辞令が下った結果突然転勤しなければならないことになったら、個人差はありますが誰でも驚きを隠しえないでしょう。独身で身軽な身ならまだしも、すでに配偶者がいて子どももいれば、転勤はかなり大きな動きになります。

もしも今の職場に何らかの不満がある場合は、たとえ同じ会社でも転勤によって環境を変える良い機会になりますよね。その場合は転勤歓迎といえるかもしれません。

しかし、職場に何の不満もない、通うのにも都合が良いという状況で転勤となったら、転勤が大きなストレスになるでしょう。場合によっては、転勤を理由に転職したいと思うこともあるはずです。

そこで、転勤を理由に転職するのがどうなのか、ポイントを絞って分析していきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

転勤先のメリットが何なのかを明らかにする

転勤と聞いた瞬間に転職を思い浮かべるぐらいですから、あなたは転勤が100%デメリットだと考えていることでしょう。

確かに慣れ親しんだ職場から離れてしまうのは不安ですし、転勤先へ引越すとなれば大変な労力を要します。また、配偶者や子どもがいる場合は理解を得なければいけないですし、いろいろな壁が次々と立ちはだかることは想像に難くないですよね。

ですが、転勤することのメリットについてしっかり考えているでしょうか?転勤はデメリットしかないと決めつけるのではなく、メリットもあるのではないかと視点を変えて考えてみて下さい。

たとえば、転勤先の土地柄や風土について考えてみます。もしも転勤先が自然の多い田舎だったらどうでしょうか?都会のギスギスした雰囲気からは解放され、のんびりとした空気の中仕事に取り組めるかもしれません。

また、配偶者や子どもからは、そんな土地柄や風土が変わるのを意外と歓迎されるかもしれませんよね。生活拠点を移すとなれば確かに大変なのは間違いないですが、その分いろいろな変化が体験できますから考え方次第では楽しめますよ。

世の中には転勤族と呼ばれるような転勤が当たり前になっているサラリーマンやOLが珍しくありませんよね。そんな転勤族のような人たちもいるわけですし、転勤について前向きにとらえてみることはできないでしょうか?

また、転勤先の土地柄や風土だけではなく、職場の雰囲気ががらりと変わった中で仕事をするのも思いのほか良い刺激になることでしょう。

人は基本的に変化を嫌う生き物ですので、最初のうちはなじみない職場の雰囲気にどこか萎縮してしまうかもしれません。転勤先で仕事をし始めてしばらくは「やっぱり転勤は辛い」と泣きごとが漏れてしまう可能性もあります。

ですが、人間には順応性が備わっていますので、最初のうちは慣れなくても、そのうちそこで働くことが普通になってきますよね。そうなれば転勤先での新しい仕事に、少しずつ興味を持てるようになるでしょう。

転勤したら何もかもが悪い方向へと進んでしまうのではないか、転勤への不安からそんな考え方にとらわれてしまうのはしかたないです。ですが、転勤は決して無駄になりません。

メリットも多いのだということを、知っておいて下さい。ですので、転勤が決まったらすぐ会社に見切りをつけて転職を検討するのではなく、転勤によってどんなメリットがあるのかを考えるようにしましょう。

転勤でもキャリアアップできるなら十分魅力的

転勤といってもさまざまな意味合いがあり、人によってどんな転勤なのかはさまざまです。ですから、転勤がキャリアアップにすぐ直結する、というわけではありませんよね。

ですが、明らかにキャリアアップできそうな転勤なら、転勤を言い渡されたことを理由に転職してしまうのはとてももったいないのではないでしょうか?

転勤で他の地で働かなければいけないのは誰でも心配ですが、それがキャリアアップになるなら前向きにとらえないともったいないです。キャリアアップの機会は、誰にでも均等にめぐってくるものではありませんよね。

会社から必要とされる人材になるのは大変で、要職につけるのは限られた人間だけです。ですので、もしもキャリアアップできる機会があるなら、多少のリスクは背負ってでも飛びついてみたほうが将来的にはプラスになりやすいです。

突然の転勤でどうとらえれば良いのかわからなくなってしまうことは多々ありますが、転勤によってキャリアアップできると考えれば少なくとも仕事的に悪い話ではまったくありません。

後は家族のことなどプライベートの調整次第ですし、もしも独り身なら思い切って飛び込んだほうが後々の仕事のためには良い実績となるでしょう。

また、今ではなく先を見すえた時、転勤で他の土地へ赴き仕事をした実績は、転職の際良いキャリアとして認められる可能性があります。それは会社から転勤を言い渡されても動じることなく受け入れたことを意味しますので、信頼できるビジネスパーソンだと思われやすいですよね。

また、転勤先で何か華々しい活躍をしたり、何でも良いですから役付きで仕事をしていたら、まさしくキャリアアップ以外の何でもないです。

着実にキャリアを積み重ねてきたと思ってもらえますので、後々転職する際有利にこそなれ不利になるとは考えにくいです。

また、転勤することで、会社への考え方や見方も変わるかもしれないですね。一社員として働くことに変わりはありませんが、さらに俯瞰的なとらえ方ができるようになる可能性は十分あります。

ですので、もしも他の人とは違ったキャリア形成、さらに会社への考え方や見方を深めていきたいのなら、転勤は良い機会です。つまり、転勤によってキャリアアップができると考えられれば、転職は思いとどまるでしょう。

転勤が嫌な理由についてしっかり向き合うことが大事

転勤か転職かで、あなたの仕事人生はまったく違ってきますよね。ただ、どちらも思い切った選択になることは間違いなく、軽々しく決めて良いことではありません。

そこで、転勤がどうして嫌なのか、その理由についてなあなあにしないことが大事です。どんな理由で嫌なのか、何となくではなくてしっかり向き合うことが大事です。

例えば、まったく土地勘がないことに不安を抱くパターンは少なくありませんよね。極端な話ですが北海道から沖縄へあるいはその逆で転勤するとなれば、他の転勤と比べても「本当にやっていけるのか」と転勤を断りたくなってしまいます。

それはあまりにも違い過ぎる土地での仕事に、自信を持てないことが転勤を嫌がる理由なのは間違いありません。確かにそんな極端な場合では、恐れる気持ちがどんどん大きくなったとしてもしかたないです。

そういわれて「わかりました」と気分良く即答できる人のほうが少数派でしょう。ただ、やってもいないのにできないと最初から決めつけてしまうのは、少しもったいないのではないでしょうか?

慣れない土地へ引越して生活していくのは大変ですし、そこで仕事をするとなれば不安が増大するのは当たり前です。ですが、それがたとえ嫌だとしても、やってみないことにはどうなるかわからないのもまた事実です。

そして、それが嫌で転職をしてしまったら、今まで会社で積み上げてきたものをすべて失うことになってしまいます。嫌な気持ちがまったくなくて転勤するのは厳しいにしても、とりあえずしっかりと向き合って転勤を受け入れることが大切です。

このようにして転勤するのが嫌な理由にしっかりと向き合えば、その選択が正しいのかどうか何となくわかってきます。

嫌な理由がどうしても譲れない、転勤するぐらいなら転職したほうが絶対に良いと確信できるなら、それもまたあなたの出した答えですので誰にも否定できません。

しかし、それをすることなくただ何となく嫌というだけで転勤を断って転職を検討するのは、やや思慮に欠けているといわざるをえません。それで会社で積み上げてきたものを一切合切失ってしまうのは、だいぶ不利益な選択ですよね。

最終的にどう決めるのかはあなた次第であることに違いはありませんが、まずは転勤が嫌な理由についてしっかりと向き合い、そのうえで後悔のない選択ができるようにしていかないと判断を誤りかねないです。

転勤することについてたくさんの人の意見に耳を傾ける

転勤について良いのか悪いのか一人であれこれ考えていても、堂々巡りになってなかなかバシッと答えを出し切れないです。そんな時は、転勤することについてたくさんの人の意見を聞いてまわりましょう。

これはあなたにとって重要な悩みですので、まわりの人からすれば重すぎる悩みですよね。それだけにまわりの人もだいぶ気は遣ってしまうのでしょうが、それでもいろいろな意見が聞けるのは確かです。

一番は家族で、配偶者や子供はもちろんのこと、親兄弟にも聞いてみると良いかもしれません。

家族がいったからその通りに転勤するかどうか決めるというのでは他力本願過ぎますが、あくまで参考意見として聞いておくことは大事でしょう。

そうすれば「どうせ家族には反対されるだろう」と思っていても、意外に賛成してくれて転勤への迷いが吹っ切れるということもあるはずです。

また、転勤か転職かについて論理的に答えを出してくれる人も中にはいるはずです。特に同じ会社ではなく違う会社で働く学生時代の友人は、そうしてあなたが納得のいく答えを出せるまで付き合ってくれるかもしれませんね。

同じ会社の同僚ではいろいろなしがらみがあったり、腹を割って話すことがそう簡単にはできないかもしれませんが、そうではなくて学生時代の友人なら遠慮なくズバズバといってくれることでしょう。

また、あなたにとってどんな選択をするのが本当に正しい選択なのか、それについてアドバイスしてもらえるかもしれません。

転勤か転職かはかなり大事なテーマですので、意見は多く聞いておいて無駄にはなりません。最終的にどう判断するのかはあなた次第ですが、さまざまな意見を参考にしながら考え方を整理していきましょう。

転勤することにどうしても不安がある、あるいは転勤したくない気持ちがあるというなら、その気持ちや考え方にどれだけの人が賛同してくれるかです。

そこであなたの考え方を支持する人もいれば、異を唱える人もいるはずです。

そこで頑なになってしまって他の人の意見を聞こうとしなければ意見を聞きまわった意味がありませんので、たとえあなたとは違った意見の人がいたとしても、その意見を無視しないようにしないといけないです。

どの意見が正しいと一概には言い切れないところですが、転勤についてさまざまな意見を聞くことがあなたの判断を後押ししてくれます。

転勤せずに転職を選ぶことも考えに入れておく

会社から転勤を言い渡されたら必ず転勤しないといけない、というわけではありません。厳しいかもしれませんが、それを断ることもできます。また、転勤を言い渡されたことがきっかけとなり、転職への考えを固めるケースもあります。

転職を選ぶのが良い結果になりやすいのは、転勤したらあなたにとって不利益にしかならない場合です。転勤の中には、残念ながら左遷まがいの転勤もありますよね。

もしもそれを受け入れてしまったら、良い未来がやってくるといえるでしょうか?残念ながらいえないですよね。それなら転勤先で日の目を見ない仕事をするよりも、転職して他の会社で頑張ることを考えても良いはずです。

転勤を理由に転職するなんてだいぶ思い切った選択だと、まわりからは奇異の目で見られてしまうことは覚悟しなければいけません。しかし、あなたの人生ですから、そんな外野の声を気にしてはいけないです。

あなたにとって貴重な意見をいってくれるような声は参考になりますが、ただ表面的にみただけで考えなしの言葉をいわれても、それは単なる感情的な感想に過ぎません。

ですから、転職を決断するなら自信を持って、その方向に動いていきましょう。

たとえ転職したからといって、転職先で思い通りの仕事ができるとは決まっていないですよね。また、転職先でも、いつかは同じようなシチュエーションで転勤を言い渡されるのかもしれません。

ですが、それを恐れていたらいつまで経っても転職はできないですし、転勤の話を蹴ることに何の躊躇いもないのなら、転職することに全力を注いでいきましょう。

転職の話を持ちかけられたから転職を真剣に考えるきっかけとなった、そんなふうに解釈すれば、転勤の話に対してもポジティブにとらえられます。

転勤だけが正しい選択でないのは確かですし、転勤と転職を天秤にかけて転職が良いと判断したなら、転職するのも当然ありです。

まとめ

転勤をするかしないかで、転職するかどうかも決まってきますよね。あなたにとっては、大きな分岐点です。

まずは転勤があなたにとってどのぐらいのメリットなのか、それを最優先で考えていきましょう。転勤が嫌だと思う気持ちは多少なりともあるでしょうが、まずは転勤のメリットからです。

そのためには、まわりの人からの意見も参考にしてください。

ただ、参考にして考えてみても転勤のメリットがそれほど見当たらない場合は、転職も含めて転勤を断る選択があります。どう判断すれば満足するのか、それはあなたの結論次第ですので、十分突き詰めてから結論を出すよにしましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)