寝ても覚めても仕事ばかりの人生は、体も心も疲れます。その仕事が充実していればまだ良いですが、充実感を覚えられなければ疲ればかりが溜まっていってしまいますよね。

仕事はどんな仕事でも大変なので、楽な仕事はありません。ただそれでも人生が仕事一色に染まってしまうのは果たして良いことなのか、立ち止まってじっくりと考えたくなります。

それは仕事ばかりの生き方に疲れている証拠ですので、そのまま放っておくのは良くありません。放っておけば、うつ病を発症するリスクもあります。

そこで仕事ばかりの人生に疲れた時に考えたい5つの事を、これから提案していきますね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

有給休暇の消化や休日出勤を減らすなど休日を増やそう

仕事仕事の毎日で体も心も疲れているのですから、まずは体と心をじっくり休ませなければいけません。

その時「会社の都合を考えると休めない」と、まじめなあなたは考えてしまうかもしれませんね。確かにそこまで会社に貢献してきたあなたが急に有休を消化すれば、業務に支障が出てもおかしくありません。

しかしそれではいつまで経っても休めませんので、考え方を切り替えていきましょう。それは人に任せてみる、ということです。

人に任せて自分の休日を増やすことは、決して悪いことではありませんよ。あなたには仕事をする義務がありますが、休む権利も同時に与えられているのです。

その権利を行使することは何らやましいことではありませんし、休日を取得して体と心をしっかり休めたほうが次の仕事にもつながりますよね。体と心をしっかり回復させたほうが、良い仕事ができるのです。

そのように考えれば休日を取ることが会社にとって迷惑になってしまう、という考え方を捨て去れるはずです。このように考えられれば、有給休暇の消化や休日出勤を減らすなど休日を増やすことに対して積極的になれますよね。

粉骨砕身頑張ることは仕事に向き合う姿勢としてとても立派ですが、その結果人生に疲れてしまうようではマイナス面があまりにも大き過ぎます。

仕事ですから多少はマイナス面もありますが、人生が疲れてしまうほど打ち込むのは度を越していると気付かなければいけません。そのような仕事人間の考え方から少しずつ脱却していくためには、まず有給休暇の消化や休日出勤を減らすなど仕事の休日を増やしていくことです。

休日を増やすことで、人生に彩りが加わります。あまり休んでこなかったあなたは、休日をどう過ごして良いのかわからないかもしれませんね。

ですがまずは休日をどう過ごすのかから考え、新しい人生を歩み始めてみて下さい。そうすることで今までめぐり合えなかった違う自分の一面が、垣間見えるかもしれないです。

人生を仕事一色で染めてしまうことも決して否定されるべき生き方ではありませんが、かといって絶対に正しい生き方でもありません。

仕事に追われることが当たり前になっているあなたからすれば、休日を取ること自体が特別なことのように思えるかもしれませんがそうではないのです。休みをしっかりと取るように、まずは意識改革をしていきましょう。

家族や友人と向き合う意識を強くしていこう

人生は、何も仕事ばかりではありません。仕事だけではなく、家族や友人と一緒に過ごすことも人生の一部ですよね。仕事ばかりでそれ以外何も考えられなければ、心が疲れてしまうのは当然のことでしょう。

疲れたことばかりに心が支配されてしまい、何もやる気にならなくなってしまいます。ただそれでは人生がまったくおもしろくなくなってしまいますので、意識の向ける先を変えていかないといけません。その原点となるのが、家族や友人と向き合うことです。

特に家族は、人生を歩む上でとても大事な存在ですよね。家族なくして人生は成り立たない、そうとすら言えるかもしれません。

仕事にばかり力を注いできたあなたは、家族との関係をいつの間にか疎かにしてしまっているのかもしれないですよね。仕事至上主義が正しいと思い込んでしまい、家族と触れ合うことに意識を向けられなくなっているのです。

それでは仕事で成功したとしても、心は疲れた状態のままになってしまいかねません。その徒労感が人生の疲れとなってしまい、どうしたら良いのかわからなくなってしまいます。

仕事が大事で頑張るのは悪いことではありませんが、それ一辺倒になるのは良くないです。ですのでもう少し家族と向き合っていくようにしましょう。

また独身で家族を持っていない、親も他界しているというような人は、友人と向き合う意識を強くすることが人生において心の豊かさになりますよね。友人はイーブンで向き合える存在ですので、仕事のように損得で考えたりは普通しません。

そのフラットな付き合い方が、実はとても心地良く感じられるものです。

会社で仕事をするとなれば、ライバルを蹴散らしたり、上司にへつらったりなど、心を消耗させることが多いです。それではあなたの心がどんどん擦り減ってしまいますので、あっという間に疲れてしまいます。

それが会社内の掟であり、生き残るための処世術とはいえ、疲れることは間違いありません。しかし友人はそうではなく、腹を割って付き合える存在です。友人のことを大切にしてたまにお酒でも飲めば、それだけで毎日の疲れの感じ方は全然違います。

人生に疲れてしまって絶望するようなら相談すれば良いわけですし、疲れている時に頼りになるのは友人です。

このように家族や友人と向き合う意識を少しずつでも良いので強くしていけば、仕事で疲れた心を癒していくことができますよ。

自分のためにお金を使ってご褒美を与えよう

労働をすればその対価としてお金を受け取れますが、仕事で人生に疲れた人はお金を使うことなく貯金していることが多いですよね。

人生100年と言われている時代ですので、老後のことを考えて貯金するのは立派ですし、正しい選択なのは間違いありません。しかしあまりにも先を心配するあまり、今のあなたが満足していないでは本末転倒です。

先のことは確かに大切ですが、まずは今のあなたを満足させないといけませんよね。そのためにはあなたのためにお金を使い、あなたが喜ぶことをするのがおすすめです。つまりご褒美を与えるということに他なりません。

自分のためにご褒美を与えるだなんて滅相もない、そんな風にあなたは謙虚になってしまうのかもしれませんね。ですが頑張り続けている人が労働の対価でお金を受け取っているのですから、そのお金はあなたのために使われるべきでしょう。

貯金することだけではなく、あなたが喜ぶことにお金を使わないともったいないです。仕事ばかりの人生で体も心も疲れ切っているなら、なおのことそうなのはいうまでもありません。

日本人はお金を稼いだり貯めたりするのは得意ですが、使うこととなると途端に尻込みしてしまうのですから不思議です。ただそれではあなたが満足できませんので、稼いだお金を使って人生を充実させるように動いていきます。

たとえばゴルフを始めるというのも、いいかもしれません。ゴルフは大自然の中で行うスポーツで、男女ともに楽しむことができます。

そこで「ゴルフはお金がかかる」と思ってはいけません。確かにお金はかかりますが、その分あなたを熱中させてくれるかもしれないのです。人は熱中している時、疲れを感じないものです。つまりゴルフに熱中することが、人生の疲れを取り除いてくれるかもしれないのです。

仕事ばかりに向き合っていたら、その感覚は味わえなくなってしまいます。ゴルフは決してお金持ちの道楽ではなく、人生を豊かにさせてくる趣味の1つです。ですからゴルフにお金を使うのは悪い判断ではないでしょう。

またもちろんゴルフだけではなく、熱中できそうな趣味なら何でも良いです。アウトドアブームで流行しているキャンプや登山、材料からこだわる料理など、ゴルフのようなスポーツだけではなく、いろいろなアクティビティも含めて検討していきます。

お金を使って充実感を得る、その体験を積極的に行い、仕事の疲れを吹き飛ばしていきましょう。

仕事を今までとはまったく違った視点でとらえてみよう

長い間働いてきたあなたなら気付いていることかもしれませんが、仕事は誰かにやらされていると思うと途端に苦しく思えてきます。

やらされているというその強制的な側面が疲れを色濃くし、どうにもならないと思えるようになってしまいます。会社では社長以外の人が基本的には使われる立場にあるわけですから、人から命令されて仕事をやらされる感覚を拭うことは決して簡単ではありません。

ですが仕事に疲れてしかたない時は、思い切って今までとはまったく違った視点で仕事をとらえるのがおすすめです。

まったく違った視点といってもいろいろですが、自分よりも上の立場の視点で仕事をとらえていくと全然違った景色が見えるかもしれません。

今いる立場ではこんな不満を抱えているけれども上の立場の視点で見たらこんな問題があるからしかたないなど、まったく違った形で仕事と向き合えます。仕事は自分のことばかりをただひたすら考えているだけでは、上手くいかないものですよね。

自分のことばかり考えているとどうしても独りよがりになってしまい、どこかワガママに考えるようになってしまうものです。それが仕事への不満になってしまい、心をどんどん疲れさせていきます。

つまり、自分で自分を傷つけているということになります。あなたにももしかしたら、心当たりがあるのかもしれないですね。

そのような状況から抜け出したいのであれば、思い切った視点変更が必要になってきます。視点をあらゆる立場に変えることで、他の人がどんな気持ちで仕事を行っているのかが俯瞰的にわかるようになります。

そうなれば自己中心的な考え方は不思議と消え、相手の立場になって考えることができるようになりますよね。そうなれば人の仕事に対してイライラしにくくなりますし、何か問題があればその立場になって問題と向き合えるようになります。

仕事に対しての視点の変更がすんなりとできれば、余計なことで疲れなくなります。仕事に対してある程度納得できますので、精神的に削られないで済みます。

それぞれに立場があるのは事実ですので、視点変更したとしても簡単には割り切れないのかもしれません。しかし仕事を部分的ではなく全体的にとらえられれば、仕事の新たな一面が見えてくる可能性は十分あります。

ですので仕事で人生に疲れている時は、仕事の視点を変えてみましょう。

転職して仕事そのものをガラリと変えてみよう

最後に提案するのは、仕事そのものをガラリと変えてしまう転職についてです。転職は本来思い切った決断ですので、そう簡単に行うべきではありません。

しかし仕事のやり過ぎで人生に疲れているなら、むしろ転職は前向きに検討したほうが良いです。

転職したからといってすべての問題がきれいさっぱり解決するとは言い切れないですが、転職することによって今までの疲れはいったいなんだったのかと拍子抜けするような変化を遂げる可能性は捨て切れませんよね。

たとえ同じ業界でも、転職することによって新たな道が開けることは全然あります。転職することがキーポイントになり、仕事をするのが楽しくてしかたなくなる場合もあります。

また業界そのものやまったく違う職種への転職も、人生に対してむしろ前向きになれます。まるで会社に勤め始めた頃を思い起こすかのような気持ちで仕事に取り組めますので、仕事の疲れをあまり感じなくなることでしょう。

人生の大半が仕事で占められてきた人は、転職することがとても大きな転機になることは十分考えられます。もしかしたらあなたも、そのタイプかもしれないですよね。

転職の人生に対する影響力は非常に大きいので、今まで思ってもみなかった結果になると信じて転職するのは決して間違いではありません。

疲れに疲れてもう同じ会社で同じ仕事を続けていくのがただの苦行にしか感じないようなら、転職によって状況をリセットすることが一番の薬になります。

転職するとなれば大きなエネルギーを消費しますから簡単には決断できないかもしれませんが、笑って働ける未来を望んでいるのなら、転職にかけてみるという考え方もあると覚えておいて下さいね。

まとめ

仕事を一生懸命頑張るのはとても良いことで褒められるべきなのですが、そのせいで体や心が病んでしまったのでは元も子もありませんよね。何より大切にしなければいけないのは、あなた自身です。

人生に疲れた原因が仕事にあるのなら、その仕事を何とかしない限りは問題解決になりません。そのためには仕事以外にあえて目を向けることも、時には大切です。仕事以外に目を向けて人生が自由であることを改めて認識すれば、仕事のとらえ方も変わってくるでしょう。

また転職に活路を見い出すという方法もありますから、転職にも意識を向けるのがおすすめです。人生は仕事だけではないので、よく考えて決めていきましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)