仕事で頑張り過ぎて疲れてしまう、もうこれ以上頑張れない、という思いは、仕事を続けている方であれば、誰しも一度は味わったことがあるのではないでしょうか。

また、今まさに、仕事に必死に向きあい、先が見えずに頑張れずにいる方もいらっしゃることと思います。

仕事に一所懸命になって、それでも結果が見えない時は、どんなに頑張ろうという気持ちが強くても、前向きになれず、もうだめだ、と諦めてしまいそうになることは多々あります。

仕事に夢中になっていると、そんな場面に遭遇しても、なかなか気持ちの切り替えができず、ネガティブ思考に陥ってしまいがちになります。

そんな時、どのように対処すれば、これ以上頑張れない、という苦しい気持ちを拭い去ることができるのでしょうか。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

現状分析を行う

仕事で頑張ることに疲れてしまった際は、まず、疲れてしまった原因を明らかにすることが重要です。

よく、仕事で疲れてしまった際には、「少し休もう」「頑張り過ぎないように仕事セーブしよう」などと上司や同僚からアドバイスを受けることがあります。

しかし、仕事で疲れてしまうことの原因は決して、仕事の量が多いことだけとは限りません。働く時間が長いから休む時間を増やせば良い、といいう単純な構図であれば、きちんと休めばそれで解決するため、

問題にはなりません。仕事で疲れてしまうことの要因は仕事の量や労働時間だけでなく、もっと多くの原因が噛み合っています。

仕事で疲れてしまうことの原因は、大まかには、以下の4つに大別することができます。

  • 仕事がうまくいかない
  • 人間関係が良くない
  • 休めない
  • 見合った報酬が得られない

仕事で頑張っても疲れてしまう際、うまく対策を立て、気持ちを切り替えるためには、まず、これら4つの疲れの要因のうち、自分がどのパターンに当てはまっているのか確認する必要があります。

ただし、これも、仕事で疲れている状況では、頭で考えるだけでは中々うまくいきません。

仕事を頑張って、疲れてしまった人は、車の運転中や子どもを遊んでいる時間であっても仕事のことが頭から離れず、これが疲れる原因となってしまうのです。

仕事を頑張り過ぎて疲れてしまう状況では、頭が仕事のことで一杯になってしまい、他のことを考える余裕がなくなってしまうからです。

仕事の疲れに向き合いながらうまく現状分析を行うためには、自分の思いを紙に書き出すという方法がおすすめです。

仕事の課題について、頭だけで思考していると、どうしても、疲れた頭では、ネガティブな考えしか浮かばず、考えれば考えるほど、「自分が悪い」「もっと頑張らなければ」といった具合のマイナス思考に陥ってしまいがちになります。

自分を責めることは決して悪いことではありませんが、紙に書き出し、言葉を目で確認することで、自分の考えと客観的に向き合うことができ、より生産的な考えが浮かんで来ることもあります。

また、紙に書く作業を行うことで、手を動かし、疲れてしまった頭を強制的に目覚めさせる効果も期待できます。

紙に書き出し、今の自分のしごとの現実と向き合うことが、仕事の疲れを真に解消する第一歩になります。

仕事がうまくいかないと感じる場合の対処法

現状分析を行った上で、最も多く、浮かんで来る考えが、「仕事がうまくいかない」ということです。

仕事での失敗が続いてしまい、上司や同僚から冷たい目で見られてしまった、営業先の顧客から叱れることが何度も続いてしまった、製品開発の場で、自分の出した案が尽く却下されてしまった。

そんな経験が続くと、一所懸命仕事を頑張っていても、報われない思いがして、疲れてしまうことがあります。

このような場合の最も有効な対処法は、さらにうまくいかない原因を深掘りすることです。

例えば、仕事で失敗が続いてしまった場合には、仕事のどのプロセスでどのような失敗があったのか、同じく紙に書き連ねて振り返ります。

すると、自ずと、仕事の過程の中で、失敗が連続している場所やミスが多い作業が明らかになります。

営業先に叱られることが続いたのであれば、商品の案内ミスや手配ミスが原因かもしれませんし、開発でアイデアが採用されないことが続いてのであれば社内の根回し不足や自分の知見不足に目を向けてみるのが良いかもしれません。

このように原因見えてくれば、案内ミスの多い商品について、チェックリスト形式の書類を作成する、手配ミスを防止するために、リマインダを活用する、プロセスを見直す、などのアクションが見えてきます。

自分の知見不足に原因があるのであれば、関連する製品の開発プロセスを本や動画で学ぶ、もし少し余裕があれば、休日に、工場見学に出向くというのも良い対策になります。

仕事でうまくいかないと感じている場合、「うまくいかない」というもやもやした気持ちに留まらず、原因を一歩深掘りするだけで、次の一手が見えやすくなります。

また、疲れた状況でこうした思考を行うには、手の動きをうまく活用し、現状を書き表してみることで解決策となる突破口見出すことができます。

人間関係が良くない場合の対処法

もうひとつ、仕事を頑張っていても疲れさせてしまう原因が上司や同僚との人間関係です。特に、仕事で疲れてしまう原因となるのが、社外ではなく、社内の人間関係です。

職場内の人間関係においては、上司から気に入られなければ、ひどく罵倒される、同僚の中で目立った行動を取れば、目の敵にされいじめられる、日本の職場では、パワハラや職場いじめと言われるような現象がどの職場にも存在します。

パワハラや職場いじめは、被害者も加害者も、自分の仕事でお金を稼いでいる社会人同士のため、意見の対立が激しく簡単には解決することがありません。

もしこのような問題に巻き込まれ、仕事で疲れてしまった場合、上司の上司と仲良くなる、転職するという2つの選択肢を取ることができます。

特に大きな企業では、上司の上司と仲良くなるのは、そう簡単なことではありませんが、社内の懇親会やタバコ休憩あるいは、社外取引先とのカジュアルな会合など、話せる機会を見つけ、味方にしてしまうのがポイントです。

上司の上司レベルの役職者になると、パワハラや社内いじめの実態が伝わっていないことがあるため、信頼関係を築いたうえで、自分の置かれている状況を腹を割って話すことで、部署異動や転勤など、人間関係を仕組み的に是正する策を講じてもらえる可能性があります。

また、上司の上司に話をしても、状況が改善しない場合には、転職で職場の環境ごと変えてしまうことが根本的な改善策になります。

大人同士の人間関係は一度こじれてしまうと修復することはまず不可能なため、人間関係を改善することに頭を思い悩ますよりも、環境を変えるすべをあれこれと模索するほうが効果的です。

関連職場の人間関係に疲れたときの対処法!辞めたいとお悩みのあなたは必見です!

仕事を休めない時の対処法

仕事で頑張っていて疲れてしまう原因のひとつが、自分の意思に反して休めない、ということです。

仕事で休めなくて疲れてしまった際、一般的な対処法としては、無理にでも休みを取る、他の人に仕事を任せる、ということがよく挙げられます。

しかし、仕事で切羽つまっている場合や責任のある立場に置かれている場合、これは簡単なことではありません。

仕事を休む場合にも、休むために並々ならぬ調整が必要になったり、休むとかえって仕事が溜まってしまい、逆効果になる場合もあります。

休むことは体と心の健康にとって大変重要なことですが、仕事で忙しく飛び回っている間は、簡単に休むこともできないのです。

仕事でどうしても休むことができない場合、「仕事をサボる」ことが一番の解決策になる場合もあります。ここで述べる「サボる」とは、仕事に支障をきたさない範囲で短時間仕事から離れることです。

具体的な手段としては、例えば、外勤の仕事に就く人の場合、移動の合間に寝る、商談の合間に喫茶店や書店に立ち寄る、内勤の仕事に就く人の場合、社外セミナーに参加して外出の機会を作る、残業前に夕食休憩を取るなどです。

人間の体は、15分程度の昼寝でも大いに回復するようにできているため、少しの時間でも仕事中疲れを感じた時、細かく「サボる」ことが重要です。

こうした行為は、周りの同僚が一生懸命仕事をする中にあっては、後ろめたさを感じることかもしれません。

しかし、短時間で、自分の英気を養うサボり方を身につけることで、その後の仕事の能率を大きく変えることができる「奥の手」でもあるのです。

実際に、大手企業の中でも、昼休みの昼寝を奨励するなど、勤務時間中の休息に組織ぐるみで取り組んで、能率を高め、業績を向上し続けている例なども見受けられます。

一般的に言われる、休みを取る、他の人に仕事を振る、という対応策は、無条件に実行すると、逆に自分の仕事に穴を開け、後々大変な思いをする、仕事を任せる人への調整や相談に追われ、かえって多忙になってしまうというリスクをはらんでいます。

仕事の能率と、周囲への迷惑を最小限に抑える、という観点でも仕事の中でのサボりで細かい時間で英気を回復するという手法は決して悪いことではないのです。

給料が低いときの対処法

仕事を頑張って疲れてしまう原因には、報酬にまつわることも多数含まれます。

例えば、長い時間を仕事に費やして成し遂げたとしても、それに見合う残業代や手当を受け取ることができないな場合、同業他社で自分と同じような仕事をしてる人に比べて自分の報酬があまりにもすくない場合などです。

多くのビジネス書籍や自己啓発本では、報酬だけが仕事を行うためのモチベーションではないと説かれていますが、仕事の報酬は、自分の生活の質を維持できる質になっていることが大前提ではないでしょうか。

頑張って働いたにもかかわらず、それに見合う報酬を受け取れていないと感じた時、仕事に夢中になっていた自分の目が覚めてしまい、一気に燃え尽きのような気持ちを味わったことのある方も少なくないはずです。

報酬は雇用されている会社の資産状況などにも応じて変動するため、個人的な努力で解決しずらいのも厄介です。

報酬にまつわる悩みを解決する場合、最も有効な手段が転職です。

自分が今対処している仕事と同じような仕事を行い、人手を欲している会社は世の中に多数存在します。仕事に没頭していると、他社の仕事の募集状況には、目を向けるのは容易ではありません。

しかし、アンテナを張り巡らせておくことで、自分のスキルと経験に合いながら、現状よりも良い待遇が期待できる会社は無数に存在します。

幸い今は、転職サイトなどに登録しておくと、自分の希望する条件に合致しそうな企業を自動的に提案してくれる機能などもあります。お知らせは、メールやSNSなどでも多数届くため、多忙であっても転職情報に常に耳を傾けている必要はありません。

報酬については、転職以外にも、社内で給与交渉を行う、という手段もあります。

しかし、日本の企業の大半では、自信の給与を交渉して挙げてもらうという習慣が定着しておらず、仮に、交渉する機会が設けられていたとしても、先輩や同僚からの批判の目が殺到する可能性があり、現実的ではありません。

こうした活動が明るみに出てしまった場合、逆に職場の人間関係を悪化させる悪循環を生むこもと考えれられます。

もし、転職までの大それた方向転換は難しいけれど、反面社内で報酬を挙げることができる可能性も低いという場合、副業であらたに報酬を確保することも有効な解決策です。

特に、エンジニアやデザイナーなどのクリエイティブな職種に就く方の場合、インターネット上のクラウドソーシングなどを利用すれば、自分の得意分野とする仕事をすぐに見つけることができます。

仕事の疲れを仕事で解決する、というと本末転倒な気もしなくはないですが、仕事で煮詰まった思考を他の仕事に向け、自分自信も経験を積むことで、仕事のリフレッシュと刺激を同時に受けることが可能になります。

まとめ

仕事で頑張っても疲れてしまうということは多くの人が経験する悩みです。

この悩みを解決するには、まず、悩みの原因となっている事柄が、どのような原因に起因するものなのかしっかりと分析を行いましょう。

この際、紙に書き出す等の手段を用い、頭の中だけでなく、自分の目を手の感触を掴むのも重要です。

そして明るみになった原因には、かならず、それを打ち消すことができる対処法があります。

解決法の多くは、ちょっとした工夫や思考の深掘りで実現するものですが、それでもうまくいかない場合、環境を変える手段として転職も有効な手段となります。

単純に「頑張れない」「疲れた」と思うことから、さらに深掘りし、原因を探すことが、下手に休むよりも、一層、仕事の疲れを癒やす手段を見つける光になるかもしれません。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)