あなたは今の仕事にやりがいや充実感を感じていますか?毎日単調な仕事をこなすのに、正直飽き飽きしているという意見も多々見受けられます。

仮にもしもその様な状態にあったとしても、今の時代仕事にやりがいを求めるのは贅沢な事だと言われそうですね。誰かに相談するのは少々気が引けるものです。しかしそもそも仕事のやりがいとは一体何なのでしょう。

この事について深く考えてみれば、案外身近な所でやりがいのある仕事を見つける事は可能なのではないでしょうか。そこでここでは、今の仕事に充実感が得られない場合の対処方法をいくつかご紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

仕事にやりがいを感じないのはなぜ?

まずあなたが今現在の仕事に、やりがいを感じる事が出来ない理由を探ってみましょう。もしも自分が希望の職種に就けていないのであれば、その原因は何かを分析します。

例えば今あなたが務めている企業で最初は希望の職種に就いていたが、後々転勤や部署の移動が行われたのだとします。その様なケースでは、今の仕事に充実感を感じられなくても仕方がない事なのかも知れません。

元々希望した業務とは違う内容の仕事を任されている訳ですから、少しの不満を感じないという人はいないでしょう。この様なケースの場合本来希望していた職種に戻してもらうか、他の企業への転職を考えざるを得ないかも知れません。

せっかくの機会だから前向きに捉えて、希望職種以外の仕事にもチャレンジしてみようとすんなり思う事が出来れば理想ですが、皆がそうできるとは限りません。

また仕事選びの段階で妥協し過ぎて希望職種とはあまりにもかけ離れた職種に就いている場合も、仕事にやりがいを感じるのは難しい事ですね。

この場合、簡単にこなせる小さな目標を設定するなど、モチベーションを維持する為の工夫が必要になるかも知れません。

逆に晴れて希望職種に就けたのだがやりがいを感じないというケースでは、本来なぜその様な仕事を選んだのかを考えてみる必要があります。

ここに戻って分析しないと、仮に次回また違う職種に就けた場合にも同じパターンに陥る可能性があります。あなたが過去にした仕事をリストアップして、過去の仕事の棚卸しをしてみても良いですね。

また以前はやりがいを感じていたが、最近どうも仕事に飽きてきたというケースも見受けられます。極端な話、あまりにも単調な業務内容であった場合、1年間同じ仕事を続けるのも難しいかも知れません。

この場合周囲の同じ職業に就いている人に、勤務年数を聞いてみましょう。皆が3年も5年も続けているのであれば、あなたは飽きっぽい性格なのかも知れません。しかし、そう感じる事は、決して悪い事という訳でもありませんよね。

向上心が強ければ強い程、次々に新しいスキルを身に付けたいと思うのは当然です。しかし、この様な性格から過去に何度も仕事を転々としてきたという場合、安易に転職を考えるのではなく慎重に判断をした方が無難です。

憧れの仕事と本当に好きな仕事は別物

実際に就いている職業と憧れの職業にギャップを感じる場合、あなたはその職業に就いて本当は何をしたいのか考える必要があります。洋服を買う時にも、パッと見欲しい洋服と実際に似合う洋服は往々にして違っている場合が多いものですね。

例えば看護師に憧れていたが、実際は血を見ると気絶してしまうと言う事も考えられます。また保母さんの様な優しいイメージの職業が理想であっても、たくさんの子供に囲まれるとノイローゼになりそうだという事もあります。

その様な意味ではなりたい自分やこうありたい自分と、本来あるべき自分は別物なのかも知れません。

また世の中には人気のある職業と、そうでもない職業が存在しますが、人気のある職業に付けたからと言って必ずしもそれが幸せにつながるとは限りません。

その反面、人が見向きもしない様な地味な職業に就いていながら、笑顔で充実した日々を送っている人もいます。

ここの部分で自分自身との折り合いがつかず納得がいっていないと、なかなか目の前の仕事に集中できません。他人の芝生は青いではないですが、他の人の仕事が羨ましく見えてせっかく良い仕事を与えられていても感謝できないケースに陥りがちです。

同じ職業に就いていても自分の仕事に誇りを持っている人は、やりがいを感じている為次なる仕事のチャンスを掴みやすい傾向にあります。対してこんな仕事しか回ってこないと嘆いている人には、皮肉にもいつまでも同じルーティンワークが回ってくる。

この様な光景を見かけた事はありませんか?

また、仕事に対しての充実感はないが、だからと言って逆に何がやりたいのかと聞かれると上手く答える事が出来ないケースも見受けられます。この様な場合、今の会社に留まり現状をキープしてみるのが無難でしょう。

誰も彼もがやりたい仕事を明確にしているとは限りませんし、この様な必要性があるとも言い切れません。

むしろ、具体的にしたい仕事のビジョンが無い場合の方が、的を絞っていない分ある時に思わぬ仕事に出会えたりする可能性もあります。

また、多くの仕事の場合仕事の充実感は達成感とも比例しますから、目標を高く持ち過ぎても良くありません。乗り越える事が出来そうな目標を自分なりに立て、1つ1つクリアしていく様に心がけてみてはいかがでしょう。

仕事にやりがいを感じる事はどれだけ重要か?

また、自分自身にとって仕事に対してのやりがいを感じる事は、どの程度重要かを再確認してみる必要があります。

例えば今勤めている仕事の収入や勤務地、人間関係には十分満足しているが充実感だけが漠然と得られないのであれば、転職を考えるのをためらうのも無理はありません。

仮に新しく決まった勤務地でやりがいだけがあっても、今度は逆にそれ以外の部分が充実しているという保証はないからです。これはあなた自身が仕事の充実感に対してどの程度こだわるか?によります。

世の中には仕事の充実感は大して感じられないが日々淡々と仕事をこなし、休日の趣味やデートを充実させて満足している人も多数います。

やりがいを感じる仕事に就ける事はある意味幸せですが、その反面仕事に対してのプレッシャーやストレスも大きい筈です。日々イライラする覚悟も必要かもしれません。

また、やりがいのある仕事とは責任の重い仕事である可能性が高いですから、プライベートな時間にも携帯がじゃんじゃん鳴る事や、徹夜で仕事を片付けなければならない事もあると言う事を配慮しましょう。

これらの事を、あなたは受け入れる事が出来るのかどうか再確認してみましょう。それでもむしろこの様に忙しくなる事を望むと言う場合であれば、思い切って転職を考えてみるのも1つの方法です。

また、その逆に世の中には恋人や家族と過ごす時間を犠牲にするぐらいなら、仕事のやりがいなどいらないという考え方をする人もいます。それは仕事によるストレスが原因で、プライベートが充実しなくなる可能性も充分考えられるからです。

以上の事を考慮した上で、自分は大きく分けてどちらのタイプであるかを見直してみてはいかがでしょう。充実感がある仕事をするにはそれなりのリスクも伴う事が多いものです。

それでもやはり現状に納得出来ないのかどうかを、自分自身に問いかけてみると良いでしょう。

今の職場において自分にできる事はもっとないか?

日々の業務を充実させる為には、普段何気なくこなしている仕事でもっと改善出来る事はないかと見直してみると良いでしょう。こうする事で案外退屈せずに済みます。

勤務時間中に何度も時計を見てしまう様な場合、ぜひ試してみて下さい。資料の整理の仕方をこれまでと変えるなど、少しのアクションで良い刺激になります。

また小さな所からでも良いので自分の出来る仕事をこなし、周囲の人々にアピールしていく事は大切です。例えば同じショップ店員であっても、接客を武器にする人もいれば、商品の陳列方法で勝負する人もいます。

同じショップ店員だからといって、あらゆる類の仕事を皆が同じレベルでこなすのは不可能に等しいですよね。事務員にしてもデータ入力が得意な人や電話対応が好きな人など、様々な人が集まっているのが社会です。

その中で上手くやっていく為には自分の得手不得手を、しっかりと理解する必要があります。

もしかしたらあなたはその職業の中でも、最も苦手な部類の事を周囲の人から押し付けられている可能性だってあるのです。そんな時はさりげなくでも良いので自分が楽に上手く出来る事を、周りの同僚にアピールしてみてはいかがでしょう。

また、この行為が、誰かを助ける様な業務であれば尚ベターです。

それと、転職を考える前にその職場においての担当替えや、部署変更のチャンスがないどうかも探ってみましょう。

もしもあなたが今所属している企業自体には何ら不満を持っていないのであれば、いきなり転職を考えるのは大変もったいない事でもあるからです。

またやりがいを感じないのは、現在担当している仕事自体が浮き沈みの激しい仕事であるかどうかも考えてみます。

例えば営業や販売など成果によって気分が左右される様な職業である場合、上手くいっている時は楽しいが、上手くいっていない時は楽しくないという状況に陥りがちです。

この様なケースで安易に転職したとしても、また同じ様な問題を抱えかねません。そしてまた転職を繰り返すという、悪循環のループに陥りがちです。

手っ取り早く仕事にやりがいを感じたいのであれば、がむしゃらに頑張って成果を上げ評価をもらう事がベターかも知れません。しかし、これよりももっと簡単な方法があります。

それは誰かに喜ばれる仕事をする事です。普段私達はこの事をあまり意識していませんが、人の笑顔を見る事は思いの外モチベーションのアップに繋がります。

計画的に転職を考える事も可能

やりがいを求めて転職するのであれば、以前から密かにチャレンジしてみたかったジャンルの仕事に思い切って挑戦してみるのもいいかも知れません。

あなたが現在安定した職業に就業しているのであれば、その職場に通いながら密かに資格を取る為の勉強を始めてみてはいかがでしょう。取り急ぎ会社を辞めるのではなく、徐々に準備を始める作戦です。

この方法を実践すれば憧れていた職種が実際に自分に向いているかどうかの判断も付きやすいですし、万が一思っていた仕事と違ったとしても今現在の仕事を続けて行けばいいだけです。

この経験から、逆に今のあなたの仕事の良い点を発見できるかもしれません。そうすれば、以前の様に仕事のやりがいについて悩む必要はありません。

また、資格取得という新しい目的がある事で、日々の会社での仕事の充実感に左程気を取られる事なくいられる可能性もあります。そして準備が整った時点で転職を考えれば、いきなり会社を辞めるよりはスムーズです。

人は様々な理由から転職を考えます。取り急ぎ転職をしたいのは誰も皆そうかも知れませんが、それが自分にとってどれだけ有利な判断なのかどうかをじっくりと考えてみる必要があります。

例えば毎日帰宅が深夜12時を超え、体力的にも精神的にも限界を感じている企業を退社したい場合の様に転職を急ぐ必要があるかと言う事です。

同じ転職という結論を選んだにしても、すぐに判断を下す必要があるかどうかは状況によって違ってきますよね。もう一度冷静になって考えるチャンスと余裕があるのであれば、今ある環境を生かしながら転職に挑戦した方が有利です。

また新しい転職先を選ぶ際には仕事内容のみならず、収入や人間関係などこれまで満足していた部分の条件も配慮する様心がけましょう。

人のよっては収入が良い事に何より充実感を覚える場合もありますし、誰かに褒められる事が一番のやりがいだったと後になって思う事もあります。

まとめ

昨今ではとにかく仕事に就業するのだけでも必死という風潮があります。しかしただ生活をしていくだけの為にどんな仕事でもすれば良いという判断は、一時的な対策にしかなりません。

また仕事に充実感を感じずただ毎日出勤し給料を受け取れば良いという怠惰な気持ちでは、本人が辛いだけでなく周囲の人にも嫌な印象を与えてしまいがちです。

折角であれば自分自身を徹底的に知り、納得のいく仕事を日々こなしていきたいものです。もしも今の仕事に対してやりがいが感じられないのであれば、しっかりとした準備をしてからに転職に挑戦してみてはいかがですか。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)