですが、共感してほしいなら、女性、新しい考え方や論理的解決方法を知りたいなら男性が良いと思います。

そこで、あなたが今、心が折れている内容を素直に相談して、「こうしたらよかったんじゃない?」とか「こういう見方もできるよ?」「大変だったね。僕ならこうするかな?」という風に考えを交換してみてはいかがでしょうか?

プラス思考の人と接するきっと、気分が軽くなりますし、折れた心も少し、回復するのではないでしょうか?

思い切って休みを取ってみる

仕事が忙しくて、なかなか休めないという人もなかにはいらっしゃると思いますが、心が折れたままというのは非常にまずい事態だと深刻に捕らえてください。

緊急事態です。心が折れるまで仕事をしているあなたは、決して怠惰な人ではないんです。物事を真剣に受け止める人なんです。そういう、まじめな人ほど休むことが大事です。

日本人は、民族気質なのか休むのを悪だと考えるひとが少なくありません。しかし、勤勉すぎるのも事実なんです。心折れたまま休まずにいたら、それこそ壊れてしまいかねません。

日本人に多い考え方は、自分に責任があると考えて、自分をどんどん追い込む考え方です。責任感がつようのでしょう。

仕事で心折れて疲れてしまっているので、ここは思い切って仕事を休んでみましょう。普段の生活とリズムを変えることで、気分が晴れます。

「いつもなら、この時間は、通勤電車にのっているな」とか「いつもなら職場の掃除をしている時間だな」とか、今日はしなくても良いと思うとなんだか少し気が晴れませんか?

休みを利用して、景色の良いところに出かけてみたり、おいしいものを奮発して食べに行ったりするのも良いかもしれません。「なんだ、悩んでるのばからしい」というように考えられるようになります。

ちょっと気が引けるかもしれませんが、「昼間にお酒を飲んでみる」のも楽しいです。みんなが働いている時間なので、罪悪感がありますが、それが、付加価値で、なんだかとてもおいしくて、「またがんばるか・・・」という気に不思議とさせてくれます。

また、休みを利用して、部屋を大掃除してみてください。「そんなの関係ないでしょ?」と思う方もいらっしゃると思います。しかし、人間の脳みそは、目に入るもの全てを情報として吸収しているんです。

だから、目に飛び込んでくるものを減らすだけでも、とても休まります。たくさん、ものを断捨離するチャンスかもしれませんよ?部屋がすっきりすると、気分もリフレッシュします。

ショッピングに出かけて、寝具を新しくするのも個人的にお薦めです。眠る環境ってとても大事で、しっかりと気持ちを落ち着けて眠ることで、活力が変わってきます。青色の寝具は、心を落ち着けてくれる効果があります。

寝室に、アロマキャンドルでグレープフルーツの香りなんかも良いかもしれません。とっても癒されます。

休みの日の活用方法は無限なので、自分にあったやり方で気分転換を図り、また仕事への気持ちを新たにするのはどうでしょうか?

ノートに仕事に対する考えや今の気持ちを書いてみる

女(ad)31歳 IT業界

誰にでも失敗することはあるので、辞めたからどうなるものでもないと思いました。それよりも、ノートに記録をつけるなど同じような失敗をしないためにはどうすれば良いかを考えながら仕事をするようになりました。

人に相談するのが苦手な人にはお薦めです。日記を書いたぐらいで、、、と思わずに一度試してください。紙に書き出す作業って、実はとてもすごいことなんです。

たとえば、あることを目標とする人がいたとします。それを書き出して、毎日見る人と、それを書かずにただ思っている人では、その達成率がぜんぜん違っていて、紙に書き出してそれを毎日みることをした人のほうが達成しているという結果も出ています。

また、こんな経験は誰しもあると思うのですが、会議に出席したときや、講演会に出席したとき、メモを取りますよね。しかし、メモに書いたことに安心して、そのことをすっかり忘れてしまった経験はありませんか?

メモを見れば思い出すんですが、書き出したことで、脳が整理されて、一旦忘れるんです。

悩んでいるときというのは、いろんな考えがごちゃ混ぜになって、もやもやするものではないでしょうか。そんな状態では、心はいっこうに晴れません。もやもやした考えをノートに整理するをする必要があるんです。

手順としては、まず、ノートに思いを何でも良いので、書いてみることから始めてください。心が折れてしまった原因を明確にすることで、その対処法もはっきりと分かってきて、「もう一度頑張ってみよう」「こんな方法も試してみよう」と思えるはずです。

何でもいいから・・・と言われても書けないという人へお薦めの書き方は、その日あったことを時系列でかき、そのときの自分の考えや気持ちを書いていく方法です。時系列で書くことで、自然とそのときのことが思い出されて、どんどん書き進められます。実際にやってみると驚くほどすっきりです。

心のセルフケアといえます。やはり自分のことは自分が一番知っているので、どんなに親しい人でも全部理解してくれているわけではありませんよね。自分としっかり向き合ってみることが大切です。

ここで、一番、重要なのは、自分で、自分の頑張りをほめてあげることです。

たとえば、あなたが「職場の上司との人間関係」で悩んでいたとします。でも、「今日は、新規のお客様を2件開拓できた。私は頑張っている」というように必ず肯定してあげてください。

人は、誰しも認められたいし、認められることで次も頑張れます。しかし、認めるという作業は、そんなにしてもらえません。ですから、自分で自分を認めてあげてください。大事なことです。心の栄養になりますし、自己肯定感は、強い心をはぐくんでくれるはずです。

その仕事を選んだ理由・やりがいをもう一度思い出してみる

女(ad)29歳 娯楽業営業職

が折れて心底上司を信じられない気持ちになりましたが、今の仕事は好きで選んだので、そのときの気持ちを思い直し頑張りました

今、あなたがその仕事をしているということは、自分の意思によって、自分で選んでやっているということになります。初心忘れるべからず・・・ではありませんが、もう一度、あなたが仕事を始めたときのことを思い出してみてください。

きっと今よりも、何にもできなくて、もっと叱られていたはずです。毎日、歯を食いしばって仕事をしていたのではないでしょうか。踏まれても、踏まれてもけなげに咲くたんぽぽのように。

毎日あなたが頑張ったから、今のように仕事が出来るようになっているということがわかります。

仕事を行っているのであれば、その仕事のよさややりがいも、そのつらさやいやな面と同じぐらい感じてきたはずです。

心が折れてしまった後、もう一度、仕事を見つめなおすことで、自分がやりたいことに気がついて、心を立て直すことにつながります。やっている仕事のすばらしさを感じてみましょう。

仕事を辞めた自分を具体的に想像してみる

女(ad)34歳 サービス業

勤務歴11年、ここまで頑張ってきたのと、この年で、新しい仕事をみつけるのは無理だし、辞めたらその同僚に負けたような気がするから。

どうしても心が折れてだめだと思うなら、辞めることを実行してみる前に、具体的に想像してみてください。

よく「どうしても辞めたくて、勢いで辞めてしまったけど、冷静になったら、辞めなければよかった」「もう一度、同じ仕事につきたい」という人の話を聞きます。気持ちは分かりますよね。よく考えずに辞めてしまった結果です。

でも、実際に仕事を辞めるということは、そう簡単なことではありません。

具体的に考えてみると、生活にはどうしても最低限のお金がかかります。また、仕事を辞めるということは社会とのつながりがなくなってしまうということです。一人暮らしをしていたら、人との接触も最低限になってしまいます。

一旦、やめてしまうと再就職まで時間がかかりますし、その間の生活をどうするかという問題も生じてきます。ハローワークで失業保険をもらえるのも大体、3ヶ月先からです。

就職活動にもお金がかかります。会社に出す「履歴書」、履歴書に貼る写真の撮影代、会社に行くまでの交通費、就職に着ていくスーツやシャツや靴、実際に就職が決まっても、最初の1ヶ月は、給料の後払いのところが多いので、生活にかかる費用が必要です。

意外とお金がかかるんですよね。現状、貯金があるかどうかということも、視点として厳しいですがあります。

しかも、再就職しても「思っていた仕事と違った」「条件が前の会社のほうがよかった」「人間関係が最悪だ」「前と同じ悩みでつらい」などということは実際によくあることです。

仕事というのは、募集している紙や面接の様子だけでは内容は到底分かるものではありまん。働いてみて、しばらくたってから、募集内容と条件が違ったり、想像とはるかに違うなんてことはよくある話ですね。

仮に、お金の面がクリアになったとして、今の仕事を辞めてしまって、毎日どのように過ごすのか、何の仕事がしたいのかも具体的に考えておく必要があります。もしも、想像が付かないのであれば、実際に仕事を募集しているところへ仕事を検索しに言ってみるのもお薦めです。

今の仕事のほうが、自分に合っていると考えるかもしれませんし、新しく自分のしたいことが見つかるかもしれません。

かといって、仕事を辞めないと頭がおかしくなってしまうという状態ならば、逆に辞めないといけないということもあります。状況をちゃんと見極めることが大切だと理解しましょう。

仕事が全てではありません。あなたにはあなたを大切に思っている家族や友人が必ずいます。

仕事を辞めたいときにやるべきこと | 仕事辞...
仕事を辞めたいときにやるべきこと | 仕事辞めたい.jp

まとめ

「仕事で心が折れてしまった」ということは、言い換えるなら「心折れるほど頑張った」「仕事に真摯に向き合っている」ともいえます。そう考えると、あなたが今、仕事に一生懸命だったという証拠ですよね。前向きに考えてみませんか。

それほど一生懸命なあなたですから、少し休んだって誰もとがめません。また、さらに今直面する問題は、あなたが飛躍するための乗り越えるべき壁だとも捉えられます。

長い人生です。働く時間もとても長いです。気長に余裕を持って乗り越えていこうぐらいの気持ちでいてはどうでしょう。

きっと今を乗りえたあなたは今以上に素敵なはずです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)