人手不足の会社で働いている人にとって「辞めたいけれど辞められない」という悩みを抱える人は、多いかもしれません。なかなか辞めたいと言い出せない人もいるでしょうし、会社から人手不足を理由に引き留められてしまうこともあるでしょう。

会社に迷惑を掛けてしまう、という優しさや後ろめたさから、いつまでたっても辞める事ができずに、ズルズルと働き続けてしまうことになるかもしれません。

そうなると、あなたのせっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあります。そうなる前に、人手不足の会社を辞めたいときにやるべきことをご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にして下さい。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

考え方を変える

まず、人手不足で辞められない、と多くの人が感じる原因は何でしょうか。

それは「他の人に迷惑を掛けてしまう」「辞めたら仕事が回らない」というような、自分が辞めることが原因で、会社に負担が掛かることを懸念している人が多いためでしょう。

しかし多くの場合、それは錯覚と言えます。あくまで、責任はあなたではなく、会社にあるのだと気づくことが大切です。

そもそも人手不足なのは、あなたのせいではありません。会社がしっかりと人を雇い、正当な人数で会社を運営していれば、決して人手不足となることは無いでしょう。

また、本当に人手不足であれば、大々的に求人募集をしているはずですが、そうしていない会社も多いのが現状です。何だかんだで、今の人数で仕事ができているからと、積極的に人を雇うことがないのかもしれません。

もちろん、会社により色々な事情はあるでしょうか、どちらにしても、それはあなたのせいではありません。

また、あなたが辞めてしまうことが原因で、会社が回らない、というのも違うでしょう。人手不足の会社で、いざ人が辞めてしまっても、ほとんどの会社は問題なく運営していることがよくあります。

誰かが辞めたから仕事ができなくなる、ということはなく、大変であったとしても、何とかやっていくのが会社というものなのです。

その点を十分に理解して、あなたが辞めることが原因で会社に迷惑が掛かる、というような考えをする必要はありません。そのため、まずは会社に変に気を遣ってしまうメンタル面から改善していきましょう。

「自分が辞めたところで会社は問題ない」そう思う事が大切です。そして、辞めた後のことは、あなたが考えることではなく、会社が考えることだと思いましょう。

不要な心配はせずに、あなたの未来を考えて、あなたの「辞めたい」という意思を尊重して下さい。そのような考え方をすることで、上司から説得されたとしても、意思が揺るがないように心構えをしておくことが大切です。

退社の意思を伝える

次に、会社側へ退社の意思を明確に伝えましょう。まずはあなたの上司に、話があるため時間を作ってくれるように伝えて下さい。

そうすることで、しっかりと上司と話ができる環境を作りましょう。

また、話し合いの場を設けてもらうために退社の意思を先に伝えてしまうと、話し合いを先延ばしにされてしまう可能性もありますので、気を付けましょう。

そのため、話し合いの時間を設けてもらった際に、退社の意思を伝えるようにしましょう。その際に大切なことは、退社の相談ではなく、あくまで報告として退社の意思を伝えることが重要です。

例えば、「辞めたいと考えているのですが、、」というような相談となると、会社側から引き留められてしまう可能性が高まってしまうので、気を付けて下さい。

そして同じように、「退職願」ではなく「退職届」を提出しましょう。また、「○月○日で退社します」というように、退社する日にちを明確にすることも大切です。

しかしその際、さすがに会社側が困りますので、近い日付は避けてあげましょう。例えば、仕事の引継ぎなどの猶予期間も考えて、一か月か二か月先の日付にすると良いかもしれません。

また、会社によっては繁忙期が存在するところも多いため、できるだけ忙しい時期は避けて退社する方が、辞めやすいでしょう。そして、会社から辞める期間について相談があれば、頑なに突っぱねるのではなく、可能な範囲で調整してあげると良いです。

穏便に辞めるに越したことはないので、会社との折り合いを考えて、退社する日を決めましょう。

また、辞める理由については、特に言う必要はありません。例えば「一身上の都合」と伝えるだけでも、問題はないでしょう。

なぜなら、会社に対する不満を伝えてしまうと、それに対する改善案を出されてしまい、引き留められる要因となりますので、気を付けて下さい。

どうしても言わなくてはならない場合は、そのようなことに配慮した内容だと良いかもしれません。また、退社の意思を伝えた際に引き留められることが考えられます。

例えば、昇給などの待遇改善を提案される場合や、引き継ぎや後任が決まるまで続けるようにお願いされる場合、どうしても必要だと説得されることもあるでしょう。

いずれの場合も、退社の意思が固いことを伝え、退社日については「延ばせたとしてもいつまで」と期限を付けるようにしましょう。そうすることで、会社側の説得に揺るがないようにすることが大切です。

また、会社側はいろいろな方法で引き留めてくるかもしれませんが、そもそも「辞めたい」という人に対して、会社側が拒否する権利はありません。

脅してくるような場合は違法行為となりますので、労働基準監督署に相談すると良いでしょう。

引継ぎをしっかりと行う

退社する上で、最も大切なのが引継ぎをしっかりと行うことです。まずは、後任を決めましょう。

上司や同僚などと話し合い、あなたの仕事の後任となる人を早めに決めることが大切です。時間が限られていますので、その中で可能な限り全てを引き継ぐことを意識して下さい。

その方が会社にとっても同僚にとっても、そしてあなたにとっても良い方法です。

例えば、「取引先に伝えないといけないため、後任を決めたい」というようなことを伝えると、会社としても早めに後任を決めてくれるでしょう。

後任が決まれば、あなたが受け持っている仕事や情報を、全て伝えるようにして下さい。可能であれば、あなたが辞める前には、問題なく仕事が進められるようにしておく方が良いでしょう。

しかし、期限内に全て仕事が引き継げるかというと、難しいかもしれません。そして、人が見つからなかったり、後任が決まらない、なんてこともあるでしょう。

その場合のことも考えて、引継ぎノートを作成することをおすすめします。引継ぎノートとは、あなたの引き継ぎたい仕事内容を記載したものです。

例えば、受け持っている仕事や、書類やパスコンの情報の保管場所、顧客情報など、思いつく限りでまとめておくことが大切です。

このような引継ぎノートを作成しておくことで、後任の人が分かるようにしておきましょう。万が一、人が見つからない場合でも、あなたの退社後に対応できるようにしておくことができます。

会社から「引継ぎが終わっていない」「後任がいない」というような理由で、退社を先延ばしにされることのないよう、配慮しておくことが大切です。

そこまですることで、あなたが退社した後も仕事を回せるはずですので、会社としても退社する事を受け止めざるを得ない状況になるはずです。

重要なことは、退社するにしても、会社のために最大限努力している、という姿勢を示すことでしょう。このようにして、退社するまでに引継ぎをしっかりと行うことが大切です。

最後まで周りに気を遣う

退社する場合、会社や同僚に対して後ろめたい気持ちになるかもしれません。また、忙しい会社を辞めるのですから、周りからどう思われるかも気になることでしょう。

実際に、辞める人に対して、周りからの目が厳しくなることも考えられます。しかし、周りに配慮する事は大切ですが、後ろめたく感じる必要はありません。

同僚はあくまで仕事上の付き合いだと割り切り、気持ちを強く持つことも大切です。しかし出来ることなら、人間関係も穏便に、円満退社をしたいことでしょう。

そこで、最後まで周りに対しての気配りを忘れてはいけません。まず、退社するからといって、退社について軽く口にしない方が良いでしょう。

特に人手不足の会社だと、人が辞めるということに対して、みんな敏感になっていることが考えられます。そのため、退社の話を直接してしまうと、混乱を招きかねませんし、いざこざの原因となるかもしれません。

そのため可能であれば、タイミングをみて上司から周りに伝えてもらうようにしましょう。そのように、間に人を通す方が、周りも冷静になれますし、関係性も悪化しづらいでしょう。

また、退社について明るく話したりなど、退社することに対して喜ばないように気を付けて下さい。

周りの人たちも、辞めたいのに辞められない、という状況は同じかもしれませんので、少なからず嫉妬する人もいるでしょう。残される側の人にとって、退社を喜んでいる様子は面白くないはずです。

その点に注意して、不用意に退社を口にしない方が無難です。また、転職についても、自分から話すことは控えた方が良いかもしれません。

例えば、転職先を話すことで、それが自慢となってしまうこともあり、同僚の心証を悪くしてしまう可能性があります。同僚からやっかみを受けてしまうことのないよう、できるだけ相手の立場に立った言動を心掛けましょう。

また、退社する日までは、仕事に対して誰よりも真摯に向き合うようにして下さい。そして最後の日には、しっかりと全員に感謝の気持ちを伝え、退社の挨拶をするようにしましょう。

特に、人間関係が気になる人であれば、最後まで周りに配慮した言動を心掛けることが大切です。

転職する際のポイント

さて、いざ退職するとなっても、仕事がなくては生活ができません。そのため、次の仕事を見付けなくてはいけませんよね。

もちろん可能であれば、次の仕事を見つけてから退職することが理想ですが、人手不足の会社で働いていると、新しい仕事を探す時間さえなかなか作れないかもしれません。

そのため、退社してから仕事を探すとなると、急いで次の仕事を探さなくてはいけないでしょう。その際は、求人媒体を思いつく限り利用することをおすすめします。

まずは、ハローワークでしか求人を出さない企業も多いため、登録しておくと良いでしょう。そして、転職サイトや求人雑誌においては、気軽に多種多様な仕事を探すことができ、出会える仕事のバリエーションが増えるため、参考になると思われます。

他にも、親族や知人・友人にも、仕事を探している旨を伝えておくと、人づてに仕事に巡り合える可能性も高まります。

そして、転職エージェントへの申し込みをするのも良いでしょう。

転職エージェントとは、民間の職業紹介機関であり、求人の紹介や履歴書の添削、面接対策など、転職に関する、あらゆるサポートを受けることができますので、登録する価値はあると思われます。

もしも、登録に対して不安や面倒だと感じるのであれば、転職アプリを活用してみても良いでしょう。無料で利用でき、登録も不要です。そして、求人に関しての情報や転職に関する相談もできます。

このような求人媒体を活用して、次の仕事に繋げていきましょう。しかし、また同じような人手不足の会社に転職してしまわぬよう、注意が必要です。

例えば、求人情報の中で「急募」という表記や、中途採用にも関わらず「大量募集」という記載があれば、人手が足りていない可能性がありますので、気を付けて下さい。

また、いつも求人を出している会社も、何か理由があると考えましょう。

いずれにしても、求人情報を見るだけでは判断しづらいかもしれませんので、どうしても心配な方は、転職エージェントに登録して、プロに相談してみることをおすすめします。

その方が、確実に良い仕事へ出会える可能性が高まるでしょう。ぜひ、このようなことを参考にして転職を考えてみて下さい。

まとめ

あなたが仕事に対して不満や悩みを抱えているのであれば、人手不足で辞められない、という考えを捨て、あなたの意思を尊重してみて良いのではないでしょうか。

それは、これから先を考えた時、あなたの人生をより良くするためには転職が必要なことであり、辞められないことで後悔してしまう可能性があるからです。

そうならないためにも、あなたが辞めたいのであれば、揺るがない意思の元、会社に退社の意思を伝えましょう。

そして退社するために、引継ぎなどの努力を最大限に行う姿勢をみせることが大切です。あなたの意思が固ければ、きっと辞めることができるでしょう。

あなたの行動次第で状況は変わるはずですので、後悔の無いように行動してみて下さい。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)