「住宅手当がないから、貯金が出来ない」というお悩みは、真剣に将来設計をされている証拠だと感じます。貯金というのは、将来の自分の生活の基盤となるものです。この不安定な情勢のなかで、そのお悩みはご最もです。

使うときはあっという間ですが、ためるとなるとなかなか苦しいものです。しかも、会社の手当てというのは当然、気になるものです。

月々、生活する中で、支出の割合が最も高いのが住宅費です。貯蓄について、真剣に考えれば、考えるほど、家賃という大きな割合を占めるものが気になるのは当然かと思います。

転職するかしないかも含めて、住宅手当、貯金について、一緒に考えてみましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)

自分が住んでいる家の家賃が適正かを見直す

「住宅手当」がないというお悩みですが、良く分かります。しかし、「住宅手当」がない会社に、それをつけてくださいというのは、まず無理ですよね。なので、まず、自分の家賃のあり方を考えてみます。

現在、あなたの家の家賃はいくらでしょうか。年収はいくらでしょうか。

自分の住んでいる住宅の家賃が、「自分の年収に対して、適正であるかどうか」をご存知でしょうか?

調べてみるとすぐに分かるのですが、家賃というのは、「自分の年収の25%以上」であれば、生活を圧迫してしまうそうです。案外、割合が低いんですよね。

ひとむかし、日本が好景気に沸いて、毎年、毎年、年収が上がり続けていた頃は、「家賃は年収の3割」を超えていたそうですが、現在は、そういうわけには行かないそうです。では、現在で言うとどのくらいが適正かと言うと、「年収の2割」だそうです。

まず、この話を参考に、現在の自分の家賃を見直してみてはいかがでしょうか。家賃の占める割合が、あまりにも大きい場合、もしも、可能であれば引越しも視野に入れても良いかもしれません。

引越しは大変に感じるかもしれませんが、探せば好条件の物件は案外見つかりますし、毎月の固定費の削減は、あなたの貯金に直結します。月に家賃が1万減ったとしたら、年間12万円も貯金できます。これは大きいです。

また、可能であれば、現在住んでいる家の不動産屋さんや大家さんに家賃交渉が可能か聞いてみるのも良いかもしれません。場合によっては値下げが可能なケースもあるようです。少々勇気が必要ですが。

住宅を自分で購入している場合は、引越しによる見直しは難しいかもしれません。しかし、住宅ローンの借り換えをすると、ローンの年利が下がっている場合、支払額が大幅に下がる可能性があります。特に、好景気だった頃に買った人は、見直しを試みるべきです。

住宅ローンの借り換えには手数料がかかったりしますので、借り換えの際は、金融機関に相談してみるのも一つの手段かもしれません。いろいろな金融機関に合い見積もりを出してもらって、検討してみるといいです。

知人のケースだと「ボーナス払い」をしなくても返せるようになったと、とても喜んでいました。検討の余地アリです。

他の会社の「住宅手当」の現状を調べる

「住宅手当」というと、家賃分のお金をたくさん出してくれるイメージもあるかもしれませんね。しかし、住宅ローンを支給している企業の住宅ローンの実際の金額は、平均して、1~2万円だそうです。

「え?そんなに少ないの?」となりますよね。あくまで、平均ですので、多い会社だともっと出していますし、当たり前ですが、平均以下の会社も多くあります。

また、住宅手当自体を導入している会社自体が、全体の4割程度で、その制度自体を利用する会社自体が減少傾向にあるそうです。ですから、住宅手当が出ていない会社のほうが出ている会社より、現状少なく、しかも、今後減少していくことが予想されるということですよね。

これを聞いてどう思いますか。転職を検討してみようと思いますか?当然、住宅手当を出している会社は4割ありますから、検討の余地もまだまだあると思います。

もしも、転職を本格的にしてみようと思うならば、「住宅手当」を導入している会社を探して、転職してみるところをまず想像してください。そして、「住宅手当」を具体的にいくらぐらい貰う予定かをまず考えましょう。

先ほども、言いましたが、平均して1~2万円のところが多いようです。もしも、それ以上にあなたが貰いたいと考えているならば、転職先も限られていると考えなければならないといえます。

手当ての金額を多く出している会社は、やはりある程度大手が多いようです。今以上に良い待遇を求めるのですから、当然、その分の自分のスキルもそれ相応に求められると考えられます。

また、転職の際に、あなたの希望する「住宅手当の金額」の条件に該当する企業自体も多くはないでしょうし、仮に合っても入社できるかどうかが難しいところですよね。

「住宅手当」を出しているのは全体の4割の会社で、さらにその「住宅手当」が自分の希望する額であって、さらに自分の通勤圏にその会社が存在しているという条件の上に、自分がこなせる仕事である会社でなければならないわけです。

その会社が見つかっても、まずは、その会社の面接を受け、選ばれ、入社しなければならないのです。

厳しいようですが、すべてことを理解した上で、転職活動を始めましょう。転職した先の福利厚生の面は仮に満足したとして、仕事の内容や、人間関係なども視野に入れておかなければなりません。

入社してすべてがうまくいくわけでは当然ないです。うまくいかない可能性も考えておかなければなりません。

あなたの現状の仕事の立場はどうでしょうか。仕事は楽しいでしょうか、やりがいはありますか?、人間関係は良好でしょうか、クライアントはあなたを必要としていませんか?よくよく考えてみてください。

もしも、それらが充実していて、「住宅手当」以外の不満がなかった場合、一度立ち止まってみるのをお薦めします。もちろん、手当ては大切ですが、それ以上に大切な要素も仕事にはあるのです。

貯金のためのほかの収入源を考えてみる

副業可能な会社であれば、Wワークを検討してみるのも良いかもしれません。多種多様の時代ですから、会社が終わってから、アルバイトをするというのもアリなのではないでしょうか。

空き時間が1・2時間あれば、夜に塾のバイトや、ポスティング、夜間レジのバイトなどもできると思います。

体力的な心配があるのならば、在宅ワークも増えてきています。クラウドワークスやランサーズなど、自宅にいながら仕事を受注できる仕組みもあります。そういった仕事であれば、自分の体力に応じて、出来ますし、月の貯金に回すことが可能ですよね。

もしも、パソコンスキルがある方であれば、収入額も期待できるかもしれません。副業があるというのは、収入面だけでなく、不思議と心理的余裕が出てきます。他の現場でも働いているからでしょうか。

全く違ったことに従事していることによる気晴らしからかもしれません。世界が広がった感覚が得られます。

今流行のメルカリやヤフオクなどで手作り雑貨や不用品を売ってみるのも良いかもしれません。この際、いらないものをなくしてすっきりしても良いかもしれません。意外なものが売れるようです。

使いかけの化粧品や、壊れたパソコンのコンセントなど。やってみると意外と面白いかもしれません。コツコツ売ると、月に1万程度にはなるのではないでしょうか。

生活支出の無駄を削減してみる

生活の支出の内訳を知っていますか。もしも、あいまいであれば、家計簿をつけるところから始めてみませんか。意外と無駄が見えてくるものです。

「会社の行きがけに買っているペットボトル」や、「衝動買いで買った服」、「深夜のネットショッピングでの買い物」、「趣味にお金をかけすぎている」などさまざまな支出があるのではないでしょうか。それらの支出を抑えていけば、月に1・2万の貯金が出来ます。

仕事をしているとよく、そのストレスからか、衝動買いや、外食が増えていきます。「まあ、いっか」という心の隙ができて、その際についついお金をつかってしまいがちです。

そういった気持ちを引き締めるためにやっているのが、1日働いた自分の日給を計算してみることです。とんでもなくひくかったりするので、日給を考えると、衝動買いを抑えられます。

日給以上にその日使ってしまうと、働いた意味が感じられないからです。これはかなり気が引き締まります。

もう既に家計簿をつけている人は、そこから見える数字に目標を立ててみるのはどうでしょうか。

たとえば、食費を7万使っていたとしたら、月に5万の食費にするという目標をたてて、5万しかお金を下ろさないようにしておくとか、レジャー費が3万かかっていたとしたら、レジャーの内容を公園へお弁当を作って出かけるなどして、1万円にしてみるとかいうように、少し窮屈かもしれませんが、目標を立てることで、貯金分のお金を確保していきます。

家計簿をつけるのが、面倒だという人に効果的なのが、お財布に2000円しか入れないことです。買い物に行くときも、それ以上に買えませんし、考えながら、計算しながらお買い物するので、節約になります。

他には、お財布の中の小銭はすべて貯金するなんていうマイルールを決めるのも良いかもしれません。少しのことですが、年間にするとずっしりと貯まります。

お金の溜まる仕組みの構築をする

まず、使えるお金の額を変えてしまう方法はどうでしょうか。

どういうことかというと、定期預金や積立預金を行って、勝手に月々2万程度抜かれる仕組みを作ります。たとえば手取りが25万だったとして、定期預金に2万円毎月預け入れしておくと、23万円で当然生活しなくてはなりません。

当たり前だと思われるかもしれませんが、自動でお金を預けてしまうと、初めからなかったような感覚になって、案外溜まっていきます。

預けるときのポイントとしては、あまり高額にしないことです。なくても困らない程度の小額からはじめることです。小額でも、気がつかない間に結構溜まっていきます。

人間は、不思議なもので、お金が溜まっているのをみると、使いたくないし、さらに使いたいという真理が働いて、ためる額を増やしてみたりするものです。まず、はじめてみることが大切なんです。まず、銀行へ行ってみましょう。

定期預金でなくても、保険や金融商品の購入でも良いかもしれません。「お金にはたらいてもらう」という言い方をよくしますが、銀行金利は、現在非常に低く、預け入れをしていても、金利による増の期待は持てません。

なので、金融商品や個人型拠出年金などを検討しても良いと思います。

個人型拠出年金は控除対象なので、年末調整で支払いに応じて税金が還付されますので、その還付されたお金も貯金に回せますし、年金が将来もらえるので、将来への不安への一つの備えになるのではないでしょうか。

金利が期待できないので控除を狙ってみるというのはアリです。また、同じ理由で、生命保険や医療保険に加入していない人は、加入すると、年末控除の対象になります。

年齢にもよりますが、若く、まだ入っていない方は、検討してみるのも良いと思います。保障がある上に、控除で税金が還付されるのは魅力的だと思いませんか。

個人の投資でいうと、非課税NISAの投資も、利益が出てもある一定額までは課税対象にならないので、投資してみても良いかもしれません。投資は、絶対にプラスになるわけではなく、マイナスになるリスクも当然あるので、やり方を研究する必要はあります。

投資信託に関する書籍が多く出ているので、まず本屋に立ち寄ることから始めてみるのをお薦めします。新しい挑戦の糸口がつかめるかもしれませんね。

住宅手当がなくても、いろいろと学習することで、ほかで溜まる仕組みを構築できるのではないでしょうか。

まとめ

住宅手当がないので転職をと考えるのも良く分かります。ただ、一度立ち止まって考えてみてもいいのではないでしょうか。住宅手当限定で考えてしまうと非常に窮屈なものになってしまうので、視野を広げてみてください。

もちろん転職をするのも良いと思いますが、自分が今の会社で頑張って年収を上げるとか、生活費を見直すとか、副業を検討するとかいろいろな方法で、住宅手当程度は貯金が出来るようにも思います。

住宅手当がある会社を探してみるのも良いですし、他の方法をやってみるのも良いですが、もう少しゆっくりと今の自分を振り返りながら、貯金の方法を模索してっみてはどうでしょうか

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)