毎日の仕事の疲れが溜まってくると、何もしたくないと思うようになりますよね。

少しの疲れならば、睡眠や休日のリフレッシュで解消できますが、疲れが酷くなってくるとそれだけでは、なかなか解消できずにやる気もなくなってしまいます。

何もしたくない状態は状態によっては、少し休んだだけではすぐに回復できない場合もあります。また、他にも原因がある場合もあるので、場合によっては時間がかかることもあります。

どのような場合でも、まずはあなたの心や体を休ませてあげることを優先しましょう。

仕事で疲れすぎて何もしたくない状態になった時にできる対処法を、これから5つ挙げていきたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)

まずは休むことに専念する

仕事に疲れて何もしたくない状態が酷くなっている場合は、とにかく何よりも自分の心身を休ませることが重要です。仕事も体が資本ですので、それが上手く働いていない状態では仕事を遂行していくことが難しくなってしまいます。

そこで無理をして仕事をしても、仕事の作業効率を下げてしまいますし、周りの人たちへ迷惑をかけてしまうことになりかねません。

仕事が忙しくてなかなか休めないという場合でも、まずは少しでも良いので体を横にするようにしましょう。

仕事以外の時間はなるべく心身を休ませることを最優先させましょう。意識して心身を休ませることによって、物事の考え方や捉え方が変わってきます。

それは仕事に対しても同じことです。忙しいビジネスマンも多くいますが、成功している人ほど自己管理をきちんと行っています。

自分の健康管理は仕事をしていく上でもかなり重要なことです。自分の心身をないがしろにし、犠牲にしてまで、仕事をしていくやり方は一流とは言えないでしょう。

どんな時間でもそうですが、時間は自分手作っていかないと生まれてこないものです。忙しさを理由に仕事に振り回されている時間の使い方をしていると、さらに状況は悪化していってしまいます。

自分の健康管理をきちんと行う人は時間管理も怠りません。仕事で疲れて何もしたくないというのは、明らかにオーバーワーク状態です。

出来ればそこまで行かないうちに、早めに休むようにすれば、回復も早いですし、何もしたくないという状態にならずにすむかもしれません。

疲れは個人差もありますが、特に受動的に動いている場合は疲れやすくなる傾向があります。能動的に自ら進んで動くようにすることで、疲れ方も大きく変わってきます。

やらされている感が強くなってしまうのは、心身が疲れていて、休んでも思うように回復できていないのかもしれません。または、自分のやりたくないことを優先してしまい、それに振り回されている可能性もあります。

まずはとにかく少しでも心身を休ませる時間を作り、疲労を少しでも回復させるようにしましょう。

当たり前のことですが、仕事を休む時は早めに会社の人にその旨を伝えるようにし、無断欠勤をすることがないように気をつけましょう。

何もしたくない自分を責めない

心身の疲れが酷いと、何もしたくなくなりますし、思考もネガティブになりやすいものです。

この時、何もしたくないと思う自分を責めないようにすることが大切です。何もしたくないという気持ちは自分の心身からのサインです。

これを単に自分は怠けているだけだと、無理に頑張ろうとすると、さらに状態は悪化してしまいます。自分の心や体からのサインを見逃さないように気を付けることが重要です。

性格が真面目で几帳面な人ほど、自分を責めやすくなってしまうかもしれません。時には自分を甘やかすことも必要です。

仕事も誰かのために自分ができることをやるのが基本ですが、まずは自分の心身が健康な状態では無ければそれを行うことはできません。

例えば、風邪を引いて熱があるのに、無理をして出勤をしても、それが原因で他の人に風邪をうつしてしまうリスクが高くなってしまいます。何もやりたくない状態なのに、無理をして仕事をしても、周りの人から見るとそれは決して良い状態には見えません。

さらに気持ちがネガティブになり、愚痴や小言が多くなってしまうようでは、周りの人にかなりの迷惑をかけてしまいます。体だけではなく、心も悪い状態だと周りの人に伝染してしまいます。

そのことを知っていれば、まずは自分の心身を休めなければいけないことがわかってきます。思うように体が動かない時ほど、あれこれ先のことを考えてしまいがちです。

しかし、そういう時に考えることは悪い方向へ考えやすく、悪循環に陥りやすくなるので十分に注意が必要です。

疲れた心身を無理に動かすためのドリンクやサプリメントなどもありますが、利用頻度が多すぎるとかえって逆効果になってしまうこともあるので気を付けたいものです。

何もしたくない状態になるのは、疲れがかなり溜まっています。疲れが十分に解消できていない理由は、多くの場合は睡眠不足が原因です。睡眠の質を上げたり、睡眠時間を多く摂るなどの工夫が必要です。

一番良いのは何も考えずに、とにかく心身を休めて、何もしたくない状態を回復させていくことです。自分だけでそれを改善していくのが難しい場合は、専門医に相談したり、適切な治療を受けるようにしましょう。

状態が長引くなら今後の方向性を考える

あなたが何らかの仕事をしている以上、いくら疲れが酷くて何もしたくない状態でも、ずっとそのまま何日も休むわけにはいかないかもしれませんよね。

体調が数日で回復するのであれば、その後に再び復帰をすれば良いですが、場合によっては回復にかなり長引いてしまう場合もあります。

そのような場合はまずは勤務先の直属の上司に相談し、今後の方向性を決めていくことも必要です。会社に勤めている場合は特に、どんな仕事でも誰かが変わって行うことができます。

有給休暇などが使える場合は多いに活用し、心身が回復するまで休むことに専念しましょう。また、周りの人に理解してもらいやすくなるためにも、専門医による診断書などがあれば、なお有効です。

何もしたくない状態の時に無理にあれこれ考えるのは止めましょう。考えることは最低限のことだけにして、まずは何もしない状態でいられる状態を作りましょう。

しばらく心身を休ませていると、少しずつ回復してきたら、まずはできることややりたいことを行うようにしましょう。ワークライフバランスは健康な毎日を送るためにも、とても重要なことです。

このバランスが崩れてしまうと、自分の心身だけではなく、周りへも悪影響を与えてしまう可能性があります。何もしたくない状態が続くということは、逆に言えば、今までいつも何かをやらなければいけない状態が長く続いたということになります。

ワークライフバランスが取れた毎日を考えれば、仕事一辺倒の生活が続けば心身のバランスが崩れてしまうのも当然のことだと言えるでしょう。

もし、そのような生活が常習化してしまい、当たり前になってしまっているならば、それを見直すことが必要です。疲れたら休む、休めばまた動けるようになるという当たり前のことが見えなくなってしまっているのかもしれません。

頭でっかちになってしまい、気持ちだけが先に行きすぎてしまうと、本当の自分や周りの大切な何かを見失ってしまうかもしれません。しかし、休むことでそれらを思い出すことができます。

まずはゆっくり休んで、ゆっくりで良いので本当の自分を思い出していくと良いでしょう。

状態が回復してきたら転職を視野に入れ行動する

十分に心身を休ませ、徐々に何もしない状態から回復してきたら、次は今後のことについて少しずつ考えていくといいでしょう。

今後の仕事について考える時、もし、今休職中であれば、今の仕事に就いたきっかけを振り返ってみます。初心に帰ることで、今の仕事を続けてきた目的や目標などを再確認します。

もし、今の仕事で自分が得ることがこれ以上ないというのであれば、転職を考える時期がきているのかもしれません。

心と体は正直なもので、自分に合わないことやこれ以上やらない方が良い時などは何らかのサインを出してきます。そのような自分の内からの声に耳を傾け、きちんと聞いてあげることが大切です。

もしかしたら無理をしすぎていたのかもしれませんし、行くべき方向性が違っている可能性もあります。世の中には病気がきっかけになり、転職をする人も少なくありません。

体調を崩したり、病気になってしまうことは良いことではありません。しかし、そのような状態になるまで、自分を顧みなかったという原因がそういう結果を招いているとも考えられます。

ですが、それをきっかけにして今後はさらに自分らしい生き方や仕事を見つけていくことができるようになるでしょう。どんな状態でもきちんと学習をして、同じことを繰り返さないようにすれば良いのです。

また、自分が辛い状況になったとしても、その貴重な経験が誰かの為に役に立つことが来るかもしれません。物事には必ず表と裏があり、味方によっては良く見えたり、逆に悪く見えたりしてしまいます。

いつも良い面ばかりを見るというのではなく、両面から見て物事を判断していけるようになっていきたいものです。

自分が健康で元気な時は仕事をバリバリこなせるかもしれません。しかし忙しいことで自分の本心に向き合う時間がなく、いつの間にか何かを見失ってしまうこともあります。

無理がたたって何もできなくなる前に、出来れば、忙しい時も自己と向き合う時間を作りたいものです。

その習慣を付けていくことで、早めに問題解決のための対策を考えられるようになります。自分が健康だからこそ、周りや世の中のために仕事を通じて何かをしていくことができるのです。

自分のペースで進んでい

心身を休ませられる時でないと、なかなか自分を振り返ることはできないかもしれません。

何もしたくないことをネガティブに捉えるのではなく、これからさらにより良い人生を生きていくための貴重な期間だと捉えると良いでしょう。

人生には仕事も含めて何度かの大きな分岐点があります。小さな分岐点はその中にいくつもあり、かなりの頻度でやってくるかもしれません。

何かが変わる前というのはとても眠くなるものです。心身を十分に休ませるということは、新たなスタートへの準備期間で、この時に英気を養っておくことが重要です。

場合によっては少し状況が悪くなってしまうかもしれません。しかし、次のステージに進んでいくための助走期間になるので、この時は無理をしないで素直に自分の心身に従うようにしたいものです。

何もしたくない期間が短くても長くても、それを超えることで新しい何かをスタートさせることができます。仕事も人生もずっと同じ状態で順風満帆に進むとは限りません。

自分の心や体が悲鳴を上げている時は、その声に素直に従うようにしましょう。自分の状況が変われば、それに合わせて、周りの状況も変わっていきます。

自分が無理を続ければ、周りもそれに合わせてさらに困難な状況になってしまいます。今の仕事を続けていくにしても、今後は無理のない働き方を工夫していくようにしましょう。

また、新たな道に進んでいく場合は今までの経験を活かし、より自分らしくいられるために、もっと自分に素直になっていくことが必要です。

何もしたくない時期を乗り越えて、あなたは何かを学び、成長することができています。新たな仕事に向けてやるべきことが見えてきたら、少しずつで良いので、自分のペースで進んでいくようにしましょう。

心身を休めて十分に充電できたならば、これからはもっと自分らしく輝ける何かを見つけてくことができます。そのためにも自分の時間を大切にし、ワークライフバランスの取れた毎日を習慣付けていくようにしたいものです。

キチンと休む習慣をつけることで、相乗効果でさらに素晴しい仕事もできるようになるでしょう。時間を上手く使っていくことは自分次第ですし、それによってあなたの人生も大きく変わっていきます。

まとめ

仕事で疲れて何もしたくない状態というのは、やはり仕事をやり過ぎています。ワークライフバランスが崩れてしまうと、そのような状態になりやすくなってしまいます。

仕事をやらなければという焦る気持ちも分かりますが、休み無しで仕事を続けても、仕事の成果が上がるとは言えません。むしろ、より良い仕事をしていくためにも、適度に休んだ方が効率も上がります。

休むことに罪悪感を覚えてしまうような場合は、休息も仕事の為だと考えるのも一つの方法です。より良く仕事を行っていくためにも、十分に休み、プラベートも充実させるようにしましょう。

もし、それでも仕事がうまくいかないようであれば、転職を考える時期が来ているのかもしれません。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

(診断時間は約5分です)