仕事は辞めたいなと思っていても、今の地位や名誉もリセットされる上に、転職が正解なのか、行動してみないと分からないという未知な部分が多いので、不安に感じますよね。

本当に転職という道を選んで後悔しないのか、もう少し現在の職場で頑張るべきなのか、自問自答することもあると思います。

転職をして後悔しないために、事前に自分自身の気持ちを整理し今後どういう道を進むべきなのかを明確にすることが大事です。明確にすることで、今の会社に残っている方が良いのか、転職した方がいいのかが自分自身で分かり、気持ち的にスッキリしますよ。

今回は転職して後悔する人の特徴と、後悔しないため事前に考えるべきことをお伝えします。是非、参考にしてくださいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)

仕事を辞めて後悔してしまう人の特徴

明確な理由がない退職

例えば、「キャリアアップしたい」「収入を上げたい」「時間のゆとりを持ちたい」など何かしら◯◯したいから転職を決意するというのが一般的ですが、「刺激がない」「今の仕事に飽きた」など、一時的な感情での退職は後悔しやすい傾向があります。

こういう形での退職は、なぜ刺激を求めるのか、なぜ仕事に飽きてしまったのかということを考えて行動しなければ「勇み足だった」と後々に思う事が多くなり、辞める前にその会社でもっとできたことがあったんじゃないか、こんなこともやっていれば、刺激なんか求めなければ・・・というようにタラレバ発言が増えてしまうんでしょうね。

結局なんで転職したのかということが分からなくなりますね。思いつきの衝動は後悔するケースが多いため、注意が必要です。

またどういう仕事内容なら飽きがないのか、どういう事ができると刺激があるのかなど、具体的に何を求めているのかを追及していくことで、明確な理由が分かり、自分の気持ちや考えが整理できるようになります。

自分自身で退職を決断していない

若い年齢の方に多いかもしれませんが、親御さんや兄弟に仕事や会社の愚痴を言ってしまう時もありませんか?

親や兄弟はやはり、傷付いたり悲しんだりするあなたを見たくないからこそ、「そんな会社辞めなさい!」と言ってくることもあるでしょう。

そこであなた自身が自分の事を振り返ったり、今後を考えたりした上で退職という選択をしたのであれば、あなたの決断となりますが、親御さんが「もう会社行かなくていい、会社には私から言ってあげる」という親御さんの言葉があった際に、言われたまま会社へ行かない選択をすると、それはあなたの決断ではなくなってしまいすよね。

こうしたケースは20代前半の世代に多く見受けられます。

実際、大学新卒・高校新卒で入社した方の中で、欠勤・遅刻・退職の連絡を親御さんから連絡をもらうというケースが非常に多いです。

良くも悪くも守られている状況の為、自分の判断で何か行動を起こし、失敗や成功を体験し学習するというサイクルがない状態になり、「何か物足りない」と感じ続ける生活を余儀なくされる方の比率は年々増加傾向です。

何をするにしてもあなたがどうしたいのかという意思の元で動くことが必要ですね。

とにかく逃げたいから退職という道を選んだ人

長く同じ会社に所属していれば、納得いかないことも理不尽なこともあるものですよね。何か大きな出来事があったとかではなく、小さな事が日々積み重なり器に不満の水がドンドン溜まっていき、いずれ溢れかえります。

その時に、「もう我慢できない」という一時的な怒りで、衝動的に会社を退職するという行動を起こしてしまうということも案外多いのではないでしょうか。

そういう時ほど冷静になり、今の会社や仕事で楽しいと感じること、やりがいはどんな時に感じているのか、この会社や仕事で今後どうなっていきたいのかということを冷静に考え、あなた自身の気持ちを整理していきます。

腹が立つこともやってきた功績もやりがいも全て把握した上で、その地位や楽しさを捨ててでも退職をしたいという気持ちがあるのかを自分自身で検証してからの行動でも遅くありません。

また逃げたところで、一時的に避難できるだけで結局廻りまわってまた同じような試練が立ちはだかります。転職した際に、最初の3ヶ月間は「退職して良かったー」って思う事が多いでしょう。

会社でも人でも、やはり最初はネコを被りますから、同じような経験をするなんて想像もしないでしょうね。しかし、3ヶ月も過ぎればあなたも会社も人もネコを被りができなくなります。その時に「前の職場で踏ん張ってた方がよかったかも・・・」という気持ちが出てきてしまい、辞めたことを後悔し始めます。

衝動的な行動は、上手く事が進むこともあれば進まない事も多いですし、むしろ上手く事が進むことの方が少ないと思い、一旦あなた自身の気持ち整理が必要だと思いますよ。

承認欲求が強すぎる人

人は誰でも、自分以外の誰かに「頑張ってるね」や「頼りにしてるよ」と言われたら嬉しいですよね。頑張ってて良かったーと思える瞬間が誰かに労ってもらった時ではありませんか?

この感情は悪い事ではありません。しかし、自分自身の評価を全て他人に委ねてしまうと満たされない感情が膨れ上がってしまいます。

自分の仕事と友人の仕事を比較して「いいなー、私も◯◯したいなー、そうしたら周りにすごいって言われるんだろうな」というように他人と自分を比較し、私の事を褒めて!という感情がずっと心の奥底にあるようになります。

隣の芝生は青く見えるものですから、羨ましいと思ってしまいます。人から評価される部分とあなた自身にしか評価できない裏方仕事もきっとあるのではないですか?

誰かに褒めてほしいや認めてほしいと思い過ぎて、「この会社は自分を評価してくれないから、退職したい」と考え転職すると、転職先の方が意外と自分を認めてくれない事が多い物なんですよ。

キャリアや歴ではあなたが上だとしても、その会社に所属している年数=社歴は他の方が長いため、あなたにスポットライトが当たることは少し遠い将来的な話になりますね。

新しい職場だと自分の存在を認めてもらえると考えて転職をすると、後悔しやすい傾向がありますよ。

自分の能力を過信している人

今の職場で成績が常に上位にいるや、会社のメンバーから絶大な信用を得ている人ほど、自分の能力を過信している傾向があります。

自分は何でもできると思い込み、もっと大きな仕事をしたいやもっと活躍したい、もっともっと・・・というように欲求を満たすためだけに現在の職場を退職を考える人もいます。

しかし、今までの会社では通用していても違う会社では通用しないという事はよくあるケースです。

小さなことから大きい事まであります。営業職であれば全然、成績が上がらない・事務職の方ならあなたよりもPCスキルや作業効率が良い方もいらっしゃることもあり得る話です。

そんなことがあった際に、「こんなはずじゃなかった」という気持ちが出てくるでしょう。

人の欲求には上限がありません。周囲から見てあなたの環境が素晴らしく良い環境だと思っていても、あなたは今以上の環境を求めるでしょう。

自分に自信がある=プライドが高くなってしまうため、自分ができない人と思われたくないため、できない仕事が発生すると居心地が悪いと感じます。そうすると前の会社の時は◯◯だったというように、前の会社がよかったと感じるようになり、最終的には後悔してしまいます。

仕事を辞める前に考えてほしいこと

じっくり一人で考える時間をもつ

衝動的に辞めたくなっていないのかを検証するには、一度ゆっくりと自分で考える時間が必要です。

人によって確保する時間は異なりますが、私の経験上では、とにかく仕事しかしてなくて、休みもしっかり取れない状態だと1日でもいいので仕事から離れて転職について考えることができれば現状の気持ちや今後の気持ちを整理しやすくなりますよ。

また週休2日しっかり休めていても考えがまとまらないという方は、有給休暇を利用するのも良いと思いますし、有給休暇が取りにくい状態であれば1ヶ月間の休みで考えをまとめるようにすると8日間は考えることができるようになります。

その考える時間を確保したら、なぜ辞めようと考え始めたかのきっかけを思い出し、今も同じ気持ちなのかを自問自答してみましょう。

ゆっくりする時間を確保することで、リフレッシュに繋がり、心身ともに休むことができ一石二鳥です。誰かに何かを聞いてしまうとその人の価値観や概念が入ってしまうことがあるので、純粋なあなたの気持ちから離れた価値観や概念が生まれてしまう可能性があるからです。

仕事を辞めることが正解・不正解かは行動を起こす前に分かることはありません。

蓋を開けてみなければ分からないからこそ、悩むし不安になり誰かに相談したくなるものです。そこをグッと抑えてあなた自身の答えを見出すことで、進むべき方向が明確になります。

将来の自分について考える

10年先の将来でも良いですし、10年後の自分を想像できないということであれば、3年後の自分を想像するということでも問題ありません。

将来と聞くと大きいな事をしなければいけないとお考えになるかもしれませんが、そういう訳ではありません。

こういう生活をしておきたいなとか、こんな仕事をしていたいなど、あなた自身がどういう事を望み、その望みを叶えるために現在の職場を退職をするべきなのか、退職せずに将来的な望みを叶えることが可能なのかをまず考えましょう。

将来の自分を明確にすることで、今の自分に何が足りていないのか、将来の自分を実現させるために、今から何をしていれば良いのかということを整理しましょう。

整理してみると今の自分に足りない部分が自分自身で把握でき、今の職場でその足りない部分を補う事が出来ないのかという事を考えることができるようになります。

その職場であなたが思う将来の自分になることができないのであれば転職した方がいいでしょう。

金銭的な余裕について考える

転職活動をするにしても交通費が掛かります。本社へ選考を受けに行く必要が出てきたりすることも可能性として考えられます。またもし転職先が見つかったとしても現在の職場との給与サイクルが一緒ではない可能性があります。

今の職場は月末締め20日に給与が振り込まれているが、転職先では月末締め翌月末払いとなると10日間ほど、いつもよりお金を手にするのが遅くなりました。

そうすると家賃や光熱費、当面の生活費などを含めて退職しても金銭的にゆとりがあるのかという現実的な部分も確認する必要があります

私の経験的に、お金に余裕がないと正しい判断ができなかったり、焦りが生じ、気持ちも暗くなり前向きな考え方ができないということに陥りやすいです。生活する上で、ひと月当たり幾ら必要なのかを算出し、その算出した金額×3ヶ月分ほどの貯金があるかどうかも確認しましょう。

転職は1~3ヶ月ほど書類選考や面接、採用となるまでに必要となります。転職期間にお金で悶々とすることないような体制をあなた自身で作りましょう。

自分の能力でできること・できないことの洗い出し

今の職場で培った能力が何で、苦手な事は何かを明確にしておきましょう。

苦手な事やできないことを自分自身で受け止めて、どうしてできないのかを考えてみましょう。自分が努力してこなかったのか、苦手なことを着手することができない環境だったのか、どちらにしても理由をハッキリさせましょう。

あなた自身が苦手な事やできない事を克服したいのか、したくないのかということも分かるようになります。克服したくないという見解なら今の職場に残留した方が良いでしょうね。

新しい職場ではあなたは新人になりますし、やらないという選択を選ぶことはできない事が多いでしょう。それなら今の職場で出来ることを増やす又は得意分野の質を高めるほうがあなたにとって良いと思います。

もし転職という道を選んだのであれば、面接時にあなたができること・できない事を論理的に話ができるようになります。

だからこそ、あなた自身の能力の洗い出しは必要不可欠な行為です。

そしてできないことをあなた自身が受け止めていく必要があります。受け止めることで初めて改善策やなにを意識して直していくかを考えることができます。できる部分は伸ばしながら、できない事はできるようにする努力をしなければなりません。

転職するにしてもしないにしても、自分の弱みと強みを知ることは今後、あなたのキャリアステップに大きな意味を持つことになりますよ。

今の会社への未練について

あなたが今の職場に対して、どういう感情なのかという事を整理してみましょう。どんな会社でも良い思い出も悪い思い出が存在します。

入社してから現在を振り返った際に、良い思い出ばかり思い浮かぶあなたは、その素晴らし環境を無くしても良いのかという事を考えます。悪い思い出ばかり浮かんできたあなたは、なぜそんな悪い思い出しかない状況になったのか原因を探ってみましょう。

お世話になっている先輩や面倒みてきた後輩、一緒に色々な話をしてきた同僚に対して、あなたができることは全てやり切りましたか?

大事なのかその会社でやり切ったと心から言えるかということですね。

私は過去、転職したい気持ちと今のキャリアや職場メンバーに未練があるというような中途半端な気持ちの時がありました。その時は、一時的に未練を感じているだけだと考え、退職をしたことがあります。

新しい職場での仕事がスタートしてからも、本当に辞めて良かったのかという考えがずっと頭にあって、仕事で失敗したり落ち込むことがあると「辞めたの失敗だったかなー」と後悔してしまうことがありました。

その時は、もっと色々任されるポジションで仕事をしたいと思って転職を考えただけで、その時の職場メンバーや業務内容がイヤではありませんでした。

もっと心底考えて転職すれば良かった・・・と反省した経験があります。

考えているつもりで、自分自身の本音の部分に確信を持っていなかったからこそ、上手くいかないと前の会社が懐かしくなり、「こんなはずじゃなかった」という事になってしまうと自らの行動から学びました。

少しでも未練や後ろ髪が引かれる傾向の感情がある場合は、早まらないようにしてくだいね。

まとめ

仕事を変えるという事は、自分の今後を変えるという重要な事です。そういう大事な決断は心底考え、確信を自分自身で持たなければ後悔しやすいのではないかと思います。

転職する際に一度、自己分析するのがいいと思いますよ。

なぜ、転職を考えたのか・どんな将来を描いているのか・何にやりがいを感じ、モチベーションが上がるのかなど、自分の感情にとことん向き合って、自問自答することができないぐらい考えを突き詰めてみると、案外今の会社に残っている方が正解となる可能性もあります。

自分の弱みや強みを把握することで、選ぶ会社の基準も変化します。ベンチャー企業・中小企業・大手企業どれが一番ベストなのかも見出せるようになります。

案外、年齢を重ねると自己分析をしなくなりますが、年々あなたの心境は変化していくものですよ。年齢を重ねれば重ねるほど、経験から備わる価値観が変化します。

あなた自身の変化を見逃さず、大きな決断である転職について自問自答してみてくだいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)