仕事を辞めたい・・・。そう思っていてもなかなか辞めることができずにだらだらと働き続けてしまっているという人も多いのではないでしょうか。

辞めたいと思って辞めることができる人と、決断できずに辞めることができない人には大きな差があります。その差は決断できるかどうかなのです。人生において仕事は1日の何時間をも締める大切なことなので仕事を辞める決断ってとても大きなことですよね。

なので簡単に決断できないのも当然です。人生を左右する仕事を辞める決断において何も考えず、決断もせず、勢いで辞めるなんてしてはいけません。辞める決断をするにはいくつかの対処法が必要なのです。

その対処法を5つご紹介します。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

仕事を辞めたい理由を書き出してみる

そもそもなぜ仕事を辞めたいと思っているのでしょうか。人によってそれぞれ理由があると思います。

日々仕事をしている中で辞めたいなと思っていても、ただなんとなく辞めたいと思っている程度ではなかなか仕事を辞める決断はできません。抽象的に考えるだけでは今の仕事を何年もだらだらと続けることになり兼ね無いのです。

やっぱり辞めよう!と決断するためには紙に書き出して、やっぱり辞めたい!と自分自身を納得させることが大切です。

書き出すときはできる限り具体的に書き出してみてください。ただ頭の中で考えているだけでは、すぐに消えてしまってじっくり考えることができません。

書き出すと頭の中で考えるよりも時間がかかるのでゆっくり考えることができます。給料が低いからとか、人間関係が悪くて辛い、仕事内容を好きになれないからなど様々な理由が挙がりますよね。

書き出してみると、今している仕事が自分に良いことがほとんど無かったなんて人もいるかと思います。大抵の場合は仕事を辞めたい理由は一つではなく、複合的に影響しています。

書き出してみることで、複数の理由が影響していることを論理的に考えて自分が仕事を辞めるべきなのかどうか考えやすくなります。複合的に考えて自分自身が納得できるとやっぱり辞めるしかないという決断ができますよね。

原因を掘り下げて考え、文字にして考え、今の仕事の対する問題点を客観的に見つめ直してみてくださいね。

決断できない理由を考える

会社を辞めたいという気持ちがあるのに辞める決断ができないのはなぜなのでしょうか。それはきっと自分の中に辞めるのをためらわせる理由があるからです。

例えば、辞めた後に特にやりたい仕事が無い、辞めた後にちゃんと就職ができるか不安だから今の仕事は辞めたいけど続けていた方が安心、転職しても収入が得られるかどうか心配で今の仕事は嫌だけどそれなりの給料はもらえているなどの理由です。

辞めるのをためらわせる理由にいつまでも縛られていたら辞める決断はできません。

辞めたいと思っている人の中には「なんとなく辞めたい」という人もいると思うので、退職を決断できない理由から本当に仕事を辞めるべきなのかを考えてみましょう。

自分が仕事において給料を重視しているけど仕事内容は嫌だから辞めたい。

でもよくよく考えたら仕事内容は給料が減るよりも我慢できるから、もう少しこの会社にいてみようとか、転職活動が上手くいくか不安だから踏み出すことができていないだけで仕事の全てが嫌いという方もいると思います。

決断をためらわせている理由は自分の人生にとって大切なものなのかで判断してみましょう。この判断をすることで本当にこの仕事を辞めて後悔しないのかということも考えることができます。

ただ、今の仕事を辞める決断ができない理由が仕事自体は全てが嫌で仕方が無いけれど、転職して上手くいくかどうか分からないからなどの今の状況を変えることが怖いだけの理由だったら、思い切って仕事を辞める決断しましょう。

未来なんて誰にも分からないので自分で仕事を辞める覚悟を決めて決断し、行動するしかないのです。

今の仕事を辞めたらどうなるか具体的に想像してみる

今の仕事を辞める決断ができない理由の多くに「今の仕事を辞めてどうなるかが分からなくて不安だから」という理由が挙げられます。仕事を辞めた場合、まずは困るのは金銭面です。

転職するにしても、仕事を辞めてしばらくは貯金を切り崩して生活していくにしても、生きていくためにはお金のことを考えないわけにはいきませんよね。

まずは自分が生活して生きていくためには月に最低でも何万は必要なのかを計算してみましょう。もし、仕事を辞めて転職活動が上手くいかなかったとして無収入でも今の状態ならどれくらいだったら暮らしていけるのか。

金銭面においての安心を得られると、仕事を辞める決断ができるという人も多いのではないでしょうか。計算をすることで今辞めることを決断するべきなのか、今の仕事を続けるべきなのかの判断もしやすくなります。

また、同じ境遇の人の情報を集めて、実際に仕事を辞めてその後みんながどうなったのかなどのリアル体験談を知ることも今の状況を変える後押しになるかもしれませんね。

リアルな体験談を書いている人は仕事を辞める決断ができて前に進んでいる人生の先輩たちなので、読むだけでも非常に役に立ちます。

リアルな体験談には実際にどのように仕事を辞める決断をしたか。辞めて生活はどうなったか。転職活動をどのように行って転職後は生活は良くなったのかなど自分自身が仕事を辞めた後の想像がしやすくなる内容がたくさん載っています。

中には仕事を辞めて失敗したなんて人のリアル体験談もあるので、本当に今辞めるべきかどうかの参考にもなると思います。

辞めた後のお金のことを考えていなくて仕事を辞めた後にお金に困った、勢いだけで転職したら元の仕事よりもやりがいが無かったなど、自分自身が仕事を辞める上で注意すべきことも学ぶことができます。

仕事を辞めたら転職活動をするという人はどのように転職活動を行っていくかも具体的に想像しましょう。

今の仕事を続けていく中で転職活動を同時に行っていくのであれば、今の会社にばれないように面接に行くにはどの時間帯を狙えばよいか、今の仕事と転職活動の両立は可能かどうかなどを考えなければいけません。

仕事を辞めた後に転職活動を行うのであれば、どのくらいの期間で転職活動を終えて次の就職先を決めるかなど転職活動の期限を決めておくとやる気がアップしますよね。

また、転職活動は自身で転職サイトで探して応募するのか、転職エージェントに助けてもらって転職活動をするのかなども具体的に考えておくと仕事を辞める決断をする方に気持ちが傾いていくかと思います。

今の仕事を辞めたらどんな仕事に就きたいかも想像してみましょう。会社を辞める決断をする前に自分の適性を知っておくことも大切です。

どのようなことが得意なのか、どのようなことに興味があるのか、どのようなことであれば1日の長い時間拘束されても苦痛にならずに熱中できるのかなどを考えてみましょう。

自分の適性を知るには自分に性格や今の仕事で向いていなかったことなども考える必要があります。

自分の適性を想像して分かってくると自然と次はこんな職業に就いてみたいなと仕事を辞めることに前向きな考えになってくるはずです。

仕事を辞めることに前向きになることができないのは、仕事を辞めた後の将来の不安が漠然としているからですよね。

より具体的に自分が辞めた後にどのような生活をしていくか、どのように転職活動を行っていくかを考えることによって不安が解消されて仕事を辞める決断に繋がりやすくなります。

とにかく転職サイトや転職エージェントに登録してみる

仕事を辞める決断をするためには実際に思い切って転職サイトや転職エージェントに登録してみましょう!転職サイトで調べているとここに行きたい!という求人が見つかるかも知れません。

この求人の会社で働いている自分を想像すると今の生活とは違った自分が想像できてとてもわくわくすると思います。この自分の未来に向かってわくわくするということが重要です。

人は自分の未来にわくわくしたものが待っていると前に進みたくなりますよね。その求人が今の仕事よりも自分がしたい仕事内容で、待遇が良ければ仕事を辞めたいと決断する決め手にもなるでしょう。

また、転職エージェントでは自分の希望の待遇や仕事内容を伝えるとキャリアアドバイザーが自分に合った仕事内容を見つけてくれます。

転職サイトで見つけるよりもさらに自分の希望に合った企業を見つけることができるので、より具体的に仕事を辞めた後の自分の生活を想像することができるはずです。

転職サイトには載っていない非公開求人も載っていて、高給ホワイト企業の求人も載っているのでお勧めです。転職サイトによっては自分の希望職種などを登録しておけば企業側からスカウトしてくれるなんてこともありますよ。

転職サイトや転職エージェントに登録するだけであれば気軽にできるので、仕事を辞めると決断した後の自分を想像し、今の仕事よりも良い仕事を見つけて決断する勇気を後押しするためにも登録してみてくださいね。

仕事を辞める決断を他人に頼らずに自分で覚悟して行う

仕事を辞める決断を最終的にすることができるのは自分だけです。仕事を辞めたいと思ったときは家族や友達、同僚など様々な人に相談をする方も多いかと思いますが、他人の意見はあくまでも他人の意見です。

仕事を辞めるべきか、辞めないべきかという決断においては絶対に成功というものはありません。

学校で勉強していた時は正解がありましたが、社会の教科書は無いので、これが自分にとって正解!というものが無いのです。なので辞める決断をするのか?このまま仕事を続けるのか?は全て自分で考えなくてはいけません。

この決断を他人に頼ってしまってはもし失敗したり、後悔してしまったときに他人のせいにしてしまいますよね。

そもそも学校の勉強のようにこれが正解!というものも無いので、仕事を辞めるか続けるかにおいては正解を求めてはいけません。

今の仕事の全てが嫌で辞めるといのも自分にとっては正解ですし、やっぱり給料が一番重要だからこのまま続ける!というのも自分にとっては正解になると思います。

自分が選んだ道は自分が選んだのだからいつも正解!と思うだけでも仕事を辞める決断をする後押しになるのではないでしょうか。

また、仕事を辞める決断に「人からどう思われるか」という考えは必要ありません。

同僚にどう思われるかな、世間では仕事についたら石の上に三年というけれど、やっぱり三年は続けないと社会人として失格だと思われるのかななんていう他人の目は気にする必要はありません。

仕事は自分の1日の時間の内の大半を占めるものなので、自分がどのような決断をしたら幸せに毎日を笑顔で過ごすことができるのかを考えることが重要です。

転職活動は労力もいるし、自分の生活が変わる大きなことですが、自分の人生を大きく変えることができるきっかけになるのです。

私自身も新卒で入社して1年足らずで転職をしたのですが、新卒で入社して1年足らずで辞めてしまうなんて社会人として失格なんだろうか、上司からはどう思われるだろうかなどをずっと悩んだ結果なかなか仕事を辞める決断ができずに時間が過ぎていきました。

しかし、今思えばその仕事を辞めるか決断できずに仕事が嫌だなと思いながらも毎日だらだらと過ごしていた毎日がとてももったいなかったなと思うのです。

勇気を出して仕事を辞める決断をし、転職活動をして新しい仕事に就いた結果、今は仕事も楽しくとても充実した日々を送ることができています。人生における時間はとても貴重で、あっという間に過ぎていってしまいます。

嫌だなと思っている仕事に毎日の貴重な時間の大半を費やすより、ぜひ勇気をもって仕事を辞める決断をして転職活動に踏み出しましょう。転職活動は思っているよりハードルが高くありません。

仕事を辞めた後に転職活動をして、仕事が決まらなかったらどうしようと不安な方は、ぜひ仕事を辞める前でも転職活動をしてみてください。

この方法で周りになんといわれようと将来の不安が減って安心して転職活動ができるのであればこれは間違いではなく自分にとって正解です。仕事を辞めることで前に踏み出すことできっと新たな楽しい生活が待っていますよ。

まとめ

仕事を辞める決断をするためにはかなりの勇気がいりますよね。それは仕事を辞めることによって自分の人生が大きく変わる選択をすることになるからです。

しかし、仕事を辞めることで人生がガラっと変わり良い方向に進むとしたら仕事を辞めるという決断をすることは重要です。

仕事を辞めた後が不安であるなら、自分を納得させるためになぜ辞めたいのか、なぜ辞める決断ができないのかをじっくり考えてみることから始めてみましょう。

じっくり考えて辞めるしかないという考えに行きついたのであればもうあと一歩です。自分の人生を有意義にするためにも勇気をもって仕事を辞める決断をしましょう。

そうすることできっと明るい未来が待っています。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)