毎日やりたくない仕事をやっていてもストレスが溜まりますし、時間の無駄だと思ってしまうことはありますよね。あなたがやりたくないと思っている仕事が無駄だと感じていることは理解できますし、できればやりたい仕事をしたいと思っていることでしょう。

確かにやりたくない仕事は効率も悪くモチベーションも低いので、できるだけやらない方がいいと思ってしまいます。しかし仕事ではやりたくない仕事でもやらなければいけないので、上手く対処しなければなりません。

そこでやりたくない仕事をやっても時間の無駄なので、辞めたいと考えた時の対処法について紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

81%の人がやりたくない仕事をして時間の無駄と感じた経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、81%の方がやりたくない仕事をしていて時間の無駄と感じた経験があると回答しています。

その内容は様々でしたが、共通していたのが「やりたくない仕事を無理やりやらされるのが苦痛」という点です。

男28歳 製造業ライン作業

人間関係、提案をすべて却下され、従順展開な人間を育てようとする組織に嫌気がさした。自分がやるべき仕事ではないと感じたから。

女21歳 通信会社事務

一般事務として採用されたのに、一般事務の傍ら営業をさせられたこと。ノルマの件数まで決められ、一日に何十件もの営業電話をしなければいけなかったこと。

男22歳 人材派遣営業

日雇いバイトの人材派遣会社の営業として働いていた。企業と日雇いで働きたい人のマッチングはニーズに合っていると思っていたが、実際は登録リストから明日働ける人を探すのにひたすら電話する仕事だった。

女25歳 営業事務

不景気で商品の受発注の量が極端に少なくなり、同僚とデータ入力の仕事の取り合い状態になっていた。仕事に行ってもすることがなかった。

38%の人が実際に仕事を辞めている

やりたくない仕事をしていて悩んだ経験があると回答された方の中で、実際に38%の人が辞めたと回答しています。辞めた方に共通しているのは以下の3つでした。

  • もっとやりがいのある、自分に合った仕事がしたかった
  • 仕事自体が嫌になった
  • 体力、精神的にと限界がきた

もし、あなたも上記のような状況なら、辞めてもいいのかもしれません。

辞めたと回答した人の声

女22歳 配達業

体力、精神的にと限界が来たので退職しました。寝る時間が短いと正確な判断が出来ないのでクレームが続いたため。

男23歳 サービス業

店の評判も悪く雰囲気も最悪でしたので毎日同じような日が続いているので見切りをつけてこの仕事をやめた。

女29歳 メーカー営業

我慢してやりたい仕事を後回しにしてまで、この仕事をするべきかと考えたときに、辞めて他に私を必要としてくれる職場はある、と思い辞めました。

女26歳 化粧品セールス

もっとやりがいのある、自分に合った仕事がしたかったので辞めました。セールストークなどは、苦手だし、このままでは、ただ時間を無駄にするのではないかと考えて辞職しました。

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)27歳 学習塾講師

辞めればまた次の犠牲者が出ることになると考えてしまいました。また、辞めたところで貯金も少なく生活に不安がありましたし、転職に踏み切れるほど体力が残っていない時期でした。一時的な処置というのが分かっていたのも大きいです。

男(ad)28歳 製造業ライン作業

金銭的問題と業務上の立場。将来やるべきことを見つけたので、そのための勉強期間と割り切り、気持ちを切り替えた。

女(ad)24歳 幼稚園教諭

とりあえず無理やり目標を作り、1年だけ耐えようと思いました。モチベーションはとても引く、1年耐え続ける心を持つことは大変でしが、期限があることで頑張れました。

男(ad)31歳 サービス業職

やらないと先に進まないのでできちんとこなしました。今後何かしらの形で返ってくるだろうと信じて頑張りました。

仕事やりたくないときの対処法5つ

男(ad)27歳 税理士事務所事務員

やりたくない仕事でも将来的に自分のプラスになると思えるならやるべきだし、成長につながらないと判断した時点で部署を変えてもらうかやめた方がいいと思います。

なぜ仕事をやりたくないか考えてみる

女(ad)26歳 サービス業

嫌だと思うならすぐ辞めた方が良いと思います。ただやりたくない仕事の他に、もしその職場で楽しいことややりがいを感じられることがひとつでもあるのなら、それを失うということのリスクも考えるべきだと思います。私はやりたくないことがやりたいことの量を超えたので辞めました。1度冷静になって紙に書き出してみることをおすすめします。

やりたくない仕事をやっていても時間の無駄だと考えてしまうのは、あなた自身が仕事をつまらないと思っているからですよね。どんな仕事でも誰かがやらなければいけないですし、誰もしもやりたい仕事ばかりやっている訳ではありません。

もちろんあなたがやりたくないと思っている仕事でも、やりがいをもってやっている人もいますが、必ずしもやりたい仕事ばかりやっているとは限りません。あなたがやりたくない仕事をするのが無駄だと考えているのは、仕事の効率が悪いことも要因かもしれません。

やりたくない仕事をしていると、どうしても作業効率も悪くなりますし、仕事が終わるスピードも遅くなってしまいますよね。そのため仕事がめんどくさいと感じてしまいますし、余計にやりたくないと思ってしまうのかもしれません。

やりたい仕事をやればもっと仕事もスムーズに終わるので、あなたは仕事に対して効率的な考え方の人なのかもしれませんね。無駄な仕事をやっていても、何も得られるものがないと思っているのでしょう。

しかし無駄だと思うような仕事でも誰かがやらなければいけないですし、時間が無駄だと思うような仕事の中でも大切なことはたくさんあります。ただあなたにがやりたいとは思っていないだけで、大切な仕事はたくさんあることは理解しましょう。

あとはなぜあなたが仕事をやりたくないと思っているのか、理由を考えてみることが大切です。

はっきり言えばやりたい仕事だけをやっている人はほとんどいませんし、むしろ多くの人がやりたくない仕事でも、生活のために必死でやっているのが現状です。

だからこそやりたい仕事にこだわっているのかもしれませんが、やりたくない仕事も上手くこなすことで、早くやりたい仕事をすることができるはずです。

もしやりたいと思う仕事がないと感じているのであれば、もう一度ゼロから仕事について考えてみるのもいいかもしれません。

今の仕事がやりたくないから時間の無駄だと感じているのは、仕事に興味を持てないことが要因の可能性が高いです。仕事の楽しさややりがいを知らなければ、どんな仕事もやりたいとは思わないですよね。

だからこそやりたくないと思いながら仕事をするのではなく、まずはどんな部分が仕事のやりがいや楽しさなのかを考えながら仕事をしてみるといいかもしれませんね。

自分がどんな仕事をしたいか考える

男(ad)29歳 メーカー設計

時間の無駄と感じるのなら、辞めたほうが良いと思います。ただし、自分がどんな仕事したいかを見見極めた上で今の仕事を辞めることをおすすめします。

やりたくない仕事をしたくないという気持ちが強いのであれば、どんな仕事をやりたいのかを考えてみましょう。あんたがどんな仕事ならばやる気がでるのかを知ることができれば、参考にすることもできるはずです。

ただしやりたいやりたい仕事と憧れている仕事は別にして考えなければなりません。憧れの仕事に就けば確かにモチベーションも高く仕事をすることができるかもしれませんが、必ずしもやりたい仕事とは別ですよね。

憧れの仕事の中にもやりたくないと思う仕事はたくさんあります。実際にやってみるとどんなに憧れていた職業でも、こんなはずではなかったと思うこともあるでしょう。

それでもやりたいと思えることがあるからこそ、やりたくない仕事でも頑張ってやることができるのです。

そのためやりたくない仕事をするのが時間が無駄だと考えるのではなく、どんな仕事をあなたがやりたいと思っているのかが重要になります。

あなたがどんな仕事をやりたいのかを知ることによって、やりたくない仕事へのモチベーションとなるはずです。

ただやりたくない仕事のことだけを考えるのではなく、やりたい仕事をするためにはやらなければいけないと考えれば、時間の無駄だとは思わなくなるはずです。

やりたい仕事だけをしたいと思うのは多くの人が望んでいることですが、実際にはやりたくない仕事もしなければなりません。だからこそ上手くバランスを保ちながら仕事をすることによって、やりたくない仕事へのモチベーションを保つことができまるのです。

どうしてもあなたが今の仕事に対してやりたいと思える仕事が見つからない時は、上司や先輩に相談をしてみるのもいいかもしれません。あなたはまだ仕事のやりがいや楽しさをしらないからこそ、やりたい仕事を見つけることができないのかもしれません。

やりがいや楽しさを知っている人に相談することで、仕事への考え方が変わるかもしれません。そうなればあなたも仕事のやりがいを見つけて、やりたくないと思っている仕事にも興味を持って取り組めるかもしれません。

どうすればモチベーションが上がるか考える

女(ad)30歳 生保営業

その作業を続けることでその先への成長になるのなら、今はそれをモチベーションに頑張るべきです。しっかり、その先につながるのかを見極めてください。

あなたがやりたくないと思っている仕事をするのが時間の無駄だと感じているのであれば、非常にモチベーションも低い状態でやっているはずですよね。

だからこそ余計の仕事への興味もなく、やりたくない仕事をしているとイライラしてくるでしょう。

どんな仕事でもモチベーションが低い状態で仕事をすれば生産性も上がらないですし、余計のやりたくないと思ってしまうはずです。それでも仕事をしなければいけないので、やりたくない仕事でもやらなければ生活することはできません。

どうせ仕事をするなら楽しく仕事をしたいと思いますよね。あなたがやりたくない仕事をする時に、時間の無駄だと考えるのではなく、どうすれば楽しく仕事ができるのかを考えてみましょう。

誰しもやりたくない仕事はありますが、結果とすればやらなければ生活することはできません。もちろんストレスも溜まりますが、自分のモチベーション次第でストレスを溜めることなく仕事をすることができるはずです。

例えばやりたくない仕事をする時に、小さな目標を持ってやることで、目標達成することをモチベーションにすることができます。するとやりたくないという気持ちから、目標を達成するということを目標にして仕事をすることができますよね。

目標ができれば仕事へのモチベーションも上がるので、生産性も上がって仕事を楽しんでできるはずです。仕事をする時にはモチベーションはかなり重要なポイントなので、どうすれば上げられるかを考えましょう。

やりたい仕事をする時には自然とモチベーションを上げることができますが、やりたくない仕事をする時に、いかにモチベーションを上げるかが重要なポイントとなります。

モチベーションの上げ方は人それぞれ違うので、あなた自身がどうやってモチベーションを上げるか考えることが大切です。

小さな目標を立ててクリアしていくか、自分に対してご褒美を用意するか、またはもっと仕事を深く勉強して興味を持つかなど、いろいろやり方はあります。

誰もがやりたい仕事だけをしているのではないので、いかにモチベーションを上げて仕事に取り組むかが重要になってきます。

やりたくない仕事をする時はどうしてもモチベーションが下がってしまうので、時間の無駄だと考えずにどうすればモチベーションが上がるかを考えてみましょう。

やりたい仕事とやりたくない仕事のバランスをとる

あなたにとってやりたい仕事が少しでもあるからこそ、今の仕事を続けているはずです。しかしそれ以上にやりたくない仕事が多いからこ時間の無駄だと感じてしまい、仕事に対してストレスが溜まっているのでしょう。

そんな時は客観的に見て、仕事のバランスをどうやればとれるかを考えてみましょう。やりたい仕事とやりたくない仕事の比率や時間を考えることで、本当に時間の無駄になっている可能性があるからです。

あなたがやりたいと思っている仕事の割合が3割程度であれば、多くの人はそんなものだと納得するかもしれませんね。

実際にやりたい仕事に就いたとしても、やりたくないことばかりやらされることは多々あるので、やりたい仕事をすることがモチベーションになることは多いです。

もしやりたい仕事が5割以上の割合であれば、かなり優遇されていますし、やりたい仕事をしているといえるでしょう。

あなたがすべてをやりたい仕事だけしたいというのは、さすがに高望みをし過ぎといえますし、5割のやりたくない仕事があるからストレスが溜まるというのは我慢するしかありません。

やりたい仕事をすることをモチベーションにすることで、やりたくない仕事をすることができるので、考え方を少し変えるだけでもストレスは軽減するはずです。問題なのはやりたいと思える仕事が1割以下の場合です。

誰もが仕事に対してやりがいを持っている訳ではなく、とりあえず生活のために就職したという人もいるでしょう。そういう人は言われたことだけをやるので、仕事のやりがいを自分で見つけることが難しいタイプの人が多いです。

もしあなたもやりがいを見つけることができないタイプであれば、ほとんどすべての仕事がやりたくないと思っているのかもしれませんね。そうなると仕事へのモチベーションを上げることが難しくなってしまいます。

生活のためにやりたくない仕事もやらなければいけないと割り切ってやるか、もしくは辞めて新たにやりたい仕事に就くしかないでしょう。

やりたい仕事とやりたくない仕事のバランスをとることは難しいですが、一度客観的に考えてみることで、あなたがどうすればいいかを知ることができるかもしれません。

改善できる見込みがなければ辞めるべき

男(ad)32歳 広告営業

私のように一時的なものであれば耐えるという選択肢もありです。これが長期・恒久的にとなると精神に相当影響が出るので、状況に変化がなければ退職を考えるターニングポイントだと思います。

あなたがどうしてもやりたくない仕事をやっていて、今後も改善の余地がないのであれば、最終的には転職することをおすすめします。

やりたくない仕事を続けていても確かにストレスが溜まってしまうので、楽しい生活とは程遠くなってしまうでしょう。

やりたくない仕事ばかりだから仕事を辞めるというのは非常に簡単ですが、大切なことは次にあなたがやりたい仕事に就けるかがポイントです。どんな仕事でもやってみないとわからない部分はありますが、転職先でもやりたくない仕事をしては意味がないですよね。

ただし、同じことを繰り返さないためにも、転職するなら上述しましたが、あなたがどんな仕事をしたいのかを考えることが大切です。

どんな仕事に興味を持っているのか、やりがいを感じるのかをしっかり考えることで、やりたい仕事を見つけることができるはずです。

ここで大切なことはより具体的にやりたい仕事について考えることで、憧れだけではいけないということです。今とは違う職業に憧れを抱いて転職することもできますが、実際に働いてみると憧れていた内容とは程遠い仕事が山ほどあるものです。

その仕事を続けるためにはどんなことをやりたいのか、明確な目標がなければ続けることは難しいでしょう。辛いことがあっても目標があるからこそ、モチベーションを維持して仕事を続けることができるのです。

あなたが転職する時にはやりたい仕事を見つけることが大切ですが、どんなことを目標にするかも重要なポイントとなるので注意しましょう。目標が具体的なほど辛いことや大変なことがあっても、乗り越えることができるはずです。

毎日やりたくない仕事をやっていて時間の無駄だと感じているのは、確かにストレスも溜まってしまうので良い傾向ではありませんよね。

転職して新たにやりがいのある仕事に就いた方があなたにとっても幸せなことなので、具体的にやりたい仕事についてしっかりと考えてから転職することをおすすめします。

まとめ

やりたくない仕事をやって時間の無駄だと考えているあなたは、より仕事に対して強いこだわりを持っているのかもしれませんね。だからこそやりたい仕事をすることで、より効率的かつ生産的に仕事をしたいと思っているはずです。

やりたくないと思っている仕事ばかりでは確かに時間の無駄なので、自分でモチベーションを上げる方法を考えることは大切です。なぜならどんな仕事でも辛いことや大変なことがたくさんあるからです。

もしあなたがそれでもモチベーションを上げる方法が見つからないと感じた時は、やりたい仕事に転職することをおすすめします。次はやりたい仕事について、やりがいを持って仕事ができることを願っています。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)