家族経営の会社は、会社の雰囲気が和気あいあいとしていて、社員一人一人のことをきちんと見てくれそうなイメージがあります。

反面、もし経営者一族の誰かがあなたを嫌いになった場合、孤立無援になる可能性もあります。また、プライベートと仕事が曖昧になっている可能性もあります。

もちろん多くの経営者は、そうならないように注意を払っているはずですから、全ての家族経営の会社に問題がある訳ではありません。

しかし微妙な人間関係は、他人よりも親族の方が拗らせやすいので、社員が経営陣のいざこざに巻き込まれて大変な思いをするかもしれません。

そこで、家族経営の会社で辞めたいと感じるほど辛くなった場合の5つの対応方法について順を追ってご紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)

本当に辞めて良い理由なのか考える

あなたはその会社のどんな点が不満で辞めたいのでしょうか?

  • 経営者一族の誰かに嫌われていてパワハラまがいのことをされている
  • プライベートと仕事が曖昧なので、無駄な仕事が多くサービス残業も多い
  • 経営者一族に対する特別扱いを見るとやる気を無くす
  • 一族の思惑や気分で会社の方針がころころ変わり、ついていけない
  • 会社の業績悪化と言われて、サービス残業しなければいけない雰囲気になっている

辞めたい理由として上記のものが考えられます。辞めようと思う基準は人それぞれとはいえ、とりあえず大切なのは、給与とハラスメントです。

給料が労働の割に明らかに安くて上がる見込みもないとか、無駄な仕事やサービス残業が多くて不満を感じている場合は、辞めることを本気で考える理由になります。

給料の安さというのは額面だけでは判断できません。

家族経営の会社の場合、悪気なくプライベートの用事を仕事に組みこむことがあります。例えば、業務と関係のない買い物とか、誰かの誕生パーティの用意や接待など、または業績の悪化でサービス残業ということもあります。

無関係な立場であれば、断ったらいいのにと思いますが、内部にいると断りにくいものです。

家族経営の会社では、ランチの差し入れがあったり自分の誕生日にプレゼントが贈られたりすることもあり、自分に心遣いがあったのだからお返しをしなければと思うのです。

また、入社時に小さな会社だから、社員全員で盛り立てて欲しいと言われていれば、業績の為に仕方がないかなと思ってしまうこともあります。

しかし、百歩譲ってたまにはそんなこともあるかもしれませんが、頻繁になってくると疑問が湧いてきます。情とか愛社精神を抜きにして考えると、とてもではないが実働に見合う給料が支払われていないと気付くこともあります。

また、本気で辞めることを考える理由に、経営者一族に嫌われて仕事に影響が出ている場合があります。少しウマが合わないくらいならまだしも、一族の誰かに、決定的に嫌われていると居場所がなくなり針の筵となります。

他の社員も、なんとなく一族に気を使ってあなたに気軽に話しかけるのをためらうかもしれませんし、気に入られている社員より明らかに待遇が悪くなることも多いです。

他の人が自由に取れるような有給が、あなただけ文句を付けられたり、誰もが好まない仕事を毎回押し付けられるかもしれません。

これらのことは、酷い場合はパワハラになります。普通ならば上司や人事に訴えることもできますが、一族の力が強いと重要な地位が一族で占められているので、訴えても認めてもらえないのです。

それならば、弁護士に相談しようと思うでしょうか?

あなたが心理的肉体的に、賠償を求めたいほどのダメージを負った場合は別にして、決定的なダメージを負う前であれば、転職の為に力を注いだ方が余計な労力を使わないで済みます。

給料が悪くなく一族に嫌われていない場合

しかしもし、給料もそこそこで、一族にも嫌われていないならば、現時点で辞めることが本当にあなたにとって良いことなのかよく考えましょう。

例えば一族が、ろくに働いていないのに高給をもらっている場合、経営者側からすれば税金対策であっても、働いている側からすれば、自分たちが働いて稼いだものを取り上げられているようで、気分が良いものではありません。

モチベーションも下がります。しかし、あなたの給料が客観的に見てそこまで低くなく、気持ちの面で我慢ができるならば、少し様子をみましょう。

もし納得がいかない気持ちが残るなら、密かに転職活動をしてもいいのです。それで良い会社と出会えたら幸運ですし、やはり、この給料ならば仕方ないかなと思えるならば、そのまま続けるのも一つの選択です。

一族の思惑などで会社の方針がコロコロ変わる場合も、あなたの業務にそれほど差し障りがないか、差し障りがあってもそれに見合う給料であれば、早まってすぐに辞めない方がよいでしょう。

辞めても必ずしも更に待遇の良い会社に転職できるとは限りません。

こんな会社で一生働くのは嫌だ!と心で叫んでいても、決して焦らずじっくり、あなたにとって働きがいがある会社を探して転職しましょう。

けれども、今はあなたに火の粉が降りかかっていなくても、ずさんな経営や、しっかりした経営方針がない行き当たりばったりの会社であったら、いずれは傾いてしまうことも考えられます。

それなので社員が路頭に迷うような事態になる前に、将来性が著しく不安な会社は、自分のスキルを磨いて出来るうちに転職する方がいいでしょう。

仕事とプライベートを分ける

辞めるべきかどうかを見極めた後、しばらく様子を見ようとなった場合、不満を減らす為に、まず仕事とプライベートを分けましょう。

辞めたいと思うくらいであれば、言い方は悪いですが、仕事の時間は人生の時間を切り売りしていると言えないこともないのです。もちろん、やりがいを持ち主体的にやっている仕事なら、この限りではありません。

しかし、会社に居るのが辛いなら嫌な時間を過ごしていることになります。そんな状態の仕事にプライベートまで侵食されてはたまりません。

賃金をもらっている限り仕事はきっちりやりますが、終業後の在り方まで指図される理由はないのです。

それを、創立記念パーティーだとか、慰労会なら分かりますが、業績悪化で、サービス残業をさせられたり、営業でもないのにノルマを与えられ達成できないと自腹を切らされるなどということがあれば、その会社の経営自体に危険信号が点滅しています。

勤めていれば稀にそういうこともあるかもしれませんが、常習化しているなら、その会社の存続は危ないかもしれません。

そんな深刻なことでなくても、終業後に運転手にされたり、会長がくると(毎回同じような)お話を聞くために居残らなければならないとか、仕事がなくても社長や上司が帰るまで帰れない(残業代は出ない)という無意味な決まりは、頻繁だとかなりのストレスです。

もちろん、自分が納得できるものなら参加して構わないと思いますが、理不尽と思えるような業務外のことは断る方向にもっていきます。

仕事以外のことは、なるべく自分主導にしていくのです。

そして、付き合いが悪いとか忠誠心がないと思われるのは構いませんが、嫌われないように上手く断りましょう。それには、業務はしっかりと主体的に取り組むことです。

仕事で実績を上げていることは、どんな場合にも自分を守る盾になります。会社は仕事をするところなので、たとえ一族でも、熱心に仕事をしている人間には、感情的な難癖をつけにくいのです。

その上で、断る理由として、強制的に資格や仕事に関する勉強会や習い事をスケジュールに入れてもいいかもしれません。家族が育児や介護をしているならば、手伝わなければならないというのも嘘ではありません。

共働きであれば、配偶者の仕事時間が増えたから、自分は早めに帰宅しなければならないと言うこともできます。

あることないこと噂されるかもしれませんが、自分のプライベートを保つ方が大切です。

とはいえ、実際には長い間の慣習もありますから、断りづらいこともあります。せめて3回に1度は断るとか、月に1回までは出席するとか、自分でルールを決めます。

また、プライベートを侵食されることはないけれど、一族の顔色をうかがうのがきついのであれば、より一層仕事に精を出しましょう。

終始一貫、人ではなく業務に従う姿勢を貫くと、あの人はああいう人だと思われ、いい意味で諦めてもらえるし、一族のいざこざに巻き込まれにくいです。

仕事以外ではマイペースを貫く方が、会社と心地よい距離をもって付き合えます。

出世はしにくいかもしれませんが、あくまでも中立の立場で、自分の仕事を丁寧にやる姿勢に文句をつける人間はそうそういません。特に営業の場合、新規開拓できたり、既存客でも取引を拡大できる実力があれば、多少マイペースにやっても文句を付けられることは少ないはずです。

けれども、出世を望むのであれば話しは別です。

家族経営の会社の場合、普通の会社以上に上司に気に入られる必要があるので、実力+人付き合いが必要になります。傑出した実力を持っていない限りは、一族または、一族が気に入った人物が出世すると考えて良いでしょう。

そして出世したとしても、やはり重要なポストは一族で占められます。彼らは、必ずしも実力があるとは限りません。全く実績や実力がなくても高いポストに就いていることもあります。

そのため、従来のやり方に固執したり、自分より出来る社員が気に入らないという理由だけで、あなたが自信と確信をもって会社の為にアイデアを提案しても、受け入れられないこともあります。

もちろんそんな家族経営の会社ばかりではありません。しかし社員のモチベーションが下がり、辞めたいとまで思わせるような会社は、一族が幅を利かせ、一族以外の社員を軽んじている傾向があります。

それなので、仕事とプライベートを分ける決意をしたならば、出世に関してはあまり期待しない方が良いです。

あなたが、上を目指したいとしたら、一族の意見しか通らないような家族経営の会社には、見切りをつけた方がいいかもしれません。

快適に仕事が出来る環境を整える

仕事とプライベートを分けることがおおむねできるようになったら、更に発展させて、快適に仕事ができるようにしましょう。

あなたは、プライベート重視の人と認識されつつあるので、今度は自分があまり嫌な思いをしないような環境を整えましょう。

そのためには、まず明るさと礼儀正しさを崩さないようにします。上司でも部下でもきちんと挨拶し、誰にでも公平に接するという当たり前のことを当たり前に行います。

業務外のことに積極的でないからといって、どこか引け目を感じたような態度では、あなたのプライベート重視が良くないことと相手に伝えているようなものです。

本来なら当たり前のことをしているのですから、仕事は熱心に取り組む、プライベートは大切という二つの価値観で堂々としていましょう。

そして仕事に対して自分なりの工夫と気配りが必要です。言われたことだけをやっている人は、代わりの人材がいると思われてしまい、良いように使われてしまいがちです。

そのため、どうしたらもっと効率よくできるのか、もし売り上げに直結する仕事なら、業務中は全力で売り上げアップの為に励みましょう。

また、小規模な会社は特に、営業でなくても売り上げは常に意識して、直接でなくても貢献できることを考えながら仕事をしましょう。当たり前のことだと思うかもしれませんが、不満を持っている職場の中でモチベーションを保つのは、結構大変です。

仕事とプライベートを分けたことで、少しはストレスが減ったかもしれませんが、一族が好き放題やっているような環境では気持ちも萎えてしまいがちです。

けれど、どんな状況でも給料が発生しているのです。イライラしたり気分が沈むような職場であっても、それも込みで仕事と割り切りましょう。

また、会社からよく差し入れがある場合は、あなたも旅行や帰省した場合はちょっとしたお土産を差し入れるのは、貰いっぱなしで気が引けるという自分の気持ちを楽にする為に良いでしょう。

本来このようなことは相手を思いやってすることなので、不満のある会社を思いやる気持ちにはなれないかもしれませんが、特に少人数の会社なら出来る範囲でやった方がいいでしょう。会社を嫌いなわけではないというアピールにもなります。

求人を見て転職するための準備をする

実際に転職をしなくても構いません。すぐ辞めたい!とまではいかなくても、家族経営の会社の悪い面を垣間見て、将来が不安になったり、特有の空気から脱したいと思ったときは、他の会社のことを調べると冷静になれます。

もしかすると、今の会社はそこまで酷くないかもしれないと思い直せるかもしれませんし、他社がもっと良い待遇だと分かれば、そこに転職するためにはどうしたらいいかを考え着々と準備することもできます。

求人情報だけでは会社の本当のところは分かりませんが、気軽にインターネットから見られますし、気になった会社の口コミも、検索すれば出てきますので、おおまかに今の会社と比較できます。

中には、情報と全く違うということもありますが、目安や参考にはなります。ただ、調べるのは昼休みであっても会社は止めましょう。ちらっと覗かれ、噂を立てられることもあるからです。

たくさんの会社の情報を見ると、あなたのスキルや年齢で、同業だと給料や待遇がどのくらいかもだいたい見当がつきます。

もし転職するなら、あと何年くらいまでがいいのか、どんなスキルや実績があれば有利なのかを判断できますから、転職準備として資格をとったり、社内での実績を積む励みにもなります。

また、今と違った職種に興味を持ったら勉強してみると、心に張り合いも出ます。もし転職しなかったとしても、それらの実績は会社の評価(正当な評価かどうかは別として)になりますから、あなたにとって無駄はありません。

備えあれば憂いなしといわれるように、転職の準備をしていれば、万が一あなたが会社に居づらくなったときに次に移りやすくなるのです。

まとめ

家族経営の会社だからと言って、必ずしもワンマンで、なんでも経営者一族優先ということはありません。社員が心から会社が好きで仕事が楽しいと思えるような会社もあります。

とはいえ、素晴らしい社長や幹部ばかりがいるという会社は、ほとんどないと思った方がいいでしょう。どんな人間でも完璧ではありません。

しかし素晴らしくなくても、社員が興味をもって仕事が出来るようなワクワクした雰囲気があるのかもしれません。尊敬よりも興味の方が、人の気持ちが大きく動く場合が多いのです。

もちろん、生活や経済的なこともありますので一概には言えませんが、会社や上司にあまり期待せず、あなたの幸せや、やりたいことを考えて動いた方が上手くいくことが多いです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)