日々の仕事の中で、ストレスを感じることは多くありますよね。その仕事上のストレスの中でも大きな原因の1つは、仕事が合わないことによるストレスではないでしょうか。

あなたが今抱えている仕事でストレスを抱えているなら、その仕事は本当にあなたに合ったものでしょうか。

自分の能力特性と仕事内容が合っていないと、ストレスから人間関係がぎすぎすしたり、業績が上がらないことも多いですし、そのせいであなた自身が「デキない人」というレッテルを張られてしまうこともあります。

合わない仕事をそのまま続けていても、あまり良いことがないのが実情です。では、今あなたに、合わない仕事を振られているとしたら、どのようにして解決すればいいでしょうか。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

ストレスの解消を図る

「仕事が合わなくてストレスになっている」状態において、解決したいことを決めましょう。

ある人は「(仕事があなたの能力特性に合わないため)パフォーマンスが低いこと」を解決したいと思いますし、別の人は「(成果云々はさておき、仕事自体は合わないため)ストレスを抱えていること自体」を解決したいと思うでしょう。

少なくとも、このうちのいずれか、もしくは両方が考えられます。

解決方法の一つは、このうちの後者、つまりあなたがストレス自体を解消したい場合に見てほしいです。

「成果は出せているが、合わない仕事でストレスになっている」ということなら、問題点を挙げるとすれば合わない仕事そのもので、ストレスはただの現象です。こうした場合は、「合わない理由」を取り除く方法を見つけましょう。

「合わない」の真因を突く

このプロセスは、仕事の中でストレスになる箇所を特定することから始まりますが、そのためにはご自身の業務を因数分解する必要があります。例えば保険の営業職であれば、業務を時系列に従って分解すると以下のようになります。

  • アポイント管理(案件数の管理)
  • お客様折衝(商談)
  • 事務作業(申し込み手続きや不備解消)
  • 社内報告(対上司)
  • 商談準備(ロープレなど含め)

このような具合に分解して、あなた自身が、仕事のどの部分で「合わない」と感じるのかを抽出してみましょう。

この中で、特に「お客様折衝」にストレスを感じるようなら、さらに深堀して、「なぜ?」「なぜ?」と何回か繰り返します。有名なトヨタ自動車の「なぜなぜ5回」と同じ発想です。

仮に、お客様折衝が「合わない」と感じるなら、なぜそう感じるのでしょうか?それが、提案プランのプレゼンなら、それはなぜでしょう?

いつもプレゼンのときにお客様が首をかしげるので、それが辛いから「合わないと感じる」のでしょうか。だとしたら、あなたの「合わない」はプレゼンの手法に真因があります。

ここまでわかれば、あなたは優績者のプレゼンを完コピすることで、お客様の反応がよくなるはずですから「営業職は合わないからストレスを感じる」というのを解決できるでしょう。

仕事とは別のモチベーションを持つ

上記のような「合わない」の真因が掴めず、漠然と「合わないと感じる」仕事もあるでしょう。これは根本的な解決ではありませんが、業務とはあまり関係ないモチベーションを持つと、ストレスが軽減されることがあります。

正確には、ストレスを誤魔化すというのが定期節で小か。例えば、営業職は肌に合わないから嫌だけど、成績で一番をとれば給料も上がるし、モテるから頑張ろう!という具合です。

会社にとっては、それで業績が上がるなら御の字なのです。

異動を申し出る

ストレス自体の解消が上手くいかないなら、部署自体の異動を考えるのもいいでしょう。

部署自体の異動を検討すると「自分にはこの部署以外にも行き先がある」と思えて、それ自体がストレス解消につながる可能性があります。

企業の人事異動は定期的なことも多く、半期に1回程度というのが一般的ですから、次の定期異動に間に合わせるためにも、早めに手を打つ必要があります。

異動を申し出る理由はポジティブに

異動を申し出る際には、できるだけ前向きな理由を作っておくことが重要です。異動を申し出る際の理由は、前向きな理由と後ろ向きな理由の2種類があります。

前者は「私は○○という仕事がしたいから、異動したいのだ」というものです。対して後者は「今の仕事が合わないから異動したい」という、割と正直なものです。

なぜ後者の理由付けは避けた方がいいのかというと、社内での評価に良い影響が1つもないからです。

あなたが「今の仕事が合わないから異動したい」と言うと、上司はどう思うでしょうか。上司としても納得いきませんから「仕事に合わせる努力はしたか?」「その努力は十分か?」と詰めてくるでしょう。

これらに十分に答えられないと、上司は「こいつは十分な努力もしないのに仕事を投げ出そうとしている」と考えますから、その半期のあなたの評価は「無気力」ということになりかねません。

最初から合わない仕事をやっているのに、その半期の評価も上がらないのであれば、なおさらストレスが溜まる一方ですよね。

異動を申し出るということは、社内の転職活動と割り切って、「私は○○という仕事がしたいが、現在の部署ではそれは実現できない」ことをロジカルに淡々と語るようにしましょう。

その際には、「私には○○という仕事が向いている理由」を、実績とともに完結に語れるようにすると、上司の納得感も得られるでしょう。そして「それでも、この半期は自分の役割をきっちり果たします」とコミットすることが重要です。

受け入れ先の土壌を整える

現在の部署の上司を納得させつつ、今度は希望する異動先の土壌整備です。部署異動を自分の思い通りに実現するには、現在の部署と希望する部署の2正面作戦なのです。

具体的には、あなたが希望する異動先の上司に好印象を持ってもらうようにします。たびたび話しかけに行って「ずっと○○という仕事がしたかったんですよ」と言い続けます(もちろん1日1回程度が限度ですよ)。

もしくは、希望する異動先の上司と仲のいい人を見つけて、やはり同じことを言い続けるなどして、希望する異動先への熱意を持ってもらうのです。

人事異動は全社的な判断なので、完全に希望通りになるわけではないでしょうが、子のように社内営業を積極的に行うことで、少なくとも現在の部署から離れられる可能性が高まります。

異動の可能性が高まることで、半期先への希望が見えてきますから、ストレス解消にもつながってきます。

部署内での仕事の担当を変えてもらう

人事異動で希望する部署に行けず、現在の部署にとどまり続ける必要があるなら、あなたに合わない仕事を、それが得意な人に交代してもらうのも1つの方法です。ただしこれは、「全員営業職」みたいな部署・課では通用しないかもしれませんね。

この方法は、ストレスの真因が「仕事が肌に合わない」ことである場合に有効で、肌に合う仕事と交代してもらうことでストレスを解消するアプローチです。

合わない仕事をしているときは、多くの場合はパフォーマンスも落ちていますから、得意な仕事と交代してもらえば、パフォーマンスも向上する可能性が大です。

実は仕事ができる人というのは、得意な仕事ばかりやっていて「苦手な仕事は受けない」を徹底していることが多々あります。

だから、あなたが合わない仕事を抱えているなら、それが得意な人に代わってもらうことで、あなた自身も交代した相手もパフォーマンスが良くなりますから、お互いにWIN-WINの関係を作ることができますよね。

当然ながら、上司と交代相手を交えて、お互いに意思疎通を図ることを忘れないでくださいね。

しかし、本来これは、仕事を振られる前にやってしまうのが一番いいですね。ストレスの原因を作る前に回避するということです。

プロジェクトチームの中で(応用編)

この方法が使えるのは、もちろん日常業務でもありえますが、何らかのプロジェクトチーム(タスクフォース)を立ち上げたときに最も威力を発揮します。

例えばあなたは本来は市場分析が得意なのに、もともと合わないと思っていた商品企画を請け負ったとすれば、そのプロジェクトチームには悲劇が待っていますよね。だから、仕事を振られる前に、得意な仕事を取ってしまうのです。

例えば役割分担をする際にあなた自身から「このプロジェクトは市場分析が非常に重要ですね。

市場分析は私が得意ですから、これは私が引き受けますよ」という具合で、先に仕事を取ってしまえば、肌に合わない仕事を請け負って変なストレスを感じる必要もなくなります。

その業務に必要なスキルを身につける

仕事が合わないことがストレスの真因だとするなら、異動や役割交代という手段を検討しますが、それもかなわないことだってあるでしょう。そうした場合は腹をくくって、「業務に自分を合わせる」ことを考えましょう。

仕事が合わないと考える背景には、その領域の知識・スキル不足ということが多くあります。換言すれば、先入観から来る「食わず嫌い」ということです。

よくある例は、「営業職は苦手で私には合いません」という社員です。もしあなたが「営業職が肌に合わない」ということなら、本当に対人コミュニケーションが苦手か(どの会社にも必ず一定数いますので、珍しくはないですが)、ちゃんとした営業の教育を受けていないかのどちらかです。

営業も企画も含め、多くの職種は誰でも一定の成果が出るように標準化することができます。

営業職なら

例えば営業であれば、挨拶の仕方からヒアリング、プレゼンの仕方まで、それぞれの業界・商材に合わせた営業理論と標準モデルが存在します。徹底しているところは単語レベルで何を話すか決められています。

それらを体系的に学び、優績者の商談を完コピすることで、営業未経験者でも、また苦手意識を持つ人でも一定の成果を出すことができるようになります。

そうして成果を出しているうちに「あれ?前まで合わないと思っていた営業も、やってみれば意外とできるぞ!」となれば、もはやストレスはないも同然でしょう。

企画系なら

企画系の仕事は、様々なデータから論理的に考えて事業の進む先を導き出すことが求められます。ロジカルに物事を考え、導いた答えを誰もが分かるように資料化することが重要です。

あなたが感覚派の人間で、ロジカルに考える仕事が合わないなら、それは非常なストレスになるでしょう。あなたが感覚的に導いた答えが正しくても、誰もそれを理解してくれないのは非常につらいことです。

でも、ロジカルシンキングも資料作成術も後天的なスキルなので、あなたが仕事に合わせることは可能です。

外資系戦略コンサルタントが書いた本などは、ロジカルシンキングや資料作成について分かりやすく解説してくれていますから、まずはそうした書物で自学です。そうやっているうちに徐々にできるようになります。

気づいたころには「合わない」とか「ストレスになる」と思っていたのがいい思い出になっているでしょう。

転職活動を開始する

これまでお伝えしたことを実践してみて、「合わない」の真因も分からず、異動も役割分担の変更もかなわず、仕事に自分を合わせることも不調に終わったら、最後の手段として転職を考えましょう。

転職は、現在の会社での一切をリセットする最終手段です。

転職が実現すれば、本当に内定先に行くのもいいでしょうし、転職活動自体がストレスを軽減する効果もあります。

「私の居場所は、この会社だけじゃない」という実感が、あなたの自己肯定感を高めると同時に、合わない仕事から来るストレスを和らげてくれるでしょう。

転職理由は前向きに

転職活動中に、面接で高確率で聞かれる質問の1つに「転職理由」があります。これは、たとえあなたが本当に「現職は合わなくて」と思っていても、絶対に言ってはいけません。

これは異動を申し出る場合と同じですが、応募先に「この人は仕事を選ぶ人だ」と思われると内定は遠のきます。だから、「私は○○という仕事がしたい」ということをアピールします。

その際は、応募先企業が属する業界に対する志望動機と、応募先企業自体の志望動機の両方を用意しましょう。

事前準備が勝敗を分ける

現在は以下に売り手市場とはいえ、転職先の業種業界、会社の規模によっては依然として厳選採用の姿勢が残っています。中小企業は人材不足だからと言って甘く見てはいけません。

彼らは人数が少ない分、採用基準が厳しくなりがちです。

事前準備においては、転職の軸をまず決めます。あなたが今の仕事が合わなくて転職を考えているのなら、1つの軸は「自分の能力特性に合うこと」とするのが無難でしょう。

それと同時に「自分の能力特性って?」「それを裏付ける事例は?」と芋づる式に出てきますし、それを以て「何がしたいの?」というところも、簡潔に語れるようにします。

このように、あなた自身が自分について棚卸をすることで、現在の合わない仕事→自分にぴったりの仕事へとステップアップすることができるでしょう。

まとめ

ここまでで、合わない仕事でストレスを抱えている場合の対処法を5つ紹介してきました。もうお気づきだと思いますが、「合わない」仕事から脱出するには、「合う」仕事に移行することを言います。

そして、「合う」仕事を見つけるためには「自分は何ができて、何がしたいのか」ということを自分自身で把握する必要があるのです。

だから、本当に転職するとか異動を申し出るとかは別として、現在の仕事が合わずにストレスになっている人は、1回は自分の能力特性と、それを裏付ける事実、それを生かすことができる仕事というのを棚卸して考えてみるのも良いかもしれませんね。

そうすることで、よりステキなキャリアを歩んでいってくださいね。

 仕事を辞めたいときにやるべきこと | 仕事辞...
仕事を辞めたいときにやるべきこと | 仕事辞めたい.jp

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)