仕事をしていれば、誰しもが多かれ少なかれ理不尽な出来事に遭遇することがあります。

しかし、働いている間ほとんど理不尽なことしかないとなると、また話が変わって来ますよね。途切れることのないストレスは心身ともに悪影響を及ぼすでしょう。

あなたが一生懸命頑張って働いていても、それが報われず日常的に理不尽な思いをしているとなれば、辞めたくなるのも当たり前のことだと思います。

実際に、当サイトで働く社会人100名にアンケートを実施した結果、あなたと同じように悩んでいる方が89%もいることが分かりました。なので、まず悩んでいるのは自分だけではないということは理解してください。

その上で、どうしても辞めたいときは、無理に続ける必要はないと思います。今の仕事を続けるにしても辞めるにしても、この記事があなたの参考になれば幸いです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

仕事が理不尽なのか人間が理不尽なのかを見極める

同じように仕事で理不尽な思いをしていても、原因が「仕事そのもの」の場合と「理不尽な扱いをする人がいる」のとでは根本的に対処法が変わって来ます。

仕事そのものが理不尽な場合の対処法

自分の能力の限界を超えた仕事を与えられてしまい、こなすことが出来ずに理不尽な思いをしているのであれば、ある程度解決しやすいケースと言えるでしょう。このようなときは、関連書籍を購入して知識を深めることで改善する可能性が大いにあります。

同じような状況を克服した人のブログを探して読んでみるのもいいでしょう。

また、自分が苦手な部分、分からない部分を把握することや、同じ部署でも話しやすい人に相談してみるのも解決につながるかも知れません。

一方で、仕事の量が極端に多くて、毎日遅くまで残業しなければならない、休憩時間がとれないようなケースでは転職を考えても良いと思います。作業能率を上げるのも大切なのですが、人間の身体には限界があります。

どうしてもしたい仕事ならともかく、つらくて辞めたいくらいの仕事なら次の仕事を探しましょう。特に、お給料の割りに合わないほどの大量の仕事を押し付けられる場合は辞めたほうが良いでしょう。

職場の対人関係が理不尽な場合の対処法

前述の「仕事の量が多すぎるケース」に関しても、あなたが仕事を断りづらい性格だったときに、それを知ってあなたにだけ大量の仕事を押し付けて来るようであれば、対人が原因の理不尽になるでしょう。

本来、できないほどの仕事を引き受けてしまうことが良いことではないので、対策としては毅然と断ることが良いと思います。

しかし、おどおどせずに冷静に断ってみて、そこでパワハラをするような上司、それを黙認するような風潮の職場だったら辞めることをおすすめします。

また、工場などのものづくりや食品関係の現場では、知識だけではなく、身体を使って覚えなければならない技(職人芸のような高度なものでなくとも)があります。

緻密な部品を作ったりするような工場や、伝統工芸などの覚えるまでに時間がかかるような仕事では、出来ないことを知りながら作業をさせることも少なくないのではないかと思います。

こういった仕事は、その道の職人になりたいという情熱がある人が飛び込む世界だと思うのでやりがいもあるのではないでしょうか。ですが、派遣で入った工場で単純な作業でも練習させてもらえず、できないことを責められるようなら対人に起因する理不尽でしょう。

文字通り理不尽ですよね。もっと条件の良い仕事を探しても良いと思います。

職場に困った人がいるケースはどうでしょうか。上司などの職場を仕切る立場にある人が問題のある人で、誰にでも理不尽なことをするなら、周りの人は皆同じように困っているでしょうから、周りと適度にコミュニケーションをとることで連携がとれます。

心理的な負担も減るし、仕事もスムーズに進むでしょう。

ただ、問題のある人がひとりでも、人知れずあなたにだけ困ったことをするケースは少し厄介ですよね。

あなたひとりで対処出来る程度ならちょっとイラっとする程度で済むかもしれませんが、やめたいほど理不尽となったら周りを味方につける必要が出てきます。自分の失敗をあなたに押し付けたり、あなたを悪者に仕立てようとする相手の場合はなおさら周囲に理解してもらう必要があります。

話しかけやすい人と親しくなっておくとか、これまであったことを簡潔にまとめて相談することをおすすめします。

それと、職場の人たちが全体的に意地の悪い人が多いケース、あなたが誰かから理不尽な扱いを受けているのを知りながら見てみぬふりをするケースは改善が難しいと思います。

そんな職場、辞めちゃいたいですよね。業務内容に魅力があるとか、お給料が良いなど理由があって辞めることを躊躇しているなら、心理学の本や孫子の兵法などを読み漁り、人心操作を試してみるのもアリかもしれませんね。

相当な労力が必要になると思います。

関連職場の人間関係に疲れたときの対処法!辞めたいとお悩みのあなたは必見です!

理不尽はそもそも思い込みの可能性もある

仕事が理不尽だと嘆いている人の中には、自分のほうに問題がある場合もあります。

大した努力もせず、仕事も出来ていないにも関わらず「昇進できないのはおかしい、不当だ」というような主張して、嘆いている人を見かけることがあります。

この場合は彼らにとって、自分が昇進できないということが理不尽な扱いを受けているということになるのでしょう。

周囲の人たちよりも優れていると思っているこのタイプの場合は、優遇されて当然だと考えています。自分の考えややり方こそが正しいとも考えており、要求が多くあり、それが通らなくても妥協することが困難です。

最も問題なのは、自分が正しいという気持ちが強いため、自分にあてはまる特徴を読んでも自覚することが難しいということです。いつまで経っても気づくことがなく、認めることも拒んでしまうので、仕事が理不尽だという気持はなかなか解消出来ないでしょう。

もし、この項目を読んで思い当たることがあるなら、少し冷静になりましょう。

そして、一歩引いたところからほんのちょっとだけ謙虚にものごとを考えることをおすすめします。周りの言いなりになる必要はありませんが、協調性も大切です。

あなた自身が周りの人に理不尽なことをする人にならないようにしましょう。

発達障害の可能性を疑う

近年「発達障害」という言葉をよく見聞きするようになりました。この障害は、ざっくりと「自閉症の特徴を持つ障害」「ADHA(注意欠如・多動性障害)」に分類できます。

自閉症の特徴を持つ障害

知的障害を伴わないもので、自閉症の特徴を持つ障害に該当する障害は「高機能自閉症」「アスペルガー症候群」「広汎性発達障害」などがあります。

その特徴として「額面通りに言葉を受け取る」「ひとつのことにこだわる」「人の気持ちを汲み取るのが苦手」「理屈っぽい」などがあります。いわゆる空気が読めない人の極端な例といったところでしょうか。

この特性のため職場の人間関係について行けなくなったり、曖昧な指示が理解できないなどの問題が発生します。

指示を守ったはずなのに、違うと怒られたり、周囲の人からは無神経だと言われたりすることも少なくないため、当事者は理不尽な思いをすることが多いのです。

その一方で、ひとつのことを突き詰めて極めることが得意なため、周囲の理解があれば専門職で成功する人もいます。

ADHA(注意欠如・多動性障害)

ADHDは、「注意欠陥」「多動」「衝動」の症状を特徴とする障害です。「注意欠陥」タイプの人は忘れものや失くしものが多く、スケジュールの管理にも困難をきたすなどの症状を持ちます。約束の日にちを間違えたりすることもあり得ます。

「多動」はじっとしていることが困難で、行動に落ち着きがないといった症状があります。せわしないと言われることもあるかもしれませんね。

「衝動」が強い人は、説明が終わらないうちに割り込んで話をはじめたり、一概には言えませんが、思い通りに行かないとイライラするなどの特徴があり、攻撃性のある人もいます。答えが早く出ないとイライラするタイプの人という感じでしょうか。

社会人としての自覚がないと思われることが多く、一生懸命やっていても「やる気がない」と捉えられることも多いので、職場は当事者からすれば理不尽なことだらけです。

しかし、その特徴から「行動力がある」「問題解決が早い」などの長所もあります。

もし、あなたがこれらの症状に心当たりがあったら、周りに理解してもらうことで状況は大きく変わることでしょう。

そのためには、まずは自分のことを自分でよく知る必要があります。そうすることで、自分の欠点に気づいて抑えたり、身の回りを整頓する工夫を考えたり、また周囲に自分がどんな人間なのかを説明することが出来ます。

発達障害は、後天的な精神障害ではありません。いわば、生まれつきの脳の気質ですので、自分を知り障害とうまく付き合うことで、長所を伸ばしていきましょう。

医師の診断があるとエビデンスになるので、周りの人たちには聞く耳は持ってもらいやすいです。しかし、精神科や心療内科は沢山あっても、残念ながらちゃんと診断できる医師を探すのは簡単ではなさそうです。

仕事から離れる時間を作る

仕事で日常的に理不尽な扱いを受けていると、つらい気持や悔しい気持を家に帰っても引きずってしまいますよね。

強いストレスは心身を蝕んで行き、冷静な判断の妨げになってしまいます。こうなるとジレンマから抜け出すのが困難になってしまいます。オンとオフはしっかり切り替えるようにしましょう。

最初のほうで提案した、「自分の能力の限界を超えた仕事をこなすために、関連書籍などを読むこと」なら建設的なので良いのですが、仕事が原因になっているネガティヴな感情を家には持ち込むのはNGということですね。

あなたがペットを飼っているなら、ペットと遊ぶことに全力投球して嫌なことは忘れてしまいましょう。子どもやペットに八つ当たりするのはご法度です。

休日は何か気晴らしになる楽しいことをしてみてはどうでしょうか?

趣味に没頭するのも良いですね。新しいことに興味を持つのもおすすめです。趣味がない場合は、何か趣味を作ると良いと思います。ストレスは思考能力を低下させますが、新しいことに取り組むと脳は活性化されます。

今までにない活路が見いだされて、職場に戻ったときも問題解決の役に立つかもしれません。

趣味にも興味が持てないほど疲れているときは、散歩したり、ただ頭を空っぽにしてゆっくり過ごすと良いでしょう。好きな食べ物を食べるのも良いと思います。

頭の中をどうしても空っぽにできずにネガティヴな感情が抑えられないときは、片付けや掃除をすると良いでしょう。頭の中もスッキリとリフレッシュする効果が期待できます。

ただ、趣味にも興味が持てないほど疲れた状態が長く続くようなら、「うつ」の可能性もあります。心療内科に行ってみることをおすすめします。

転職含め自分に合った職種を探す

あなたがファミリーレストランに勤めていて、一生懸命働いていてもミスが多く周囲からやる気がないと思われていたとします。

まじめに働いているのにそんなふうに思われたら理不尽ですし、もし何も出来ない人間だと思い込んで自分を過小評価してしまっていたら、それはとても勿体ないことです。

しかし、デスクワークをやってみると案外サクサク出来るかもしれないですし、逆にレストランの人たちには向いていないかもしれません。

人それぞれ性格も違えば、仕事にも向き・不向きがあります。最近はインターネットでも職業適性診断が無料で受けられますので、そういったサイトも参考にしながら自分に向いた仕事を探すといいでしょう。また、転職エージェントに相談してみるのもいいです。

関連仕事が向いてないときの対処法!辞めるべきか悩んでいるあなたは必見です!

向いていない仕事を無理に続けても、つらいだけで生産性に欠けてしまいます。

また、例に出したファミリーレストランと同じ飲食業でも、忙しくない喫茶店なら楽しく仕事ができるという人もいます。職種だけではなく、環境にも依存するところは大きいでしょう。

その場合、思い切って、働き方を変えてみるのも一つの方法です。

昔と違って、40歳を過ぎてから脱サラ、大学や専門学校に入りなおして資格を取る人や、 Iターンして農業をはじめる人も今では珍しくありません。

さらに、インターネットの普及によって生まれた新しい働き方を利用すれば上記のような初期費用がかかりません。仕事が少ない田舎でも出来るところも魅力ですね。

例えば、趣味でイラストレーターを使っていたり、自分のホームページを作っている人ならオンライン上で、クライアントと直接会うことなくチラシや名刺を作成する仕事、あるいウェブページ作成の仕事を引き受けることができるので、人と関わることが苦手な人でも自分のペースで出来ます。

クラウドソーシングサイトというキーワードで検索すると仕事が受注できるサイトが出てきますよ。デザインやホームページ作成以外にも、システム開発や記事のライティングなど色々な仕事があります。

また、インターネットオークションを利用して仕事をしている人や、楽天市場のようなところでネットショップを運営している人もいます。

店舗がないので費用があまりかからないことや、全国に向けて販売できるのがメリットですが、マーケティングなど勉強しなければならないことも沢山あります。最初はメルカリなんかに出品するところから初めてみると良いかもしれません。

その他、ツイッターなどのSNSでアフィリエイトで収入を得ている人や、かなり難しいでしょうがYouTubeで稼いでいる人など・・・様々です。

最初は今の仕事を続けながら様子をみて、軌道に乗ってきたらバイトとかけもちでネット仕事も合わせてやってみると良いかもしれませんね。自分が好きなことを仕事にできたら、それが一番いいですからね。

まとめ

理不尽で仕事がやめたいときは、ひとまず落ち着いて考えてみると良いでしょう。

そうすることで、あなたにとって今現在の職場に留まったほうが良いのか、はたまた辞めて次に行ったほうが良いのかがおのずと見えて来るのではないかと思います。

無計画に仕事をやめてしまうと次が見つからないかもしれないので、やめたい気持ちが消えないなら冷静にやりたい仕事を考えて調べておくと後から役に立ちます。

最後にひとつ伝えたいことがあります。「仕事のために生きる」のではなく、あくまでも「生きるために仕事をする」ということを忘れないようにしてください。

一度きりのあなたの人生を大切にして下さい。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)