仕事をしていると、ストレスは切り離せない存在です。毎日が楽しい職場は理想ですが、そのような職場で働ける方はごく僅かです。

ストレスを溜めすぎてやばい、このままだと精神的に追い詰められてしまうかもしれない。朝仕事に行きたくない、体の疲れが取れなくてだるい・・・。など様々な悩みを抱えていらっしゃる方が多いでしょう。

ストレスがやばい、と感じた時にぜひ立ち止まってみて下さい。ただ立ち止まってどうしたらいいの?となると思います。

そこで、少しでも心が軽くなるよう、癒しという職業を提供していた私の経験からお勧めする対処法を挙げてみますので、是非、参考にしてみてください。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

一日の疲れはその日の内取ってあげましょう

一日が終わると、そのまま布団に転がりたい気分になりますよね。嫌な事から解放されたいから、お菓子を食べながら漫画本を読んだり。

精神的な疲れは体からきている事も実は多いのです。

体が元気な時は、よしやってやろうと少しは思えるのですが、ストレスから段々と不摂生になり、体を動かさなくなったりする事が増えると、段々とやる気がなくなり、下手をすれば休みの日でさえ何をするのにも億劫になってしまいます。

それが更に、体が疲れているうえに、行きたくもない職場へ行くのです。

疲れを溜めてしまうと、その疲れを取るのに数倍の時間が掛かってしまいます。大袈裟に言うと、20年来溜めた疲れは、1週間そこらで取れるものではありません。

だからこそ、一日の疲れはその日の内に、なるべくとっておいてみて下さい。

一番良いのが「お風呂で体を温めてあげる」という事です。筋肉が緩んでいなければ、寝ている時に常に緊張した状態で寝ている事になります。

つまり、会社から帰ってきて体が緊張している状態で次の日の朝まで過ごす事になります。それでは疲れは中々とれません。

一日の疲れはお風呂にしっかりと浸かり、体を温めてあげて下さい。中にはシャワーしかないという方もいらっしゃると思います。そういう方は、是非簡単なストレッチをしてみて下さい。

肩をゆっくり回すだけでも、首をゆっくり回すだけでも良いです。一番簡単な方法は、寝転んで、両手両足を上に向け、力を抜きながらブルブルと振るわせてみて下さい。

筋肉を動かすと、血流が良くなり、筋肉が緩みます。そしてたまには銭湯や温泉といった大きなお風呂に入るのもお勧めです。

寝る時に気持ちを落ち着かせる

寝る際はゆっくり寝れていますか?中々寝付けず、思わず携帯電話と睨めっこしながらいつのまにか眠くなっている、なんて事はありませんか?

睡眠の質によって疲れが取れる度合いが変わってくるという事は多くの方に言われています。

また携帯のブルーライトが睡眠の質を妨げているというのも多くの方が周知されている事だと思います。

勿論それはなるべく避けて頂きたいのですが、私がお勧めしたいのは聴覚と嗅覚そして視覚から気持ちを落ち着かせるという事です。全部をやって頂きたい訳ではありません。

どれかご自分に合う一つを見つけて実践して頂く事がかえってストレスにならないと思います。

聴覚

まず聴覚という事は、耳からの癒しです。つまり音です。それは音楽であったり、波の音であったり、小鳥のさえずりであったり。

サロンをしていると、無音の状態でマッサージをしても確かに気持ち良いという観点からは寝られるお客様が多いのですが、音楽を流すと明らかに寝られる速度が速いのです。

一般的に癒しの音楽であったり音であったり、自分好みがあると思います。今は便利な時代で、音源をお店に行かなくても探せる時代になりました。

更に最近では、α波と言われる「一日の疲れを取る音楽」などもネットで見かけるようになりました。勿論お店で音源を買われるのも良いですし、ネットで聞くことも出来ます。

音楽を聴いて、ほっとしたり、音楽を聴くとうとうとしてしまう等色々試すのも良いかもしれません。

嗅覚

次に嗅覚ですが、アロマをご存知でしょうか?植物等から抽出された香りなのですが、これも気持ちを落ち着かせる一つの方法です。

今では様々な香りがあります。勿論ご自分に合う香りを見つけて頂くのが一番なのですが、一般的にストレスに聞くと言われている代表が「ラベンダー」です。また「柑橘系」の香りもストレスに良いと言われています。

アロマポット等本格的な道具は必要ありません。耐熱容器のコップなどにお湯を入れ、そこに数滴アロマオイルを垂らし、寝る30分程前に置いてみて下さい。

部屋の中がほのかに香り、良い香りに包まれながら眠る事が出来ます。また、ティッシュに数滴垂らし、枕元に置いておくだけでも簡単に出来ます。

癒される香りに包まれながら、すっと心が軽くなるような気持ちで眠りにつく事が出来ます。

視覚

最後に視覚です。想像してみて下さい。真っ暗な中、少し黄色味帯びた柔らかな光がろうそくのようにゆらゆら揺れている。

なんだか、眠くなるような気がしないでしょうか?ろうそくのように不規則的な光の動きが、眠りを誘うとも言われています。

あくまでも不規則的な動きです。でも寝る時にろうそくなんて焚いたら、火事等気になって眠れません。

ろうそくでなくても構わないのです。最近では、百円均一や雑貨屋等に売られてる揺れるライトが販売されています。

まるでろうそくのような不規則な動きで揺れ、部屋の中をゆらゆらと揺らめきながら、優しい光が部屋の中を包み込みます。この光をぼんやりと眺めてみて下さい。

光をに集中しているといつの間にか仕事の事を忘れ、気づけば夢の中なんて事があるかもしれません。

眠る際に気持ちを落ち着かせる、是非実践してみて下さい。

出勤時に自分の好きな音楽を聴く

朝出勤する時が一番嫌な気分になります。今日も嫌だな、なんて思いながら出勤する事は本当に良くある事です。

その気持ちのまま出勤すると益々職場が近づけば近づく程嫌になってくるのは当たりまえです。

そこで少し考えてみて下さい。何か自分が楽しい気持ちになれる音楽はありませんか?

例えば私なら、ディズニーリゾートへ行くのがストレス解消の一つです。ディズニー音楽ならどれでも良いのかというとそういう訳ではありません。

その中でも園内に流れている曲を聴くと、まるでディズニーリゾートにいるような気分になれるのです。その場所にいるだけで幸せな私にとって、その音楽が流れるという事は目を瞑ればその空間が思い浮かぶのです。

そう言った、自分自身が楽しめる音楽を考えてみて下さい。好きな歌手、好きな動物の鳴き声、カフェの音楽、テーマパークの音楽。なんでも良いです。

でも一つだけ気を付けて頂きたいのが、暗めの音楽はあまりお勧めしません。

なぜなら、本当に暗い気分のまま出勤すると嫌な事を色々と朝から思い出し、考えてしまうからです。何も思いつかなければ、テンポの良い音楽や一般的に言われている癒しの音楽等を聴くのをお勧めします。

車で出勤される方なら、いつもより少し大きめに音楽をかけながら、見られるとほんの少し恥ずかしいですが、歌いながらなんていうのもありです。

無音の状態だと人は嫌な事を考えてしまいがちです。それなら出勤前はほんの少し楽しい空間に変えてみるのも一つです。

ストレス解消法を見つける

ストレス解消法って何をすればストレス解消なの?と本当に良く聞かれます。

病院でなるべくストレスをかけないようにして下さいね、って言われるけれどもどうやったらそんな事できるの?そう愚痴を思わずこぼされた方もいらっしゃいます。

本当にそうだと思います。誰もストレスに感じる環境を出来れば作りたくないし、いたくもないんです。

でもどうしても、楽しい事ばかりでない会社にいるとストレスはついています。

それは皆さんに共通して言える事です。ならばストレス解消をどこかでしなければ、必ずそれは爆発してしまいます。

ストレス解消は必ず何処かに出かけたり、何か大きな事をしなければならないものでもありません。

自分にとってのストレス解消が分からないという方も多いと思います。それならば、まず小さな事から始めてみて下さい。

例えば散歩をする。

え?そんなこと?はい、そうです。そんな事で良いのです。散歩をしているだけで色んな事が分かります。

普段歩かない道を進めば新しい発見があり、歩く事で体を動かす事もでき、更に外の空気を思いっきり体に取り込む事は気持ち良い事なんです。

散歩をする事によって、新しい発見から自分の何か好きな事であったり、興味を惹かれるものに出会えるかもしれません。良い意味での新しい出会いがあるかもしれません。

例えば、「動物が大好きで見ているだけで幸せになる。」という方も多くいらっしゃると思います。

アニマルテラピーという言葉があるように、動物には癒してくれる力があります。見ているだけで幸せなら、触れあう事によって更に幸せな気分になるかもしれません。

猫カフェや最近では鳥カフェなんてものも多く見られるようになりました。そしておひとり様のお客様も多く見かけます。動物と触れ合う場所へ出かけてみるというのも一つの手です。

部屋から出るのが億劫だと言う方は、出かけてみたい場所を想像してみ下さい。行ってみたい場所を考えたら、その場所を調べてみて下さい。

もしかすると興味をそそられる場所を発見できるかもしれません。

誰かに話を聞いて貰うというのも立派なストレス解消法の一つ。サロンにいると、興味愚痴を聞いてもらってスッキリした、と本当に生き生きして帰られる方もいらっしゃいます。

愚痴を聞きに来てもらっているというお客様もいらっしゃいました。誰かに共感して貰える、溜め込んだものを聞いて貰える、それだけでも心が軽くなるものです。

本当にどんな些細なことでも良いのです。それが自分にとってのストレス解消法が見つかる解決策の第一歩かもしれません。

逃げるという一つの手段

逃げるという手段は人生の中において、大切な道だと思います。何故なら逃げ道がないと、前に進むしかなくなるからです。

レールから脱線したのならば、もう一度レールに乗せてあげれば良いだけなのです。逃げるのは恥ずかしい、情けないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、逃げない事で精神的に追い詰められて、動けなくなるという事の方が本当に怖いのです。

たまには行きたくない、と思ったのなら心を休めてあげてみて下さい。心が悲鳴をあげている事に蓋をしてしまう事は、自分を更に追い詰める事になってしまいます。

例えば、結婚生活が上手くいってない事を親に相談したとします。

「お前は結婚したんだから、そっちが家なんだ。しっかりやりなさい」と言われてしまえば、真面目な人ならばどんな辛い事があっても一人で耐え抜くように頑張ってしまうでしょう。

「いつでも家に帰ってきて良いんだよ、自分のやれる範囲でやれる事をやりなさい」と言われれば、自分には失敗しても、ダメだったとしても帰る場所があるというのは逃げ道と捉えられるかもしれませんが、それは立派な心強い後ろ盾です。

もしその逃げ道があれば、精神的にも余裕ができ、万が一失敗した場合でも受け入れてくれる場所があるという安心感があります。

仕事も同じです。どうしてもそのお仕事は、精神的に苦痛で毎日毎日が嫌になる程の価値があるお仕事なのでしょうか?嫌な事があれば安易に辞める事をお勧めしている訳ではありません。

ただ、精神的に自分自身を追い詰めるまで、それだけあなたがその仕事に価値があるのかを今一度見直して考えてみて欲しいのです。

逃げるという事も選択の一つです。逃げるという道を作る事で、精神的な余裕も出来ます。なにより心が悲鳴をあげている事に気づいてあげて下さい。

精神的に追い詰め、本当の意味で何もやる気が起きなくなった時、それが一番怖いという事です。

体を休める、心を休める、自分の今精神的に苦痛だと思っている事の価値を見直す、そして逃げ道を作り

本当に耐えられないと感じた時は怖がらずに逃げるという選択肢も頭の片隅に作っておいてあげる事が大きなストレスの解決策でもあります。

まとめ

ストレス=精神的な疲れだと捉えられている方が多い中、体が疲れている事によって更なるストレスを生み出している事もあります。

ストレスが溜まっていると感じたなら、まず自分の体を見つめなおして下さい。体の疲れを取り、睡眠の質を変え、ぐっすり眠る事を心がけてみる。

体が少し元気になってきたならば、自分のストレスと向き合ってみて下さい。ストレス解消法を見つけ、ストレスを少しずつ解消していきながら、果てして自分の今いる環境が自分にとって本当に良いのか。

何よりそこで我慢して働く事は、あなたの人生において利益になるのか。

という事を考えて下さい。あなたにとってその場所が利益にならないと思った時、それは新しい道へ進む第一歩の始まりです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)