人間関係がしんどいって思う時もありますよね。私も以前働いていた会社では、人間関係が悪くて毎日しんどいと思いながら仕事をしてたので、あなたの気持はよく分かります。

自分では普通にしているつもりでも、いつの間にか相手との関係が悪くなっていることもありますよね。自分ではどうすることもできない時もあるので、余計しんどいと感じてしまいます。

そこで私の経験を踏まえて、人間関係がしんどくて辞めたいと思うあなたへ5つのアドバイスを送りたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

87%の人が職場の人間関係がしんどいと悩んだ経験がある

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、87%の方が職場の人間関係がしんどくて悩んだ経験があると回答しています。内容としては、先輩や上司との関係に悩んでいたという方が多かったですね。

男28歳 サービス業

仕事中にミスがあったり予定が少しでも狂うと、他人のせいにしてイライラしだし職場の雰囲気が悪くなるので、出勤するのが嫌になりしんどかったです。

女34歳 不動産事務

私のすること全てが気に入らない様子で陰口の対象になっていた。私の行動をいちいちチェックされているのが分かっていた。

男26歳 損害保険会社査定職

その先輩から妙にライバル視されました。仕事で何か意見を言うような場面があると、必ず私と反対の側に立ち異常に噛みつかれました。特に理由が無いので、手がつけられませんでした。

女30歳 コールセンター

仕事とは関係なく仲良しを強要されて苦痛。行動してもしなくても目に留まる。意にそぐわないなら関わらなければいいのに、うわべだけの挨拶や会話をしてくる意味が解らない。言いたいことがあるならハッキリ言うべき。お友達ごっこのよう。私は関わる必要性を感じないので、理由を話さないなら近づかないで欲しい。

34%の人が人間関係が理由で実際に仕事を辞めている

職場の人間関係がしんどくて悩んだ経験があると回答された方の中で、実際に34%の人が辞めたと回答しています。

辞めたと回答した人の声

女24歳 商社営業事務

差別用語を使って暴言を吐かれるようになり、メンタルがやられ残業が多かったのもあり身体を壊し休職しました。その後、人間関係が悪かったので復帰はしませんでした。

男24歳 建築資材の営業

上司のそういった態度に嫌気がさしたからです。そんなに大きな会社でもなかったので、上司が変わるのもまだまだ時間がかかりましたし、そもそもその会社のことが嫌いになってしまいました。

女25歳 会計事務所

キツイ言葉だった事、どうしても納得出来ない怒りだった事もあり体調を崩してしまい、それっきりその職場へは行かなくなりました。その上司の顔も見たくありませんでした。

男33歳 建設業経理

体を壊して上司とも上手くいかなかったので辞めました。精神的にも限界に来ていたのでこのタイミングで辞めて良かったです。

辞めなかったと回答した人の声

女(ad)28歳 営業事務

その上司のせいでやめて自分の経歴に傷をつけたくなかったのと、ここで辞めたら上司に負けた気がするのが嫌でした。さらに上の上司に相談して、注意してもらいました。

男(ad)28歳 製造業ライン作業

転職支援会社に登録しましたが、希望の国内優良会社に転職できずに、諦めました。外資系には採用内諾は得ましたが、不安があり断りました。職場の先輩にプライベートでも相談にのって貰い、ひたすら時間が解決するまで我慢しました。

女(ad)26歳 商社営業

現場が変わればその人と仕事もなくなるので、終わりが見えていたため、我慢ができた。負けたくないという気持ちもあって辞めなかった。

男(ad)27歳 土木技術職

定期的な人事異動がある企業なので、あと数か月我慢すれば、その上司は学歴的には高レベルな社員だったので転勤してしまう見込みがあった

職場の人間関係がしんどくて辞めたいときの対処法

女(ad)27歳 病院勤務医療系

どこでもそんなトラブルはあると思いますし、そんなことでいちいち仕事を辞めていたらどこでも働けないからです。無視できる時は無視して対処するようにしています。

人間関係が悪くなった原因を考える

人間関係がしんどいと感じて辞めたいと悩んだ時に、なぜ人間関係が悪くなったのかを考えてみましょう。人間関係はこれからの人生でも重要ですし、必ず人とのコミュニケーションは必要不可欠です。

今回たまたま会社での人間関係が悪くなったことがきっかけで会社を辞めたいと思っても、もしかしたらあなたが原因で人間関係が悪化しているのかもしれません。

そうすると例え今回会社を辞めて転職をしたとしても、次の職場ではまた同じように人間関係のトラブルによって、会社を辞めたいと悩むことになるでしょう。

人間関係はお互いのどちらかが悪いという訳ではなく、相性やちょっとした勘違いによって悪化することもあります。もしもあなたが人間関係で悩んでいるのが、ちょっとした勘違いによるもので、誤解を解くことができれば関係を修復することができるかもしれません。

あなたがが人間関係に悩んでいるのと同じように、相手もあなたに対しての関係性に悩んでいるかもしれませよね。

完全にどちらかが一方的に嫌っていたり、修復不能なまでに嫌悪感を抱いているなら、関係を修復するのは難しいでしょう。しかしちょっとした勘違いによって関係性が悪くなってしまったのならば、今からでも改善することができます。

あなたも人間関係が嫌で会社を辞めるまで悩んでいても、もしも関係を完全することができれば、そのまま会社で働きたいですよね。

会社を辞めるのはいつでも簡単にできることです。あなたが会社を辞める前に、人間関係が悪化した原因についてしっかりと考えてみましょう。もしかしたら人間関係がしんどい原因が分かって、改善することができるかもしれません。

自分が変わって改善できるかやってみる

男(ad)28歳 サービス業

嫌な先輩を避けずに色々と質問をしに行き、自分のスキルを上げて成長することに集中して実力を示し、少しずつ克服していきました。

一度こじれてしまった人間関係を改善することは難しいですよね。特に職場での人間関係は相手との立場や年齢差などがあるので、簡単に関係性を修復することは難しくなります。

下手をすれば関係がこじれたまま仕事をすることになるので、仕事をするのがしんどいと感じてしまうでしょう。もしも相手との関係性を改善しようと思うなら、まずは自分が変わってみてはどうでしょうか。

どうしても相手との関係性を改善したいと思った時に、相手が変わるのを待つよりも、自分が変わって相手に接した方が早いですよね。

そもそも相手が関係性が悪くてもいいと思っていれば、相手は一切関係を修復することはありません。あなたが会社を辞めたいと悩んでいるほどしんどいのに、相手はまったく関係ないという態度だと、どうすることもできませんよね。

このまま会社を辞めるのは簡単ですが、会社を辞める前にできることをやってから退職しても遅くはありません。人間関係を改善するのは本当に大変なことです。

どちらかが態度を軟化させることで、関係性に変化をもたらすことができるなら、あなたが今までとは変わって相手に接してみましょう。すると今までは明らかに嫌悪感を抱いていた態度が、一転して普通な態度に変わるかもしれません。

人間関係は一度悪化してしまうと、どちらも意固地になって態度を変えようとはしません。その結果どんどん関係性が悪くなってしまうので、どちらかがしんどいと感じてしまうのです。

もしもあなたの態度が変わって相手の態度が軟化すれば、今までよりも人間関係は良くなるので、仕事をしてもしんどいと思わなくなるかもしれません。他人を変えるのは難しいですが、自分を変えるのは今すぐにでもできます。

嫌悪感を抱いている相手に対して、下手に出ることは負けた気がしますが、それでも仕事をする上では下手に出た方があなたにとっても得なことが多いです。

人間関係の悪化を修復することも仕事の一環だと思えば、相手に対して下手に出たり頭を下げることは何でもないですよね。仕事では理不尽なことでも我慢をして働くことがあるので、それに比べればなんてことないはずです。

仕事上の関係だと割り切って付き合っていれば、自分が態度を変えて相手との関係性を修復することは簡単なことです。

しかしあなたが自分の態度を変えて相手に接したとしても、必ずしも関係性が修復されるとは限りません。相手が絶対に態度を変えないと意固地になっている可能性もあります。そうなるとあなたができることは無くなってしまうので仕方がありません。

人間関係で会社を辞めてしまうのは非常に勿体ないことですが、関係を修復するのが難しいなら仕方がありません。辞める前にあなたができることをしたのに改善できなければ、転職を考えるのもひとつの方法です。

上司に相談をする

女(ad)27歳 メーカー事務

辞めようかと思ったが、嫌いな人のせいで辞めるのは私も納得いかないので、上司に相談して異動させてもらった。

あなたが人間関係に悩んでいて、どうしても仕事がつらいと思ったら上司に相談をしましょう。自分でできることをやったのに、どうすることもできないことはたくさんあります。

やれるだけのことをやったのに関係を修復することができなければ、あなたは会社を辞めることしか考えられませんよね。できることをやってどうすることもできなければ、会社を辞める前に上司に相談をしてみましょう。

人間関係で悩んでいる会社はたくさんあるので、上司としても悩みの種ではあります。しかし人間関係はよくあるトラブルなので、上司としても対処法があるかもしれません。

部署内の人間同士が仲が悪ければ、同じ仕事にならないように上司が調整することもできます。会社内では全員と仲良くなることはできませんし、仲が悪い人がいても不思議ではありませんよね。

世代も考え方も違う人がたくさん集まっているのが会社なので、人間関係のトラブルがあっても不思議ではありません。上司もいろいろと対応策を持っている可能性もあるので、あなたが辞めると決断する前には上司に相談してみるのもいいでしょう。

上司に相談をするということは、あなたが本気で悩んでいるといことを察してくれるはずです。ただしいくら上司でも仲の悪い2人の関係性を修復するのは難しいでしょう。

しかし上司が相談を受けたことで対処できなければ、社員が辞めてしまうかもしれないと思うので、大きな問題と受け取っているはずです。上司に相談をすることで解決できなければ、辞める意思があることを明確に伝えることにも繋がります。

上司に相談をしても解決することができなそうならば、退職する旨を上司に伝えやすくなりますよね。上司も納得しやすいですし、今後の改善策としても対応を考えるかもしれません。

あなたの問題として人間関係で悩んでいても、結局は会社の問題として捉えなければなりません。あなたがもできるだけ会社にいて働きたいと思っているはずなので、できることなら上司を頼ってでも何とか会社にいられるように行動してみましょう。

その結果として人間関係が改善することができずに、あなたがしんどいと感じているなら、会社を辞めることを実行に移すのも仕方がありません。

実際に転職活動をする時も上司は状況を知っているので、応援してくれるはずです。上司が状況を知っているので、退職するまではあなたと関係が悪い人と一緒にならないように、配慮してくれるかもしれません。

辞めると決意しているので、トラブルを起こさないでもらいたいと誰もが思うものです。このまま静かに退職する人もいれば、辞めるから最後はケンカをしてでもスッキリしたいと思う人もいるでしょう。

上司はそういったトラブルを未然に防ぐために配慮してくれるはずなので、あなたにとっても退職日までは平穏無事に過ごすことができるはずです。

どうしても改善できなければ転職を考える

女(ad)25歳 看護師

自分は患者さんのためにやっているのになぜそのようなことを言われないといけなかわからず直接の上司に相談しましたが何もアクションを起こしてもらえず、半年経っても状況は一向に変わらなかったので転職しました。

職場ではたらくのがしんどくてつらい。自分でもできることをやって上司にも相談をしたのに、改善することができなければ、転職を本格的に考えましょう。

できることなら同じ会社で長く働きたいと思いますが、職場でしんどいと悩むくらい人間関係が悪化しているなら、転職して新たな気持ちで働いた方があなたのためにもなるかもしれません。

転職活動をする前に退職するまでの流れを把握しておくことが大切です。最低でも退職する1カ月前には上司に報告しなければいけませんが、上司に相談をしているならすんなりと了承してくれるはずです。

その後は退職日を決めて、その日までに仕事の引き継ぎ作業を終わらせるようにしましょう。退職日までは通常通り仕事をしなければなりませんが、人間関係が悪くてしんどくても、退職すると決意しているので気分も楽になっているはずです。

人間関係が悪い人と会うこともないと思えば、退職日までは我慢して働くことができるはずです。後は引き継ぎ作業を滞りなく終わらせ、退職日まで大人しく仕事をしましょう。

退職日まではトラブルなく仕事を終わらせなければなりません。退職するまでは仕事へのモチベーションも上がりませんが、トラブルなく仕事をこなすようにしましょう。

次にやりたいことを仕事にする

転職することを決意したのならば、後は転職活動を本格始動するだけです。しかし転職する前には必ず次にやりたいことを見つけてから転職活動をしましょう。なぜならどんなに転職を望んでも転職するには大きな壁が立ちはだかっているからです。

まず転職する前に自分のやりたいことを見つけていないと、転職活動を成功させることは難しいです。転職したいと思ってもどの業界も簡単には転職することはできません。

あなたが思っているよりも、はるかに転職活動は厳しい現実が待っています。転職するためには自分が今後どうしたいかを明確にし、それに向かって全力で取り組まなければなりません。

あなたと同じように転職したいと思っている人は何人もいるので、そういったライバルたちと転職活動を戦わなければならないからです。あなたも今の会社に入社する前に就活を経験しましたよね。

就活を経験したのならば大変さは分かっているはずです。しかも転職する時には年齢が上がるほど不利になっている可能性があります。

そのためあなたは明確にやりたいことを見つけてから、そこに向かって全力で転職活動をしないと、転職することすら難しいかもしれません。転職する前には段取りをすることが大切です。

というのも、事前にあなたがやりたいことを見つけることができれば、必要なスキルを学ぶ時間が作れるからです。転職活動をする時にはあなたがやりたいことを見つけても、必要とされるスキルが身についていなければ転職することは難しいです。

少しでも転職するために必要な能力を身につけることによって、有利に転職することができます。中途採用ではライバルが多いですし、あなたよりも能力が高い人がライバルになっています。

そんなライバルと少ない採用を争わなければならないので、あなたも転職が有利になるためにはスキルや資格が必要になります。転職する時に未経験でスキルもなければ、採用されるのは難しいですからね。

あなたもやりたいことが見つかればそれに必要なスキルを磨きたいと思いますし、転職するまでの時間を有効活用することができます。

退職するまでには数日間の日にちがありますが、退職日まではほとんどやることはないですよね。もちろん仕事へのモチベーションも低いですし、退職日までは何とか嫌でも会社にいかなければなりません。

はっきり言えば退職日までの時間がとてもムダになってしまうので、その時間を活用して新たな仕事のために頑張る努力をしましょう。

目標が見つかっていれば努力もしやすいですし、時間も有効活用できます。あなたが仕事を辞めたいと決意をしたのならば、あなた自身が一番やりたいことを見つけてから転職するようにしましょう。

まとめ

仕事を辞める人の多くが人間関係が主な理由です。人間関係しんどいからという理由だけで安易に辞めるのはよくないですが、無理をして会社に居続けることもありません。

あなたが仕事の時間を充実させたと考えているなら尚更です。

今の会社でそれが実現できる見込みがないと判断し、辞めることに後悔がないなら決断してもいいのではないでしょうか?

迷うことはありません。苦しんでいる今の時間がもったいないだけですよ。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)