新卒3ヶ月で仕事を辞めたい。もう無理限界。毎日が辛くて辛くて仕方がない。

おそらく、あなたは今、地獄のような日々の中生活していると思います。私も新卒1ヶ月で辞めたくなったので、あなたのお気持ちは痛いほどよく分かります。

毎日、死んだ方がましじゃないか?とか、営業車に乗りながらこのまま失踪しようかな?とか、何度考えたとこか・・・。私は上司によるパワハラで日に日に追い込まれていきました。

本当に辛いですよね。

おそらく、あなたもかつての私のように、どうやって今の状況から抜け出せるのか悩んでいることと思います。

この記事では、友達に愚痴りましょう。誰かに相談しましょう。気分転換しましょうなどどいう、気休めの解決策を伝えたいのではありません。

私がお伝えしたいのは、根本的に今の辛い状況から抜け出せる方法です。

辞めたくてもすぐに辞めれるわけではない

辞めたいなら退職届を出せばいい。確かにそうかもしれませんが、誰もが辞めたいからといって、簡単に退職届を出せるわけではありませんよね。

私だって、パワハラで追い詰められたとき、辞めれるものなら辞めたかったです。

では、なぜ辞めることができなかったのか?

それは、辞めてどうするが明確でなかったからです。辞めるのが怖かった理由もこれで、次が明確でないから、辞めて人生が好転すると信じきれなったんです。

新卒3ヶ月であれば尚更そうですよね。

なので、大事なのは、まず自分を見つめ直すことです。

ポイントは「自分の得意を仕事で活かす」こと

私が、辞めたい辞めたいと思いながら考えたことは、「自分がやりたいことは何か?」です。

なぜなら、私は保険会社に勤めてましたが、保険のことが大っ嫌いと気付いたからです。何の興味もなく、楽しいなんて感覚になれなかったんです。

だから、

「自分は何がやりたいんだろう。やりたいことって何だろう。」

これをずっとずっと考えていました。

・・・

・・・

・・・でも、これが間違いだったんです。

なぜなら、やりたいことなんて考えただけで見つかるものでもないし、実際にやってみないと、それが本当にやりたいことかなんて分らないからです。

よくありますよね。やりたいと思って入社したけど、理想と現実は違って、全然楽しくなったなど。もしかしたら、あなたもそうではないでしょうか?

そうなんです。なので、あなたが見つめ直すべきは、「どんな仕事がしたいか?」ではなく、「どんな仕事が得意か?」です。

自分を仕事に合わせてはいけない

石の上にも3年という言葉もありますが、3年も我慢してできるようになろうと努力する必要はありません。

なぜなら、優秀な人は最初から優秀なんです。入社してすぐでも営業成績がいい私の同期にもいましたが、これはもう才能なんです。あなたの同期にもいないでしょうか?

努力して自分の苦手なことを克服して成長できたとしても、最初からできる人に追いつくことはできないんですよ。決して、「得意」にはできないんです。

どれだけ努力して100mを12秒で走れるようになっても、最初から100メートルを10秒で走れる同期と同じ土俵にいてはいけないんです。

なので、大切なのは自分を仕事に合わせるのではなく、自分に合った仕事を探す動きをすることです。それさえ見つかれば、近い将来、異動や転職することで今の状況を根本的に改善できることができます。

あなたが今、行っている仕事は得意なことですか?自分に合った仕事でしょうか?

もし、その答えが「NO」や「分からない」のであれば、今すぐ仕事の適性を調べてみましょう。

キャリア診断テスト(無料)で自分が得意なことを見つける

自分の得意なこと、自分いに合っていることって何だろう?と考えても、すぐには思い浮かびませんよね。

そこで、おすすめするのが、簡単なアンケートに答えるだけで自分の得意なことが分かる、「キャリア診断テスト(無料)」です。

数あるキャリア診断テストの中でオススメなのが、リクルートキャリアが運営するリクナビNEXTの「グッドポイント診断」です。

約300問という膨大な質問に回答することで、8568通りの中から、あなたの強みと適性を教えてくれます。

大げさに聞こえるかもしれませんが、転職業界においてトップランナーを走るリクナビNEXTには、これまで転職してきた方の膨大なデータを会社として持っており、そのデータを元に作り上げた診断テストは、完全無料にもかかわらず非常に精度が高いんですよ。

ぶっちゃけ、有料であってもおかしくないほどです。

私が前職で悩んでいた当時はなく、今受けられるあなたは本当にラッキーだと思いますので、「自分が得意な仕事は何か」を知り、客観的に現状を見つめ直してください。

30分程度で今の状況を変えられるのであれば、無料ですし、やってみる価値はあるのではないでしょうか?

まとめ

アメリカの心理学者であり職場改善のプロとして著名なMichelleの最新の研究「Strengths Lab 2019 Workplace Survey」では、労働者が自分の強みを発揮できる環境で仕事をする場合、仕事の満足度が7倍、成果に結びつく可能性が3倍も高くなることが分かっています。

この研究からも、今の仕事を我慢して我慢して続けることが正解とは言えないのではないでしょうか?

かの有名なマネジメントの父と呼ばれるピーター・ドラッカーはこう言っています。

何事かを成し遂げられるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない。もちろん、できないことによって何かを行うことなど、とうていできない。

不得意なことを無理やりやろうとしても、得意な人よりできるようにはなりませんし、仮に、できるようになっても背伸びをして頑張っている状態なので、どこかのタイミングでポキっと心が折れます。

なので、グッドポイント診断を受けて、「今の仕事は得意なことを生かせているのか?」をまずは、考えてください。

大丈夫です。きっとうまくいくはずですよ。

※リクナビNEXTに会員登録後、マイページからグッドポイント診断へと進めます。

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ

【補足】本当にメンタルがやばいときのおすすめ相談窓口

総合労働相談コーナー

総合労働相談コーナーは、「厚生労働省」が開設している相談窓口です。相談できる内容は「職場で起こるあらゆるトラブル」についてです。

総合労働相談コーナー

労働条件相談ほっとライン

「労働条件相談ほっとライン」は、『違法な時間外労働・過重労働による健康障害・賃金不払残業などの問題』について電話相談できる窓口です。

労働条件相談ほっとライン

こころの耳

働く人の様々な悩みを「電話」または「メール」で相談できる相談窓口です。「仕事や人間関係によるメンタルヘルスの不調」や「長時間労働による健康障害」、また「2015年12月から新たに実施されたストレスチェック制度」などについても相談できます。

こころの耳

グッドポイント診断は、こちらからどうぞ