誰に聞いてもきっと「仕事がきつい」と答える方が大半ではないでしょうか。かくして私も「仕事がきつい」と答える内の一人です。

でも人によって「仕事がきつい」の中身が違います。一番、究極に仕事がきついという内容はどういうものでしょうか。

そもそも辛いというのも人によって内容が違います。人間関係で仕事が辛くなることもあれば、仕事量が多すぎてきついと感じる方もいると思います。

では、それぞれの「きつい」をどう乗り越えるべきなのでしょうか?今回は乗り越え方をお伝えします!

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

仕事がきついと感じる理由1位は長時間残業!

仕事がきつくて・・・と悩んだ経験がある社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、「人間関係」「給料」「長時間残業」「ノルマ」が理由でという回答が大半を占めていました。

中でも長時間残業がダントツで多かったです。

女25歳 IT営業事務職

4年目なので、ある程度経験積んで、手抜きも覚えて、先輩や同期など見知った顔が増えて、あまり日常に変化を感じなくなりました。ほぼ同じ電車に乗ってかえって、行っても休んでもそんなに変わらない状態に、私のいる意味って何だろうと次第に考えるようになりました。

男34歳 サービス業

人手不足で。自分一人で部署をやらないといけないのが。物凄く憂鬱です。連日帰るのが遅くて疲労が半端なく、だるくなりました。

女26歳 電気通信事業営業

毎日毎日似たような案件でくるお客さまの対応を朝から晩まで繰り返して目新しさが何もなく、事務的に一つずつ処理するだけで1日が終わってしまう。そんな日々に嫌気が差した。

男26歳 メーカー営業職

なぜか自分にだけ厳しい上司がいてすごく仕事しにくかった。身体は常にだるかったし、職場へも行きたくなくなった。

女29歳 作業療法士

仕事中ずっと喋っている二人の同僚が嫌いでした。真面目に仕事をしているこっちがバカバカしかったです。一緒の空間にいるのがとてもきつかったです。

男26歳 雑誌編集職

月100時間以上も残業していました。家にはカップ麺を食べて寝るためだけに帰るような生活でした。身体もガタガタでした。

女23歳 印刷会社事務職

勤務時間が朝9時から明け方2時まで、といったことが珍しくなくとにかくきついの一言でした。週に3回は終電を逃していたように思います。

仕事のきつさを解消し乗り越える方法

解消するには何にきつさを感じているかが重要です。そのきつさが、環境に慣れていないから感じるものなのか、物理的に慣れることができないものなのかの見極めが必要です。

何に一番きつさを感じているか振り返ってみましょう。そこから見えてくるものがあると思いますよ。

仕事はきついものなので慣れるまでは我慢する

女(ad)24歳 介護職

仕事できついのは当たり前と思って、慣れるまでは「郷に入っては郷に従え」で自分の意見を通すことより、仕事に慣れることを考えて、先輩の意見は聞いた方がいいかもしれませんね。きついことを越えたらまた自分の力になっているはずです。頑張ってみて下さい。

確かに慣れるまで、人によっては時間が掛かってしまうこともあるでしょう。本当にキツイのは、1週間、半月、1ヶ月と時間が経過しても、一向にキツさが和らぐことがない状態が何より辛いものです。

初めたばかりだと、慣れない環境、慣れない人間関係の中で仕事をしていくのであなたの持っている能力を存分に発揮できない事もあるので、仕方ないかもしれませんね。

でも時間が経過しても、一向に楽にならない場合は、仕事が合っていないのか、処理できる範囲を超えてしまっているのかのどちらかに該当するケースが多いです。

我慢する期間を定める前に最初よりも全然、楽になる要素がないのかで見極める必要があります。平均して大体3ヶ月前後で判断するといいでしょう。

あまり長期間、我慢し続けるとストレスで精神や身体に影響を及ぼす可能性もありますので、我慢しすぎるのも決して良くはありません。見極める期間を見誤ることがないようにしてくださいね。

原因が自分にあるかどうかを見極める

男(ad)25歳 販売

仕事がきつい理由を自分の中で整理し、原因が自分にあるのか他者にあるのか見極め自分にある場合は一つ一つ潰していく。他者にある場合は改善不可能な事が多い為、耐えられないようなら辞めるべきだと思う。

女(ad)30歳 サービス業営業職

仕事がきついのはなぜか、をきちんと明確にしてそれを周囲に伝えること。自分が辞めた後も、その会社、部署で仕事をする方がいる、ということを考慮してただ辞めるではなく、改善することへ向けて行動していくことが大切です。

男(ad)35歳 建築業

現在の自分の置かれてる現状をしっかり見つめなおすこと。そして自分には何ができるのか?よく考える事だと思います。

仕事が終わらないのは、あなた自身の処理能力不足なのかどうか見極める必要があります。もしあなた自身に問題があるなら何にタスクを取られているのか、あなた自身の一日の細かなスケジュールを洗い出し、検証しなければなりません。

出社時から退勤時まで、いつにメールチェックをして、電話をして休憩を取っているのかなど、無駄な行動をしていないかを分析していき、無駄を省くようにします。この作業だけで、時間の見直しもでき何に時間を費やしているかを改めて把握することができます。

また見直すことで非効率な行動なども可視化することができるとともに、あなた自身が苦手にしている仕事が何かという事が、分かります。

少し手間ですが、あなた自身の行動をタイムスケジュールで落とし込みしていき、検証してみましょう。

同僚・上司に相談する

男(ad)21歳 福祉 介護職

まず現状を上司に相談することです。改善がなされなかった場合で、悪化すると会社側の責任問題になり、自分に非はなくなります。まず相談することです。

自分の考えだけでは、偏ってしまったり同じ考えを堂々巡りしてしまいがちです。そこで、同僚や上司に相談をしてみましょう。

上司なら、的確にあなたの至らない点を教えてくれる可能性が高いです。

キツイと感じている部分が誰もが通る道なのか、今置かれている状況が異常な状態なのかを当事者であるあなたではなく、客観的に見てどう思われているのかをあなた自身が受け止めることができます。

また同僚に相談する場合も、同じ立ち位置である同僚が、どういう風にキツさを乗り越えているのかを聞き、参考にすることができます。

誰かに相談をしてアドバイスをもらう事は出来ますが、決断はあなた自身にしかできません。参考にさせてもらうという観点で相談してみましょう。

思い切って異動願いを出す

女(ad)26歳 医療従事者

やめてしまう前に、上司の問題で悩んでいる方は、思い切って異動願いを出してみるのも良いかもしれません。私は勝手に新しく立ち上げた部署に異動になりました。

ある程度、何かを乗り越えようとするとキツイと思う事を耐える精神力が必ず必要です。しかし、精神を崩壊するまで耐える必要はありません。

人によって差はありますが、何かを耐える限界値があります。この限界値を見誤ってはいけません。精神的な病を発症してしまうリスクも存在します。

自分の限界を超えずに、又は適度な息抜きを行い、限界地点に達しないように工夫しなければなりません。また耐えれないと自分で判断した場合は、異動願いを出して、現状から脱出するようにしましょう。

異動や退職は最終手段として使える一種の技です。あなた自身が壊れる前に、最終手段を使いましょうね!

どうしても仕事がきつくて辞めたいときに考えるべきこと

冒頭にもお伝えした通り、退職というのは最終手段です。様々な打開策を試みても一向に改善する兆しがない又はあなたの中で最大限努力をして打つ手無しの状態になったという事であれば、退職も一つの手法です。

しかし、退職を選ぶ場合は、何点か注意すべき点があります。

転職しても同じ状況になる可能性もある

男(ad)30代 飛び込み営業

仕事を辞める方も続けることも自分次第です。他の会社に行けば改善できるかもしれませんが更にひどくなる恐れもあるので責任を自分で取れるようにしてください。

様々な工夫をして、今のあなた自身にやり切ったと心から思えるまで頑張ったけど、限界がきてしまったなら、退職をしましょう。しかし、あなた自身の努力が足りない又は、努力をしていないということになると、転職先でも同じことで悩むことになります。

折角、転職したのに同じ悩みを持つと「こんなはずじゃなかったー」という後悔に変わる可能性が高くなります。そうならない為にも、辞める選択肢の前に自己分析を行うようにしましょうね。

やりきった感があるか

女(ad)35歳 アパレル店員

やりきった感があるのなら区切りをつけるのも道だと思っています。職種が合わないと思ってしまいがちなことも会社自体合わないだけなこともありますから。

先程と似ていますが、あなた自身が心から「やりきった!」という感覚があるかどうかです。その時々の気分で左右されるのではなく、気持ちを落ち着けて、冷静にあなたの反省点や行動、行動したことで得た結果を振り返ってみましょう。

この振り返りで、まだできることがあるなら、やってみましょう。これだけの事をして、上手くいかないならもう打つ手なし!と思えたなら、それはあなた自身の中でやり切ったという事です。

このやり切った感を持っているなら例え今、上手くいかなくても成長している部分がきっとあるかと思います。その成長こそ、次のステージで発揮できるようになります。

冷静にあなた自身の気持ちを見つめ直してみましょう。

心身ともに限界なら我慢せずに辞めていい

女(ad)23歳 食品会社事務職

仕事がきつくて体調を崩しているようなら、すぐにでも転職した方がいいと思いますが、きつい中にもやりがいを感じているのであれば、続けた方がいいと思います。

一番ダメな考え方としては、「自分だからダメなんだ」という考え方です。自分自身を責めても決して、状況は決して良くなりません。自分自身の至らない点を認める事と、責めることは似ているようで似ていません。

大事なのは認めてあげて、そこから何をすれば至らない点が改善できるのかという改善策を考えることです。これを考え、結論付けれたら心身を病むことも無く、前向きな気持ちで転職活動ができると思います。

できない自分を責めることが決して悪くはないですが、全てに置いて自信を無くす必要もないという事です。

あなたの心が壊れてしまう前に、辞めるという選択を視野に入れてみましょう。

辞める前に転職先を決める

男(ad)26歳 雑誌編集職

辞める前に必ず次の職場を見つけてから辞めるべきです。前職の成果を活かして転職活動で効果的にアピールできるのは、退職前なので。

転職活動は思っている以上にお金が掛かります。併せて、退職してから期間が空いてしまうと面接時、不利に働く事も意外と多いものです。

時間の捻出が大変かとは思いますが、現状の職場に在籍しつつ、転職活動をした方が有利ですし、あなた自身のメンタルも安定します。仕事がない状態で、面接で良い結果がもらえないという事は非常に焦りと不安が押し寄せてきます。

そうすると、転職先を落ち着いて決め、最適な条件に巡り合いにくくなります。気になるところがあっても、妥協して転職先を決めてしまう可能性がグッと高くなります。

今の職場がイヤでも、数カ月先のあなた自身の生活を安定させるために、少し辛抱をしてみましょう。人はお金に余裕がないと、良い選択ができなくなります。

また、面接官にも在職中に転職活動をしている方が良い印象を与えます。

転職活動中が数ヶ月、無職で続けていると「どうやって生活しているのか」「次の転職先を決める前に辞めるってことは余程、何かあったのか」と自然に考えてしまうものです。

余計に詮索されずに面接を受けた方が、受け答えも楽です。ベストは在職中に転職活動をすることをオススメします。

まとめ

決して仕事を辞めること、部署異動することが悪い事ではありません。大事なのは、あなた自身がやり切ったという感覚と、色々な努力を講じたかどうかということです。

努力をすれば、必ずできなかったことができるように変化していきます。この変化が100%でなくても0.1歩でも進めていることが重要です。

イヤだからという理由で異動た転職しては、キリがありません。

なぜ今、悩んでいるのかという事を明確にし、自分自身を見つめ直すことで、同じ失敗はしなくて済みます。今一度、様々な観点から自分自身を見つめ直して、答えを導き出してくださいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)