仕事がつらくて辞めたいと思うことはありますよね。仕事の辛さの原因は人それぞれでしょうが、つらくて辞めたいということは、誰もが一度は考えたことのあることです。

実際に私も仕事がつらくて辞めたいと思ったことがあるので、あなたの気持ちが本当にとてもよくわかります。

そこで、私の経験を踏まえて、仕事がつらくて辞めたいと思っているあなたに5つのアドバイスをさせて頂きたいと思います。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)

辛い原因をはっきりさせる

仕事が辛いと感じた時に最初にすべきことは、その辛さの原因をはっきり突き止めることです。ただただ、「辛いなあ。」「辞めたいなあ。」と思っていると、もっとつらくなってしまうだけです。

原因もわからず、ただただ辛いのであれば、その辛い気持ちを解決しようにも解決することができません。そこで、辛い原因をはっきりさせることで、少しずつでも解決できる方法を見つけていくようにするのです。

まずは1つ1つの仕事中のことに関して思い返してみて、嫌だな、辛いな、と感じる瞬間を見つけてみましょう。

仕事の内容のことなのか、人間関係のことなのか、自分の実力不足のことなのか、といったように、様々な理由が考えられます。

最初に辛さを感じた時には、自分でも自分の辛さの原因がわからないものですから、少しずつ思い返して原因を探ってみましょう。原因さえわかれば、解決する方法が見つかる可能性も大いにありますよ。

また、万が一解決する方法が見つからなくても、原因がわかるだけで心はすっきりするものなのです。

誰かに話をきいてもらう

仕事を辞めたいと思うまでにつらくなった時には、とにかく誰かに話をきいてもらいましょう。自分1人で抱え込んでいると、どんどん辛い気持ちになり、最悪の場合は心の病にかかってしまうこともあります。

そうなる前に、誰かしらに話をきいてもらいましょう。職場の上司や先輩、同僚など、仕事関係の人に話をすることができれば、解決の道も開きやすいので、とてもおすすめです。

しかし、仕事関係の人の中で話しやすい人がいないのであれば、家族や友人、恋人など、仕事関係以外の話しやすい相手に話してみましょう。

誰かに話をきいてもらうことの1番の目的は、あなた自身の気持ちをすっきりさせることです。辛い原因の解決のためではありません。辛い原因の解決をする前に、まずは、あなた自身の気持ちが元気になる必要があるのです。

怒りながら話してしまっても、泣きながら話してしまっても構いません。ただ、そういう状態になって話しても、親身になってきいてくれる相手を選んで話すようにしましょう。

気持ちがすっきりするだけで、前向きに物事を考えられるようになります。辛さの原因によっては、前向きに物事を考えられるようになるだけで解決できるものもあります。

また、自分の悩みを他の人と共有することで、いざという時には助けてくれる人がいるのだと感じることができますよ。またもちろん、話をきいた相手から、何か良いアドバイスや意見をもらえることもあります。

自分1人で考えていただけでは考えつかなかった解決方法が見つかることもあります。つまり、誰かに話をきいてもらうことで気持ちがすっきりした後に、更に、原因を解決できるかもしれないということです。

気持ちがすっきりした上に原因まで解決できれば、言うことなしですよね。特に相手が職場の人であれば、気持ちをわかってもらえることも早いでしょうし、解決策が見つかる可能性も高いですよ。

プライベートを充実させる

仕事が辛いと感じている時には、どうしてもプライベートも仕事のことを考えてしまいがちになるものです。私も仕事がつらかった時には、どんなに楽しいことをしていても、1人で何もしない時間ができると、ふと思い出してしまったことがありました。

特に休日で何もすることがない時には、1人でいつまでも布団の中にくるまって、あれこれと考えてしまったこともあります。そのような状態にならないようにするためには、プライベートを充実させることです。

仕事のことを考える隙など与えないほどに充実したプライベートにさせることなのです。プライベートの充実のためには、家にいるよりも外へ出かける方が良いですよ。

なぜなら、外に出かけることで、様々な刺激と出会うことができるからです。

何かをする目的がなくても、少し散歩をして景色を楽しみながら汗をかくだけでも、とてもリフレッシュできますし、仕事のことを忘れることができます。

家の中にいて、一日中同じ景色をみていたら、自然と仕事のことを思い出してしまうのです。どうしても1人では行動に移せないのであれば、友人などに頼んで、たくさん予定を作ってもらいましょう。

誰かが一緒であれば、何かをしようという気力につながります。また、お金をかけたイベントをあらかじめ作ることもおすすめです。

コンサートなどのチケットをあらかじめとっておいたり、映画のチケットを前売りで買っておいたりすれば、当日になってやる気が突然なくなっても、「お金が無駄になる。」…と考えれば、進んで出かけようとすることができるでしょう。

そのようにして、はじめは無理やりであっても、とにかく予定を入れましょう。慣れてくれば、休日に出かけないことの方が変な感じがしてくるほどにまでなりますよ。

その状態にまでなれば、プライベートの時間は本当に仕事の辛さを忘れることができるのです。また、プライベートを充実させるために、習い事を始めてみるということもおすすめです。

習い事をして新たな世界を知ったり、新しい出会いがあったりすると、より一層プライベートが充実しますし、気持ちも明るくなりますよ。1人で習い事を始める勇気がなければ、これもまた、友人に頼んで一緒に始めてみても良いかもしれませんね。自分1人の力でなくても構わないのです。

プライベートを充実させるためには様々な手を駆使しましょう。このように様々な努力をした結果、プライベートが充実してくると、少なくともプライベートの時は辛さから逃れることができます。

更に、プライベートが充実すると、気持ちが明るくなります。つまり、その気持ちの明るさによって、仕事の間も、それまで感じていたほどつらくは感じなくなりますよ。

転職活動をしてみる

今ご紹介した3つを試してみても辛さが全くなくならないのであれば、とりあえず転職活動をしてみましょう。

転職活動をすることの良さは、転職先が見つかることももちろんですが、改めて自分の職場の良いところと悪いところがわかるというところにもあります。

転職活動をしていて様々な職場を見ていく中で、「ここの条件は今の所の方がいいな。」「ここの条件は今の所よりもずっといいな。」と、今の職場と比べることができるのです。

今はつらくて辞めたいと思っていても、色々な職場があることを知れば、もしかしたら今の所が1番マシだと思うことができるようになったり、もう少しだけ頑張ってみようかな、と思うことができるようになったりするものなのです。

そしてもちろん、転職活動をすることで、本当に自分にぴったりの、自分に合った仕事を見つけることもできます。そうなれば、迷わず転職しましょう。

また、転職活動のことで1つお伝えしておきますが、転職活動はとても時間がかかるものです。はじめてすぐに見つかるというわけではありません。

ですから、転職活動をまずははじめてみて、転職活動をしながら、今の仕事のこと、新しい自分の進むべき道のことを、ゆっくり考えてみるという時間も大切な時間ですよ。

自分が何を求めているかを明確にする

仕事がつらくて辞めたいと思った時、本当に辞める道を選ぶことは、決して悪いことではありません。寧ろ、新たなことにチャレンジする勇気があって素晴らしいほどです。

なんとなく、仕事を途中で辞めることは、逃げている、諦めている、と周りから思われやすいですし、自分の中でもそんな気がしてきてしまうものですよね。

ですが、仕事は世の中に数えきれないほどあるわけですから、その中であなたに合った仕事も必ずあり、その仕事を見つけて、その仕事に就けることが、1番良いことなのです。

新卒で最初に入った職場がそれだった…という人は、ほぼいないはずです。なぜなら、数えきれないほどの仕事が世の中にはあるからです。

ただし、辞めることは良いですが、やりたいことをはっきりさせてから辞めるようにすることが必要になります。つらくて辞めたいという気持ちばかりが強くなると、ついついその場の勢いで辞めてしまうことがあります。

しかし、そのようにして辞めた場合、その後の生活が苦しくなる可能性は大いにあるのです。勢いで辞めてしまった場合であっても、しばらくは貯金で生活できるでしょう。しかし、ずっと無職で貯金生活をしていれば、いつかは必ず底をついてしまうのです。

そうなることを防ぐためには、辞める前の行動が肝心です。つまりは、辞める前に辞めた後に何をするか?を明確にすることが大切なのです。

つらくて今の仕事を辞めるということはマイナスな理由です。しかし、だからといって、今のところを辞められれば新しいところはどこでもいいなどと思っていると、また同じことの繰り返しになってしまう可能性も大いにあります。

そうなることを防ぐために、しっかりやりたいことを考えましょう。あなたが本当にやりたい仕事はなんなのか、どのような条件の職場で働きたいのか、あなたにとって1番重要なことはなんなのか・・・と、様々なことを考えてみてください。

やりたいことがはっきりすれば、転職活動も前向きに進みます。今は、今の仕事の辛さで頭がいっぱいで、人生真っ暗・・・という気持ちでしょうが、やりたいことが見つかって、それに向かって前向きに頑張っていれば、人生が明るく感じてくるものですよ。

先程も述べたように、世の中にはたくさん仕事があるわけですから、必ずあなたに合った仕事はあります。その仕事と出会うためにも、やりたいことをはっきりさせることで、ピンポイントで見つけることができるようになるのです。

また、あなたのやりたいことの条件にさえ合っていれば、雇用形態は何でも構いません。正社員でもパートでもアルバイトでも良いのです。また更には、今まで、転職の話しかしませんでしたが、仕事に就く必要もないのです。

例えば、専業主婦(主夫)になりたいという夢を見つけたのだとすれば、それを目指すために婚活に励んで夢を叶えれば良いのです。また、実家の両親が許してくれれば、しばらくは心と体を休めるというプランもあります。

どのような道を選ぶにせよ、綺麗事かもしれませんが、あなたがやりたいと思ったことをやるということが大切なのです。

今の仕事を辞めても、特にやりたくないことをまた始めてしまえば、また気持ちは暗くなるでしょうし、続きません。また、とりあえず辞めてから次のことを考えようと思って辞めた場合、その後、前に進みたいけれど思うように進まなかった場合に、また気持ちが落ち込んでしまいます。

仕事がつらくて心が弱っている状態ですから、気持ちが落ち込むような状態を避ける必要があります。そのためにも、先にやりたいことを明確にしておくことが、とても大切なことになってくるのです。

まとめ

5つのアドバイスをさせて頂きましたが、一番大切なことは後悔をしないことです。全てのアドバイスが、あなたが後悔しないために必要なこととなっています。

そして、これらのアドバイスを後悔をしないための方法として一言でまとめるのであれば、、辛いと思った瞬間に勢いで辞めてしまうのではなく、ゆっくり考えることが大切だということです。

まずは気持ちを楽にさせることを考え、気持ちが楽になって冷静に考えられるようになったら、自分の新たな道を考えましょう。そのために、あなた自身がやりたいことを明確にすること、更にそのための方法の1つとして転職活動を始めてみることです。

今の仕事に残っていても後悔する可能性はありますし、今の仕事を辞めて新しい道に進んでも後悔する可能性はあります。もしかしたら、後悔のない道はないのかもしれません。

しかし、少しでも後悔のない道を選ぶ努力はできるはずです。人生は一度きりですから、是非、後悔しない道、後悔が少ない道を選んでくださいね。

まずは、あなたの市場価値を調べてみませんか?

もし、今の仕事を辞めたいなら、ミイダスを使い転職した場合の想定年収を確かめてください。

(以下のように診断結果が出ます)

診断後に無料登録すると、面接確約オファーをしてくれた企業の詳細を確認できる他、7万人の転職事例を検索できるので、同職業の先輩の転職先も調べて今後の参考にしましょう。

(※年齢でも条件指定できます)

(診断時間は約5分です)