仕事を辞めたいと思っている時、頭の中に親の顔を思い浮かべる人は多いでしょうね。

成人していれば仕事を辞める辞めないの判断は、もちろん自分自身の責任です。最終的な判断を、親に任せるべきではありません。

ただそれでも親の意見は大きいですし、親に辞めたいと告げた時どのような反応を示されるのかは想像がつきませんよね。

親に怒られてしまうかもしれない、突き放されてしまうかもしれない、そんな想像が渦巻けばなかなか切り出せないでしょう。また親を頼ろうとしまう自分が嫌になったりもします。

では仕事を辞めたいけど親に言えないと悩んだ時にどのような行動を取れば良いのか、具体的な解決策をアドバイスをしていきます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

親に言う前にまず身近な友人に相談するのが先

親はあなたにとって唯一無二のかけがえのない存在に違いありませんが、だからこそ仕事の辞める辞めないはそう簡単に打ち明けられないですよね。

仕事を辞めると告げた時、何も質問することなく「わかった。辞めていいよ」と無条件で背中を後押ししてくれるような親は、なかなかいないでしょう。

もしも辞めることを告げれば「どうして辞めるのか」「次の仕事は決まっているのか」「辞めてこの先やっていけるのか」など、質問攻めになることは想像に難くありません。

それだけ質問してくるのは口うるさいからではなく子どものことを心配しているからだと、少し考えればわかりますよね。

ですが質問攻めにされればどうしても言い返したくなってしまいますし、それほどまで心配されてしまうのは決して良いことではありません。むしろあなたはさらに悩んでしまうでしょう。

そこで頼りになる存在が、あなたの近くにいる身近な友人です。

まだ小学生のような小さい子どもなら、困った時頼るべき相手はまず親ですよね。親を頼りにして親から答えをもらい、言われたことをそのまま行動に移します。

ですが社会人ともなればそういうわけにはいかず、ある程度は自分で判断していかなければいけません。親は最後の頼みの綱で、最初に頼るべき相手ではないです。

では誰を頼りにすれば良いのかということですが、友人に相談するのがベストです。

友人は一般的に同世代であることが多いため、あなたと同じように会社で働いている友人が少なくとも1人はいるでしょう。その友人に仕事の悩みや辞める辞めないの話をすれば、何らかの解決策がみつかるかもしれません。

もしかしたら友人のアドバイスがきっかけとなり、あなたの仕事を辞めたいという気持ちが次第に薄れていくかもしれませんよね。

そうなれば仕事を辞めることを思いとどまり、そのまま働き続けられる可能性が出てきます。

先に親に辞めたいと告げてしまっていたら、取り返しがつきません。親を必要以上に心配させてしまいますし、意見が衝突すれば口論にまで発展してしまうかもしれないです。

それでは親子関係の悪化につながりかねませんので、その前にまず頼れる友人に仕事を辞めたい旨を相談し、意見を聞くようにしましょう。

友人なら感情的になることなく落ち着いて話ができるはずですし、どのように行動すれば丸くおさまるのかのヒントをくれる可能性は高いですよ。

仕事を辞めたい原因を突き止めてその解決に力を注ぐ

1度仕事を辞めたいと思ってしまったら、その考えは頭からそう簡単に追い出せないものです。辞めたいという感情がなくならず、常に辞めたい気持ちに支配されがちになります。

ですがそこでよく考えなければいけないのは、辞めたいと本当に心から思っているのかどうか、そもそも辞めたいと思っている原因は何なのかということです。

辞めたいと思うことになった原因が自覚できていなければ、親に「どうして仕事を辞めたいの」とストレートに聞かれた時、答えに窮してしまいますよね。

それでは仕事を辞めることを親が納得するはずがありませんので、親に言ったところで「辞めるな」と諭されてしまうのが関の山でしょう。

そんなやり取りを回避したいなら、仕事を辞めたい原因を全力で突き止め、その解決に力を注ぐことです。

親に辞めたいと言いさえしなければ、子どもがそんなことを思っていたとはつゆ知らない毎日がそのまま続いていきますよね。子どもは仕事に何の不満も持たず働いているのだと、親に思わせたままにできるのです。

そのほうが余計なトラブルを生まないですから、なるべくそうなるように目指していきましょう。そこでまず仕事を辞めたい原因を、もう1度自問自答してみるのがおすすめです。

もしも自問自答してみた結果、ほんのささいなことがきっかけでそれを大きく考えてしまった結果辞めたいと思っているなら、その考えは間違っているとわかるはずです。

あなたは思考の袋小路に迷い込んでしまい、混乱した結果辞めたいと思っているに過ぎません。そんな状態で親に辞めたいと告げても、良い方向には転がっていかないでしょう。

親との関係を悪くしてしまうだけです。考え方を変えられるように、努力することが大事です。

仕事の技術的な面、人間関係の面、体力的な面など明確な原因があるとすれば、まずはその解決を図るべきですよね。原因を突き止めてそれが解決されれば、何も問題はありません。

仕事ではそのような悩みに直面することが日常茶飯事なのですから、簡単に辞めたいという結論を出すのは控えないといけないです。

辞めたいと親に切り出すのは本当に最後の最後だとよく肝に銘じておき、それまでは仕事の悩みの解決に全力を注ぐようにしましょう。原因がわかって解決できれば、親に言わなくてもよくなりますよね。

親の意見や考え方をとりあえずそれとなく探ってみる

一言に親といっても十人十色で、さまざまな意見や考え方を持っているものですよね。そしていくら親と長い間接してきているとはいえ、親の考え方をすべて見透かせるわけではありません。

他の人と比べれば親のことはもちろんわかっていますが、だからといって意見や考え方をすべて理解しているわけではないはずです。

あなたが不安を抱えていて親に仕事を辞めたいと言えないのは、親の意見や考え方にわからないところがあるからでしょう。それがわかっていれば、辞めたいとすんなり言えるはずですよね。

そこでおすすめしたいのが、親の仕事に対する意見や考え方についてとりあえずそれとなく探ってみることです。

仕事の辞める辞めないについてダイレクトに聞いてしまうと辞めたいと思っていることを薄々勘付かれてしまいかねませんので、ダイレクトには聞かないでそれとなく聞いてみましょう。

親が従事していた仕事について聞いてみる、というのも良いかもしれません。親なりの仕事論や仕事に対する向き合い方を知ることで、辞めたいと告げた時にどう反応されるのかが、何となくわかってくるはずです。

もしも親が1つの仕事に対して生涯をかけて向き合っていくものだと考えていれば、辞めたいと告げた時に強く反対されることが予想できますよね。

その場合は予想される反論に備え、どう切り返していくのかをしっかりとまとめておかなければいけません。辞めたいと告げるのに勇気を必要とするパターンです。

また勢い任せに辞めたいと告げてもダメで「何を考えているのだ」と一蹴されてしまうでしょう。

ですがその反対に仕事は好きなことをやったほうが良い、合わないなら即転職するべきだと考えていることがわかれば、辞めたいと言いやすくなりますよね。

辞めたいと言っても親が背中を後押ししてくれる可能性が高いですから、それほど身構える必要はなくなります。親に辞めたいと言い出せないのはあなたが勝手に恐れているだけだとわかりますので、辞めたいと言い出しやすくなります。

親の意見や考え方をとりあえずそれとなく探ってみることで、親の仕事に対する意見や考え方がわかりますよね。

普段から仕事の話をしていれば良いですが、そうでないのならまず仕事の話をしてみて探りを入れるのは悪くないやり方です。親に言い出しにくい時は、まず探りを入れてみるのがおすすめですよ。

仕事の辛さや悩んでいることを親に正直に話す

親に仕事を辞めたいと言いにくければ、仕事の辛さや悩みについて相談という形で話してみるのも1つの考え方ですよね。

もうほとんど辞めたいと言っているような感じになってしまうかもしれませんが、仕事のどんなところが辛いのかやどのような悩みを持っているのかを親と共有することは意外と大切ですよ。

なぜならあなたと親では、仕事に対する距離感が違うからに他なりません。

あなたからすれば仕事はとても身近な存在で、それこそ目の前にあるといっても決して過言ではないでしょう。ですが目の前にあるからこそ、仕事の辛さや悩みを感じやすく、感情的になってしまいやすいのは否定できません。

ですが親は違いますよね。子どもの仕事ですからもちろん無関係ではないですし、子どもの意見につい肩入れしてしまう面は少なからずあるでしょう。

しかしそれでも実際に仕事をしている本人ではありませんので、本人よりは客観的に仕事をとらえられます。

ですから子どもの辛さや悩みを聞いた時にいきなり辞めることをすすめるのではなく、他の解決策を教えてくれるかもしれないですよね。

親に辞めたいと言ってしまったらもう戻れなくなってしまいますが、言いさえしなければまだ相談という形で乗り切れます。親の客観的な見方で仕事と向き合えば、仕事のことを違った観点でとらえられるかもしれません。

しかも仕事の辛さや悩んでいることについて親に話すわけですから、気分的にもどこかスッキリします。ハッキリ辞めるとは言えないですが、仕事のことで相談するぐらいならできるはずですよね。

親からの視点で仕事のとらえ方を聞けば、大なり小なり何らかの参考にはなるでしょう。その段階を飛び越していきなり辞めたいと言うのはなかなかできないですし、そう告げてしまうのはやや焦り過ぎですよね。

仕事を辞めたいとはなかなか言えないのですから、段階的に核心に迫るようにしていくのがおすすめです。

その過程で抱えている仕事の問題が解決してしまえばそれに越したことはありませんし、それでも解決しないようなら次はもう意を決して親に辞めたいと告げるしかないと腹をくくれます。

親に仕事を辞めたいという一歩手前にやるべきことは、仕事の辛さや悩みについて正直に吐き出すことです。

それができれば仮に親に辞めたいと本当に言わなければいけなくなった時に言いやすいですから、親に辞めたいと告げる前にこの前段階を踏むようにしましょう。

すでに転職先の目途が立っていれば親に言いやすい

無策で親にただ「仕事を辞めたい」と言っても、残念ながら説得力に欠けますよね。ただのわがままで辞めたいと言っているのではないか、親にそう勘繰られたとしてもしかたありません。

親からすれば、子どもが仕事を辞めようとしていることには不安感しか抱かないでしょう。そして不安感しか抱かないのですから、当然のごとく反対しますよね。

それでは辞めたいと言ってもすんなり話がまとまることはなく、言い合いになってしまうことが避けられません。そしてそんな未来が見えているからこそ、仕事を辞めたいと親に言えないのです。

ではどうすれば良いのかですが、解決策は基本的に1つです。それは転職先の目途をしっかりと立てておき、次の仕事の見通しが立っていることを親に伝えるのです。

親の立場からすれば、子どもが仕事を辞めることにそこはかとない不安を感じます。

そのまま無職の引きこもりになって社会復帰できなくなってしまうのではないか、そんなところまで考えてしまうのが親ですので、仕事を辞めたいと言ってきた子どもを簡単には受け入れられないです。

ですがすでに転職先の目途が立っていて仕事をするとわかっていれば、親もしぶしぶながら認めてくれるはずですよね。

そして親が「仕事を辞めてどうするの」と聞いてきた時に転職先の事も含めて身の振り方をスラスラと答えられる準備ができていれば、仕事を辞めたいと親に言えないことを悩んだりはしません。

転職先の事まですでに考えているわけですから、親にとても言い出しやすくなります。

転職先の目途が立っているかどうかで、仕事を辞めたいという言い出しやすさが全然違います。仮に転職先が本決まりしているわけではなくても、候補先を何社かピックアップしておくだけで親からの印象は全然違いますよね。

それなら親にも言い出しやすくなります。

まとめ

仕事を辞めたいと親にすんなり言えるような人は、どちらかといえば珍しいでしょう。誰でも親に言いたいけれど言えない、そんなジレンマを抱えながら悶々と過ごすのが普通です。

ただ親に言わないまま勝手に仕事を辞めるわけにはいかないですから、どうにかして言い出しやすくしないといけません。

まずは友人に相談したり仕事の問題解決を目指すことですが、それでも辞めたい気持ちが揺るがないようなら転職先の目途を立てておくようにしましょう。

転職先の目途が立っているかどうかだけで、親への言いやすさは全然違ってきます。辞めたいというネガティブなイメージをポジティブに変えるのが転職です。

親に言いやすくなりますので、ぜひとも参考にしてみて下さい。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)