求人に掲載されていた条件とは違う、社内で自分の居場所がない等の仕事のミスマッチは、毎日長時間働いている社会人にとって深刻な問題です。

いくら生活するのにお金がかかるとはいえ、あまりに大きな負担になるのであれば、早めに改善に取り組む必要があります。

日本には職業選択の自由があり、いかなるブラック企業が相手でも辞める権利を持っていることを自覚しましょう。現在の会社や部署にいるのが当たり前の発想から抜け出して、自分にとってやりがいがある仕事を見つけることが大事です。

仕事がミスマッチで辞めたくなるのは、働くことを真剣に考えている証拠と言えます。5つの対処法によって自分の本当の気持ちと向き合うことで、社会人としてレベルアップしてみましょう。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)

自分の中の優先順位と譲れないラインを考える

一度辞めたい気持ちが芽生えると、それまで溜めこんだストレスによって爆発してしまう恐れがあります。

後先考えずに会社に退職届を叩きつけてしまったら、衣食住を確保するだけの安定収入がなくなってしまうので気をつけましょう。後悔のない選択をするためにも、冷静に状況を分析するのがポイントです。

現在の会社、あるいは部署に留まるのか、それを判断するには、自分の中で優先順位を決めなければいけません。

安月給でも早く帰れて休みが多い職場が良いのか、それとも、自分のスキルアップや仕事の内容を優先したいのかで、ミスマッチになっている理由がガラリと変わります。

今の職場から移動することは大きな変化になるため、周囲を巻き込むだけの理由がないと途中で上司や先輩に説得されて萎えてしまい、会社や部署に反意があると知られるだけの結果になりかねないので要注意です。

優先順位をはっきりさせるには、まず何でも良いので紙に書きだしてみましょう。文書作成ソフトに打ち込むのも効果的で、思いつくまま、とにかくどんどん文字にするのがコツです。

この段階ではまだどれが優先なのかを考える必要はなく、自分の隠された気持ちや本音を全て表に出すのが狙いになります。いざやってみるとかなりスッキリする作業で、これだけでもストレス解消として役立ちます。

気が済むまで仕事に求める条件を出したら、次にグループ分けです。頭の中に浮かんだことをつらつらと書き綴ったことで似たような要望があるので、勤務時間といった大きなカテゴリに放り込んでいきましょう。

すると、それまで無秩序だった箇条書きが急にまとまり、特定のカテゴリだけボリュームがあるといった様々な気づきがあります。

何回も自分の優先順位を作ってまとめていると、やがて何を重視したいのかが見えてきます。そこで、自分が優先したいカテゴリから順番に並べて、仕事がミスマッチになっている理由がどのラインにあるのかを見極めましょう。

全ての条件を満たすのは難しいので、自分にとって絶対に譲れないラインを決定することが大切です。自分の気持ちと要望をまとめる作業だから、他人に意見を求めず、自分自身でやり遂げてみましょう。

他人に相談するのは、自分の判断基準ができてからでも遅くはありません。

会社や部署の労働環境を客観的に分析

自分がどうしたいのかを具体的に把握できたら、会社や部署の労働環境をチェックする段階に入ります。

毎日の出勤と退勤は何時なのか、休日はきちんとあるのか、有休を取得できる雰囲気なのかを改めて見直して、これまで当然としていた日常生活でおかしい部分をピックアップしてみましょう。

人間はどんなことにも慣れる生き物ですが、だからといってストレスや疲労が軽減されるわけではありません。

分かりやすいチェックポイントは、直近の健康診断の見直しです。もしも会社で健康診断を実施していない場合は、自費でも最寄りの総合病院でちゃんとした検査を受けましょう。

そして、血糖値などの重要な項目が異常だったら、自分の仕事が関係しているのかを客観的に振り返ってみることが急務です。

体調不良のままで勤務を続けていると感覚が麻痺するため、医学的な問題の有無から検討することをお勧めします。

最も危険な選択は、自覚がないまま無理をすることです。ブラック企業では従業員を洗脳するノウハウと環境が整っているため、職場で社員が倒れる等の明らかな異常があっても根性が足りないといった論理のすり替えをよく行います。

そのまま仕事をしていると命に関わるので、可及的速やかに別の仕事に移った方が賢明です。休みの目安としては週1日の完全休日があるのかで、それ以下の場合は仕事のミスマッチについて真剣に考えましょう。

実際の労働環境については、部署による差が出てきます。大部分の社員は自分の部署の中で動いているので、直属の上司や同僚との人間関係も仕事のミスマッチに大いに関係するのです。

人事異動がどれぐらいの頻度であるのかも重要で、全国の支社に転勤する会社では嫌な上司や先輩がいてもしばらく我慢するだけで自然に解決するケースもあります。

二度と顔も見たくない人間がいる部署だからといって短絡的な判断を下してしまうと、自分だけが損をしてしまうので気をつけましょう。

基本的に会社の事業で部署に関連した仕事を割り振られるから、全くの畑違いの仕事をしたい場合は思い切った判断が必要になります。

逆に言えば、現在の会社で達成できる条件であったら、自分から行動して周囲にアピールすることで仕事のミスマッチを改善できる可能性もあるのです。

辞めた場合のリスクを具体的に理解しておこう

自分の揺るぎない基準と現在の職場の状況を両方とも把握したら、いざ辞めた場合のリスクを具体的に理解しておくことが肝要です。

会社からもらえる給料で生活している以上、退職による収入の低下や、次の仕事が見つかるまでの社会的な立場の喪失についての理解が必要不可欠となります。

辞めることで発生するリスクが大きい場合、あるいは、今後の人生において重大である場合は、本当に譲れないラインを割り込まない限りは現在の仕事を続けるのも1つの決断です。

現代の日本では、普通に生活をしているだけでもかなりの金額を消費します。

どれだけ節約しても1人が生活するには手取り約15万円がかかり、仕事を辞めると毎月決まった日付に銀行口座に振り込まれる給料のありがたみを実感するのです。

身分を保証してくれる会社がなくなる点も大きく、賃貸物件の審査や更新、金融機関での借入と、信用を問われる色々な場面で影響します。仮に仕事を辞めるとしても、先に引越し先を確保しておく等の準備をしておくのがお勧めです。

新卒で入った会社を辞める状況では思わぬところで困ってしまうため、事前にシミュレーションをしておきましょう。

ミスマッチとなっている仕事を辞めて、いざ再出発と意気込んでも、次の職場では収入が下がる傾向が強いです。

それまで余裕がある生活をしていたのに、いきなり趣味や交遊費の制限や、家族の暮らしが悪くなることは深刻なダメージになります。

辞めた場合のリスクとして切実だから、毎日の生活水準を下げてでも改善したいほどのミスマッチであるのかをよく確認しておくのが鉄則です。

ブランクが空くケースでは転職ではなく再就職という扱いになり、在籍中に他の会社に移るよりも格段に難易度が高くなる点も覚えておかなければいけません。

下がった収入を元に戻すのは大変で、中高年においてはどれだけ安月給でも次の職場が決まるだけで僥倖という状況です。

必ず考えておくべきリスクは、次の職場でもまた同じ問題が発生する可能性があることです。人間関係や配属先で悩んでいるケースでありがちで、わざわざ職歴を増やしてまで転職したのに同じミスマッチで苦しむという事例は枚挙に暇がありません。

仕事がミスマッチで辞めたい場合に時間をかけて原因を探っていくのは、どうすれば解決するのか、もしくは緩和されるのかを辞める前に明確にするためです。

自分の人生の楽しみを会社の外で見つける

会社は社員1人のために動いているわけではないので、人事異動や転職で理想の仕事に巡り合えるとは限りません。よく家族のために頑張ると言いますが、自分の家族を作るのも仕事のミスマッチを解消する方法として有効です。

会社の外に自分の居場所を作るのでモチベーションを高めやすく、現在の会社で働くのを前提とした解決方法だから退職によるリスクもありません。

お金がかかる趣味ができるのは、社会人の特権です。たまの休日にアウトドアのスポーツや観光地巡りなどを楽しめば、次の予定を心待ちにしながら仕事に取り組めます

会社の外での色々な人間とのコミュニケーションは、自分の知識を広げることや、将来の結婚相手との自然な出会いにもつながります。

上司から指示された通りの動きしかできない仕事とは別の領域を持つことで、趣味に生きる選択もできるのです。

現代社会では他の会社に移籍することや独立開業が普通になり、早期退職で計画的に第二の人生を歩む方が増えてきました。

副業から本格的にビジネスをする起業も簡単にできる環境で、仕事がミスマッチであるのならば自分自身が経営者になるという逆転の発想もあるのです。

投資運用や不動産経営といった定番の方法で独立する事例を参考にすれば、今の仕事のマッチングよりも高い次元で判断できます。

退職によるリスクを回避する方法として、会社の外で人生の楽しみを見つけることが効果的です。辞めたくて視野が狭くなっている時にこそ、家族や友人との触れ合いが支えになります。

仕事のミスマッチが許容できる範囲であれば、他の楽しみのために割り切ることが大人の対応です。

どこで働いていても大なり小なりのミスマッチは発生するので、自分の希望と現状を正しく把握しながら別の要因でコントロールしていくのも良いでしょう。

会社と自宅の往復だけの毎日では、どうしても仕事のことを考えがちです。別のことに熱中して、仕事のことを一切考えない日を設けるのが、多少のストレスを跳ね除けるために役立ちます。

辞めた場合のリスクを考慮すると、できるだけ自分の時間の中で解決するのが理想です。外で体を動かすスポーツは、体力づくりやメンタルヘルスの改善で産業医も注目しています。

外部の人間に相談しながら転職を検討する

現状の分析を済ませて、全ての可能性を考え尽したが、やはり転職するしかないと判断したら、具体的に次の職場を探しましょう。

ただし、現在の会社からは裏切りと見なされるので、上司や同僚はもちろんのこと、関係者にも一切言わないのが成功させるためのコツです。

転職活動は1年ぐらいの長期間になるパターンが珍しくなく、条件が良い求人が出てくるまで待つので、今の勤め先に知られないまま進めることが大切になります。

勤務している会社とは全く関係がない、外部の人間であれば、転職の相談をしても問題ありません。転職に詳しい専門家が頼りになるので、ハローワークや転職支援の会社に問い合わせてみましょう。

高度な知識と資格を有する職種では、専門の転職サイトや団体にも色々と相談できます。

同じ会社で勤めていると、知らず知らずのうちに考えが偏っていくので、最新の転職市場の動向を知るためにも外部の専門家と話す機会を作ってみましょう。

利用者が増えている転職サイトは、エージェントがついてくれるところが便利です。

初回のヒアリングによる要望の洗い出しと求人票の厳選、さらには希望条件の通りの新規求人や非公開求人の紹介と、個人ではなかなか手が届かない会社に転職するためのサポートをしてくれます。

自分の代わりに動いてくれる点が大きな特徴で、会社で仕事をしている間にも関係各位に連絡をして、面接の日取りを決める等の手続きを進めてくれるので助かります。

扶養している家族がいる場合は、ちゃんと事前に了承をもらっておくことが大事です。早めに相談しておくほど理解を得やすく、転職活動における苦労を分かち合うことで力強く進めます。

パートナーや子供にとってはいきなり環境が変わるので納得しがたい話ですが、根気強く説得して仕事のミスマッチが悪化して取り返しがつかない事態に発展するよりは良い選択であると理解してもらうしかありません。

事前にしっかりと分析をしておくことで、家族を説得するだけの材料を揃えられます。

無事に次の職場が決まっても、現在の会社を円満に退職するまでが転職活動です。転職サイトのエージェントはその手のトラブルをよく見ているので、どのように段取りをしていくべきかを細かく教えてくれます。

引継ぎや退職の日取りで新しい職場に迷惑をかけないのが社会人の常識だから、場合によっては強い態度できっぱりと線引きをすることも求められます。

まとめ

仕事がミスマッチで辞めたくなったら、自分の内面を明文化することから取り掛かりましょう。5つの対処法を順番に行うことで、自分にとって最善の選択が見えてきます。

会社を辞めることは、様々な関係者や家族に影響する話です。辞めた場合のリスクを正しく理解して、それでも退職したいのかをじっくりと考える時間を設けましょう。

関係者に話す前なら考え直すことも可能だから、新しい趣味を始めてみる等の違う角度から問題の解決を図るのも1つの結論です。

転職によってのみ仕事のミスマッチを解消できる場合は、転職サイトなどのプロの力を借りるのがお勧めです。仕事で忙しい時にも色々な手続きを代行してくれる上に、集まっている膨大な情報の中から転職先を選べます。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事が不満なら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べることができます。

辞めた後どうなる?を知ることで、何か今の現状を解決するヒントが掴めるはずですよ。

(診断時間は約5分です)