会社のために一生懸命働くことは素晴らしいことです。お給料をもらっている以上は、それに見合った仕事をしていかなければなりません。

しかし自分の身を削りに削って、多くの自己犠牲を払いながら仕事をするといった過剰な働き方をしているのだとすれば、いずれ自分の身を滅ぼしてしまいかねません。

もし今のあなたがそんな「社畜」状態に陥っているのであれば、今すぐそこから抜け出すために行動すべきです。とはいえ、実際にそれを実行に移すことは難しいですよね。

そこで今回は、「無理なく」「根本的に」社畜から脱出する方法をご紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

昨日より1分でも早く退社する

社畜から抜け出す第一歩として、まずは小さなことから始めていきましょう。あなたは毎日当たり前のように長時間残業をしていませんか?

日本ではいまだ「残業できる社員に価値がある」「1分でも長く会社に居残るべき」という考え方が残っている職場も少なくないため、定時を過ぎても当たり前のように仕事がふってくるし、周りの雰囲気で「帰る」と言えないなんてこともありますよね。

それでも、そんな状況は少しずつでも打ち砕いていくべきです。あなたが残業すればするほど、周りの人たちはあなたのことを「いつも残業しているから今日も残れるはず」「この人は残業に抵抗がない」と勝手に判断します。

そして、たとえば遅い時間帯に誰かに手伝いを頼みたいとなったとき、そのターゲットはあなたになってしまうのです。

あなたの周りに「この人はそこまで残業しない人」と認識されている同僚はいませんか?どの職場にも時折、強い人がいます。周りの空気などあえて読まず、「自分の仕事が終わったならすぐさま帰っていい」という正論を貫ける人です。

こういったタイプの人は時として敵を作ることもあるかもしれませんが、間違ったことをしているわけではありません。むしろ長い目で見ればこの行動は正しいと言えます。

1日中仕事にかかりっきりな日々を何年も続けていれば、いずれ心身に支障をきたしてしまうでしょう。人の人生は毎日の積み重ねです。毎日適度に自分を労わってあげなれければ、いずれどこかで爆発してしまいます。

また、「この人はあまり残業しない」と他者に認識させることは非常に合理的な方法です。

他者からの批判が気になるのは案外最初だけ。誰よりも早く帰ることによって始めは「あの人は空気を読まないのか」「マイペースすぎる人だ」と批判的な目線を向けられるかもしれませんが、人間というものはどんな状況にもいずれ慣れてきます。

そしてそれが当たり前の光景となり、もはや何も感じなくなる時が来るものなのです。いつしか周りの人は、その人に対して遅い時間帯に仕事をふるようなことはしなくなります。

早めに帰ることがわかっている人に対し、わざわざ説得してまで仕事をさせようとする人はいません。残業してくれる人間はほかにいっぱいいるからです。

よって、退社時間を早めることにもはやデメリットはありません。だからこそあなたもまずここに重点を置くべきです。

とはいえ、突然いつもよりも何時間も早く退社したりはできないと思います。そこで、毎日「昨日より1分でも早く帰る」という目標を立ててください。この目標を何よりも最優先にして、毎日絶対に達成させましょう。

これを繰り返していけば、あなたの退社時間は悪目立ちすることなくほんの少しずつ早まっていって、気づけば以前よりも1時間程退社時間が早くなった、なんてことになっているはずです。

毎日たった1分でも、積み重ねれば何十分、何百分となりますから。そしていつしか周りからも「あの人は大体〇時くらいに帰るから、あまり遅い時間までは残れないだろう」と認識されることでしょう。

まずは退社時間を早めて自分を労わる時間を少しでも長く作る。これが社畜脱出への大きなステップになります。

近しい人に弱みを見せる

会社のために身を削って働くあなたは、周囲の人から「忍耐強い人」と思われている可能性があります。

これは喜ばしいことでもあるかもしれませんが、社畜から抜け出すためにはむしろ足かせとなるものです。「忍耐強い」と思われているがゆえに、当たり前のように誰よりも長く働かされたり、厄介な案件を任されたりしやすくなってしまいます。

さらにはあなたが困っている時ですら、「あの人なら何とかするだろう」と手を差し伸べてくれる人がいなくなります。周囲の人があなたを労わらなくなってしまうのです。

社畜から抜け出すためには、周囲の人からの理解・支えが必須です。あなたに対してむやみやたらに仕事を振ったり苦難を押し付けたりしてはいけないのだと、周囲の人にわかってもらわなければなりません。

そうするためにあなたが簡単に実行できることは、仕事でよく関わる近しい人に弱みを見せることです。

たとえば飲み会の場でその人の近くに座ったときにでも、「最近仕事がしんどい。体がもたなくなってきた」「もう少し残業がなくなれば」と、あまり具体的でなくても良いので、ちょっとした愚痴をこぼすような感じで伝えてみましょう。

相手はよほど冷酷な人柄でない限り、あなたのことを心配してくれるはずです。そうすると、その後の会社生活に少しだけでも変化が出てくる可能性があります。

まず、愚痴を聞いたその人本人はあなたに対してむやみに仕事をふらなくなるでしょう。また、例えばあなたが1人残業しているときには「何か手伝おうか」と声掛けしてくれるようにもなるかもしれません。

いずれにしてもその人は、きっと以前よりもあなたに負担をかけないよう気遣ってくれるはずです。

そして周りは意外とその様子を見ています。その人があなたを気遣う様子を目にした周囲の人間も、自然とあなたに気遣いの目を向けてくれるようになるでしょう。

人間は誰かの行いを完全無視することはできず、よほどの事情がない限りはそれに同調していく性質を持っているからです。あなたが労わられるべき存在であるということが、周囲の人間に少しずつでも浸透していくはずです。

そうなればきっとあなたの負担は軽くなり、会社のために身を削るような機会は減ってくることでしょう。

上司の誘いには乗りすぎない

上司も人間であるがゆえに、当然好き嫌いはあります。もし部下の誰かに何かを頼むときは、何か特別な意図がない限り、好きな部下を頼ることでしょう。単純に、頼みやすいからです。

あなたは上司に物事を頼まれがちではありませんか?もしそうであるとするならば、おそらく上司から気に入られているのでしょう。「会社のために何でもやってくれる部下だ」と太鼓判を押されているのかもしれません。

上司に気に入られることは、会社生活を営む中で重要なことではあります。

しかし気に入られすぎることに大きなメリットはなく、むしろその状況があなたを社畜方向に進めてしまっている可能性もあります。

いくら上司とはいえ、適度な距離感を保つことが大切であるということです。

先に述べたように、上司に気に入られすぎるがゆえに何かと仕事を頼まれ、時間がとられるということももちろんあります。しかしそれ以上に、上司からの好意があなたにプレッシャーをかけてしまうことがよくないのです。

気に入ってもらえているからこそ期待を裏切るわけにはいかない、頼まれる以上は完璧な仕事をしなければならない。そんな風に考えてしまうからこそ、もしかしたら必要以上にあなたは長い時間と多大な労力をかけて仕事に取り組んでしまっているのかもしれません。

よってこの状態から抜け出すために行うべきことは1つだけ、上司からは程よく距離をとっていきましょう。しかし急によそよそしくしたりすることは厳禁です。

比較的実行しやすいことと言えば、上司からの飲みやゴルフ等の誘いに乗る回数を、ほんの少しずつ減らしていくという方法です。

上司からの誘いを断ることは勇気がいることかもしれませんが、何もすべての誘いを断るわけではないのです。例えば今まで10回誘われて10回乗っていたところを、8回だけ乗って2回は断る、といったように少しだけ変化を加えるのです。

自分自身にも予定があるのは当たり前のことですから、気に病むことはありません。これによって必然的にあなたが上司と接する時間が減ります。これはつまりあなたが上司からのプレッシャーを感じ取る時間が減ることを意味します。

結果的に過剰なプレッシャーにとらわれることがなくなり、あなたはあなたなりのペースで無理せず仕事を進めていけるようになるのです。

自分の仕事を最優先にする

あなたは困っている人を放っておけないタイプではありませんか。

あるいは誰かがやらないければならない仕事がある状況で、誰がそれをやるか決まっておらず停滞している場合、「仕方ない、自分がやるしかない」と思って自ら手をあげてしまうタイプではありませんか。

こういった行動は社会人としてお手本とされるべき、素晴らしい行動と言えるでしょう。しかし現実的には、この行動を繰り返す限り社畜から抜け出すことはできません。

こういった行動こそが「自己犠牲」であり、あなたを社畜生活へと追い込む大きな要素となってしまっているのです。

困っている同僚に手を差し伸べることによって、同僚はきっとあなたに感謝の意を示してくれるでしょう。皆が引き受けない仕事を自ら率先して行うことによって、周囲の人は「やる気のある人間だ」と評価してくれることでしょう。

しかしそれ以上に残るものは、あなたがその間手を付けることのできなかった、「自分自身に課せられていた仕事」の残骸です。最終的にあなたはそれらを終わらせるべく、残業したり休日出勤したりすることになってしまいます。

極端な話かもしれませんが、基本的に仕事というのは、「自分に課せられた役割をしっかり果たすこと」だと考えてください。そう考えるとまずあなたが行うべきことは同僚の手助けや役割の決められていない仕事ではなく、「自分自身に課せられた仕事」です。

まずこれを最優先に終わらせるという癖を身に付けてください。よほど特殊な状況でない限り、自分の仕事が終わっていなければ、同僚が困っていようとも手を差し伸べないようにする。率先して自分の仕事を増やさないようにする。

これを徹底してください。この行動パターンが身につくことで、あなたが仕事に多大な時間を費やすという状況は減っていくはずです。

社畜から脱するためには「理想的な社会人像」を頭の中から切り離すべきです。自分自身の役割を果たす、自分に課せられた仕事をしっかりと終わらせるためには、時として薄情になったり消極的になったりすることも必要なのです。

会社以外のコミュニティや趣味を作る

今あなたが社畜状態にあるということは、あなた自身の深層心理の中で「仕事を最優先にすべき」「会社のために生きるべき」という観念が根付いてしまっているのかもしれません。

だからこそ「今の状態がつらい」「社畜から抜け出したい」と思っていながらも、なかなか思い切って行動することができないでいるのかもしれません。

そんなあなたの深層心理を変えるべく、会社の外に目を向けてみましょう。会社や仕事とは全く関係のない趣味やコミュニティを作るのです。

今何かちょっとした趣味を持っているのであれば、その趣味により多くの時間をかけてみるのでも良いですし、新しい趣味を作ってみるのもよいでしょう。

特に興味のあることがなければ、たとえば昔の友人と集まって遊んでみたり、家族との時間を増やそうとしてみたりするだけでも構いません。どんなことでも良いので、会社とは全く関係のない趣味やコミュニティに費やす時間を増やし、それらを目いっぱい楽しんでみてください。

そうすることがあなたの深層心理に変化をもたらします。

あなたの中にこれまで強く根付いていた、「何よりも仕事優先」という概念が少しずつ薄れていくことでしょう。

「明日は大学時代の友人との飲み会があるから、絶対に仕事を〇時までに終わらせよう」「今週末の休日は○○をしたいから、休日出勤をお願いされても断ろう」といったように、あなたの行動パターンが「仕事以外の時間も大切にする」という姿勢に変わっていくはずです。

社畜というのは「体力」や「時間」だけを会社に費やしすぎているのではありません。「精神」もまた会社に費やしすぎている状態を指すのです。

よって心の中を「会社」「仕事」以外の要素で満たしていけば、必然的にあなたの心の中でそれらの存在は小さくなっていき、社畜の状態から脱出することができるのです。

まとめ

今のまま社畜生活を続けていれば、いずれ心も体もボロボロになってしまうかもしれません。そうなる前に、どんな小さなことからでも良いので、まず一歩動き始めることが大切です。

仕事に費やしている「時間」、「労力」、「精神力」、全てについて見直すことから始めてみてください。そしてそれらを改善すべく、多角的なアプローチをしてください。今の生活を根本から改善していく努力をしていきましょう。

その努力を続けていけば、次第に周りの環境も自分自身の環境も変わっていきます。そしていつかきっと社畜生活から抜け出すことができるはずです。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)