パナソニックといえば、誰もが知る日本の大手メーカー企業です。身近な大企業だからこそ、皆さん様々な希望や動機を持ち入社をしていることでしょう。

私はパナソニックの中でも住宅設備を扱うライフソリューションズ社に入社をし、個人向けの内勤営業を4年半経験させてもらいました。しかし働くうちに別の選択肢の方が自分の叶えたいキャリアに近づくことに気づき、転職を決意しました。

これを読んでいる皆さんは私と同じように違和感を感じ、転職を考え始めたという方々だと思います。せっかく入社した大手企業だからこそ辞めるのをためらったり、転職して本当にいいのかと考えてしまいますよね。

今回は私が転職するに至った過程をご紹介させていただきます。転職を検討する皆さんが少しでも前向きな選択が出来るような助けになれば幸いです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

パナソニックを辞めたくなった理由

メーカーが嫌になった

メーカー社員の目標とは、自社商品の良さを知ってもらい、その人(企業)に合う商品の提案をしながら売上を伸ばすこと。当然ですが商材は自社の商品のみしかありません。

長く在籍し自社の商品知識が深まるとともに、ある不安を感じ始めました。それは、パナソニック商材の知識は豊富だがそれは他の場所では転用出来ないこと。

私の場合は住宅設備だったので、リフォーム知識や住宅の施工など、設備に付随する周辺知識は多少つきますがあくまで業界で活躍するための必要最低限な知識にすぎません。

同じように知識を深めるのならば、他の場所でも転用出来る知識を習得し、広く活躍出来る人材になりたいと思うようになりました。

それと同時に、商品に頼らず自分自身の提案のスキルを高めたいと思うようにもなりました。後述しますが、このことが今後私が無形商材の会社を目指したひとつのきっかけになりました。

大企業の窮屈さが合わなかった

大企業の保守的な経営方針、職場環境に窮屈さを感じるようになり、社風やカラーに違和感を覚え始め退職を検討するようになりました。

大企業は組織の性質上、どうしてもトップダウンな経営になります。現場を全然知らない上層部の方々の意見によってやることや現場の採用が左右され、現場の課題と大きく乖離があることがありました。

現場が声を上げて動けるような組織規模ではありませんので、どうしても自分たちの声は反映されないと感じてしまいました。

職場の雰囲気は自分で考えて動く、というよりも協調的で指示を仰ぎみんなの意見を合わせながらゆっくり動いていくという印象がありました。

上司も保守的な考えをする方が多かったですし、大企業はものごとの決済、着手までの時間がかかるので、新しいことにどんどんチャレンジしながら、スピード感を持って動ける環境ではありませんでした。

別の業界に興味が出てきた

キッチンやバスなど住まいに関係する住宅設備産業に従事していましたが、転職や将来の働き方を検討するうちに別の業界の方が、自分の希望がかなえられるのではないかと思うようになりました。

先述したように、私は大手メーカーで働くのが自分には合わないと感じるようになったので、広告業界や人材業界など無形商材を検討するようになりました。

パナソニックは皆さんご存知の通り、カンパニー制を敷いてます。会社自体は辞めたくないけど、商材や業界が嫌になったと感じる方は、Eチャレの制度を利用し、カンパニー間を移動して別の業界の商材にチャレンジするという選択肢もありだと思います。

私がパナソニックを退職した理由

  • 別の業界でチャレンジしたいことが見つかった
  • 大企業の社風やカラーが合わず窮屈だった
  • 自分の働き方を見つめなおすため

私自身パナソニックの退職の直接の原因となったのは、別の業界で新たな仕事にチャレンジをしたくなったためです。なぜ別の業界でチャレンジをしようと思ったかというと、大きく理由が3つあります。

  1. 個人的に、メーカー社員として自社の商品と向き合い続けることに限界を感じてしまったため。今後は「自分自身」が商材となりうる無形商材の会社で、提案力をアップさせたいと思った
  2. 元々興味のある業界で、自分の好きなこと・出来ることを活かしながらチャレンジしてみたいと思った
  3. 柔軟な発想が出来、1人1人が裁量権を持ち自発的に動ける環境へシフトしたかった

もともと人とコミュニケーションを取るのが好きで、長年ずっと接客や営業等人と接する仕事をしてきました。

しかし、今回の転職ではメーカー社員として商材にフォーカスを当てるのではなく、もっと深く人に携わる仕事をしたい、マネジメント経験を積みたいという想いがあり人材業界への転職を決意しました。

一緒に働く人や職場の雰囲気など働く環境がいいと、仕事もはかどり辛いことも乗り越えられることが多いですよね。私の退職理由のひとつは、職場環境やカラーが合わず居心地が悪かったということがありました。

福利厚生や休日は素晴らしくとても満足していたんですが、大企業ならではのトップダウン経営や、裁量権を持って自発的に動けない点にもどかしさを感じていました。

また、職場の方々も協調的で保守的な考えの方が多かったです。斬新で先進的なアイデアは敬遠されることが多く、周りの目を気にして物事を発言するような職場に辟易としていました。

個人的にはトライアンドエラーを繰り返しながらとにかく行動したいという考えがあったので、このような職場環境が窮屈に感じるようになってきました。

そうして、もっと別な環境でのびのび働いた方がいいのではないかと思うようになり、自分の強みやスキルが活かされる環境を探し始めました。

パナソニックを辞めるべき人・辞めないほうがいい人

あなたは今パナソニックを辞めたいとお考えだと思います。しかしそれは、「会社」「職種」「職場」どの部分が嫌で辞めたいとお考えでしょうか。果たしてパナソニックを辞める必要があるのか、もう一度立ち止まってみてください。

あなたがパナソニックを辞めて、転職先で叶えたいことはどんなことでしょうか。その上で、今からお話することをご参考にしていただけましたら幸いです。

辞めるべきではない人

  • 福利厚生や給料、休日など環境重視の人
  • やりたいことが特にない人
  • コツコツ仕事を続け、じっくりキャリアと向き合いたい人
  • 転職するかどうか自体迷っている人

なんとなく転職を考えている方、安定を求めている方は一旦考え直すことをおすすめします。明確に辞めたい理由がなければ、わざわざいい会社を離れる理由がないですし、辞めなければよかったと後悔してしまうでしょう。

大企業は職種の選択肢が多いため、まずは社内で他の部署、事業所、カンパニーに異動が出来ないか、そこでもやりたいことがかなえられないかを検討してみていいと思います。

皆さんご存じの通り、パナソニックは福利厚生や待遇(環境によって一概には言えませんが)はかなり保障されている安定企業です。転職をする、ということはその安定を手放すことになります。

大企業は基本的な環境が当たり前に守られているので、どうしても働いている最中は恩恵を感じにくいですが、年金や保険など目に見えないところで守られている部分はとても大きいです。

また昔よりは少なくなっているとは思いますが、今でも年功序列のカラーが残っている部分は多くあります。長く在籍しているとそれだけお給料は少しずつ上がりますし、評価制度はあるとはいえ、よっぽどのことをしない限り、業績が悪いからといっていきなりクビになることはまずありません

仕事が回されなくなるだけで給料は保障されています。

コツコツ仕事をしながら、じっくり自分に向いていることはなんだろうと考えたいという方は、辞めずにまずは今の環境で着実に成果を出しながら考えてみたがいいでしょう。

大企業なので役職に尽きたいと思っていても、上のポストの方々がある程度沢山いるため、昇進スピードは遅めです。

昇進はもちろん本人の努力の割合が大きいですが、一般論でお話すると、中小企業やベンチャー企業に比べるとゆっくりですよね。役職には付きたくないけど、長く地道に働き続けたいという方にはとてもいい環境なのではないでしょうか。

辞めてもいい人

  • 明確にやりたいことがある人
  • 枠組みに捉われず、自発的に仕事がしたい人
  • 福利厚生や安定は全く重視していない人

安定した雇用と環境が保障されているといっても過言ではない、一般的には「いい会社」とされることが多い大企業をわざわざ辞める理由。

それを明確に言える人、パナソニックを辞めて転職先で叶えたいことが明確にある人は辞めてもいいでしょう。いくら一般的に「いい会社」と言われていてもその人の価値観に合わない場合は、その人にとってのいい会社には成りえません。

また、パナソニックに限ったことではありませんが、枠組みに捉われず自由な発想をしながら柔軟に自由に働きたい方、大きな裁量権を持ってスピード感のある働き方をしたい方はパナソニックや大企業から離れてもいいのではないでしょうか。

もちろん、パナソニック社内では時短勤務は当然取れますし、リモートワークが出来る部署も多く多種多様な働き方が出来ます。

しかし、大企業は基本的にトップダウンの経営をしていますし、規則やルールがあって大きい組織が動くことには変わりがありません。自分の働き方や感覚が企業とフィットするかどうかは長く働く上で大事なことだと思います。

なんとなくストレスが減らないとか、具体的に悪いところは無いけど、なんだか合わないというのは企業とソフト面でフィットしていないせいかもしれません。

パナソニックからのおすすめ転職先

中小企業やベンチャー企業で働く

大企業ならではの窮屈さが嫌になったり、自分の裁量で自発的にどんどん仕事をしたいという方におすすめなのが、働く企業規模を変えてみるということです。

大企業が窮屈に感じるという方の多くは、「もっとのびのび自由に働きたい」「色んなしがらみややっかみに疲れ、もう縛られたくない」「企業の歯車ではなくもっと個人として活躍したい」といったことを考えられているのではないでしょうか。

自由と責任は表裏一体ですが、人それぞれ自分が持ち味を発揮出来る企業規模があるので、自分のスキルや適性を鑑みた上で検討してみてください。

無形商材の会社で働く

メーカーが嫌になって転職を検討している方は、無形商材の会社でガラリと商材を変えて、働いてみるのはいかがでしょうか。実際、私の周りのパナソニックを退職した知人の多くもメーカーが嫌になって転職しています。

彼、彼女らは転職先として観光産業、IT業界、広告業界などに進みました。前述した通り、私自身は転職希望先が人材業界だったので、結果として無形商材を選んでいますが、商材自体だけでなく業界のカラーや雰囲気をよく調べて、自分にフィットしそうな風土やカラーかどうか判断することは大事だと思います。

別メーカーに転職をする

メーカーで働くのは合っているけど、規模・商材・業界を変えたいという方にはこちらの選択肢がおすすめです。

パナソニックが総合電機メーカーのため、一般的には中小メーカーからパナソニックに転職される方が多いです。実際私がいた住宅設備業界だと、リンナイ(熱エネルギー機器)やウッドワン(建材)などひとつのジャンルから幅を広げたくて総合メーカーに入社されるといったような例です。

しかし、総合メーカーゆえに商材が多すぎて浅く広くしか携われない、または特定の興味のある商材に掘り下げてもっと極めたいといった方々は、自身の興味のある分野のメーカーに転職されました。

そういった同業他社に転職する方だけではありません。大手メーカーで働くのは合っているという方は異業界・異業種転職として、別の大手メーカーに渡る方もいらっしゃいます。

しかしその場合にはなぜ、わざわざパナソニックを辞めたのかということを明確に理由付けが出来ないと辞めた意味がありませんよね。

パナソニックから転職するときのポイント

社名を知らない方はほぼいないのと、大企業というだけでいいイメージをもたれる場合が多いので、転職の際に先方の第一印象はいいことが多いです。社名が知られているということは職種理解がある場合も多いので、自分の実績をアピールしやすいというメリットがあります。

ゆえに転職において、少しプラス地点からのスタートであることは自信を持ってください!こちらでは実際に私が転職活動時に言われたことを中心にご紹介します。

どうしてあんなにいい会社辞めるんですか

「パナソニックのような大手企業を辞めるのもったいないですよ」

お世辞もあるかとは思いますが、転職面接時には必ず言われます。もったいないですよ、どうしてわざわざ?と何度も言われました。

転職面接時だけでなく、プライベートでも同じようなことを周りの色んな方々に言われると思います。でもそれって、客観的で真っ当な意見ですよね。この「どうして」に明確な答えが出せなければ、辞めるタイミングはもう少し先でもいいのかもしれません。

あなたがわざわざ恵まれた環境を捨てて、あえて違う環境にチャレンジする理由ってなんでしょう。

仕事量5倍になるよ

※こちらは主に中小企業やベンチャー企業への転職を検討している方向けの項目になります。

実際に某ベンチャー企業営業職種の転職面接で言われた辛辣な言葉です。中小・ベンチャー企業は人数が少なく、自分の裁量が大きい分、なんでも手広くこなさなければなりません。

見積書の作成だけでなく、消耗品の受発注、経費の精算など、今までは別の人員に任せていた仕事まで請け負う必要があります。事業が進むスピード感も全然違うので、自走が出来るのはもちろんですが、常に学びながら貪欲に物事を吸収できる柔軟性が必要といえます。

まとめ

パナソニックから離れた人間の意見として、どうしても転職肯定目線だったとは思いますが、大切なのは皆さんの判断軸をどこに置くかです。パナソニックはいい会社です。

だからこそ、皆さん転職を検討する時にとても迷われるかと思います。いい会社での経験があるという箔が付く分、転職をされる方には自信を持って転職活動を行って欲しいですし、パナソニックに残る選択肢を選んだ方にも、胸を張ってキャリアを積んで欲しいと思います。

自分のキャリアの中で優先したい判断軸は何なのか。長期的に見て自分がこの会社に残ること、または動くことによってどういう結果になるのかをイメージして、是非一歩踏み出してみてください。

皆さんの輝かしい未来を応援しています!

まずは、今の仕事の適性を調べてみませんか?

仕事を辞めたいなら、現状から把握してみましょう。今の仕事は合っているのか、どういう仕事が自分に合っているかを知ることで、辞めるべきかを判断する手助けになると思います。

ミイダスを使えば上記4つが分かるテストを受けることができ、下記のような質問に回答後、詳しい解説付きで今の仕事の相性を把握できます。

今の辛い状況を改善できるヒントが必ず見つかるはずですよ。

(ミイダスに無料登録後、診断可)