仕事のストレスで体調不良は本当に大変です。仕事量、職場のパワハラ、社風や環境など、無数の原因があるかもしれません。

心と体は密接に関係し、心のストレスで胃痛や頭痛、動悸やだるさ、極度の肩こりが起きるのは当然のこととも言えます。

まず初めにおこなうことは体調不良の治療です。薬や休養、医師との面談、早退や病休、傷病手当金や休職など、体調回復のために様々な方法を考えましょう。

しかし、仕事のストレスで体調不良になったということは、確実に職場内に原因があります。対処法も同時に考えない限り、体調不良は再発するか、悪化することでしょう。

そこで、あなたが、仕事のストレスで体調不良になったときのストレス原因への対処法をいくつか挙げてみようと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

自分に問題がないか考える

まずは自分がストレス原因をつくっていないか考えてみましょう。悩みすぎや勝手に人と衝突してストレスを増やしていないでしょうか?

または深酒や遊びすぎ、寝不足と言った疲労によってストレス耐性の低い状態をつくっている可能性は?耐性が低い状態だと、神経もイライラしがち、些細な事でも傷ついたり、イライラしたりします。

まず、いまの体調不良を回復させるためにも病院や薬を活用しましょう。難しければ遠慮なく病欠も使いましょう。

まずは休養と回復です。そして少し回復したら、3食健康的な食事をとり、適度な運動と十分な睡眠を心がけましょう。運動と言ってもジムやスポーツサークルをするだけではなく、少しの散歩やストレッチという方法もありますね。

健康的な生活習慣によって、気持ちも明るくなりストレスにも強くなります。同じストレスが来ても体調は簡単には崩れません。

これは問題解決における最も簡単な方法の提案です。周り全部を変えるよりも、自分を変えようとコントロールすることは比較的容易いからです。自分でなにかストレスを減らせる対策があれば、少しだけ改善を試みましょう。

ストレス耐性のある自分をつくってみるのです。

とはいえ、自分に思い当たる原因がない場合は無理をする必要はありません。あまり無理をするとストレスがさらに蓄積されたり、新しいストレスが増え、いまよりも体調不良が悪化します。難しい場合は無理せず、次以降の方法を検討しましょう。

しかし、定年退職者や印税生活でもない限り、現代人ならば一日の大半は仕事です。毎日の仕事でストレスを受けるというのはなかなか辛いものですね。

ストレスの対象を分析する

自分に思い当たることや変えられることがなければ、仕方ありません。また、自分を変えるのがストレスな場合も同様です。次に考えることはそのストレス対象の分析です。

例えば職場のストレス対象であげられるのは「長時間残業や仕事の量」「社風や環境」「職場の人間関係」があげられます。

「長時間残業や仕事の量」が原因ならば、それを減らす方法はないでしょうか?仕事のやり方を工夫する、無理な仕事量を抱え込まないなどです。

しかし、個人単独で仕事をしていない限り、そう簡単にはいかないかもしれません。一人だけ早く帰ると周りの目が冷たいなど。

とはいえ、常に100%の仕事をするのではなく、70-80%の仕事をするようにして普段から体をいたわりませんか?

または自分だけではなく同僚を巻き込んで残業しない人を増やすのも一つの方法です。

「社風や環境」が合わないのもストレスになりますよね。超体育会系の職場ではおとなしい人は耐えることが多いでしょうし、自分と価値観の違いすぎる人に囲まれていると常に緊張したりします。

社風や環境は簡単には変えられませんが、まずはどの部分が自分に合わないか分析し、「嫌な飲み会」は参加を減らす、「嫌な社風」なら心理的な距離を置くようにするなどができるかもしれません。

「職場の人間関係」は実はストレス原因で良くあげられます。確かにパワハラじみた嫌な相手っていますよね。でもただストレスを受けるだけではなく、その相手の心理を分析してみましょう。

「なぜ、そのような言動をするのか?」「どのようなときに怒り、イライラをぶつけてくるのか?」もしかして、相手はあなたに期待して善意で叱っているかもしれません。

機嫌が悪いときは八つ当たりする気質かもしれません。しかし、単に、その人の性格が意地悪で、あなたの何かに嫉妬している可能性もあります。

ただ、そんな相手でもよく観察してみると一定の傾向が見えるときがあります。例えば、その人は週明けの午前は機嫌が悪いとか、会議の前後は神経質とかです。そんなときはタイミングをずらしてストレスを軽減しましょう。

これ以外でもストレスの原因があればそれを分析し、避ける方法を考えてみてください。

あなたの仕事のストレスの正体はなんでしょうか?

人間は得体のしれないものや理解できないものに対しては不安や焦りを感じますが、分析し理解できるとそれに対するストレスは減ります。また原因を理解することで直撃をずらすこともできます。

これをやるだけでストレスや被害はかなり減ることになります。

同僚や上司に相談してみる

ストレスの解決として「自分を変えよう」とか、「ストレス対象を分析」しようとしましたが、上手くいかないようです。どうやら自分1人の知識や経験では対応できないものがあるのかもしれませんね。

そのような場合は遠慮しないで、身近な他人の助けやアイデアも借りましょう。それは例えば他の同僚や上司です。自分一人では見えないこと、わからないことも意外と他人にはわかりやすいものです。

なぜならば、他人はあなたの仕事状況を客観的に見ているからです。上司ともなれば職場や社風をより長年理解し、組織の上部から俯瞰している可能性もあります。

人間は主観が入ると認識が難しい場合でも、客観的に冷静にみると状況を理解できるケースがあります。

あなたにとって体調を崩すほどのストレスの解決策はなんでしょうか?

あなたは、やらなくてはならない仕事が多すぎると思っても実際は半分くらいカットできるかもしれません。また残業や休日出勤、飲み会もストレスになるくらいであれば、参加しなくてもよいかもしれません。

職場にはあなたの味方になりやすい人もいることでしょう。その中で冷静に賢い助言を言ってくれそうな人を探して相談してみましょう。

客観的なコメントや解決策が見つかる可能性があります。

また、ここに至るまでに自分の性格やストレス原因に関して、多少分析しているはずです。それを材料に今度は客観的な他人の助言を受けるのです。このような場合、助言やコメントはかなり効果的になります。

親切な同僚や上司なら、助言だけではなく実際のフォローもしてくれるかもしれませんね。上司にもよりますが、組織の健康管理をする義務がある以上、あなたにもなんらかの救済をする可能性もあります。

ただし、「同僚や上司に相談すること」によって事態が悪化するストレス問題や、そもそも職場に相談できる相手がいないのがストレスだという場合もありますね。

そのようなときは無理して相談する必要はありません、別の方法を試みていきましょう。一つの方法に固執せず、いくつかの方法を考え、自分に無理のない方法を選択する方が結果的に物事は上手くいくと思います。

外部の友人・知人に頼ってみる

あなたは今まで、「自分の改善」を試みましたし、「ストレス分析」して対応を考え、「職場の仲間」にも相談しようとしました。しかし問題がいまだに解決しないようです。

いままで「自分」から「ストレス分析」、そして「職場の仲間」と対策を拡大していったのですが、どうやらあなたの職場の中だけの知識ではこの問題への対処は難しいのかもしれません。

これは社内や身近な対処では解決できない根深い原因があるのではないでしょうか?または社内だけを見ていては問題がよく理解できないのかもしれません。

ところであなたには職場以外の友人はいますか?忙しい職業では自宅と職場の往復だけでプライベートな時間や友人も少ないケースも多々あります。でも少しだけ隙間時間をつくって、外部の友人に連絡してみましょう。

前職の友人でもよいですし、学生時代の友達、趣味やサークルの仲間、友人の友人、合コンで知り合った人、親戚や同郷の友人、取引先で一緒にランチをして気があった人、交流会であった人など、思いつく限り探してみましょう。

「そんな友人はいない」という人ならば、ちょっと勇気を出して新しく友人を作ってみるのもどうでしょうか?

ここで大事なのは「職場」以外の外部の友人ということです。

もし、当たりがついたのなら、その外部の友人とランチや夕食、またはカフェなどに行ってみましょう。どうしても忙しい場合は電話やSNSでの会話ということもできますね。

当たり障りのない世間話でも良いですし、もし可能ならば、自分の職場のストレス問題について相談してみましょう。

職場を客観的に見ることにできる外部の友人からは、あなたの置かれている状況や、あなたを取り巻く環境の歪みになんらかの助言が出てくるかもしれません。

それらは、いままであなたや同僚が予想していなかった角度からのアドバイスかもしれないし、新しい発見を与えてくれるきっかけかもしれません。

「相談してみたけど駄目だった」「よくわからないといわれた」。もちろん、そういう相談結果もあるでしょう。なんでも都合よく解決策が出てくるとは限りません。しかし、確実に気分転換や息抜きにはなったはずです。

その時間は職場のことを忘れてストレスを減少させるリラックスタイムになるのです。そのような時間は神経を休め、体調を好転させます。

また、職場での相談と違って、全く仕事つながりのない友人に相談するというのは精神的に楽な状況ともいえます。

このように外部の友人に相談するということは、上手くいけば解決策を提示してもらうことができ、それができなくても最低限気晴らしになるという副次的効果をもたらすのです。

広く複数の世界を考える

あなたは、悩みが深まり、ストレスが増えて心身が疲労するときの状態を知っていますか?

一つは極端に「近視野」になることです。悩みにばかり集中し、同じことを考えます。まるで他の選択肢や、柔軟な考え方は存在しないといわんばかりに、一つのことを狭く深く考え続けるのです。

真面目な人や集中力のある人がその長所を悪いベクトルに向けてしまうと、そうなるリスクがあります。

ときにはその「近視野」を解放してあげましょう。「広く複数の世界」を考えるのです。方法はいくつかあります。1つ目は「時間」を複数に考えるのです。時間には現在もあれば、半年後、1年後、3年後などがあります。

いまのストレス原因の仕事も半年後には案件が変わっているかもしれません。今年が年初からパワハラ上司にあたって苦労していても、来年にはその上司は労働問題で左遷させられているかもしれません。

これらは希望的観測でしょうか?いえ、違います。あなたの過去の問題や事件を思い出してください。どんなに嫌な時間や環境も時間と共に変化した部分もあったのではないでしょうか?

そのような「時間による変化」が今回は絶対におきないといいきれますか?「現在」という時間に束縛されずに、複数の時間軸で柔軟に考えてみましょう。

2つ目は「職場環境」を複数の世界にします。職場というのは人間関係と経済活動の組み合わせです。例えば、人間関係ならば、それを複数化するのです。どういうことかというと、職場以外の人間関係を増やして強化します。

簡単なのは趣味やサークル、習い事を始めることですね。またはBBQパーティや街コンで新しい遊び仲間をつくるのもよいでしょう。もう少しビジネスよりに異業種間交流会に出るのもアリです。

できるだけ新規開拓を心がけましょう。新しい人間関係にもなにかストレスが増えたら・・・とお悩みの方はご安心ください。

職場と違って、その場合はその関係を取り替えたらよいのです。習い事を変えて、遊び仲間も変えるのです。職場のストレスが困るのは簡単に取り換えできないからです。

それと違って、趣味や遊びは自分の自由時間、嫌な場所ならばドライに取り替えましょう。

また経済活動を複数化する、つまり副業や不労所得にトライしてみます。もし副業の収入が本業の9割程度になれば、仕事にも強気になれますし、仕事のストレスで体調不良になっても本業をやめればよいだけです。

しかし、平日は深夜残業、土日出勤も当たり前というブラックな環境なら、趣味や余暇、副業の時間も難しいことでしょう。そういうことならば、最後の手段です。

最後の手段・・それは「職場」を複数の世界にします。あなたが今勤務している会社は世界の全てではないのです。日本国内だけ見ても法人企業の数は380万程度あります。

380万分の1に過ぎない、たった1つの企業のためにそんなに悩むことはないのではないでしょうか?

「転職回数が増えるのは不安」「新しい職場や仕事になじめるか不安」「この年で転職できるか不安」確かに不安を挙げればきりがありません。

でも、とりあえず在職中に転職サイトを調べつつ、エージェントや人事担当者にも積極的に会いましょう。そこでは多くの情報と知識を得ることができます。不安は無知から来ます。

多くの情報と知識があれば、不安は小さくなっていくものです。積極的に考え、少しでも行動して、自分に合った新しい世界を見つけてみませんか?応援しています。

まとめ

仕事のストレスで食べられないとしたら、先ずは身体・心の回復が優先です。しっかり休んで、充電してください。

ですが、そこで終わらないことです。人間は機械ではありませんから、表面的な治療だけしても、同じことを繰り返し悪化させていたら、いつかは壊れてしまいます。

どうかこれを機に、身体と心の見直し、働き方の見直し、生活の見直し、・・・よりよい生き方を見直し、模索してみてください。

ストレスは辛いことですが、次の輝かしい世界への鍵でもあります。今の状況をしっかり分析して、次の世界の扉を開けましょう!しっかり検討した上でなら、転職だって構わないのです。

新しい部署・新しい職場・新しい人間関係・何が待っているでしょうか?

おそらくそこに立つのは、新しいあなた。良い人生がその先につながっていることでしょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)