限界を超えて頑張っているのに仕事でまったく評価されなければ、誰でも辞めたいと悩んでしまいますよね。あなたの期待通りに仕事を評価してもらえなかったら、仕事に対する意欲を失ってしまうことも珍しくないでしょう。

頑張ったら頑張った分は評価されないと苦しくなりますので、正当評価されるかどうかはとても大切です。そして、その評価がきっちり機能していないようなら、転職も1つの解決方法だと考えますよね。

ただ、その考え方は本当に正解なのでしょうか?仕事で評価されなくて悔しい気持ちになった時に辞める、あるいは転職するのが良いのかどうかについて、これから徹底的に追及していきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

53%の人が仕事で評価されず悩んだ経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、53%の方が仕事で評価されず悩んだ経験があると回答しています。不満に感じる理由としては、「理不尽」がキーワードでした。

男32歳 病院勤務 医療技術者

不当人事で左遷され上司部下との折り合いが悪く事あるごとに難癖をつけられ、挨拶や連絡報告もなく何もしていないのに完全に職場で干された状態だったこと。

女21歳 サービス業

厨房で調理をしたくて勤めたにも関わらず、三ヶ月間ひたすら皿洗いだった。調理の方をやれるようになったのも誰かが辞めたから評価してもらったわけではなく、枠が空いただけだった。

男27歳 自動車部品開発職

報告書を納期より早く仕上げ、内容についても客先からも満足してもらっていたが、査定が納期を守っていない人と同等だった

女25歳 商社営業事務

若手は一本でも多くの電話を取り、細かい受注をこなすことが良い、と先輩に言われていました。フロアを走り回るほど忙しかったのですが、上司に評価されるのは、大きな得意先を担当する先輩方ばかり。新しい案件をいくらこなしても、売上は上がらず『電話取ってないからでしょ』と怒られていました。

38%の人が評価されないのが理由で仕事を辞めている

仕事で評価されず悩んだ経験があると回答された方の中で、実際に38%の人が辞めたと回答しています。

辞めたと回答した人の声

女35歳 非常勤講師

仕事やってるアピールだけが上手な人が評価される職場は人を見る目がなく未来がないと思うから。非常勤という立場だし金銭面でも恵まれていなかったのでやめても惜しくもなかった。

男28歳 プログラマ

上司を含め会社が古い体質のため、中々新しい技術やノウハウが浸透せず、長く在籍していても成長が望めないと感じ退職しました。

女26歳 コールセンター

自分自身が原因なら努力次第で改善できるけれど、悪意を持って邪魔をしてくる他人を変えることはできないから。

男22歳 新聞営業職

取引先の新聞販売店に一生頭が上がらず、ボロ雑巾のようにこき使われ、頑張った分だけの報酬が全く見合わなかったため。

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)30歳 営業事務

他に働きたいと思うような仕事がないからです。扱いに関しては不満なのですが、仕事内容はとても楽しくできているからです。

男(ad)36歳 技術職

根本的な解決にはなりませんでしたが、辞めさせられることはないと思い直して、あまり気にし過ぎないようにしました。

女(ad)25歳 一般事務

転職するにしても、同じような仕事で評価が認められるような会社は少ないと思うから、諦めました。今は定時退社でマイペースに働いています。

男(ad)32歳 病院勤務

定期的に転勤がある職場であったため転勤希望等は書いていたが、結局問題であった上司部下が転勤して職場からいなくなった。

仕事で評価されず辞めたいときの対処法

女(ad)33歳 不動産経理

気持ちを前向きに持つようにしました。今、色々な経験を積んでおいて、もし転職した時はそれが自分の強みになりアピールポイントとなるからです。また、頑張れば頑張った分だけお天道様が見ていてくれている、そう思うようにしました。

上司が仕事のどこを評価するのか知ってから仕事に臨む

女(ad)42歳 事務

他の上司に相談して、自分の仕事を見てもらい、上司間で話をしてもらい評価するように変えてもらいました。

まず最初に考えなければいけないのは、仕事を評価するのは間違いなくあなたの上司だということです。あなたと一番近いポジションにいる上司が仕事を評価します。

つまり、仕事を評価されていないと感じる原因となっているのは上司です。ですので、まずは上司に対する認識を改めていかなければなりませんね。

あなた上司に評価してもらえそうな仕事を普段しているでしょうか?頑張ってはいても、もしもその仕事の方向性が間違っていたら評価してもらえないです。そこで、上司が仕事のどこを評価するタイプなのか、それをまず見極めないといけないです。

例えば上司がとにかく数字にこだわるタイプだった場合、数字を良くすることが評価される最重要ポイントになりますよね。あれこれ言う前にまず数字で仕事の実績を示す、これこそが上司に評価されるためにあなたがしなければいけないことです。

もしもあなたの仕事のポリシーに「数字にだけこだわるのは良くない」というものがあったら、相反する考え方なのでどうしても評価されにくくなってしまいますよね。まずそこを理解しないといけません。

そこで、仕事で評価されたければ、あなたのポリシーや主張はいったんわきにどけ、折り合いをつけながら上司に評価されそうな仕事をしてみるとそれまでの評価が覆るかもしれません。

四の五の言わずに数字というわかりやすい実績を示せば、上司はあなたを「優秀な部下」として高く評価してくれるでしょう。

これはあくまで数字にこだわる上司の例え話なので、上司ごとに評価される最重要ポイントは違います。中には数字にはあまりこだわらず、内容で勝負するのが好ましいと考える上司もいるはずです。

大切なのは、とにかく上司の評価ポイントがどこなのか、それを正しく見極めていくことです。それができるようになれば、あなたの仕事に対する取り組み方も良い意味で変わっていくのではないでしょうか?

上司を選ぶことができれば苦労はないのですが、残念ながらそれはできませんよね。時にはあなたの考え方と真反対の上司になってしまうこともあります。そうなると普通に仕事をしていたのでは、評価されにくくなってしまいます。

そこで、上司の仕事に対する考え方を見抜き、それに合わせた仕事への取り組み方をしていくと比較的評価されやすくなります。

あなたの仕事に対するポリシーを貫けないのは悔しいかもしれませんが、評価されたければ一工夫入れることも必要です。

上司の期待を上回るにはどうしたら良いのか考える

男(ad)28歳 メーカー営業

なぜそのようなことが起きたのかを考え、理事長とのコミュニケーション不足だったことが判明。そこから、コミュニケーションを細かく取るようにし、自分の仕事を1から見直し、一歩先の仕事をするよう心掛けた。

次に考えたいのは、上司からの評価を直接アップさせる方法についてです。上司から仕事を振られれば、その期待通りに動こうとするのが部下です。

ただ、上司から評価されたければ、期待通りではなく期待以上を目指さないとなかなか上手くいかないです。そこまでやって初めて、仕事で評価されることにつながっていきます。

期待以上の仕事をするのはとても大変なので「そんなの無理じゃないか」と弱気になってしまうかもしれません。ですが、そこが踏ん張りどころだと思ってもう1度仕事への取り組み方を見直してみましょう。

まず見直していきたいのは、一歩先の仕事ができているのかどうかということです。

たとえば何かの仕事を振られたとき、その仕事を無難にこなすだけではなくてアクシデントへの対応まで盛り込んだ一歩先の仕事ができれば、優秀な部下だと評価してもらえる可能性は高くなりますよね。

仕事を振られてそれ以上の成果を出せば、いかに鈍感な上司でも評価せざるをえないでしょう。

上司が次に考えそうなことを先読みして仕事をしていくのですから、決して簡単なことではありません。それをあえて聞かずに自ら自主的にやっていくわけですから、まず仕事についてよくわかってなければいけないです。

ただ、そんなふうに上司の求める期待を超えるようなフィードバックをし続けていけば、仕事が評価されやすくなります。

仕事で評価されるためには、会社の事業に直接関わるような大きな仕事に関わらないといけませんよね。そして、そんな大きな仕事に関われるかどうかは、普段の仕事ぶりの積み重ねが大事です。

いつもどんな小さな仕事でも上司の期待以上のフィードバックができていれば、上司から抜擢されて大きな仕事にも関われるようになるでしょう。その点を意識して仕事に取り組んでいけば、すぐではないにしてもいずれ評価されるようになってきますよ。

期待通りの仕事をしていればそれで評価がうなぎのぼりに上がっていくだろうと、部下の立場からすれば考えたくなりますよね。しかし、それだけでは仕事で評価されるのにもう一押し足りないです。

評価されたいのなら、辞める前にまず期待を超えるような仕事ぶりを目指してみましょう。辞めたり転職を考えたりするのは、それからでも決して遅くはありませんよね。

取り組んでいる仕事を周りに効果的にアピールする

その次は、仕事のアピールについてです。社内表彰制度のように、仕事を周りにアピールできる場が設けているケースが今は少なくないですよね。

会社の方針で社員のモチベーション向上を図るため、さまざまな評価システムを用いている場合があります。あなたはそれを把握しているでしょうか?

仕事をガムシャラに頑張ることももちろんアピール方法の1つではありますが、それで評価されないようなら何か別の手立てを考えなければいけません。そこで注目したいのは、取り組んでいる仕事を周りに効果的にアピールする方法が何かということです。

社内表彰制度を露骨に利用するのはあざといように感じられるかもしれませんが、管理職の立場からすればそこでしっかり活躍できるような社員を待ち望んでいます。そして、その点で結果を出す部下は、自然と評価したくなるものです。

会社の敷いたレール、ルールに則って結果をしっかり出しているのですから、評価しないということはまずないです。もしもそんな社内表彰の対象になれそうだったら、それを積極的に狙ってみてはどうでしょうか?

朝礼などで表彰されるようなことがあれば、あなたの取り組んでいる仕事は否が応でも注目されることになります。それはあなたの所属する部署のみならず、他部署にもしっかりアピールできますよね。

それを見ている上司がたくさんいれば「見どころのある社員だ」と、高く評価してくれるかもしれません。アピールできているかどうか、それだけでも周りからの評価はガラリと変わってくるものです。

そこを理解していれば、社内で評価されるために全力を尽くそうと思えるのではないのでしょうか?

仕事でいくら頑張っていたとしても、その頑張りは周りになかなか伝わらないものです。それなら、少し過剰なぐらいあなたからアピールしていかなければなりません。

それだと目立ち過ぎてしまうのではないかとどこか気後れしてしまう気持ちがあるのかもしれませんが、周りからすればそれぐらいアピールされて実はちょうど良いです。

ですので、仕事で評価されないことに不満を持っているなら、まずは取り組んでいる仕事のアピールをしていくことです。社内表彰制度のようにアピールの場が用意されているなら好都合ですし、そこに向けて努力していけばとても効率的に評価されやすくなるでしょう。

アピールするのは簡単なことではありませんが、それもあなた自身をプロデュースしていく手段だと割り切ってやってみてはどうでしょうか?

それを機に評価が一変するということもあっておかしくないですし、周りからの注目を集められる可能性が高くなります。

評価されない状況が改善されるかどうか将来を見通す

男(ad)36歳 病院薬剤師

人事異動がある施設なので、今後やる気があり、自分と同じ様な考え方を持つ人材が転勤してくることができ、または、自分が転勤して、新た施設で頑張っていこうと思う気持ちがあったから。

さらに意識したいのは、将来への見通しです。仕事がどうやっても評価されない時は、その状況が改善されるかどうか将来を見通していかないといけません。

人事の情報はなかなか入ってこないかもしれませんが、それでもそれとなく情報収集していれば伝わってくることもあります。

例えばあなたを評価してくれない上司がもうすぐ異動になる、転勤になる、退職するということなら、まず待ってみることも大事ですよね。上司が変われば評価も全然違ったものになる、それは会社においてよくあるパターンです。

もしもその前に我慢しきれず辞めてしまったら、もったいないですよね。

また、これは何も上司の人事異動だけに限った話だけではありません。あなたの担当する仕事も、変わる可能性があります。今まで向いていない仕事をしている自覚があったなら、担当する仕事の内容が変わるのはピンチではなくチャンスです。

希望通りの仕事になるかどうかはわからないですが、もしも希望通りの仕事になればその仕事で評価してもらえるかもしれません。

仕事には、間違いなく個人個人の適性があります。その適性を無視した仕事をしていたのでは、いつまで経っても評価されるわけがありません。そのままだったら、辞めることももちろん視野に入れるべきでしょう。

しかし、そうでないこともあります。そのためには先の将来に何か変化がないかどうか、そこを見通していかないといけないです。

さらに、これは会社の経営状態、評価システムの変更などももちろん関係してきます。会社そのもので大きな動きがあるときは、とりあえず様子見をして動向を見守るのがセオリーです。

そして、会社の将来がどうなっていくのか、ひとまず静観したほうが良いです。仕事で評価されないことのフラストレーションが溜まっているときは、すぐに行動をおこして何か対策をしようとします。その中に、辞めることや転職の選択肢も含まれていることでしょう。

ですが、それだけが必ずしも正しい選択とは限りませんので、まずは評価されない状況が改善される見込みはないのか、そこをしっかりと見通していきます。

そうすることで、今後の身の振り方についてどうすれば良いのか、正解が見えてくるはずですよ。

打つ手なしなら転職を本格的に検討していく

男(ad)32歳 銀行

辞めたいと思ったらまずは転職の下調べを行う。自分がどれくらいの職場に転職できそうなのか、それが今の職場と比べてプラスになるのかを客観的によく考えて、第三者の意見も聞いてから判断するのが良いと思う。

最終的に考えるのは、転職についてです。たとえ仕事で評価されていなくても、その状況を何とか変えていく方法はいくつかあります。

ただ、それが必ずしもうまくいくと決まっているわけではありません。あなたがどう頑張ってみても、残念ながらどうにもならない場合もあります。そんな状況にまで追い込まれてしまったら、辞めて転職する方法も解決策として知っておかないといけないです。

いつの時代も、会社は星の数ほどあります。それなら特定の会社だけにこだわる必要はなく、別会社へ転職していくのも状況を変えるには必要なことです。

転職をするときに注意したいのは、同じ轍を踏まないようにすることです。

転職できれば状況が絶対変わる、今度は必ず仕事を評価されると思い込み、実は前とあまり変わらない会社に転職したのでは、また悔しい思いをすることになります。それだけは何が何でも避けなければいけませんよね。

そこで、転職しようとしている会社の社風や経営方針はどうなっているのか、よくリサーチしたうえで決めないと同じ失敗を繰り返すことになってしまいかねません。

それでまた転職となったら、仕事がいつまでも安定しないままになってしまいます。

転職をするなら入念なリサーチは欠かせないとよくわかっていても、実際にやってみるとなると焦る気持ちが少なからず出てきてしまいますよね。

そうなるととりあえず転職することだけに一点集中してしまい、本来の目的を見失ってしまうこともあります。それでは本末転倒で転職するメリットがありませんので、仕事を評価してくれそうな会社にしっかりと絞り込んで転職活動をしていきましょう。

最大目標は転職先を早く見つけることではなく、仕事を評価してくれる会社を探すことです。

それさえ忘れなければ良い会社への転職が果たせるはずですので、焦らず丁寧に会社探しをしていくことが転職で後悔しないための心構えです。

また、転職をするなら引継ぎについても精一杯力を尽くし、迷惑がかからないようにしないといけないです。仕事で評価されなかったことは残念ですが、今まで働かせてくれた会社に感謝の気持ちを忘れてはいけませんよね。

そうしてけじめをきっちりつけることが転職のマナーですので、気持ち良く転職ができるように最大限の努力をしていきましょう。

まとめ

精一杯頑張って取り組んでいる仕事が期待通りに評価されないのは、非常に悔しいことですよね。どうして評価されないのか、日々悶々と悩んでしまうこともあるでしょう。

会社の中で働いている以上仕事の評価に対する葛藤は多かれ少なかれあるものですが、その悩みが大きくなってしまうと苦しくなってきます。

ただ、その状況に陥った時どういう行動を取っていくかで、仕事への評価をひょっとしたら変えられるかもしれません。ちょっとした工夫をするだけで変わることもありますので、諦めないで何かしらの策を打っていきましょう。

もしもそれで結果が出ないようなら、最後の手段として転職してしまうのも解決方法です。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)