働く女性にとって仕事はストレスばかりで、時には耐えきれず辞めたいと悩むこともありますよね。

果たして、あなたの「仕事を辞めたい」はどこからきているものなのでしょうか?その想いは甘えではなく、体と心が悲鳴を上げている証拠ではないでしょうか?

なぜ自分がその仕事を辞めたいと感じるのか、自分は何が辛くて、何がしたいのか、それらを見極めて、自分の「辞めたい!」という想いに応えてみましょう。そして、仕事を辞めたいと本気で思っているなら、その後の生活や経済面に対する準備もしっかり行いましょう。

そのまま少し人生の休暇を楽しんでもいいかもしれません。新たな職業に就いたり、学校に通い勉強してもいいかもしれません。自分の人生ができるだけ幸せな時間が多く、辛い時間が少ないように、自分なりにプランを立ててみましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

ちょっとだけ休んで考えよう

「仕事を辞めたい!」という気持ちは、本当に仕事が原因で起こっているものでしょうか?

もしかしたら、自分が一生懸命働いているのに、何も家事を手伝ってくれないパートナーへの怒りが原因かもしれないし、どれだけ働いてもお金が貯まらない生活の苦しみから起こっているものかもしれません。

どちらも辛い問題ですよね。特に主婦の方は、子どもの世話もあり、夫の世話もあり、そして仕事の問題もあれば、疲労はかなり溜まっていくはずです。仕事だけでも精一杯なのに、家族問題や人間関係の悩みがあれば、心は悲鳴を上げてしまうでしょう。

原因を探る前に一休みつくことが大切です。毎日一生懸命頑張っているなら、その分しっかりと自分の体と心を休めましょう。

週に一度は奮発してお気に入りのカフェに足を運んでもいいし、月に一度おしゃれな美容院に行くこともいいかもしれません。生活のことも、お金のことも、そして仕事のことも考えない時間を少し作ってみましょう。

ちょっとだけ休んで考えれば、「私はこれが辛かったんだ」という原因が分かるかもしれません。原因を必死に探る前に、ちょっとだけひと休み。これは甘えではなく、働く人にとって必要な大切な時間です。

頭がパンクしそうな時こそ、深呼吸できる空間に身体を移しましょう。

周りの人に頼ってみよう

掃除も洗濯も買い物も、全て1人で抱えていませんか?職場においても、コピーやお茶出し、雑務などを1人で受けてしまっていませんか?生きるのが上手な人は、ずばり人に頼ることが上手な人かもしれません。

「ちょっとしたことで頼るなんて、申し訳ない」そう思っていませんか?

ちょっとしたことだからこそ、こまめに頼ってみましょう。周りの人もあなたが頼ってくれるならば、喜んで手伝ってくれるはずです。頼られて嬉しくない人はごく少数なのです。

ポイントは頼り方。特に恋人や夫である男性や子どもたちに頼る場合は、言い方がきつくならないように気をつけましょう。

「なんで手伝ってって言わなきゃ分からないの?見れば分かるでしょう。手伝ってよ!」という言い方はご法度です。もしかしたら手伝いたいけどなかなか言い出せないのかもしれないし、本当に気づいていない可能性もあります。これらに悪気はありません。

相手に頼る時は自分の状況も踏まえて、優しく伝えましょう。弱気ではなく、優しくしっかりと伝えましょう。

自分が真剣に言っていて、本当に手伝ってほしいと心から思っていることを伝えるには、目を見て話すこと、そして力強い声でしっかりと話すことが大切です。何か作業をしている相手に話しかけるなら、一度相手にその作業を止めてもらい、話を聞いてもらいましょう。

その時間を作ることが難しいなら、食卓で思い切って話を切り出してみてもいいかもしれません。その時はシリアスになるのではなく、自分の想いをまっすぐに伝えましょう。

職場において、人を頼る場合は、「どうしてそのことを任せるのか、なぜ自分ができないのか」をできる範囲で伝えてみましょう。

仕事のことを任せるのは、不安なことでもありますよね。伝達ミスや誤解を防ぐためにも、必ず伝えることはポストイットに書き出して、相手のデスクの見えやすい場所に貼っておきましょう。

必ず剥がれないようにマスキングテープなどで止めて、蛍光ペンなどで色を付けて、一目で分かるようにしましょう。できれば、任せる理由や思いは、対面してきちんと話しましょう。

伝達するポストイットには、相手に何をしてほしいのかだけを短い文章でわかりやすく書くようにしましょう。

生活と仕事以外の何かを見つけよう

毎日生活と仕事、そしてお金のことで頭がいっぱいになっていませんか?毎日生きるためには、生活も仕事も大切です。しかし同時に喜びや幸せを感じる新鮮な時間も必要です。1週間に一度だけヨガスクールに行ってもいいし、英会話に行ってもいいかもしれません。

外に出かけることが難しい方は、家で通信講座を受講してみたり、ガーデニングを始めてもいいかもしれません。

とにかく辛いと感じる時は、それ以外の物事にひたすら熱中しましょう。仕事が辛い!と感じた時は、仕事の帰り道に映画館に寄って見てもいいし、バーやカフェに寄ってもいいかもしれません。

お気に入りのお店のウィンドゥショッピングを楽しんでもいいし、好きなYouTuberを見つけて、動画を楽しんでもいいかもしれません。

ここで特におすすめするのは、外に出ること。職場であれば、職場の外に出かけて見ましょう。職場の最寄り駅だけに止まらず、一駅離れたエリアにも足を運んでみましょう。そうすることで、ストレスの原因となる職場から距離を保ち、心に平静を取り戻すことができます。

1番お金がかからない趣味は、散歩です。都心エリアであれば、散歩しながら、いろんなお店に出会うことができます。天気のいい日には少し外に出かけて、気分をリフレッシュしましょう。

生活と仕事以外の「何か」は、物事でなければいけないわけではありません。仲の良い友人とご飯に出かけてもいいし、恋人との時間をゆっくり過ごしてもいいかもしれません。週末をボランティア活動の時間に充てて、沢山の人と出会ってもいいかもしれません。

その「何か」は人でなくてもいいのです。水族館や動物園に行って、生き物に癒されてもいいし、ネコカフェに行って、可愛らしい猫に癒されながらゆっくりしてもいいでしょう。

よくある失敗は、趣味を作らなければと一生懸命になってしまい、結局プライベートの時間にもストレスを感じてしまうことです。

仕事を辞めたいと思う辛い気持ちを癒してくれるような、ストレスフリーな環境や物事を見つけましょう。自分は何をしている時が1番幸せなのだろう?と考えてみてください。

ストレスの原因と戦ってみよう

「仕事を辞めたい!」と思う気持ちの原因をちょっとだけ考えてみましょう。1日では終わらない膨大な仕事量かもしれないし、職場の人間関係が原因かもしれません。もしかしたら、仕事の内容が自分に合っていない場合もあります。

大まかでいいので、仕事を辞めたいと思う理由を挙げてみましょう。できれば、ポストイットなどに書いて、壁に貼ってみましょう。あえて文字にすることで、自分が1番嫌なことが明確に見えやすくなります。

特にその文字を書く時の感情に注目しながら、作業をしてみましょう。

例えば、「いまの仕事は自分には合っていないと思う」とメモを書いたときにはスラスラと書けていたのに、「上司のAさんに怒られると、本当に辛い」と書いた時は、怒りや悔しさが込み上げて、書いている文字も震えているかもしれません。

特にネガティブな感情が出てきたポストイットは、通常のポストイットと分けて貼ってみましょう。

そして、もう少しその理由を深く探ってみましょう。「上司のAさんに怒られると、本当に辛い」というポストイットから、何が辛いのかという部分を探ってみます。

「自分は言われた通りにやっているのに、気分屋のAさんは根拠なく私を怒ることが嫌だ」という理由が出てくるかもしれません。そしてもう少し探ってみると、「自分の気分で怒ってくるなんて、私には不条理だ。私はAさんに怒っている」という感情が文字として出てくるでしょう。

こんな風に自分の感情を見つめることで、問題に光を当てることができます。

「私はAさんに怒っている」という感情を見つけたなら、次には「そのAさんにどうしてほしいのか?」を自分に問いかけてみましょう。「気分次第で怒るのはやめてほしい。私は怒られるために仕事をしているのではない」という感情が出てくるかもしれません。

そうして、こう気づいてもらいたいのです。「Aさんの気分のムラなんて私にはどうすることもできない。つまりAさんは私に怒っているのではなく、何か別のことに怒っていて、私に八つ当たりしているだけなんだ。私はきちんと仕事をしている」と気づきましょう。

Aさんに怒られる日々は変わらないかもしれませんが、あなたの自信や尊厳が失われることはあります。もっとを自分を信じて、もっと自分を褒めてあげましょう。

仕事量が多くて仕事を辞めたいと思っているなら、仕事のタスクを「目に見える化」して見ましょう。書き出すことで、把握もしやすくなります。自分がしなくてもいいことは誰かに頼んでもいいし、優先順位を決めて仕事をこなしていけば、今日しなくていい仕事は明日しようと計画も立てやすくなります。

早く仕事を切り上げて、退社の時間を早くすることができれば、空いた時間をゆっくりと過ごすことができます。

最終的には転職を考えてもいいのでは?

職場で嫌な目に遭っているなら、その状況を変えてくれるような人を探してみましょう。

例えば、部署が違う友人や、理解のある上司、話を理解してくれる取引先の知り合いでもいいのです。あなたが仕事を辞めたいという想いの原因が分かったら、それに対するアクションを起こしてみましょう。

例えば「上司のAさんの気分屋に困っている」という理由があるなら、Aさんの同期の上司に相談してもいいかもしれません。もしくはAさんに影響力のある取引先の知り合いに話してもいいかもしれません。とにかく信頼できそうな相手に話してみましょう。

その結果、相手が信頼に値する人ではなかったり、職場で誰も協力者が見当たらない場合は、転職を考えましょう。

自分が仕事を辞めたい理由が人間関係であれば、若い世代が集まる会社に転職してもいいし、女性だけの職場に転職してもいいかもしれません。女性の職場関係に疲れているなら、男性や年配の方が多い職場に転職してもいいかもしれません。

転職は妥協ではなく、新たなスタートの一歩なのです。仕事を辞めたい!と思うほど仕事に対して一生懸命なあなたを必要としてくれる職場はきっと見つかります。

新しい転職先を探す時にも、ポストイットを活用してみましょう。

例えば、「いまの職場の人間関係が辛いから辞めたい。特に上司のAさんのような人にはもう会いたくない」という理由が出てきたなら、「あまり人間関係が濃い職場に行くのはやめよう。忘年会や新年会が決まりのような職場はやめて、若い人への理解があるベンチャー企業に転職してみよう」という答えが出てくるかもしれません。

若い人への理解がないベンチャー企業もあるかもしれませんが、長い歴史のある企業には、長く守られてきた慣習が根付いている場合が多いのが一般的です。

若手企業家が起業したベンチャー企業であれば、個人の自由や若い人の価値観に理解があり、忘年会や新年会などを強制しなかったり、自宅での仕事を許可していたり、飲み会などが開催されないという会社もあります。

自分がどんな会社で働きたいのか、じっくりと考えて、理想の会社を探しましょう。

現時点で働いている会社の嫌なことをリストアップするうちに、法外な勤務時間や労働時間、職場環境が明らかになるかもしれません。その場合は、相談に乗ってくれそうな社内の部署や、外部の機関に相談に乗ってもらいましょう。

仕事を辞めたいと思う気持ちは、甘えではなく、自分からのSOSであると理解しましょう。

身体は資本です。いま無理をして働き続けて、体を壊してしまったり、病気を発症してしまったら、何十倍もの時間とお金を無駄にしてしまう可能性もあります。自分の「辞めたい!」という気持ちにしっかりと向かい合って、ストレルフルな毎日にさようならを言いましょう。

まとめ

日々ストレスに晒される働く女性にとって、「仕事を辞めたい」という辛い気持ちはつきものなのかもしれません。でも後先を考えずに、いきなり辞めてしまえば、自分にも周りにも迷惑をかけてしまいます。

真剣にそう思っているからこそ、誠実に対応していきましょう。自分勝手な言動で周りに迷惑をかけながら、「辞めたい!」と思っているなら、それを甘えだという人もいるでしょう。

自分の気持ちをどれだけ真剣に伝えられるのか、自分の本気度を相手にどれだけ伝えられるかが、その違いになってくるのかもしれません。人によっては真面目に聞いてくれない人もいるでしょう、バカにする人もいるでしょう。

そんな時はその本気の想いを次のステップへ繋げる原動力にしてみてくださいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)