新入社員で仕事が辛いとお悩みのあなた。非常に辛い毎日をお過ごしのことと思います。

私もあなたと同様に、新入社員のときは本当に毎日辛い思いをしていましたのであなたのお気持ちはよく分かります。

でも、だからといって安易に辞める決断をしてはいけません。辞めるにしてもこれからお伝えするアドバイスを聞いてからでも遅くありませんので、是非一度、目を通してみてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

新入社員で今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、過去の新入社員の転職先を調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢条件を新卒年齢で指定してください)

(診断時間は約5分です)

仕事を辞めたくなった理由を自分なりに考える

新卒で仕事を辞めたくなることは誰にでもあることです。しかし、それでも仕事を続ける人が大半です。どうして辞めたい仕事を辞めずにがんばるか分かりますか。

それは人間は、一度逃げ癖が着いてしまうとなかなかそこから抜け出せないことが多く、そのことをみんな知っているため、まずはがんばってみるのです。そしてがんばっているうちに、辞めたい気持ちよりも、その仕事を続けたい気持ちに変わっていっているのです。

不思議なものですよね。あなたがもし、仕事を辞めたいと思った場合は、なぜその仕事を辞めたいと思っているのか、まず自分なりに分析し、考えてみてください。自分で考えることが一番重要なのです。

あなたがその会社に入るとき、誰かからその会社に入りなさいといわれて入ったわけではないと思います。その会社に入社したのも自分で決めたのなら、今の仕事がどうして嫌なのかも自分で考えるべきだし、その責任はあなたにあります。

あなたのことを一番理解し、わかってあげられるのはあなたしかいないのですから。人はみんな、弱い生き物です。弱いから大変なときやしんどいときなど逃げ出したくなるものです。

でも逃げ出すことは簡単です。簡単なことなのだから、まずはあなた自身で辞めずに考えてみてください。

あなた自身が考えた末、辞めるという選択をするなら、その選択も決して誤りではないでしょう。その結論になれば、いつでも辞めたらいいのです。つまり、辞めるという行動はいつでも取れるので、まずは考えてみてください。

仕事の何が嫌になったのか、同期と一緒に働いているなら、同期とあなたの何が違うのか、あなた自身の仕事に対する状況をこと細かく考えてみてください。

そうすれば、もう少し心穏やかに自分の仕事に対する気持ち、つまり本当の仕事を辞めたいと思った理由が見えてくるはずです。とにかく、一時の気の迷いで即決するのではなく、一呼吸置いて考えてみることが大切なのです。

自分の置かれている状況を自分なりに分析する

仕事をしつづけることはとても大変なことです。そのため、たくさんのストレスやどうしようもない感情がたまるものです。会社を辞めたいという気持ちは誰しもあります。今の状況から逃れられるならと私も良く考えます。

しかし、仕事を辞めて自分に何が残るかも同時に考えます。あなたが仕事を辞めたくなり、その理由を考えた後は、まず自分の今おかれている状況を自分なりに分析してみてください。会社はあなたを決していじめたくてあなたを雇ったわけではないと思います。

周りの人もあなたを苦しめたくて仕事を与えているわけではないと思いますよ。あなたは今、自分の置かれている状況をじっくりと考えられる環境にあるのです。決して不利な立場ではないのです。

そこで自分なりに自分の置かれている状況を素直に見つめなおしてください。仕事の内容や周囲との関係性、自分にとって今何が必要で、何ができるのかをじっくりと考えてみてください。

仕事の内容が自分に合っていないのなら、それも一つのあなたが今置かれている状況だし、周囲とうまくやれていないため仕事が面白くないのならそれも一つの状況です。

状況を整理することで、自分がその仕事をしていくのが本当に嫌なのかどうかを考えるべきです。仕事の内容や自分の置かれている環境が原因ではなく、別にあるとしたのならそれを見つけることができたあなたはラッキーです。

なぜなら、その理由を解消しさえすればあなたは平穏無事に仕事を続けられるからです。仕事を続けるためには、今あなたが何を不満に思っているのか、あなたが今どうしたいのかを含めて考えるべきです。

つまり、仕事を辞めるために理由を考えるのではなく、仕事を続けるためにはどうしたらよいのかを考えるようにしてください。そのためのあなた自身の分析であり、その分析が今、必要なのです。

就職活動の際、あなたは今の自分に会うために今の会社を選んだわけではないと思います。あなたは夢をもってその会社に就職し、がんばってきたのだと思います。

そうであるのなら、一時の気の迷いでやめるという決断を簡単にするのではなく、仕事を続けるには何が必要なのか、何を自分は望んできるのか、今できることは何であるのかをまず考えてみてください。

そしてそれが答えとして出てきたのなら、その答えを実現すべく、もう一度前向きにがんばってみることが大切なのです。何度も言いますが、仕事を辞めることはいつでもできます。

でも仕事を続けたいと思い、考えることはその仕事を辞めてしまった後ではもう考えることはできません。今できることからやってみてください。

そのためにも、今は自分が置かれている状況をじっくりと考えてみることが大切なのです。

今の仕事を辞めた場合を想像する

そして、仮に仕事を辞めたい気持ちがまだ消えなかった場合は、今の仕事を本当に辞めてしまったらどうなるのかを想像してみてください。もちろん収入はなくなります。これまでの努力も無駄になるかもしれません。

それ以上に、がんばっているあなたを応援していた家族が悲しみ、そして現実から逃れ、そのあと時間が経過した後、後悔しているあなたが将来にいるかもしれません。

自分の誤った選択で後悔することだけ避けなければなりません。もちろん、人間は誤った選択をすることはあります。

しかし、その誤った選択をしたとしても軌道修正できる場合は、ひたすらがんばれます。一方、軌道修正できないような誤った選択をした場合は、その誤った選択を安易にしてしまった場合は特に一生後悔が残ります。後悔をしないためにも、今の仕事を辞めた場合を必ず想像してみてください。

そして、その先の人生で自分が笑顔でいるのか、暗い顔をしているのか想像してください。必ずしも暗い顔をしていると決め付けているわけではありません。人生、どう転ぶかは誰にもわからないことです。誰にもわからないことだから慎重にすべきなのです。

仕事を辞めるということはそれだけ大きな選択なのです。人生を狂わせてしまう可能性も十分あります。その一つの決断で、あなたは取り返しのつかない人生を送るかもしれないのです。

その状況を避けるためにも、最悪のケースで将来を想像してみてください。

そして、その最悪の状況を想像した場合は、一度立ち止まってみてください。今の状況がそのやめた際に想像した最悪の状況と比べて、本当にその仕事を続けることが嫌なのかどうかを考えてみてください。

あなたはまだ考えて決める時間を持っております。決して誰もあなたに早く辞めろ、早く答えを出せなどという人はいません。あなたはじっくりと想像できるのです。いろいろな状況を想像してあなた自身を考えることができるのです。

それは仕事をまだ続けているからできることなのです。仕事を辞めてしまっていては考える必要もないし、その仕事を考えることもできません。つまり、後戻りできない状況となってしまっては、考えることすらできないのです。

しかし、今のあなたはまだ考えることができる状態なのです。だから安心して、時間をかけて想像してみてください。必ずあなたはあなたのために良い想像をしてくれます。

仕事を辞めたら何がしたいのかを整理してみる

もし、仮にいろいろと考えても仕事に対する不信感、仕事を辞めたいという気持ちが残っていたのなら、次に今の仕事を辞めて、自分は何をしたいのかを考えてみてください。

そこで注意すべきことは、自分に何ができるかではなく、自分がしたいことを必ず考えてください。

自分に何ができるかを考える必要はありません。できることを考えてもまだ新入社員なので、次の転職先に活かせる補償はありません。それよりも何をしたいのかを優先的に考えてください。

そしてその何をしたいかがわかった場合は、今の会社でそれは実現不可能なことなのか、それとも今の会社でもできることなのかを検討してみてください。

あなたは今の会社のすべてを本当にわかっていますか。今の会社にはどんな仕事があり、どういった人材がいるのか隅々まで知ってますか。入社して間もない頃は、周りが良く見えていないことが多々あります。

そして同時に自分のやりたいことも見えていないことがあります。自分の本当にやりたいこと、やりたくないことが明確になるには、少なくとも1年以上はその仕事を続けないと見えてこないと思いますよ。

誰しも自分のことが良くわかれば苦労することはないのですが、自分自身のことだからこそあまり分かり難いことがあります。その自分を本当に理解し、自分に合った仕事を見つけるためにも、自分が本当に何をしたいのか整理してみるべきだと思います。

整理することで、自分の足りないものや自分に合った仕事、自分の置かれている状況の良し悪しが見えてくるかもしれません。楽しい仕事をいつもできることが一番の幸せですが、誰しもそういった状況に置かれているわけではありません。

嫌な仕事でも自分にしかできない、この仕事を任された以上、責任を持ってやり通す、そういった人のほうが多いと思います。でもみなさん、愚痴は言いつつも、逃げずにがんばっているのです。

決して他にやりたいことが見つからないからいやいや今の仕事を続けているわけではないのです。

ある意味責任感を持って、今の仕事を続けているのです。仕事を辞めたいと思っているあなたに、その責任感は今あるのかを同時に考えてみてください。そして本当にやりたいことではないけど、責任感を持ってがむしゃらにやってみたら自分がどうなるのかを想像してみてください。

案外、今の仕事も面白くなるかもしれませんよ。

とにかく、今の仕事以外に何をやりたいのか考え、その仕事が見つかっても見つからなくても、今の仕事に対する自分なりのこれまでの姿勢も同時に考えてみてください。

仕事を辞める前に、本当にやりたいことなのかもう一度考える

そして、本当にやりたいことが見つかったのなら、ぜひ一度その仕事に就いたときのことを再度想像してみてください。仕事を変えるということは簡単なことではありません。

そして、そのやりたい仕事が見つかったからといって必ずしも新しい会社があなたを採用してくれるとも限りません。

そのため、リスクを最小限に抑えるためにも、自分なりにその新しい仕事に就いたときを想像し、どういったスタイルで仕事をするのか考えてみてください。本当に今の仕事と同じスタイルであなたは新しい仕事をしていますか。

それとも気持ちを一新にしてその新しい仕事を楽しくやっている姿が想像できますか。私は転職したことがないため、転職した私を想像することでしか話せませんが、私が想像する限り、今の状況と何ら変わらないと思っております。

もしかしたら今よりもしんどくなるのではと考えることすらあります。つまり、仕事をする姿勢を想像することで、新しい仕事なら楽しい姿が想像でき、今の仕事を継続するなら楽しくない姿しか想像できないというのは間違いだと思います。

今の仕事すら楽しくないのに、どうして新しい仕事なら楽しめるといえますか。そんな補償はどこにもなく、結局は自分の気持ち次第だと思いますよ。今の仕事もそうです。自分の気持ち次第でいくらでも状況は変えられるのです。

状況を変えようとせず、今の仕事から安易に逃げることを考えるのはとてももったいないことなのです。仕事は時にはしんどくて逃げ出したくなるものです。

しかし、続けていれば必ず、満足できる仕事に出会えるし、自分のことを誇らしく思えるときも着ます。続けることが大切なのです。

まとめ

仕事を続けることはとても大変なことです。それでもみんな新入社員のときからずっとがんばってきたんです。

がんばることで自分で自分を認めているのです。誰かのために働いているわけではありません。誰かに認めてもらいたくて働いているわけではありません。

あなたは今の仕事を続けることで必ず、逃げなかった自分を誇らしく思える日が必ず来ます。そして、その仕事を全うしたときこそ、次のステップとして自分なりに何がしたいのかが見えてくるはずです。

その自分のやりたいことが見えてくるまで、今の仕事を必ず続けてください。そうすれば、あなたは必ず良い仕事をするようになり、その延長上にあなたの笑顔が必ず自分自身で見られるはずです。

そして今もがき苦しんでいる自分に言ってあげてください。

がんばってきてよかったなと、それが今あなたが一番想像すべきあなたの未来像なのです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

新入社員で今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、過去の新入社員の転職先を調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢条件を新卒年齢で指定してください)

(診断時間は約5分です)