仕事前・仕事中に動悸がしてしまう、そんなあなたの身体は何かに限界を感じているのかもしれません。精神的なストレスは目に見えるものではないので、少しずつストレスの限界を超えることで、一気に体調を崩してしまうこともあります。

この記事では、日頃からできる心のメンテナンスの方法や動悸のメカニズムを紹介していきます。体調のケアも仕事の一部と一般的に言われていますが、心のケアも仕事の一部なのです。

イライラした状態では、笑顔で接客することも、新しいアイデアを出すことも困難になります。体と同じように心も万全な状態で仕事に取り組めように、日頃から対策をしていきましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

24%の人が仕事が原因で動悸がして息苦しくなった経験がある

この記事の目次

働く社会人100名に上記のアンケートを実施した結果、24%の方が仕事が原因で動悸がして息苦しくなった経験があると回答しています。回答として多かったのが人間関係が原因です。中でも上司のパワハラは非常に多かったです。

男25歳 販売職

販売の仕事をしているのですが、その日の販売実績が悪いと露骨に上司が態度を出し自分にそのイライラをぶつけてくるので、仕事前に行き苦しくなることは何度もあります。

女26歳 クリエイター

上司の言葉によるサンドバッグが長く続き、段々暴力を振るわれるのでは?また嫌なことをいわれるのては?と思うようになり、上司がいると動悸が激しくなった

男27歳 保険会社

会社へ向かうために電車に乗っていたのですが、上司のことを思い浮かべたら動悸と冷や汗が止まらなくなりました。電車に乗っていられる状態ではなかったので、一旦降りて落ち着かせ、少し遅刻して出社しました。

女29歳 携帯ショップ営業

月の営業ノルマを達成しても、翌月にはリセットされまた新しいノルマが課せられるから。月末月初にひどく、動悸がひどい時には裏で休憩したり呼吸を深くしたり家でお灸をしていました。

42%の人が実際に仕事を辞めている

仕事が原因で動悸が起きて息苦しくなった経験があると回答された方の中で、実際に42%の人が仕事を辞めたと回答しています。

辞めたと回答した人の声

実際に退職された方に共通していたのは「限界だった」という声でした。

女24歳 事務職

上司のパワハラ、暴言、人格否定が酷く、電車に乗ると気持ち悪くなったり動悸やめまいを起こすようになってしまい出社できなくなったため。

男33歳 IT職

この会社にいれば、確実に未来は無いと思った為。社員間でもあらゆる所から不平不満が聞こえるようになり、ボイコットでも起きそうな雰囲気だった。自分を守る為、短期間ではあったが、会社を辞めたが正解であった。

女27歳 WEBデザイン職

起きるたびに辛くなり、泣きながら出勤するような状態が続いたので。上司に相談したところ仕事を辞めて休むよう進言されたので。

男28歳 金融機関

精神的に辛いのが体調にも出てきたからです。動機以外にも顔の吹き出物が酷くなったり、息切れがするようになったりして辞めた方がいいと判断しました。

辞めなかったと回答した人の声

「自分に非はないので辞めてたまるか」。辞めなかった方に共通していたのはこのような声が多かったです。

男(ad)25歳 販売職

そんなことでいちいちやめてしまったら元も子もないので。実績が大事な仕事なので言われたら右から左に受け流すようにしていました。ストレスを別なところで発散しました。

女(ad)29歳 商社事務

辞めようか悩んでいたとき、ちょうど部署異動になったので、かなり負担が減ってストレスも少なくなったからです。

男(ad)23歳 広告営業職

ミスや失敗はどんなに頑張っていても起きてしまうから、それが原因の動悸であればそれに負けて辞めるのはもったいないと思ったから。

女(ad)36歳 技術職

辞めなかった理由は、私に非はないと思っているから。解決はしていないが、抗うつ薬を飲みながら仕事を続けています。

仕事が原因で動悸が起きるときの対処法

なぜ「動悸」は起こるのか

女(ad)29歳 金融機関

動悸が一時的なものなのか、その会社にいる限りは続きそうなのかをまず見極めるのが大事だと思います。

一般的に心が緊張したり、プレッシャーを感じたりする時に動悸は発生します。

例えば、自然界の動物は、自分の天敵が現れると、すぐにそこから逃げれるように、体を守れるように、体をグッと硬くします。そして、いつでも走り出せるように、些細なことにも反応できるように、心拍数が上がっていきます。

動悸の完全なメカニズムは、まだ明確には分かっていない部分も多いのですが、自然界の動物たちの反応と比べてみると、人間という哺乳類である私たちも、何かの恐怖や危機に反応して、動悸を発生させるのかもしれません。

つまり、仕事前に動悸を感じるあなたの心は、仕事先の場所や人に対して、何かしらの恐怖を感じているということになるかもしれません。

動悸を発生させる原因として、恐怖がある可能性があるということは、その恐怖が慢性的になれば、精神疾患やショック状態、パニック状態を引き起こす鍵となる場合があるということです。症状が悪化する前に、自分の心や体に対して、適切なケアを行いましょう。

動悸が起こった時に無理に抑えたり、我慢して、無かったことにしていませんか?身体はあなたが感じたことをそのまま症状に出す傾向があります。

いま我慢していれば、いつかドッと大病となって、あなたを苦しませてしまう可能性もあるのです。

仕事前にホッとアロマで癒されよう

アロマテラピーを知っていますか?ハーブの香りを嗅ぐことで、精神的に落ち着かせたり、集中力を高めたりする助けをしてくれる香りの道具の1つです。

ストレスや緊張に効くアロマテラピーを使えば、仕事前の動悸の改善に効果があるかもしれません。アロマテラピーでおすすめなお店は、ニールズヤードレメディーズというお店です。

イギリス生まれのニールズヤードレメディーズは、症状に合ったアロマテラピーのグッズを販売しています。リラックスを促すアロマテラピーやハーブティーなどを購入することができます。

実店舗もあるので、直接お店に行って、香りを嗅いだり、親身に相談に乗ってくれるスタッフの方のアドバイスを受けてもいいかもしれません。緊張やストレスでグッと固まってしまっている身体をハーブの力で解きほぐしてみましょう。

ニールズヤードレメディーズの商品には、持ち運べるサイズの商品もあるので、仕事先や電車の中で使えるような携帯型のアロマテラピーのグッズも売っています。動悸がいつ起こるか怖いという方にもぴったりの商品です。

仕事前の動悸の原因には、寝不足も1つあげられるかもしれません。眠りが浅いと、身体が十分に休めず活動を開始するため、呼吸が浅くなる原因になる可能性があります。

ニールズヤードレメディーズには、枕に安眠効果のある香りを付けるスプレーや、睡眠を助けるグッズも発売されています。1日の始まりが活気に溢れるように、睡眠からしっかりと準備をしてみましょう。

もちろんゆっくりとお風呂に入ることも大切です。同じく入浴剤やボディクリームなどのアロマグッズも発売されているので、活用してみましょう。

他に、アロマテラピーと同じようにハーブが配合されている道具でおすすめなものは、パニックや興奮の鎮静を助けてくれるレメディです。

レメディとは自然療法の1つです。直接飲むタイプやスプレータイプなど様々な種類があります。レメディでおすすめなものは、バッチフラワーレメディのレスキューレメディです。不安や緊張から来る動悸を落ち着かせてくれる効果が期待できます。

人によって個人差があるのですが、試してみる価値はあるでしょう。スプレータイプや飴タイプもあるので、外出先でも気軽に摂取することができます。ニールズヤードレメディーズにも、レメディは発売されています。

ハーブやレメディは症状を落ち着かせることができる補助的な道具でもあります。症状が辛い場合は、必ず専門医のアドバイスを受けましょう。

またハーブやレメディの効果には個人差があり、妊婦の方や持病がある方は必ずかかりつけの医師に相談しましょう。使用後に不快な症状が出たり、体調が悪くなった場合も必ず医師に相談してみましょう。

食事とサプリメントを活用する

食事できちんと栄養を取れていますか?サプリメントとは、栄養の補助をする道具の1つです。欧米諸国ではセルフケアの一環として、日常生活に多く取り入れられています。

1人暮らしで仕事をしていれば、ゆっくりと食事を取る時間もないでしょう。1番は食べ物や飲み物、新鮮な野菜とフルーツからビタミンを摂ることが重要ですが、そんな時間も余裕もない時は、補助的にサプリメントを活用しましょう。

身体の不調や動悸をはじめとした症状は、栄養不足から起きることもあるといわれています。

サプリメント初心者の方は、まずマルチビタミンから始めてみましょう。できれば安いものではなく、素材や原料にこだわって作られた商品を選びましょう。

妊婦の方や特定の薬を飲んでいる方が飲めないサプリメントもあるので、しっかりと説明を飲んで、購入しましょう。

精神的にリラックスさせることを目的としたサプリメントや安眠効果があるサプリメントなど、種類や用途も多く展開されているので、自分の症状や体調に合ったサプリメントを探してみましょう。

また、サプリメントだけではなく、食事もきちんと摂りましょう。朝ご飯を食べずに出社する準備をしていませんか?朝はコーヒーだけという人もいると思います。

まず、朝起きたら暖かいお湯を飲んでみましょう。睡眠中失った水分や冷えた体を温めることで、精神的にもリラックスできたり、頭がスッキリさせる助けをする働きがあります。便秘の解消の補助になることもあります。

暖かいお湯を飲んだ後は、フルーツや野菜、そしてタンパク質を摂りましょう。朝からお肉やお魚は重たいという方は、プロテインなどもいいかもしれません。手軽のタンパク質を補給できるプロテインは、粉を溶かして飲むだけなので、簡単に栄養素をとることができます。

次に、仕事場に向かう移動中におすすめなのが、温かいハーブティー。香りのよいハーブティーは、精神を落ち着かせてくれる働きがあるものもあります。動悸の原因になり得る緊張やストレス、不安を緩和する作用のあるハーブティーを飲んでみましょう。

もしかしたら、コーヒーや紅茶を飲みすぎていませんか?それらに含まれるカフェインは、神経を緊張させたり、覚醒させる作用があります。明日から朝のコーヒーをディカフェインのコーヒーにしてみたり、昼の紅茶をハーブティーに変えてみましょう。

但し、ハーブティーやサプリメントにも個人差があるので、気分が不快になったり、何かしらの症状が出た場合は、必ず医師に相談しましょう。妊婦の方や薬を服用している方などは事前に医師に確認することをおすすめします。

カウンセラーや病院に相談する

男(ad)34歳 MR

出社する前に動悸が起きたリ息苦しくなるのは明らかに体ストレスによるものだと思うので、うつ病などの病気になる前に、心療内科へ行き相談するべきです。

動悸といっても、精神的なものだけが原因ではない場合もあります。症状が辛い場合は、病院に足を運んでみましょう。病院に行く時間もないし、ちょっと行きづらいという方は、カウンセラーなどに相談をしてみてもいいかもしれません。

とにかく放置しないことが大切です。最近では、病院やカウンセラーの口コミをネットで事前に見ることもできます。レビューを見て、自分に合いそうな先生を見つけることも1つのポイントです。

病院やカウンセラーにかかる際に注意したいことは、自分の希望をしっかりと伝えることです。相手によっては、長期の休暇を勧められたり、薬物治療を促してきたり、入院を勧めたり、様々なアドバイスを受けることがあると思います。

専門家のアドバイスを参考にすることは、とても重要なのですが、「自分はこうしたい」という意思もしっかりと伝えましょう。病院やカウンセラーが新たなストレスの原因にならないように、自分が満足できる先生をじっくりと探してみましょう。

すぐに「仕事を辞めるか、続けるか」という選択はしなくてもよいのです。身体が辛い時は、それを治すことに専念しましょう。

例えば、病院にかかることで、何かしらの制度や手当てを活用できる可能性もあります。それらの制度を使って、休職して、ゆっくりとカウンセリングを受けてもいいし、ただ身体を休める時間に使ってもいいかもしれません。忙しい日々では、自分のことが見えなくなることがあります。

それは誰でも経験することなのです。今のあなたは、仕事に対して、息が出来ないほど、何かが苦しいのかもしれません。動悸は何かしらのSOSのサインでもあります。見逃さずにいまできることをやってみましょう。

いま病院に行って仕事を休んだら・・・と先のことを考えて、より一層不安になるかもしれません。けれども人生はとても長いものなのです。

いま目の前には現在しか見えないのかもしれませんが、10年先、20年先の可能性は変わることはありません。あなたという人間が存在している限り、あなたという人の可能性が消えることはありません。

自分の心と体の声にしっかりと耳を傾けて、これから先の人生がより輝くものになるように、いましっかりと対策をしましょう。

過剰なストレスがある場合は転職する

女(ad)28歳 看護師

自分の身体や精神を壊してまで働き続ける必要はないと思います。思い切って転職して職場を変えたことで、とてもうまくやっていけるようになったという知人をたくさん知っています。無理しないでください。

現在の職場に息が詰まるほどの恐怖や不安がある場合、長く続けることで、身体に大きな負担をかける可能性があります。長引けば、その動悸がパニック障害を引き起こしたり、うつ病を引き起こしてしまう可能性もあります。

それらの病気は、重度に引き起こしてしまうと、仕事に復帰できない可能性もあります。その場合、生活するのが苦しくなったり、経済的に深刻な問題を引き起こす可能性もあります。

そんな事態を防ぐためにも、自分の中で顕著に原因が分かっていて、それらの解決が難しい場合には、転職を考えてみましょう。

もちろん体調が悪い場合は、並行して病院やカウンセラーの元へ足を運ぶことも大事なのですが、現状を変えることも大切です。辞めることには勇気がいることですが、変えることができなければ、この先ずっと状況は変わりません。

仕事をこれからも続けていくためにも、将来のためにも、少し勇気を出して、職場を変える決断をしてみませんか?

転職する際には、転職エージェントを活用したりするのもよいでしょう。また転職には大きなストレスや不安も伴うと思うので、身近な家族や友人に事前に相談して、精神的なサポートを受けていても、心強く感じるでしょう。

自分には何の職業が向いているのか?自分は何をしたいのか?改めてそんな風に不安に思ったなら、心の許せる人たちに自分についての意見を求めてみましょう。自分では気づかなかったことや、忘れかけていた夢、自分の魅力、自分の苦手なことを再発見できる可能性もあります。

大切なことは、現状を放置しないこと。ストレスは考える以上に私たちの生活に悪影響を及ぼす可能性があります。転職と聞くと、何だか難しそうというイメージもあるかもしれません。

しかし、自分が入社した時と現在のスキルや経歴は変化しているはずです。つまり、あなたは以前よりもキャリアがあるのです。そして、あなたのを取り囲む社会も変化しつつあります。この機会があなたにとって、人生の階段を登る良い機会となるように、心から祈っています。

まとめ

仕事前の動悸に悩み苦しんでいる現状は、とても辛いことと思います。ですが、自分を責めずに少しだけ客観視してみましょう。何が辛くて、何がいまできるのか?

頑張っている自分を助けられる1番の味方は、あなた自身なのです。動悸を無理に抑えず、我慢することをやめて、動悸をそのまま受け止めてみましょう。

今日は勇気を出して会社を休んでみるのもいいでしょう。もしかすると、会社に休みの連絡を入れた午後には体調が良くなっているかもしれません。

そんな日はこの記事で紹介したお店に足を運んでみたり、自分の為にできることに時間を使ってみましょう。もし、動悸がおさまらないのであれば、思い切って病院に行き診断書をもらい休職してみるのも一つの方法です。

あなたは十分に頑張っています。だからこそちょっとだけ自分を癒してあげて、次のステップに歩みを進めてみませんか?

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)