仕事を頑張りたいという気持ちがあるのに、なぜか無気力になってやる気が出ない時もありますよね。あなたと同じようにやる気が出なくて辛いと感じることは、多くの人が経験していることのひとつです。

やる気が出なくても仕事をしなければいけないので、余計に仕事をするのが辛いと感じてしまい、何をしてもやる気が出なくて苦労してしまします。自分では仕事をしたいという気持ちがあるからこそ、やる気が出ないのが辛いと感じるので、どうにかして解決したいと思っているはずです。

そこで無気力で仕事のやる気が出なくて辛い時の対処法について紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

81%の人が仕事でやる気が出ず無気力になった経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、81%の方が仕事でやる気が出ず無気力になった経験があると回答しています。特に、以下の状況の方が悩んでいる傾向にあるようです。

  • 人間関係で悩んでいた
  • 仕事が忙しすぎて休みがなかった
  • 頑張っても給料が増えない
  • 毎日同じことの繰り返しで飽きた
男27歳 技術職

ふと仕事を進めるうちに後27年、65歳まで働くとしたら32年ずっと同じような仕事をするのかと考え出したらやる気を失った。

女23歳 営業事務

上司が仕事を押し付けてくるし、反論すると何倍にもなって言い返されて、アホらしくなったと同時にやる気が飛んでいきました。

男28歳 IT営業

営業だけど給料が歩合制ではないから頑張っても頑張らなくても給料が同じで、せいぜい成績が悪いと上につつかれる程度なので、頑張る気力がわかなかった。

女23歳 清掃業

仕事でトイレ清掃をしたときに、ふと「私はこんなところで一体何をやっているんだろう」と思いました。それを思ってからは理屈抜きにやる気が薄れました。

女25歳 書店員

週休2日制だったのだが、15連勤などのハードな勤務が多く、疲れが十分に取れずに次第に無気力になっていった。

44%の人が実際に仕事を辞めている

仕事でやる気が出ず無気力になった経験があると回答された方の中で、実際に44%の人が辞めたと回答しています。辞めた方に共通しているのは以下の3つです。

  • 会社にいても明るい未来がない
  • 状況が改善される気配がなかった
  • 鬱になりそうだった

もし、あなたも上記のような状況なら、辞める決断をしてもいいのかもしれません。

辞めたと回答した人の声

女25歳 ITサービス事務職

このままここにいても自分の成長ができないと思ったから。無駄に会社に拘束されているのもストレスだったから。

男21歳 福祉関連

直属の上司に相談しました。ですが、社長の方針が変わらないので難しいと、解決ができないと言われ転職した。

女33歳 商社営業

その会社での自分の先がみえなくなってしまい、自分がどのようにしていけばいいのかわからなくなり、先が見えず疲れてしまった。

男27歳 サービス業

辞める前に、責任者と話し合いをして、月に数回休みをもらえたが、数ヵ月したらまた休みがなくなったから、

ですが、辞めずに解決できるならその方がいいのが当たり前なので、安易に辞めることはおすすめしませんよ。

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)26歳 営業事務

仕事自体が嫌な訳じゃないし、逆に頑張らなくてもそれなりに給料がもらえるならいいかと思って今も無気力に働いてます。

男(ad)40歳 福祉関係事業

あまり人からの評価を気にすることなく、自分自身の評価の中で仕事をしようという考え方に変えて自分を納得させた。

女(ad)27歳 製造業

仕事が嫌になったわけではなくアップダウンの差が激しく、精神が適応できなかっただけなので仕事を辞めることはありませんでした。

男(ad)25歳 運輸業技術職

やめる意思を伝えたものの、他の職場の先輩等に説得されたことで、もうしばらく様子を見ることにした。結果として、上司だった人が転勤でいなくなり、意見の対立がなくなった。

仕事でやる気が出ず無気力になったときの対処法5つ

女(ad)30歳 サービス業

無気力になった原因が勤めている会社では解決できる手段がなく、転職によって解決できるのであれば辞めた方が良いです。

無気力になってしまう原因を探ってみる

女(ad)26歳 金融営業職

自分の置かれている環境の人間関係や仕事内容、給与面などを見直して、まずは現状を把握してください。

あなたが無気力になって仕事ができなくて辛いと感じるのであれば、まずは自分なりに原因を探ってみましょう。あなたは自分では仕事をしたいという気持ちがあるのにも関わらず、やる気が出ないのには何か問題があるはずです。

仕事でやる気が出ない原因としては、仕事内容が合わない、職場の人間関係が上手くいかない、自分のスキルが足りないなどの理由が挙げられます。あなたがどんな理由でやる気がでないのかは、自分自身でしっかりと考えてみましょう。

仕事内容に関する不満によって無気力になるのであれば、上司に相談をすることは有効な手段となります。あなたにとって思っていた仕事とは違う内容に、戸惑っているのかもしれません。

しかしどんな仕事でもやらなければいけませんし、自分がやりたい仕事だけをしている人などほとんどいません。やりたくないことでもやらなければいけないのが仕事なので、あなたがどのようなモチベーションで仕事をしているかを考えてみましょう。

人間関係に関することはあなた一人の力ではどうすることもできませんよね。あなたがいくら頑張っても、相手がいることなので上手くいかないことも多々あります。

仕事をする時に職場の雰囲気が悪いとやる気も起きないので、無気力になってしまうことも多いです。改善できたとしても長い時間が必要になることも多いので、人間関係はやる気がなくなる要因のひとつです。

あなたが仕事に対してやる気を出しても、スキルが追い付かなければ空回りしてしまうので、自分自身で仕事ができないことに悩んでしまうでしょう。スキルは経験が必要不可欠なので、やる気があってもスキルがないとモチベーションも下がってしまいます。

スキルを磨くためにモチベーションを上げることが大切ですが、あまりにも自分のスキルが低すぎたと感じた場合、諦めてしまうので無気力になることもあります。

仕事を頑張りたいという気持ちが強いほど、挫折した時にはショックが大きくなってしまうのです。

無気力になってしまう要因にはいろいろあるので、あなた自身で原因を探ってみることは大切なことです。原因がわかれば対処法を見つけやすいので、辛い気持ちを押さえて原因を探ってみましょう。

小さな目標を持って仕事に取り組む

男(ad)29歳 IT営業

仕事をするのは一方向のためだけではないと思います。自分のためであり、人のためです。目標を持って働くことができれば、緩和につながると思います。

無気力で仕事のやる気が出ない時は、毎日小さな目標を立てることで、達成感を味わうようにしてみましょう。仕事に対してのやりがいを見つけることによって、モチベーションもだんだんとアップしていきます。

毎日どんな小さなことでもいいので、小さな目標を掲げてみましょう。本来であれば大きな目標を掲げることが必要ですが、たどり着くまでには多くの苦労と時間が必要になります。

そのため長期目標だけでなく、中期目標や短期目標を掲げることによって、目標を達成したという実感を味わいましょう。目標達成すれば充実感が得られてやる気もアップしますよね。

目標達成すれば自信がついてさらなる目標に向かって頑張ることができます。そのためどんな些細な目標でもいいので、毎日クリアして達成感を味わうようにしましょう。

あなたが無気力でやる気がない状態の時には、目標を掲げることも難しいかもしれません。そんな時には自分が確実に達成できる目標を掲げてみましょう。

毎朝遅刻しないで出勤する、上司にしっかりと挨拶するなど、確実に毎日行うことを目標にすることから始めます。実際にこんな当たり前のことは目標にはならないと思っていても、いつかは遅刻をしたり挨拶を忘れてしまうことがあるかもしれません。

始めは達成しやすい目標を掲げることによって、達成感を味わることができます。すると欲とやる気が出てくるので、少しハードルの高い目標を掲げようと考えるものです。

仕事でミスをしない、今日のノルマを達成する、今日中に契約をまとめるなど、ハードルの高い目標設定を自ずとやるようになります。この時点で無気力な状態からは脱出しているはずなので、自然と目標を達成しようとやる気が出てくるようになります。

小さな目標を少しずつクリアして達成すれば、あなたの自信に繋がりますよね。どんなことでも自信を持って取り組むことは大切なので、仕事で自信が持てることができれば、毎日充実した生活を送ることができるはずです。

目標設定は自分自身が行うものですし、どんな小さな目標でもいいので毎日目標を掲げる習慣をつけましょう。いずれ目標を立てることが能えり前になり、自分がいつの間にか自信がついているようになれるはずです。

仕事をする時には目的意識を持って取り組むことは大切なことなので、自分の目標と照らし合わせて考えてみてくださいね。

なりたい自分を想像してスキルアップを目指す

あなたが無気力で仕事にやる気が出ないのは、目標がなく将来自分が本当にやり続けたい仕事なのか、疑問に思っている可能性が高いです。あなた自身がなりたいと思うような未来図が見えないからこそ、今の仕事を頑張ってやり続けていてもいいのか不安なのかもしれません。

仕事をする時には将来の目標を持って取り組むことは大切なことです。会社では出世したいというのも目標ですし、憧れの先輩のように仕事ができるようになりたいと思うのもやる気の動機になります。

自分が将来どんな形で仕事をしていたいのか、想像することができれば、今何をすればいいのかがわかってきます。なりたい自分を想像することで、現時点で足りないスキルを磨いたり、やっておいた方がいいと思うことに挑戦することができます。

しかしあなたが無気力になってしまうのは、将来なりたい自分の姿が見えないばかりか、この会社で働きたいとは思っていない可能性が高いです。だからこそ自分の未来図を見ることができないため、今は何をすればいいかもわからなくなってしまうのです。

なりたい自分を想像できるということは、それだけ仕事に興味を持っているということでしょう。しかし仕事が嫌だと思っていたり興味がなければ、将来のことなど考えることもありませんよね。

仕事において長期的な目標を掲げることが大切ですが、あなたは今のことしか考えられないからこそ、自分の将来を想像することができないのです。まずはなりたい自分を想像するために、どんな小さな目標でもいいので持ってみましょう。

目標を達成するためには足りないスキルを努力して補わなければなりません。その行動とスキルアップがだんだんと自信につながり、あなたのモチベーションにもなっていくはずです。

仕事でなりたい自分を想像する時には、憧れの人や上司がいいかもしれません。身近な上司を目標のすることによって、いつでも勉強することができるからです。

無気力な状態からすぐにやる気を出してい頑張るのは難しいので、徐々に少しずつでもやる気を取り戻していけることを願っています。

新しいことにチャレンジしてみる

今の仕事に対してやる気や興味が持てないのは、マンネリ化していることが要因かもしれませんね。あなたが毎日何となく仕事をしていて、何のために仕事をしているのかわからなくなってしまったのでしょう。

これは目標を持って仕事をしていない人がよく考えることで、マンネリ化することで仕事には慣れるが、やる気が出なくなってしまうという現象が起きます。やる気を出すにはマンネリ化を脱却すればいいのですが、なかなか自分では仕事の改善をすることはできませんよね。

そこでやる気を取り戻すために大切なことが、新しいことにチャレンジしてみることです。あなたが新しいことにチャレンジするほど、脳が刺激を受けるのでマンネリもなくなっていきます。

どんな些細なことでもやったことがないことや新しいことに挑戦することによって、脳に刺激を与えることができます。いつもとは違う道をあえて歩いたり、普段は話をしないような人に声を掛けるだけでも、脳が新たな刺激を受けるのです。

新しいことはどんなことでも脳に刺激を与えることができるので、マンネリ化した頭を一新してくれます。すると仕事に対してやる気が出なかった脳が、自然と活性化してやる気が出てくるようになるのです。

職場で新しいことにチャレンジするのは、特に大きな変化を望まなくても大丈夫です。逆に小さな変化でもいいので、数多く普段とは違う行動をとった方が、脳には多くの新しい刺激を与えられます。

無気力状態で新しい仕事に取り組むのは大変なので、いきなり大きな変化望まない方がいいでしょう。大切なポイントは毎日多くの新しい変化を求めることです。

仕事中だけでなく普段の生活の中でも新しいことを取り入れることによって、より脳が活性化してポジティブに仕事を考えられるようになるはずです。

やる気さえ出すことができれば、辛い思いをしなくて済むと思ってしまうこともあります。

だからこやる気が出ない時とのギャップが激しいですが、やる気が出なくて辛いと思う気持ちがあれば、きっとモチベーションアップの方法を見つけることができるはずです。

環境を変えるために転職する

女(ad)25歳 書店員

モチベーションを上げられる見込みがあるなら続けてもいいが、仕事自体が嫌になってしまっているなら辞めてもいいと思います。

男(ad)26歳 営業職

環境を変えることも必要です。転職活動を行うことで、現在の職場を見つめ直すことができ、場合によっては転職も選択肢に入れることも可能です。

無気力状態が続くような環境ではあなたにとっても辛いばかりなので、思い切って転職することをおすすめします。」もちろん簡単に転職してばかりだとあなたにとってマイナスが事が多いですが、場合によっては転職した方がいいケースもあります。

今回あなたが無気力でやる気が出ないと感じているのは、仕事をやりたい気持ちがあるのに、やる気が出なくて悩んでいるのでしょう。仕事をやりたい気持ちがあるのにやる気が出ない理由は、ストレスが要因となっているはずです。

仕事への不満や人間関係の悪化、さらには自分自身のスキル不足などの要因によって、仕事を頑張っても意味がないと思ってしまったからでしょう。充実して仕事をしている時ほど周りは気にならないものですが、無気力状態だと周りの人がかなり気になってしまいます。

何でそんなに頑張っているのか理由がわからないので、仕事をする時も戸惑ってしまいやすいです。不安要素が多い仕事ほどモチベーションも上がらないので、やる気も低下して当然です。

職場環境を変えることによってあなたが不満に思っていたストレスを、一掃することができます。ストレスの要因の仕事内容と人間関係が改善されれば、新たな気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。

転職することを逃げると思っている人もいますが、職場は人によって相性が違います。他の人が居心地が良い会社でも、自分にとってはストレスばかりで肩身が狭い思いをすることもありますよね。

まさに仕事に対してやる気が持てないからこそ、一度気持ちをしセットして再スタートをきるべきです。会社に残って改革をしたり、環境改善を訴えることもできますが、かなりの時間と労力を必要とするでしょう。

そのため最終的な考え方として転職することをおすすめするので、気持ちを切り替えて仕事に取り組んでみてください。環境を変えることによってやる気が出るとは限りませんが、少なくともモチベーションを上げることはできます。

自分が不満に思っていたことがなくなるだけでも、精神的には楽になるものです。転職すること自体大変なことですが、あなた田にとって転職が最善の解決策になることを願っています。

まとめ

無気力でやる気がない状態から仕事をやる気になるには、相当な時間が必要になることもあります。やる気を出すには人それぞれスイッチが違うので、まずはやる気が出ない原因について考えることが大切です。

原因さえわかってしまえば上手く対処するだけなの、徐々にやる気を取り燃すこともできるでしょう。仕事でやる気が出ない時は職場環境も考えて、あなたに合った職場をに転職することもおすすめします。

いくつかの対策がありますが、どれもあなた自身が意識をすることによって、仕事へのやる気も復活してくるでしょう。

無気力な人に対して改善できない場合には、転職をすれば気持ちを切り替えることができるのでおすすめします。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)