仕事を辞めたいと思うときは誰での1度や2度は思ったことがあるかと思います。その背景には、仕事量が多すぎる、忙しすぎる、人間関係がしんどい、そして、体力的あるいは精神的に仕事がきつい、女性の場合は妊娠、出産を機に思うこともあるでhそう。その理由は本当に人それぞれです。

また、家庭の事情などで、仕事を辞めたいけれど、周囲や家族に迷惑がかかるかも…というあなたのような人も多いです。

今回、仕事を辞めたいけれど、迷惑がかかるかも…といったあなたにその解決の一助となるように、対処法を挙げてみます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

迷惑は本当にかかるのか

まず、仕事を辞めることで本当に迷惑はかかるのでしょうか?結論から言えば、答えはノーです。

会社はあなたが辞めても、というかいなくなっても、それなりに回っていきます。代わりの人がいたり、誰かが仕事を引き継ぐことだってあります。会社側もあなたの抜けた穴を埋める求人を出すことも考えられます

やや残酷な言い方にはなりますが、「代わりはいくらでもいる」ということです。

会社も組織なので、個人プレーではありません。また、あなたがいなくなっても、後任者を異動で来るように仕向けることもあるし、新たに求人を出すことだってあるでしょう。

あくまで、あなたは会社の一雇用人というのか、歯車に過ぎないのです。辞めたって、迷惑ではありません。

また、新たな人を探すか、ほかの従業員に引く継ぐことをしないほど会社もそこまで頭は悪くないからです。迷惑がかかるかも・・・と思っている人ほどそこまで周囲に迷惑をかけていない可能性も高いです。

反対に問題なのは、迷惑かけてなんぼ、といったケースです。

このケースは世間的に大成する人はこのパターンの方が多いかもしれませんが、反感を買うことも多いうえ、内心は周囲も冷ややかになっていることの方が多いでしょう。

このケースの場合は、本人が周囲迷惑をかけていることに気づいていないことも多いのです。

例えば、有名人でもこのようなケースは凄く目立ちますよね。まさに「裸の王様」といったやつです。

迷惑がかかるかも・・・と思っているあなたは、人のことを考えられる優しい人なんですよ。その点は自信を持って大丈夫だと思います。

また、昨今は性格が悪い方が得をするといった風潮もあるかと思いますが、得か損かなんて誰が決めるのでしょうか。個人個人が自分で決めることですよね。

あくまで人の評価ですよね。人の評価なんて、評価する側の人間によって180度変わるもんですから。そこまで気にしなくてもいいですよ。

考えるのは家族がいる場合

ここまで、会社を辞めたあとの会社の周りについて説明してきましたが、更に迷惑をかける可能性が高いのは、やはり家族でしょう。

特にあなたが男性で配偶者やお子様がいる場合、迷惑をかけるどころか、家族生活も難航する可能性もあります。

その場合は、やはり、辞めたいけれど、迷惑がかかるかもしれないことを、会社に伝える前にあなたの配偶者にも伝えておくべきかと思います。

なぜなら、配偶者の場合、今後の家庭生活もありますし、家庭的な経済、いわゆる家計の影響も否めないからです。

仕事で収入を得ることはそれほど重要なのです。あなたの配偶者も仕事をしていれば、扶養に入る手もないことはないですが、それはなかなか難しいかもしれません・・・。

また、ドラマでひっそり仕事を辞めて、退職後スーツで外で暇つぶししているといったシチュエーションも見られますが、これは一番やってはいけない方法です。

やはり、退職の決断はあなたに配偶者がいらっしゃる場合はしっかり話した方が良いかと思います。

自分にも、家族にも大きな悪影響を及ぼしますしね。増してや、あなたに子供がいる場合には悪影響どころか、家庭内の溝が深まることにもなります。

最悪の場合、離婚問題に発展するケースもありますよ。そのためにも、あなたに配偶者がいらっしゃる場合は尚更、そのことに留意しておく必要があります。

その点、少し意地悪な言い方にはなりますが、あなたが未婚、離別、死別などの場合は比較的仕事を辞めるのに、そこまで周囲を納得させることが少ない分、そこまでハードルは高くはないのかもしれません。

あなたが独身の場合でも、親に話すのはケースバイケースかと思いますが、恋人や友人には話しておいた方がベターでしょう。

また、あなたにルームシェアなどで、同居人がいらっしゃる場合でも、やはりその同居人にはきちんと話しておく必要はあるでしょう。

また、あなたが妊娠、出産で仕事を辞めたいと考えている場合は、大抵の場合、旦那さんがいらっしゃるかと思うので、やはり夫婦の話し合いは必要不可欠になります。

あなたが女性で配偶者がいらっしゃる場合は、旦那さんの扶養に入るのも難しくはないかもしれません。扶養の範囲内での仕事もできる可能性も十分ありますしね。

やはり昔からの文化の影響もあるのでしょうね。

まだ迷っている場合の考え方、自分を軸に考えよう

ここまで読んで、まだまだ迷っているケースもあるかと思います。その際は、○日までと期日を決めるといいかと思います。

よく昔から言われることではありますが、「退職は1か月寝かせても大丈夫」という言葉があります。

これは一時の感情で退職を決断しても、後悔するといったニュアンスの言葉になります。

まずは、1か月考えてみよう、それでも、退職の気持ちが変わらなければ、変な言い方ですが、退職を前向きに考えるのもアリかと思います。

また、上司の愚痴が溜まっている状況では退職は早まらない方がいいでしょう。それは他人を責めているからに他なりません。

意地悪な言い方ではありますが、その他人を責めることによって、退職しても、転職した後も他人を責めて辞めたい、と思う可能性が多いにあるからです。

あくまで、退職を決断する場合は、自分に矢印を向けるというか、自分にフォーカスした方がベストです。

また、退職理由が健康上の理由にする場合でも、医師への診察も必要ですし、退職後、転職先を決めずに療養に専念するということを明確にした方が良いでしょう。

一身上の都合とひとまとめにされる理由でも、転職先を決めるケースもたくさんあるかと思いますが、ひとまず休みたいといって充電期間を決めてしまうのも1つの手です。

会社も「他人の集まり」というか、人間同士なので、やはりもめ事やいざこざはあるかと思います。その際でも、職場の人のせいにするのはあまりおすすめできません。

前にも述べましたが、転職後も同じケースになることが想定されるからです。あくまで、自分を軸に考えた方が退職に後悔することは少ないでしょう。

それでも、迷う場合

それでも、まだまだ迷う可能性はあるかと思います。経済的な不安も理由の一つにあるでしょう。

ただ、迷うくらいなら、退職してもいいかもしれません。なぜなら、辞めようかどうか迷う会社に残ってもあなたにメリットはさほどないからです。

人にもよりますが、人間はある程度自分が納得した結論ではないと、動きづらい傾向があるからです。

辞めるかどうか迷う会社に残っても、ズルズル先延ばしになるばかりで、あなたのキャリアにもあまり良い影響を与えませんし、あなたのモチベーションも維持は難しいかと思います

迷惑がかかるかも・・・は厳しい言い方にはなりますが、周囲の人を考えているようで、実は自分のことしか、考えていないリスクもあります。

なぜなら、迷惑がかかるって誰が考えるのでしょうか?

結局、あなたですよね。見方によっては、迷惑がかかるかも…という考え方は厳しい表現をするとすれば、やや独りよがりな印象も否めません。

しかも、迷惑がかかる、という考えも結局あなたが頭の中で生み出していることにすぎないのです。人はそこまで他人のことを深く気にしていません。

なぜなら、人は自分のことに精一杯だからです。特にこの時代はその傾向が強まっているかもしれません。

だから、迷惑がかかる、というのは極端かつ厳しい言い方にはなりますが、独りよがりな印象も否めないのです。

転職先は決めた退職した方が良いのか?

退職に踏み切ると、あなたがまず頭をもたげるのが、次の仕事先を見つけて辞めなさいという話をよく耳にするのではないでしょうか。

これはホントでもあり、ウソでもあります。いうなれば、ケースバイケースです。ホントの場合は、キャリア転向の場合や、キャリアアップを目指していく場合です。

このケースは、あなたがキャリア志向の場合はこの退職でもOKでしょう。

そんなあなたはいつ辞めてもいいように虎視眈々とキャリアアップの勉強もしていたかもしれませんね。

この場合は、次の転職先を決めた場合が有利にことが進みます。なぜなら、ブランクがあるとキャリアアップにも不利に動きやすいからです。

ホントの場合は、まだほかにもパターンがあります。

異業種に転職する場合もホントに当てはまります。異業種に転職したいあなたもキャリアアップと同様で勉強していたと思います。

異業種の場合もは、ブランクがあると採用も不可能ではないのですが、難しくなる可能性も高まっていきます。

また、ブランクはあっても、短いほど転職しやすいかもしれません。

ウソの場合についてもいくつか述べていきます。

まずは、健康上の理由です。昨今はストレス社会ともいわれ、もしかするとあなたもメンタルの疾患にかかっているのかもしれませんね。

その場合の転職はすぐに決めない方がベターです。

健康上の理由の場合は、会社のストレスも大きく影響している可能性もかなり高いので、すぐに転職しても、環境が変わってストレスが増大する可能性も高いからです。

そんな健康上の理由で退職したあなたは次を決めずに休息期間を設けた方がベターかと思います。昨今は、休息期間を設けている方も少なくないんですよ。

ストレスは万病の元なので、いつ健康上の理由で退職してもおかしくはないからです。

退職後は、直後は医師の診察を受けながら、すぐに療養した方がいいでしょう。その後、家事などといったことも療養しつつ行ってもいいかもしれません。少しずつ外出できるようになって、転職活動に臨んだほうがいいかと思います。

転職もゴールではなくて、スタートです。転職後、体調壊してすぐに退職しても、元も子もないですよ。

厳しい言い方にはなりますが、職務経歴に傷がつくのみです。あなたにとってなにも得にも薬にもなりませんよ。そのためにも、健康上の理由の場合は転職後も働けるようなあなたの体力の回復はかなり重要です。

やはり、あなたがどんな仕事に就こうとも「身体が資本」になります。

常に健康体であることも大切ですが、身体、精神問わす、疲労や体調不良もあなたが何らかの形でリカバリーしていくのも、社会人として必要なスキルだからです。社会人として、体調管理は基礎になるからです。

退職後のブランクもその期間に充ててみてください。人生100年時代のなか、ブランクの期間もいつか笑って言える日もいつかは来ます。体調が回復した後にまた、仕事を再開すればいいのですから。

退職後のブランクは、「人生の自由時間」ととらえたら、療養の期間も罪悪感も薄れていくと思います。大丈夫です。あなたは悪くありません。

周りの視線に取り合っていられるほど、人生はそんなに長くないですよ。

仕事していないなんて、という人もいるかもしれませんが、そういう周囲の視線や発言をされても、まともに取り合わなくて大丈夫なんですよ。

というか、そんな暇はないです。しっかり、体調回復に専念しましょう。

まとめ

最後になりますが、仕事を辞めたいけれど、迷惑がかかるかも・・・という場合は物事を大局的に見ることが大切かと思います。

もちろん、今を見ることも当然重要ですが、現在は人生100年時代ともいわれています。今後、定年制も年齢が上昇する可能性も高いです。そこまで、今後を考える必要もあるかと思います。

だからこそ、慎重に仕事を辞めることにいくつか選択肢はあるかと思いますが、自分が後悔しない、選択、決断をしたいものです。

また、あなたが仕事を辞めたいという決断の結論は大抵自分の心の中で決まっているものだったりします。今後、長く働くうえでも、後悔しない選択、決断をしましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)