会社に勤めていると、いつも楽しい事や達成感が得られると限りません。

時には、お客さんのクレームの対応をしたり、上司のつまらない冗談に合わせないといけない、効率化されていない誰のための書類か分からないレポートの作成をしたりと嫌なことも多いはずです。

その中で、仕事を辞めたいと思うもののなかなか辞める勇気が持てない人は多くいるのではないでしょうか。

職場の環境にも左右されますが、仕事を辞めることは簡単で、社内規則に乗っ取った期日以内に退職願を出して承認をもらえば退職は出来てしまいます。もちろん、引継ぎがあってすぐには辞められない、人手不足で今辞められると会社が困る、など辞められない理由もあります。

それでも、辞める人は辞めます。でもあなたは辞める勇気が持てずなかなか行動に移せていません。

この違いは、行動しているかいないかの違いです。例えば、転職先が決まっていない状態で辞めようか悩んでいる場合、未来がイメージできないのでなかなか辞める勇気は持てないでしょう。

特に、転職先以前に転職活動をしていないのであれば、尚更そうです。転職活動をしていなければ、転職後のイメージも湧きませんし、今の会社との比較もできません。そうなれば、辞める勇気が持てないのは当然のことです。

なので、辞めていいかを自分の中で確立させるためにも、まずは転職活動をしてみてください。但し、注意頂きたいこともあるので、それをこれからお伝えしていきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

仕事を辞めたい理由を考え直す

仕事を辞めたい理由は人それぞれ様々な種類があります。会社を辞めたい、あなたの本当の理由は何ですか?

上司と上手くいかないから、給料が安いから、他にやりたいことがあるから、今の会社にいても将来が見えないから、など多くの理由が思い浮かぶでしょう。

今の会社を辞めて転職しようと思ったとき、その理由を考え直すことはとても重要なステップです。転職の活動が進み、希望する会社の面接をする際に、辞めた理由をよりポジティブに面接官に説明する必要があります。

そのため、その理由にいろいろな事柄や時には言い訳に似た説明が肉付けされて行き、最終的に本当の理由を見失ってしまう人が少なくありません。

例えば、「今の会社にいても将来性が見えないから」という理由は、「新しいことに挑戦して、さらに自分のスキルをレベルアップしたいと考えて」というような表現に言い換えられます。

あなたのキャリアビジョンを転職先の仕事内容と会社理念に沿わせる形で短く説明するのは良い方法でしょう。

このように、転職理由を説明するときに言葉を変換する作業は面接までに準備することであって、仕事を辞める前に深く考える必要はありません。

また、必ずしもプラス思考の理由である必要はありません。あなたが現状思う「転職したい理由」を挙げてみてください。

いくつ挙げても良いですが、出来るだけ端的で明確な言葉で言い表せる理由の方がいいでしょう。前述の通り、あなた自身がその理由をきちんと説明できなければ、転職の面接も上手くはずがありません。

時には面接官を「この人を採用して本当に大丈夫だろうか」と不安にさせてしまうかもしれません。しかし、それは面接で自分自身について説明する練習が足りないだけで、理由が間違っているわけではありません。その場合は、面接の練習をした方が、転職を成功させるための近道になるでしょう。

的確な言葉で言える仕事を辞めたい理由は何か、もう一度考え直す必要があります。

転職すれば前職を辞めた理由が解消できるのかを考える

例えば、前職を辞めた理由が、「上司と上手くいかなかったから」という理由だったとします。

では、転職して職場を変えれば問題は解決するでしょうか。解決する可能性もありますが、転職先の上司がどのような人なのか、こればかりは実際に一緒に働いてみないと分かりません。

どの会社にも、何でこの人はこの役職についているんだろう、と疑問に思ってしまう上司はいるでしょう。あなたの立場から見る上司と、人事や上の立場の人から見るあなたの上司は見方が異なります。あなたはなぜ上司と上手くいかないのかを噛み砕いて考えることも必要です。

もし、転職先の上司とまた上手くいかなければ、「上司とうまくいかなかったから」という理由は、転職理由にはならなくなります。

また残業が多く、「プライベートとのワークバランスを考えて転職したい」というのも一見最もな理由に見えますが、場合によっては改善するのはかなり難しいのが現状です。

なぜなら、あなたの会社が残業がとても多ければ、仮に同業に転職しても、業界全体としての忙しさが変わるわけではなく、転職先でも長時間の労働をすることになります。

業種にもよりますが、仕事のより上流側に行くことが出来れば可能かもしれません。上流には上流の忙しさはありますが、概して大手企業になることが多く、会社の環境が整っており、また自分の裁量が増えれば、作業時間を短くすることも出来ます。

上流とは、仕事先の元請を指すだけでなく、発注する側、さらには発注を企画する側まで多岐に渡ります。実際の作業は他に振ることが出来ますが、その管理や調整など、人を動かす立場という意味で、別の角度での忙しさが加わります。

職場を変えて労働時間を短くすることを考えるよりも、現状の仕事で、より効率的に短時間で仕上げる方法を考えた方が、残業が多くてプライベートとのワークバランスを確保したい、という理由の解決になる場合もあります。

転職をして失敗をしたと感じる人の中には、やはり前の会社の方が良かったと思う人も少なからずいるのが現状です。転職はしたが前職の不満が解決できなかったり、転職先の職場で新たに別の不満が出てくることもあります。

前職を辞めて転職することが、待遇や職場環境において必ずしも正解ではない事を理解しておく必要があります。

あなたの労働市場価値を考える

会社で働いていると、嫌だから辞めます、というのはなかなか難しいことです。

辞める前に、あなたは何が出来て、何の能力が他の人よりも長けていて、これからどういう方向に進みたいのかを考える必要があります。

例えば、何か資格を持っているか、どのような経験を積んでいるか、は市場価値を考える上で大事な要素の一つです。もし、何か資格を持っていれば、勉強して合格しましたという単なる証ではなく、あなたの実務経験に結び付けて、より説得力のあるものにしておく必要があるでしょう。

ただし、資格は取ればいいというものではありません。忙しい日々の業務の中、膨大な時間を費やして資格の勉強をして取得することももちろん大事なことです。

単に資格武装するだけでは、「それで、あなたは何がしたいのですか」という疑問を抱かれかねないため、その資格を業務に活かせる、または違った角度から仕事に活かせるように考えてみてください。

また、あなたの強みはなんでしょうか?労働市場の中で、あなたと同じような業種で働いていて、同年代の人がいた場合、彼らに勝る長けている能力が何かを認識する必要があります。

今、その能力が見つからなければ、悲観するのではなく、今の職場や労働環境の中でそれを身につけるにはどうしたらよいかを考えてみてください。

例えば、英語力がもっと欲しいとします。そのために、時間を捻出して勉強をしているか。また、英語力の中で、契約書を読めるようになりたいのか、会議に参加できるレベルになりたいのか、海外の会社とのネゴシエーションまでできるレベルになりたいのか。

「英語力」という抽象的な言葉を、より具体的に細分化して、今すべきことを洗い出し、あなたの市場価値を高めておくことが重要です。

スクールに通ってTOIECなどの試験で高得点を取ることも時には重要ですが、英語力を求めている会社で、TOIECの目安点数が記載されている求人は、その点数を取っている人が欲しいのではなく、最低限の点数を取れるだけの能力があり、かつその英語を使って仕事をこなせる人を求めています。

募集の求人内容は、きちんと読み込む必要はありますが、その背景まで読み取って、必要とされている能力を見極めることが重要です。

国内ではどの業界も人手が不足しており、常に求職情報が流動的に動いています。

その中で、あなたの立ち位置が今どこなのか、転職先の会社があなたを採用して得られるベネフィットは何か、きちんと整理しておく必要があります。前職よりも条件が悪いところへの転職を希望する人はいない訳ですから、より好条件の職場を確保するために、あなた自身の労働市場の価値を考えてみましょう。

必要であれば、さらにあなたの価値をアップデートするように行動してみましょう。

あなたのキャリアプランのストーリーを考える

転職するときに大事なことは、まずどの業界で働きたいかを明確にすることです。

転職サイトで検索する際も闇雲に検索はせず、業界、職種、勤務先など徐々に絞り込んでいくように、同業界で再就職するのか、業界を変えて新しいことにチャレンジするために転職を希望するのか、決める必要があります。

同業界に転職する場合、次にどのポジションを目指すのかを考える必要があります。中にはずっと今のポジションでいい、という人もいますが、考えてみてください。

年が経つにつれて、新しい人が入社し、職場環境も同僚も上司も刻々と変化してく中で、それでも同じポジションで同じように仕事ができると思いますか?

今のポジションがいい、という人は、今のポジションで今の環境がいい、ということで、どちらも両立することは難しいでしょう。勤続年数が長くなるにつれて、一社員から、数人をまとめる役職者のアシスタントへ、アシスタントから役職者へと、実際の業務よりも管理作業の方が多くなってくるかもしれません。

それでも、人や時間をマネジメントすることはどの業界にも通じる大事な能力のひとつとなるので、今よりも上のポジションを是非目指してみてください。

また同業の場合は、キャリアのストーリーが立てやすいと言えます。

前職が営業であれば、転職先も営業職を希望し、セールス内容は違くても、「営業の仕事を貴社の商品を通して、もっと高めていきたいと考えて転職を希望しました」というようなことを言えば、ストーリーになってしまいます。

一方で、異業種に転職する場合、一般的に年齢も勘案要素の一つになると言われていますが、多少の前後は多いに許容範囲ではないでしょうか。

先方の人事は絶対にこの年齢でないといけない、と考えているのではなく、長期的な人材育成の方針から大体このくらいの年齢の人が取れたらいい、くらいの幅でしょう。

全くの経験のない業界への転職を希望している場合、面接する側からすると聞きたいことがたくさんあるはずです。

なぜこの業界なの、なぜうちの会社なの、なぜ興味をもったの、と様々な質問が投げかけられます。

そもそもそのような経歴を事前にあなたの履歴書に目を通した上で、面接まで漕ぎつけたわけですから、前職の仕事を全くのゼロにするのではなく、次の仕事との関連性を見出して、きちんとした筋道を考える必要があります。

現状の仕事と転職先の仕事の共通点を見出し、さらには転職先の仕事内容と将来あなたがイメージするキャリアを結びつけることが出来れば、ストーリーとしてとても説得力を持つものになります。

転職エージェントに相談してみる

転職サイトにあなたの経験を記入し、転職エージェントにコンタクトをとってみましょう。場合によっては、先方から連絡が入ることもあるかもしれません。

転職の話を同僚に相談する、というのも良い方法ですが、会社の社風によることが多く、必ずしも歓迎される会社ばかりではありません。

転職エージェントは、求職者に仕事を紹介し、紹介した会社からお金をもらう、というビジネスです。

彼らはあなたと同じような求職者を数多く見ているため、転職理由や業界の動向を知る上でも、とても有力な情報が得られるでしょう。担当のエージェントが得意としている分野とマッチすれば、異業種への転職の際もより良いストーリーを考える手助けになるかもしれません。

ただし、中にはエージェントと話が合わない場合もあります。転職エージェントの中にも得意な分野や不得意な分野があり、必ずしもあなたの業界や業種にマッチしないかもしれません。

その場合は、他のエージェントにも登録し、面談してみるといいでしょう。

何度も転職をしている人以外は、エージェントを比較できるほど、特性を理解していないのが現状です。情報収集もネットでの検索や口コミのみで、絞り込む際にあなた自身の意思がどこにもありません。

担当者による違いも大いにありますが、あなたに合うか否かを判断する意味でも、複数のエージェントを利用するといいでしょう。

転職するには、転職のプロに相談してみると、あなたが見れていない視点での意見をもらうことが出来、より具体的に転職のステップを考えることが出来るでしょう。

まとめ

仕事を辞めて転職することは、簡単なこととまでは言えませんが、決して難しいことではありません。

しかし、何となく「転職したら今の状況を脱することが出来るかも」という安易な考えで辞めるのではなく、なぜ転職したいのか、転職をしてどのような方向に進みたいのか、をまず考え直してみてください。

客観的な視点で整理してみることで、今すべきことが見えてくるでしょう。

情報を収集することも大事ですが、収集することが目的化しないようにしましょう。あくまでも、その方法を参考にして、あなたが行動に移さない事には時間だけが過ぎてしまいます。

転職することに夢を見るだけでなく、「何をすべきか」を考えることが重要です。そうすれば、辞める勇気は必ず出てくるはずですよ。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)