朝起きるとまた同じ毎日・・・と絶望したくなることがありますよね。昨日と同じ今日が来て明日もまた同じで、私は一体何をしているんだろう、こんなんで良いのかなと漠然と不安になったり。こんな毎日がいつまで続くんだろうなんて思ったり。

慌ただしく朝の支度をし時間に追われるようにして仕事に向かってと、自分の時間もないままに1日が過ぎていきます。社会人になって20年も経つと若い時に持っていた将来に対する希望も薄れてしまう日もありますよね。

そう40代は人生中盤の一番辛いところにいるんです。マラソンで言う25キロ地点ですね。もうこんなに走って来たのにこの先もまた同じくらい走らなくてはならないのです。

そこで、40代の私が仕事に疲れた時に心がけていることをご紹介させていただきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

毎日10分リラックスできる時間をつくる

まず、リラックスするとはどんなことか考えてみましょう。毎日仕事に追われ忙しく過ごしていると、何も考えない時間ってなかなか作れないですよね。

常にあれもしなくていけない、これもしなくてはいけない、あんなことを言ってしまった、こんなことをしてしまったと常に先のことや過去のことばかり考えてしまいます。リラックスするとは今ここにいる自分に集中するということです。今自分は何をしていてどう感じているのか。

私がいつも心がけていることは朝起きたら、まずストレッチをすることです。ゆったりとした気持ちで呼吸に合わせて軽く体を伸ばすと体に溜まった疲労が取れるような気がします。

それと同時に悪い気が抜けて新しいエネルギーが体に入ってくる感じです。瞑想効果もあってすがすがしい気持ちなったり、やる気が湧いたり、集中力が高まったりと前向きになれます。体を柔らかくすることで、不思議と頭もリラックスできます。

無理をすることなく自分のできる範囲で頑張りすぎないストレッチをしてみましょう。

じっくりと時間をかけてゆったりとした気持ちで朝食をとることも一つです。慌ただしいのは良く分かりますが10分余分に時間をかけるだけでもゆったりとした気持ちになれます。

きちんとテーブルについてのんびりコーヒーや紅茶を飲むだけでも、気持ちがリラックスできます。朝食を抜いたりただ流し込むだけの食事に比べると朝食の時間自体がリラックスできる時間になります。

また読書をしたり音楽を聴いたり、編み物をしたりプラモデルを作ったりと何か集中できることをすることでいつもの思考から離れることが出来ます。リラックスした拍子にふっと新しいアイデアが思い浮かぶかもしれません。

信号待ちやレジに並んでいる時なども深呼吸を心がけるだけで、少しですがリラックスすることが出来ます。リラックス貯金をするつもりで深呼吸を心がけましょう。

パンパンになっている頭に少し空間を作ってあげるようなイメージでリラックスしてみましょう。頭の中が静かになった時、突然閃いたりするものです。頭が塩腕パンパンな時は交通状態と同じで、私たちの思考はどこにも行くことが出来ませんが、空っぽになると突然見通しが良くなります。

難しく考えていたことが実はシンプルで簡単なことかもしれません。

気分転換してストレス発散する

疲れているからと言って週末ずっと寝たままの人がいますが、ひたすら休めばいいかというと実はそういうわけでもありません。

もちろん睡眠不足だったり体力的に疲れている場合は休むことは大事ですが、休んでいるのに疲れが取れない場合はストレスを発散することが大事です。仕事以外のことを考えたり楽しんだりすることで、仕事から少し距離を置いてみましょう。

いつも同じ職場に行き、同じ作業をし、同じように考えていると視野が狭くなり憂鬱な気持ちになりがちです。他の世界を少し垣間見るだけでも気が楽になりますよ。

そんなに頑張りすぎなくても良いんだよって自分を労わってあげましょう。

私は個人的にはカラオケに行くのが好きですが。バッティングセンターにいったり、ボーリングに行ったり、スポーツジムやヨガに行ったりと自分が好きなことをしてみてはいかがですか?

学生時代に楽しかったことなどをしてみると当時を思い出してまたやる気が湧いたり希望が持てたりします。大きな声を出したり体を動かしたりすることで、体に溜まっていたストレスが外に発散されていくのが分かります。

若いころに戻った気持ちで心から楽しむと、心も若返ります。ストレス発散で青春時代に戻ってみましょう。

また何かを学習する時には遊んでいる時が一番良いといいます。子供は遊びながら言葉を覚えたり、体の使い方を覚えたり、どうやって問題を解決するか考えたりします。私たち大人もこうした遊びの時間を通して学ぶ事も多いのではないかと思います。

仕事が行き詰った時の散歩は大変効果的です。タバコやアルコールに頼る人もいますが常習性があるので気を付けてください。常習性があるものに頼ってしまうと、結局自立することができなくなり、それによって疲れてしまいます。

大切なのはリラックスする時と同じように、今ここにいる自分に意識を集中することです。タバコやアルコールで紛らわすことではありません。強い自分を信じましょう。

どうやって気分転換しようかと考えるだけでもワクワクしますし、思考が広がります。自分が実は何が好きなのか、何をしてみたいのか思いを巡らすだけでも十分なストレス発散になるのではないでしょうか。

没頭できる趣味を見つける

ストレス発散をすることで視野が広がり自分の好きなことや得意なことが見つかったら、趣味を見つけましょう。ストレス発散のために受けた一回のヨガレッスンが、趣味なり毎週通うようになって、それが特技になることもあります。

それがギターかもしれないし、英会話かもしれないしマラソンだったりと人それぞれであるはずです。

趣味が見つかったら興味が湧いて色々調べたりすることで更に視野が広がります。ギターを練習することでどんどん上手になって、あの曲もこの曲も弾きたくなって、色々なミュージシャンの曲を練習したくなって、そのミュージシャンのことが知りたくなってまた調べたり。

コンサートに行ってみたり、そのミュージシャンの出身地に行ってみたくなったりと、思考が無限に広がります。趣味に没頭している時はつい時間が過ぎるのも忘れて打ち込んでしまいます。

こんなエネルギーがどこにあったんだろうと思えるくらい、自分の強さに気が付くでしょう。趣味を通して新しい友達や仲間もできます。仕事以外の友達だと仕事の話も心置きなくすることができます。

もっともっと考えて趣味が上手く仕事に繋げられたら更に良いですね。仕事は自分の好きなこと、得意なこと、そしてニーズがあることのバランスが取れると上手く運びます。

このバランスが崩れると楽しいけれど収入が得られなかったり、仕事をしていてもやりがいがないと感じてしまったりします。どうしてこの仕事を選んだのかもう一度思い出してみると自分の趣味と共通点が見えるかもしれません。

親しい人に相談してみる

真面目で責任感が強い人は特に、誰かに相談事をするなんて弱音を吐いているようでイヤだとか迷惑をかけたくないと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはないと思いますよ。

みんなあなたのことを心配しているし助けてあげたいと思っています。

意外とみんな同じように感じてるもので、今は仕事に対する疲れを感じていなくても以前感じていたとか、お知り合いの人に同じように感じている人がいることもあるでしょう。

話すことによって肩の荷が下りたり、友人との仲がより親密になったりして自分は一人じゃないんだって思えます。なんでも問題を一人で抱えているとその問題がとてつもなく大きなものに感じてしまいますが、2人で抱えれば重さは半分、3人で抱えれば1/3です。

みんななんとなく漠然と疲れを感じていたり、やる気がなくなってしまっていたり、行き詰まりを感じていたりしています。話すことによって自分が感じていることを整理することが出来ます。

また話すことによって新しいアイデアが生まれたり、何が不満なのか、本当は何がしたいのか分かったりするかもしれません。話しながら仕事に疲れてしまっている原因を探していきましょう。

原因を突き止めることが出来たら、解決策が生まれる可能性もあります。

親しい人に話すことで勇気が湧いて上司や同僚にも話せるようになるかもしれません。本当はもっと違う仕事に挑戦したいとか、人間関係のストレスがあるとか素直に上司に言えるようになると良いですね。

そのためにもリラックスしたりストレス発散したり趣味を持ったりなどして自分の心を大きくし、自分に自信を持てる環境を整えておくことは大切です。

必要であればカウンセラーに相談に行くのも良いでしょう。海外では何よりも先にカウンセラーに行くのが普通です。カウンセラーは仕事としてあなたの話を聞いてくれるので、あなたは気を遣わずに思う存分に話をすることが出来ます。

また相手はプロなので上手に質問も返してくれあなたを解決へと導いてくれます。家族や友達ましてや上司でもないので感情的になる心配もありません。

必要なら休む勇気を持つ

もしとても疲れてしまっているのであれば休むことも重要です。体が病気の時、怪我をしてしまったときは休むのが当然です。しかし心が疲れてしまって休むのはどうしても悪いく捉えられがちですが、あなたにはとても大事なことです。

エネルギーを外にばかり向けているとあなた自身のエネルギーが枯渇してしまいます。疲れがたまりすぎて、うつ病になってしまうのも近頃では多々あることです。自分を守れるのは自分の意志だけですよ。

他人に休んだらって言ってもらうときには、時すでに遅しです。時計が壊れてしまった時、修理するためには時計を止めないと直せませんよね。休まないことには完全には治せないんです。

ただ何となく合わせただけだとまたすぐにずれてしまいます。

毎日憂鬱で繰り返し同じことばかりを考えてしまっているような場合には、一度休むべきです。ゆっくり休んで、マッサージに行ったり、美味しいものを食べて、ゆっくり寝るだけでも心がリラックスして本来のあなた自身に戻れます。

週末だけでも何もせずゆっくり休んでみましょう。それが無理なら1日でも早く帰る日を作ってゆっくりと1人になってみるのはいかかですか

。1人になった途端にたくさん時間が出来たように感じます。この数時間だけでも自分のためだけに使いましょう。ゆっくりとお風呂に使ってもいいし、ソファーに座って好きな時に居眠りしたりと考えるだけでリラックスできてしまいます。

おススメは部屋や家を片付けることです。なんで?って思うかもしれませんが、家が散らかっていると思考が集中できません。片付けることで何が必要で何が必要でないか、今の自分と向かい合うことができます。

集中して片付けることで仕事のことを忘れて没頭することができます。

1人になって本当に自分がやりたいことは何か。どうしてこの仕事を選んだかなどじっくり自分と向かい合う時間は大切です。この世で一番大事なのは自分自身です。

あなたが健康でいられるからこそ会社のために働けたり、家族を養ったりできるのです。その反対はあり得ません。

もし可能であれば数日休んでプチ旅行に行くのも良いでしょう。有給休暇などが使えたら良いですね。いつもと違う場所に行くと、いつもの枠以外の考えが湧いてくるし、単純に新しい環境に対してワクワクします。

自分を変えたければ環境を変えることが一番簡単で早いのです。また自分を変えることが出来るのは自分だけです。休みを取ろうと決めるのも、旅行に行こうと決心するのもあなたしかいません。

私たちは周りのせいでいろいろできないと思い自分を雁字搦めに縛ってしまいますが、解けるのは自分しかいません。自分で縛ってしまったのですから。

まとめ

現代社会はとにかく無駄なものは省いて何でも効率良く行うことに重点が置かれています。そのことによって私たちは自分の都合を押しやりにされてもっと早く、もっとたくさんを求められてきました。

真面目で一生懸命働くほどに更に仕事が増えていきます。早く仕事を終わりにすれまた次の仕事が待っています。自分で立ち止まり自分のペース見つけられないと、どんどんと自分の首を絞めていくことになります。

自分らしく仕事をしていくために一度立ち止まって自分自身を見つめなおしてみてはいかかですか。40代までいっぱい働いてきた自分を褒めてあげましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)